訪問・閲覧ありがとうございます。

 

今回はメバルがよく釣れる渓流ミノーをご紹介します。

紹介するルアーは

アングラーズリパブリック社から発売されている

サブリームというルアー。

 

これは釣具屋パゴスのゲーリーさんに「渓流で新ジャンルの面白いルアーがある」「メバルにもいいと思う」と紹介してもらったルアーだ。

ゲーリーさんの勧めでDVD(シングルフックスタイルⅢ)もあわせて購入。

このDVDで常に使われていたルアーが今回紹介するサブリームなのだが、警戒心の強いヤマメが何度もチェイスする様子に衝撃を受けた。

https://m.youtube.com/watch?v=TJxfd0p8SVY

魚がスレにくいルアーとしてもDVDで紹介されている。

 

このルアーの特徴は以下のとおり。

(※メバルプラッキングとして使用しての特徴である)

・スローリトリーブで真っ直ぐ泳ぐスト  

   レートアクション。

・ファストリトリーブで微かに揺れるア 

   クション。

・フローティングタイプかつ高飛距離。

・アクション後の高いブレーキ力

・多様なアクション


 

1.  ストレートアクション


   簡単に言えば真っ直ぐ泳ぐだけだが、引き波を立てながら表層を泳ぐだけでなく、小さいリップがついていることで浅いレンジまで潜らせて泳がすことが可能。

引き波を立てて小イカやバチを演出したり、浅いレンジを泳がせて小魚、浮かせてアミを演出するなどまっすぐ泳がせるだけで色々なを演出が可能。



2.  微かに揺れるアクション

 ファストリトリーブではルアーは微かに揺れるのみで、手元に振動は感じられない。

これが起因して、「魚がスレにくい動き」になっているのではないかと考えている

現に警戒心の薄い小さなメバルはいくらでも釣れたのだから。


 

3.  フローティングタイプで小粒な割に

   高飛距離


  これは個人的な主観ではあるが、メバルのフローティングプラグは飛ばないものが多い ように感じる。

例えばリッジ35F

私も一目を置いているお気に入りルアーだが、自重が2.0gと 軽くあまり飛距離が出ない。

   PEライン主体のメバルプラッキングだと糸ふけによるトラブルも多くなりがち。

0.5号のPE ラインでメバルプラッキングをする私にとってそこまでの影響はないが、PEライン を太くするとなると話 変わってくる。

サブリームの自重が2.2gでリッジ35Fと 0.2gの僅かな差だが、サブリームのほうがはるかに飛ぶ。

リップが小さいことにより、空気抵抗が少ないのだろう。



4.   ストレートアクション系ルアーの中

    で群を抜く高いブレーキ力


   私の保有するストレートアクション系のルアーといえばミニマルや小次郎、武蔵

   これらは全てシンキングタイプでリーリングを止めても、リトリーブの惰性でルアーが進行方向に泳ぐ。 

サブリームは水を掴むための小さなリップが付いているため、リーリングを止めると惰性で動く距離は極めて短い。

そのため、緩急ある動きになる。

その惰性の強弱で優劣はつけ難いが、状況によればこの差で釣果が変わることだって十分にありえるだろう。


 

5.  多様なアクションでメバルを魅了す  

     る。


引き波ストレートアクション

(超微速リトリーブ)


水面直下ストレートアクション

(微速リトリーブ)


水面直下微動アクション

(速リトリーブ)


水面直下アクションからの浮かせ

(ゴー&ポーズ)


緩急あるダートアクション

(トゥイッチ)

 

すでに各アクションでメバルは捕獲済みで、面白いようにメバルが釣れてます。


残念ながら大きいサイズのメバルはサブリームで捕獲出来ていないが、デカメバルもきっと虜にすると期待している。


メバルプラッキングでこれまでになかった動きをする「サブリーム」


かなりオススメですよ。

プラッキングにマンネリを感じてしまったアングラーさん!

ぜひ、使ってみてください!

 

サブリームでもっと大きいメバルを釣りたいと思っている今日この頃。

次回記事 サブリームのメバルオリジナルチューンについて投稿したいと思います