海の声が知りたくて

訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

前回の釣行で満足してしまった私⁉︎
……。

やっぱり、デカイシイラ釣りたい…。

ということで、帰省3日目も釣りへ。笑

まずは小型ルアーで小型シイラの数釣り。


ジャンプライズ社のぶっ飛び君が大当たり。 

名前通り、めちゃくちゃ飛ぶ。
1匹が反応すれば、他のシイラも遠くから集まってくる。
シイラ攻略は飛距離にありそうだ。

小型シイラはぶっ飛び君で10本ほどキャッチ。

あとは大型シイラ狙いで大型プラグを引く。
昼過ぎまで健闘したものの、バイトすらなく終了。

このシイラ釣行で何百投したことか。
普段使わない筋肉なので肩周りが筋肉痛になりました。

指にタコが出来たました。

釣りの負担は体だけでなく、道具にも。
ゼナックの右手グローブはキャスト時のライン擦れで摩耗。

Aカップは
ほとんど、色が剥がれてしまったり。

釣り具が身を削って、私の釣りを支えてくれています。
道具は大切にしようと思う今日この頃。

しっかりと道具の手入れをして、次回釣行に備えるのでした。



訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

前記事のヒメジング終わりにそのまま足を伸ばし、青物釣行へ行ってました。笑

不眠不休は危険なので、車で3時間ほど仮眠して5時に起床。
辺りは薄暗いが、釣り場には数名の姿があった。

このポイントで1番実績のあるAカップを先発投入。
時々、ルアーを変えるものの、反応が無いまま3時間が経過し、AM8:00。

周りのアングラーも釣れていない様子で、2、3人が帰っていった。
自分も後、100投したら帰ろうと心に決め、キープキャスティング。

それから20投目くらいだっただろう。
Aカップを引いていると、急にルアーの引き抵抗が重くなった。
「エビったか?」と次のアクションを入れるが、通常通りのアクションでルアーフックがラインに絡んでいる様子はない。

違和感を感じて、20投。
ルアーの近くで真下で飛沫があがり、ルアーを咥えた魚が走り始めた。

負けまいと一気に足元まで魚を寄せる。
寄せてきた魚は70センチほどのシイラだった。

自身初のシイラだ。

リアフックが浅くシイラの口に刺さっており、今にも外れそう。
近くのアングラーがギャフを持ってきてくれたが、足元でシイラジャンプ…。

フックアウト…。
初めてかけた魚種を足元でバラし、天を仰いだ。

ショックがデカイ。
しかし、まだ他の魚が釣れる可能性に期待し続投。

Aカップにまとわりつくように小型シイラのチェイス。
複数匹がチェイスしてくることもあったが食い切らない。

小さくてもシイラ、どーしても釣ってみたい。
そこで、ルアーサイズを下げる。
ルアーはピンテールチューン。

ピンテールで一投目。
待望のシイラをゲット。

小さいルアーには小型のシイラの反応が良く。
爆釣モードへ。

ルアーケースの肥やしになりつつあった
オシアペンシル115XSはよく飛び、早巻きでアピールが高くシイラの反応が良かった。
もう、シイラ用には欠かせないルアーだ。

ある程度、シイラの数も揃い満足したわたし。

あとはサイズだ。
再び、ルアーをAカップに戻し、デカシイラを狙う。

周りのアングラーは小型ルアーで爆釣モードの中、私の大型ルアーには反応が無い。

それでも辛抱強く、ルアーを引いていると大型シイラがヒット。
横に走ろうとするシイラの頭を強引にコッチに向かせ、寄せる。
またしても、フッキングが魚の口元の皮一枚で浅い。

足元でも横に走り、終いにはジャンプ。
そして、フックアウト…。

飲料水もなくなり、猛暑となってきた12時に竿を納め、帰宅しました。

この日釣ったペンペンシイラは唐揚げで頂きました。
タンパクで中々美味かったですよ💡

帰省初日の釣行はアジング、シイラ共に楽しめました。

とーぶん、釣りは良いかなと思った今日この頃なのでした。

訪問・閲覧ありがとうございますm(_ _)m

先月末のこと。
仕事もひと段落つき、5連休が取れたので愛媛に帰省してました。

台風5号が列島の南側をうろつき始め、風が出そうな連休の始まり。
釣りに行ける日に行ってしまえと帰省初日から釣りへ。笑

久々の愛媛アジング。
釣り場の人混みを心配していたが、まさかの貸切状態。
その理由は爆風だったからであろう。

20時頃、誰もいない漁港で釣りを開始。
潮は中潮満ち込み3分。
満潮が23時過ぎ。

このポイントは満ち込みが勝負なので、早い段階でアジを連発させたい。

軽量リグは強い風が邪魔をして、アタリが取りづらい。
なんとか1匹目をキャッチしたが、釣りづらい状況。

ここで最近買ったばかりのジグヘッドを試しに使用する。
これらを色々使い分けてみて、この日の状況にマッチングしたのがラッシュヘッド1.5g(Mフック)

操作性良し。

刺さりよし。

耐久性良し。


このナイスなジグヘッドのお陰で
満足な釣果となった。

使用タックル
ロッド:70Dアタッカー
リール:ステラ2500HG
ライン:ハイエンドフロロ0.4号
リーダー:海藻ハリス0.8号
ジグヘッド:オッズ ラッシュヘッド1.5g


この日、ロストが一度もなく、1つのジグヘッドで遊びきった。
最後まで、変形・劣化していなかったのには驚いた。

感動のあまり追加購入したほど。
コレとタックルとの組み合わせも良かったのだろう。
リグの存在感も把握し易いように感じた。リグのテンションフォール時、ラインテンションをほんの一瞬抜き、食わせの間を作りアジが連発した。

久々にコレはいいと思える針に出会えた今日この頃。

ただ、私が選んだジグヘッドは細軸だったので、付けたワームが結構千切れました。
そのため、ワームの消費量は少し増えてしまいました。
次回のアジングまでには軸に熱収縮パイプを付けて、対処したいと思います。

良い針なので皆様も使ってみて下さい。
ではでは。

このページのトップヘ