2007年06月12日

ベストスイマー受賞サトエリ、破局の傷は泳いで癒えた…?

6月13日16時21分配信 オリコン



拡大写真

愛のために「どこまでも泳いでいきます」

 国民に水泳の素晴らしさを伝えると共に水泳の発展と普及に貢献した人に贈られる『第8回 ベストスイマー表彰式』が6月13日(水)に都内ホテルで行われ、佐藤江梨子、博多華丸らが登場した。

佐藤江梨子、博多華丸の表彰式の様子はこちら
 中学時代に水泳部の選手として活躍し、日本スイミングクラブ協会のインターネット投票で、とくに九州地区から多くの支持を得て受賞した華丸は「『ひょうたんからめんたいこ』という感じでビックリしました。水泳チャーンス! ずっと九州で仕事をしてきて2年前に東京に来たけど、東京で沈まずにいれるのもあの頃水泳をしていたお陰ですね」と水泳にかけたギャグを交えながら喜びを語った。

 そして、健康的でスポーティーという言葉がピッタリで、同協会のインターネット投票で“最も水泳の似合う人”の1位に輝いたことから受賞した佐藤は「ロケや海外に行くときによく泳いでいます。好きなのは平泳ぎなんですが、体が大きいので隣のレーンの人にぶつかったりするんですよね…」と仰天エピソードも披露し、会場を沸かせた。

 また、報道陣から元カレ・市川海老蔵との破局から傷は癒えたかと聞かれると「泳いで癒えました。どうもありがとうございます」。新しい恋については「プールで探そうと思います。どこのプール行こうかな〜?」と余裕の答え。そして、愛のためにどこまで泳げるかとの問いには「ん〜…ってか助けてくださいよ!」と華丸に助けを求める一面も。だが最後には「どこまでも泳いで行きたいと思います」と吹っ切れた表情で答えた。

 そのほか、今回はスケジュールの都合で会場には姿をみせなかったが、スクーバダイビングのCカードを取得している滝川クリステルもベストスイマーに選ばれている。




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
楽天市場