訪問・閲覧ありがとうございます。

以前、ワームをスイムベイト化して遊んでいた時のことを記事にさせてもらいましたが、作成方法については触れていなかったので今回はパワーシャッドのスイムベイト作成手順を紹介します。


・必要なもの
収縮パイプ(内径2㎜前後)、硬質ステンレス線(0.8㎜)、スイベル(極小がオススメ)、
セキ糸、瞬間接着剤、ライター、パワーシャッド5インチ

ステンレス線で綺麗なアイを作るためのプライヤー(左)。
これはダイソーで買うことができ、これがあると作業効率がグンと向上。
あと必要なのはペンチ(右)くらいかな。

・作業内容
まずはステンレス線でアイを作成。
このアイはワームの頭にくるもの。

それに
セキ糸を巻く。

瞬接で固着させて補強。

心配な方はさらに収縮パイプで補強。
※省略も可。

骨となる軸をワームに通すのだが、まずは背中と腹がどっちなのかを見極める必要がある。

ワームの背中には「ECO」という文字が刻まれているので、これを探して欲しい。
この面がスイムベイト化パワーシャッドの背中側となる。

もちろん、フックは腹側。
オススメのフックの位置は以下のとおり。

フロントフックが先端から約2㎝、リアが6.5㎝の位置。

目印を記す。

フロントフックの予定位置に極小のスイベルを差し込む。

埋め込まれたスイベルのリング内を軸が貫通していくように刺し込んでいく。
※スイベルが脱落しないか要確認。

リアフック予定位置から軸が出てくるまで通す。

さらにアイを押し込んでいく。
そうすることで次の作業がやりやすくなるのだ。

リアフックアイを任意の位置でペンチ等を活用して作成し、軸の余長をカット。

これに、先端アイ同様にセキ糸を巻く。

補強で接着。

奥まで押し込んでいた軸を戻すと
パワーシャッドのスイムベイトがほぼ完成。

これに#8フックを装着したら完成。

これが一番簡単な作成例だと思います。
メリットは作成に必要な道具が少ないので、取り付きやすいと思います。
何と言っても単価が安い。

反面、これにはデメリットもあります。フロントフックは脱落しないものの、フックのついたスイベルが軸間でワームの腹を裂きながら動く恐れある。
これが気になる方はハンダ付けすれば、解消するでしょう。

・使用方法等
このスイムベイトは自重が軽いので、私の場合8から9ftのエギングタックル、PEは0.4から0.6号を使用。

メバリングのついでに。
エギングのついでに。
みないな適当な感じでやるモノで作っています。
ガチンコファイト用ではございません。

このスイムベイトパワーシャッドはノーシンカーなので表層の釣りが中心です。
リールのトロ巻きでワームが表層で尾を振りながら艶かしく泳ぎ、スズキが激しく食ってくる様子が見れるのが楽しめます。

色々検証した結果、パワーシャッドの5㌅が一番釣れてます。
実績カラーはアルビノキス、チカチカ室蘭が群を抜いて釣れてます。

皆さんもメバリング、エギング、アジングの片手間にやってみてはいかがでしょうか?
パワーファイトではなく、いなす釣りなので、意外にバラシも少ないですよ。
皆さんの「釣れた!」が楽しみな今日この頃なのでした。