人間の集合意識が戦争や大災害を引き起こします。
ヴァンパイアたちが直接自分たちの手で戦争を起こしているわけではありません。そんな力、連中にはこれっぽっちもありません。ただ、人間たちの集合意識を操作する悪知恵が働くだけです。
ヴァンパイアたちは、これまでずっとそんな風に「私たちの意識の力」を使って殺戮行為を繰り返してきました。
だから・・・
私たち一人ひとりの意識の力がカギなのです。


=====================

※2016.11.23掲載記事

 6254fa70.jpg

溜まりに溜まった“穢れ”をきれいさっぱり“浄化”して、また昔みたいに宇宙の仲間たちと交流しよう!
て言うか、地球の溜まりに溜まった穢れ、もう結構ヤバイことになってるよー!


『Tales of Zestiria the X』が私たちに伝えたいメッセージ、簡単に言っちゃうとそういうことなんじゃないかなぁ。
「穢れ」っていうのは、人間が内側に持っているネガティブな感情のことね。
一人ひとりが「穢れ」を「浄化」しないとね、宇宙のお友達と楽しい交流ができないんですよ。ま、今の地球人の波動に合った宇宙人とでいいというなら交流可能・・・て言うか、それならもうとっくに交流してるんですけど、ね(-_-;)アレヨ,アレ



数年前から続く異常気象の原因を調べるため、部下をある村へ調査に向かわせた王女アリーシャ。
しかし、何日経っても部下は戻らず、心配したアリーシャは、自ら従者を連れて現地へ赴くことに。
201607041136430ff.jpg



そこで一行は竜巻に巻き込まれ、アリーシャだけが助かってしまう。
201607041057353da.jpg



失意の中、一人さまよい歩くアリーシャは、ある遺跡に辿り着き、そこでスレイという青年に出会う。
スレイの隣にはミクリオという青年もいるのだが(真ん中)、アリーシャにはミクリオの姿は見えていない。何故ならミクリオは、人間たちには伝説上の存在と思われている「天族」だったから。天族の姿は人間には見えないのだった。
スレイは人間だけど、訳あって天族の中で育ったため、天族を認識でき、ミクリオとは幼馴染みだった。
スクリーンショット (96)


スレイは困っているアリーシャを放っておけず、自分たちの暮らす天族の杜イズチへと連れて行くことにした。
しかし、ミクリオは気が進まない。何故なら人間はその穢れ故、天族にとって災いをもたらす存在とされていたから。
スクリーンショット (99)


イズチに到着し、スレイはアリーシャに天族の仲間たちを紹介するが、案の定アリーシャの訪問にいい顔をする天族はいなかった。
スクリーンショット (100)

どちらにせよ、アリーシャには天族の姿は見えないし、声も聞こえないのだが。。。
スクリーンショット (102)


そして結局、アリーシャをイズチに連れてきてしまったことで、邪悪なる者も呼び込んでしまうこととなる。
スクリーンショット (123)
邪悪なる者に襲われる天族。



地球のエネルギーって、高次元の宇宙人さんたちに言わせると、それはもう荒くて重い(;>0<;)ものらしいんですね。
宇宙人さんの目から見ると、地球人は「ゴミ屋敷に住んでる」ようなものだとかorz…
そのゴミっていうのはもちろん、「負の想念」のこと。ほとんどの人は内面に怖れ、不安、怒り、悲しみといった“ゴミ”を抱え持っていて、あろうことかそれを「お掃除」することもなく、ほったらかしのまま生きて、そのまま死んでいく・・・。そしてまた転生し、同じことを繰り返し、また死んで…のループ(・д・`;)
これは、高次元の宇宙人さんたちにとって、超「アンビリーバブル!Σ(@ ̄□ ̄@;)」なことなんだそうです。「穢れ」を「浄化」しないとは、一生お風呂に入らず、体も頭も洗わないってことなのだから。汚ればかりが溜まっていくってことなのだから。
て言うかね、そもそもエネルギーというものに無知・無自覚である地球人が大半で、“エネルギーの浄化”という概念がないことが一番「アンビリーバブル!!!\(◎ロ◎;)/」なことなんだそうです。
・・・ま、そんなわけでアニメの天族のように、出来るだけ人間とは関わりたくないと思う宇宙人さんが多いのも頷けるし、「地球外には出てきて欲しくない」と思っていると思います(T△T)
しかし、そんな「穢れを持ち」、「災いをもたらす」人間ではあっても、完全無視を決め込むわけにもいかない事情があるようなのです。
以下、天族の長老ジイジのセリフ。


確かにあの娘(アリーシャ)を遠ざけておけば、邪悪な者がこの地に入り込むことはなかったのかも知れん。じゃがそれは自分たちさえ平和であれば良いという身勝手な考えでもある。この地の平穏は外の世界とも関係している。それを無視するようなことはあってはならんのじゃ
スクリーンショット (103)

「この地の平穏は外の世界とも関係している」・・・これは、地球と近隣惑星との関係を言ってるんですね。
地球は、人間のネガティブな想念に加え、核兵器、原発、電磁波、ケムトレイルetc...こういったネガティブなもので満ち溢れています。その毒気は、周辺惑星にも大なり小なり影響を及ぼしているといいます。だから、ご近所の宇宙人さんたちとしても、地球、地球人をほっとくわけにもいかないようなんです。自分たちの惑星の平穏が「地球の情勢とも関係している」のですから。だから、様々な方法で今、宇宙人さんたちは地球人にメッセージを送っているのです。このアニメもその一つなんじゃないかな。
「人間の感情エネルギーというものは宇宙にまで影響を及ぼす」ということに私たちは気づかないといけないんです。自分の「思考や感情に責任を持つ」ことで初めて人は「大人になれる」んだよ、と親切な宇宙人さんたちはみんな言っています。
まあ、私たち地球人にとってこれは結構なチャレンジになるとは思いますが、そろそろ・・ではなく、今すぐ「大人の階段登る」こと考えないとダメなのヨ!

というわけで、今日はここまでm(__)m



あ、因みに・・・
邪悪な者に殺されかけた(殺された?)天族は、仲間のヒーリングによって治癒します。
こういうとき、地球ではすぐ「病院だ!救急車呼べ!」となりますが、高次元では地球でいう病院みたいなものはなく、ヒーリングが基本みたいです。ていうか、それが普通なんです。地球の健康、治癒概念の方がおかしいんです!(>_<)
スクリーンショット (121)
スクリーンショット (122)

ほんじゃまたm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
↑一日ワンクリックで海の記憶の応援お願いします!(^◇^)/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セッションについて....φ(.. )