さてさて、そんな訳で御蔵島の深〜い森に散策へ!

御蔵島「タンテイロの森」初心者でもお手軽に楽しめる「タンテイロの森」
こんなオプショナルツアーも新緑美しい春ならではのお楽しみ!

さ〜てどんな野草に出会えるでしょう?

御蔵島「ウラシマソウ」御蔵島の植物
4〜5月に見られる「ウラシマソウ」がそこらじゅうに!タケノコもいっぱい!

固有種ハチジョウアザミ。
"人がやさしい御蔵島ではトゲがない"という言い伝えがある花です。
御蔵島「ハチジョウアザミ」御蔵島の花
8月に大きな花を咲かせるサクユリはまだ蕾もありませんね。
山も季節によっていろんな表情を見せてくれます♪

年間降水量全国第2位。水の島・御蔵島。
川を流れる天然水が森を洗い、森の恵みが豊かな海を作る島。
御蔵島「タンテイロの森」御蔵島「タンテイロの森」
木漏れ日キラキラ、マイナスイオンいっぱいの森林浴。大人の遠足♪

御蔵島の巨樹にて記念撮影御蔵島「タンテイロの森」
タンテイロ・巨樹の森、ゴール地点に全員到着。
絶滅危惧種だらけの場所で記念撮影です。
大自然に360℃包まれて、身も心も浄化されていくようでした。


未だ噴煙の昇る三宅島も、ウサギのモーちゃんと遊ぶイブ君も。
青空の下、三宅島を望むイブ君とウサギのモーちゃん
御蔵島の日常。私たちが過ごす慌ただしい日々と同じ時間を刻む。。

ふと我に返って海の方見たら
御蔵島の夕日
キレイな夕日が、夕食の時間を知らせてくれました。

「とりあえず"生"9つ!」から始まった夕食(というか宴!)。
結局何杯の生ビールを胃袋に流し込んだのか・・・さすが新宿クラゲ会。笑
御蔵荘にて夕日を見ながら乾杯本日の夕食献立
御蔵島の地物中心の夕食はどれも支配人手作りの心がこもった料理ばかり。
いい景色+うまい料理+うまい酒+楽しい仲間=最高としかいいようがない!

夕食後は夜の御蔵島へドライブ・ナイトツアー。
伊奈佐のオオジイにて御蔵島港・赤灯台にて
メインのオオミズナギドリは気候のせいか全然落ちてなかったものの、県道沿い最大サイズの木「伊奈佐のオオジイ」や、星空を眺めたり、桟橋の赤灯台へ上ってみたり。クラゲ会の"絆"は深まるばかり。

1日の締めくくりはやっぱり・・・

寄せ書きの色紙贈呈!部屋飲み。笑
5月から小笠原に渡るギモさんに応援の寄せ書き(特別付録:酔い止め付)をプレゼントしました。
「漢字のイルカ」どう書くか、小笠原でここぞという時に使ってくださいね、偉そうに。笑


どこまでもいい方に!いい方に!
ツアーはゴロンゴロン転がっていきます。明日も。


つづく

御蔵島ドルフィンスイムツアー

スキューバダイビング&御蔵島ドルフィンスイムならサニーブルー
横浜|スキューバダイビング|御蔵島ドルフィンスイムのサニーブルーMOBILE