FIN KICK!

訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

6月7日、そろそろメバルが食いたいととびしまに行ってきました。
とびしま入りが18時頃。
日が長く、まだ辺りは明るい。

日が暮れるまではタコを狙う。
3箇所ほどポイントを巡り探った。

なにもアタリがないまま、3箇所目。
足元の岸壁沿いを縦に探っていると、海藻とは違う感触が手元に伝わった。
鋭く、アワセを入れる。

竿から伝わるムワーンと上がってくる感触!
この巻きの抵抗感!
タコだ!ろう…。
ドキドキしながら浮いてくるものを見つめる。

いや…タコじゃない…。
IMG_6348
なんと、上がってきたのはタモ網。

まぁ、使えそうなタモ網をゲットできたと思い悪くない気持ち。
だったが、よくみるとフレームは割れ、網が破れていた。
ただのゴミじゃん…。

私がゴミをゲットした頃、夕まずめ。
メバルを狙うには潮が引いて厳しそうなので、アジでも狙ってみようとポイント変更。

19時頃、めぼしいアジングポイントへ入る。

アジングの準備を済ませて、海を覗き込むと水面で魚が跳ねている。
水面で何を食っているか不明だが、とりあえずサブリームを投入してみる。
が、ノーバイト。

今度は小次郎を投入。
これもノーバイト。

プラグでは反応しないのは明らか。

今度はワームに変更。
1号のキャロに0.6gのジグヘッド。
これにアジリンガーのケルプグローを装備。

リフト&フォールでアジを2匹キャッチしたが、跳ねている割にはアタリが少ない。
アジリンガーはハマっていない様子。

今度はワームを長めに交換。
アジリンガーPROのオキアミグロー。
こちらもノーバイト。

さらに交換。
アジリンガーシャッド。
IMG_6376
これが大アタリ。

アクションは棒引き。
ワンキャスト中に3、4回はアタリがある程、ハマっていた。
これで10匹程立て続けにヒット。
ジアイはそんなに長続きすることはなく、一旦アタリがおさまった。

そんな頃、いとーさんからの入電。
とびしまにゆーすけさんと向かってきているとの連絡。

潮止まりで潮が緩む21時を過ぎたタイミングでいとーさんとゆーすけさんの二人と合流。

この二人と釣りをするのは何年振りだろうか?
わからないくらい久しぶり。笑
ただただ、一緒にいて楽しい。
殺気バキバキの「俺が一番釣り上手いぜ!」みたいな人は苦手なので、それぞれのテーマでそれぞれが楽しめるこのメンバーの雰囲気には癒される。

満潮時刻が近づき、アジ釣りからメバル釣りに切り替えてポイント移動。
同時にお二方とはお別れ💡

またどこかでよろしくお願いしますm(_ _)m

メバル釣りに移行するも、プラグの反応が今ひとつ…。FullSizeRender
なんとかサブリームで釣ることが出来たがハマっていない。

メバルもアジと同じようにシャッド系のワームにアタリが偏るのだろうか?
実際に試すと
IMG_6350
IMG_6349
先ほどの反応の薄さが嘘かのようにあたってくる。
ただ、ワーム自体に動きが伴うため、スレてしまうのも早いみたいだ。
使い所が肝心なのかもしれない。

AM3時頃、雨が降り始めたので納竿。
IMG_6363
IMG_6364
今回の獲物も美味しく頂きます。
IMG_6371
メバル・アジのお寿司、メバルのお吸い物。

メバル出汁のうどん。
IMG_6378

海鮮丼。
IMG_6379

なめろう丼。
IMG_6381
とびしまの海の幸を堪能。
とびしまの海鮮美味すぎる!

広島に住んでて良かった思う今日この頃。

この日はシャッド系のワームにアタリが偏っていたので、小魚を捕食していると思ったんですが、アジ・メバルの胃袋の中はアミのみ。
ただ、とびしまでシラス漁が解禁したこともあるので、とびしまの魚がシラス的なベイトを意識しているのは間違いないと思います。

プラグでよく釣れる時。
ワームでよく釣れる時。
それぞれを見極めていきたいと思うのでした。

訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

GTとの対峙を夢見て、5月下旬に高知県沖ノ島に行ってました。
沖ノ島に親父と約一年ぶりの釣行。
前回は春マサをなんとか、釣ることができたが、今回は厳しかった…。

親父が昔から利用している金子渡船を利用し、磯へ上がる。

釣行日の5月24日は北風10mを超える爆風。
それでも釣りが出来るであろう足場の高い
二並島の黒ハエ。
IMG_6263

上がれる磯は限られるとはいえ、一級磯だ。
IMG_6264
雰囲気は抜群。

とにかく、トップルアーやジグを投げ倒すも、ノーバイト!
気持ちがいいくらいに何もなかった。

親父はというと
IMG_6261
隣でアオブタイと石鯛を一枚ずつキャッチ。
アオブタイはリリースして、石鯛をキープ。

石鯛をストリンガーにかけて、足元に投げていたら…サメに持っていかれた。
悲しくも、1日目は二人でノーフィッシュで納竿。
IMG_6270
IMG_6268
渡船は金子渡船、宿は廿福を利用させてもらった。

沖ノ島釣行2日目。
この日は親父の熱い希望もあって二人で一ツバエの磯へ上がった。
ここは4月にバケモノ級の石鯛(クチジロ)が二枚上がっているとのことで、二人で渡磯。
IMG_6276
IMG_6275
IMG_6277
足場の平らな磯で魚影が濃い場所とされている。

朝一、射程圏外ではあるが100キロは優に超えるマグロのジャンプを見た。
それをモチベーションに健闘したものの、ノーバイトのノーフィッシュ。
トップでのサーチとジギングを延々と繰り返したが青物の姿を見ることはなかった。

親父は10時頃、石垣鯛を一枚キャッチして他は外道のニザダイをキャッチ。
IMG_6285
その他はこれといって、何もなく。

残念な釣果で遠征を終了した。

ここ数日の厳しい状況について、石鯛仕掛けのオモリを海底から回収した際に水温を確認した親父が平年より水温が低いため魚の反応が悪いのだろうとの見解。
石鯛のことはよくわからないが、ウニなどの硬いエサよりと柔らかいエサへの反応が顕著だったことからもそれがうかがえたそうだ。

今回は惨敗釣行となったが、苦痛に感じることはなかった。
やりきった感の達成感があるほどだ。
誰もが立てる場所ではない一級ポイント。
ここに立てるだけでワクワクしてしまう。
一投一投の期待感を持ち続けられたことで、一瞬に時が過ぎた。

頻繁に釣れないのが青物の楽しさだと感じた今日この頃。
青物との対峙をまたどこかで楽しめたらと思ってます。

訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

5月22日に愛媛に帰省しておりました。
目的は高知県沖ノ島でのGT釣行。

その前に満潮前後、ライトゲームを堪能。
IMG_6237
ちっさぁぁあいアジやら

ちっさぁぁあいメバルに苦戦。、
IMG_6242

サブリームでなんとかサイズアップ。
IMG_6243
さらにさらにサイズアップ。
IMG_6245
うーん…。とびしまメバルで完全に感覚が狂っているのだろうか…。
満足は出来ない。

なんとか20センチのアジが釣れ、
IMG_6246
お土産を確保したものの…
IMG_6247
IMG_6249
なんだか、愛媛のライトゲームに満足しきれなかった私。

とびしまのゴツいメバルの豪快な引きにすっかり魅了されてしまっている今日この頃。

今回の獲物は親戚にあげたので、私の口に入ることはありませんでした。
食べるまでを楽しまないと、私としてはなんだか自分の釣りじゃないような気がしてます。

6月はとびしまで塩焼きにしたら美味いメバルを釣ってやろうと意気込んでいます。

このページのトップヘ