21:30 竹芝ターミナル 週末の夜
東海汽船待合所ダイビング、釣り、トレッキング・・・
いろんな船旅への気持ちの高ぶりが待合所に溢れています。
もうすぐ七夕。あちこちに笹が飾られていました。

私たちの短冊に書く願い事は・・・

「野生のイルカに逢いたい」


22:20 東京竹芝ターミナル出航

展望デッキは、東京の光り輝く夜景と自然に出る笑顔がキラキラ
東京タワーとレインボーブリッジ
いつまでも浸りたい気持ちを抑え、早く寝る!
これが御蔵島ツアー成功の秘訣です。なんせ体力勝負ですから。

6:00 御蔵島
快晴の御蔵島
この日限定?御蔵島は梅雨の中休み。
天気だけでなく、ベタ凪の海までも出迎えてくれました。

島の関係者が口をそろえて掛ける言葉は「さすが、米ちゃん!」
私は降水量日本第2位のこの島で「晴れ男」の異名を持ってるんです。笑

フリータイムは村内散策

まず訪れたのは、鳥居が新しくなった稲根神社
バイキング号記念碑
稲根神社のバイキング号記念碑
明治時代に座礁したアメリカ商船「バイキング号」の錨巻き上げ機を台座に再利用した燈篭(左)と錨(右)です。デカイ錨ですね〜

村のはずれ 水汲み場
古き御蔵の人々は、ここで水を汲み山に入るしきたりがありました。
鉄砲場先の水汲み場
私もここで天然水を汲み・・・

御蔵島の天然水
後でイルカ船に持ち込み!
巨樹の森パワーをいっぱい含んだ水を頭からかぶり、のどの渇きを癒し、大自然をまるごと感じ、体の中から浄化されるような気分になりました。
リピーターの方、これオススメですぞ!

村には初夏の花が咲き乱れていました。
シマホタルブクロヒメヒオウギズイセン
代表的なハマカンゾウはもちろん、シマホタルブクロ(左)、ヒメヒオウギズイセン(右)など、新しい発見がまだまだありそうです。

つわぶきの葉っぱの上にも季節がありました。
御蔵島のかたつむり

ピンクのイルカが目印!
美美庵(みんみんあん)名物「田舎カレー」で腹ごしらえ。
美美庵名物・田舎カレー美美庵(みんみんあん)で昼食中
海を見ながら食べるカレー。。ヒデキじゃなくても感激するってもんです。。


さて、ボチボチ逢いに行きますか・・・


つづく




明日から7月、いよいよ夏!今年も後半戦突入だ!

SUNNYBLUE
横浜|スキューバダイビング|御蔵島ドルフィンスイムのサニーブルーMOBILE