御蔵島最終日。
布団でグッスリ睡眠を取って元気モリモリの朝です。

朝食後、山のガイドさんと一緒に御蔵島の誇る豊かな森へ散策に。
御蔵島 黒崎高尾散策1御蔵島 黒崎高尾展望台
ガイドの広瀬さんは、御蔵島生まれの60過ぎのおじさん。
若干心配になるものの、御蔵島の人口に始まり、歴史、自然と、かなりのおしゃべり好き。その正体は島で「先生」と呼ばれる名ガイドさんなのでした。

せっかくなので、みんなで記念撮影。
御蔵島 黒崎高尾散策2
御蔵島特産のツゲの杖を持って・・・
「山行ってきました〜!」って雰囲気いっぱいの1ショット。

御蔵島は野鳥たちの楽園。
御蔵島 鳥の卵
こんな卵も見つかったりします。

足を伸ばして見晴らしのいい乙女峠へ。
御蔵島 乙女峠散策1
見上げることが多い御蔵島の断崖絶壁。高台から見下ろす御蔵島は絶景でした!
御蔵島 乙女峠散策2御蔵島 乙女峠散策3

本格的な山装備をしなくても楽しめる半日トレッキングコース。
季節によって表情を変える大自然からの5月のプレゼントは・・・
御蔵島 ニオイエビネ1御蔵島 ニオイエビネ2
4月下旬〜5月初旬に咲く「ニオイエビネ」。
過去の痛ましい乱獲により、今では環境省レッドリストに指定される絶滅危惧種、
幻のランと言われる花です。

やばいものがゴロゴロあるこの島・・・
都会から2泊3日の手軽さには、あまりにも度が過ぎる秘境です。

御蔵島 エビネ公園からの景色
さて、御蔵島の天然水で作ったかき氷でも食べて、帰りの船でも待ちますか。。

つづく


SUNNYBLUE
横浜|スキューバダイビング|御蔵島ドルフィンスイムのサニーブルーMOBILE