今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2009年09月

 来月6日から22日までプロ野球12球団と12球団選抜(フィーチャーズ)、韓国2球団、九州、四国リーグ選抜チームの16チームが参加してプロ野球・春季教育リーグ・2009・みやざきフェニックス・リーグが行われることになった。

 宮崎県内各地で合計112試合を行ってしかも全試合無料。

 第二のイチロー、松坂、松井がいるかも・・・

 

 ファームの選手が中心とはいえ昨年の巨人、西武はクライマックス・シリーズに備えて主力が試合に出ていた。

 相手がかわいそうだったが、今年もクライマックス・シリーズに出るチームの主力が実戦間隔を保つ為に参戦する可能性大。

 秋季キャンプは息抜きの感じがあるが、さすがにそんな雰囲気ではなく他球団も期待されている若手ですから結構マジなので凄く楽しみである。

 

今年はクライマックス・シリーズが終わって注目のドラフト会議がある。

なぜ今年は日本シリーズ前にするのかなァ〜?

今年は観客を入れるということで又違った雰囲気になるのではないでしょうか。

でもパンチョ伊藤さんの声がドラフトには合いますよね。

どうも今司会をしている人はちょっと暗いような・・・

さて、注目の花巻東の菊池君はどこへ?

他にも有望選手がたくさんいる。

 

来年はハンカチ王子こと早稲田の斉藤祐樹君がどこへ。

大学野球でピッチングはうまくなったようには思うが、高校から思ったより実力はアップしてないような・・・?!

コンパクトにまとまりすぎて凄みが無くなったような・・・

とりあえずプロ志向らしいのでどこかは指名するだろう。

 

プロ野球も終盤を迎えたが、楽天の磯部選手が戦力外になった。

自分的には、日向で春と秋にキャンプをしていた近鉄の最後の選手会長だったし、近鉄が合併して消滅する時、存続の署名集めを必死にしていたのがついこの前のような気がする。

まだ現役でできると思うので頑張って欲しい。

 

他にもこれから色んな選手が球団から戦力外通告や引退勧告を受けるだろう。

そのままコーチ、裏方として残る人、他球団でテストを受けて入団する人など様々。

でもほとんど人がプロ野球界から去っていく。


 ドラフトの入団会見の華やかさの影で同じ数の選手がプロ野球界を去って行くことも知って欲しい。

プロだから当たり前と言われるかもしれないが、スポットライトを浴びて辞めていくのはほんの一部の選手だけ、華やかな世界だけにほとんどの選手が辞める時は厳しく寂しい。

 

今日は、南太平洋のサモア沖で大きな地震があったということで津波警報が発令されたようだ。

幸い宮崎沿岸には50cm程の津波が来ただけだったようだが、しばらく日向灘では大きな地震が起きていないし、地震は何時どこで起きるか判らないだけに本当に心配だ。

 

もう一つ心配と言えば新型インフルエンザ。

実は知人が風邪で病院に行ったら車の中で待つようにいわれ挙句に新型のインフルエンザだった時に院内感染の可能性があるからということで駐車場の車の中で診察されたそうだ。

幸い普通のインフルエンザだったらしいが、駐車場で診察されるって・・・

大丈夫なのかこれから患者が増えると言われているのに・・・

今回の風邪でもかなりきつかったらしい・・・

 

児島玲子さんがテレビ大阪・釣りロマンを求めてのテレビロケで宮崎県南の沖で初体験のトップゲームで良型のヒラマサを釣り上げたらしい。

さすがです。

鮎の友釣りも凄くうまくなっていたものなぁ〜

やっぱり実践を積んでいる人は上手くなる。

これ釣りの常識?!

mixiチェック

 五ヶ瀬川の秋の風物詩となっている“鮎やな”

 地元の新聞によると落ち鮎を獲るこの風景が今年はついに一ヶ所になったという。


 多い時は確か五ヶ所位やなが掛けられており、産卵場は数ヶ所作られていたもののこれだけ途中にやなが掛けられたら川を下って産卵する鮎がそのうちにいなくなるんじゃないかと釣人の一人として思っていたのだが、年々漁獲高が減ってついに今年は一ヶ所になったという。


 また、昨年から食品表示法の影響で五ヶ瀬川の鮎やなで提供しているのは養殖鮎ですという標示をするようになって鮎やなで食事をするお客さんが激減したのだそうだ。


 それはそうだろう鮎やなで食事する方は養殖鮎と天然鮎の区別が付いていたのか?

 確かに養殖技術が上がって見た目は天然鮎に近くなってもやはり養殖鮎と天然鮎の違いは食べ慣れている人ならすぐ判るし、違いが判らなかった人も養殖鮎ですって料理して出されて天然鮎と同じで値段で食べさせられたら誰も行かないだろう。


 確かに伝統の漁は残すべきなのだろうが、果たして今後どうなることやら・・・

 


 今日行われた国体の高校野球の準決勝は花巻東対宮崎の都城商業だった。


 甲子園では対戦できなかっただけに花巻東の菊池君を打って宮崎県勢初の国体高校野球決勝に残って欲しかったのだが、試合には勝ったものの肝心の菊池君が投げてくれなかった。


 9回2死から代打で出てきたらしい。
 
昨日も9回1イニング投げただけ・・・

 でも150kmを越すボールを投げて甲子園でのケガは直ったようだったので期待をしたのですが・・・


 まあ使う監督としても大変だろうね。

ここでケガでもされたら大変なことになると思うと使えなかったんでしょうね。


 ドラフトにかかるのは間違いないだろうし、後はどこに入団するか?

メジャーはまだ早いと思う。

ヤクルトあたりだとうまく育ててくれてFA前でもメジャーにすんなり出してくれそうな気がする。

横浜、広島はユニフォームが似合わないような・・・

阪神は、良いと思うと酷使するから2、3年で潰れかねない。


 パ・リーグは、行く気あるのかなぁ〜?

でも、パ・リーグっていう顔じゃないし、悪いけど華のある選手ですからセ・リーグで頑張って欲しい。

 

今日は午後から久しぶりに本格的な雨になった。

全ての生き物にとって恵みの雨になったと思うし、ひと雨ごとに寒くなってくるんでしょうね。

 沖縄の南海上には台風17号が発生し、ゆっくりと北上し始めたようだ。

今度の台風は多分上陸するかかなり接近するでしょう

熊本ではこの時期に初めてという貯水率が1桁のダムがあるという。

被害が出ることなく恵みの雨になってくれれば良いのですが・・・

 それにしても週末又ウネリが大きくて沖磯に行けそうに無い。

色々と使ってみたい新製品が揃っているし、命拾いしている大物がたくさんいるな。

冗談ですよ。


 本当にクロが釣りたい。

青物が釣りたい。

アオリイカも釣りたい。

mixiチェック

 昨日優勝した横綱の朝青龍の優勝が決まった瞬間に土俵上でガッツポーズをしたということでまたまた問題視されている。
 でも誰が問題視しているの?

 横綱審議委員のおばちゃん(いかん品格が問われる)内館委員だけでしょ?
 何者?
 しゃべりすぎでしょ?

  まぐれで優勝した?
 まぐれで優勝できるほど大相撲ってレベルが低いの?

  朝青龍をボロクソに言うわりには朝青龍の本を出していましたよね。

 あんたこそ品格が無いんじゃないですか?
 それより内館さんが女性を土俵に上げないのはおかしいって相撲協会に噛み付いたらたいした者ですよ。
 

 だいたい横綱審議委員って何をしている人達?
 横綱、大関の昇進規定は相撲協会にあるんだからいらないでしょ?

  それから1部屋、外国人は1人なんて規定は辞めて下さい。
 現実にもうに関取衆に何人も外国人力士がいるんだし、今場所も下位の優勝者に外国人がいたじゃないですか?

 今更つまらん規定を設けるよりアメリカのメジャーリーグみたいに来るもの拒まずで受け入れていった方が世界には凄いのがいるだろうし、全体的にレベルが上がるし、面白い相撲が見られると思うのですが・・・
 

 伝統とか言って閉鎖的な組織のままだと大相撲も衰退していくよ。

 特に朝青龍の後釜を早く見つけないと・・・
 なんか気紛れに突然引退するような気がする。
 

 気紛れといえば宮崎の海。
 ウネリが落ちません。

 宮崎県を代表するサーフィンのメッカ金ヶ浜にサーファーがいない。
 そんなウネリです。

  河口口は変なニゴリが入っている。
 最近突然大雨が降るからか?

 チヌには良いけどクロ(メジナ)にはツライ。

  まあ秋磯のクロ(メジナ)は地磯に近いポイントが良いというのが最近の傾向だが、嫌なんだよねぇ〜 潮の動きの悪いポイント。

 今週末にはウネリよ落ちてくれ・・・

mixiチェック

7ef742d4.JPG

朝青龍24回目の優勝

横綱には悪いけど大番狂わせですね。

 

横綱審議会のけいこ総見の時、膝が痛いと5番しか相撲取らずに委員の人からボロクソに言われていましたもの。

マイペースといえばマイペースなのかもしれないけどここ一番の勝負強さはさすがです。

でも朝青龍は役者ですねぇ〜

 

朝青龍って中日の落合監督に近いものがあると思いませんか?

落合監督も現役時代は練習嫌いでマイペースで練習をやっていたイメージだし、監督になっても今年のWBCに選手を出さなかったのをみれば判るけど勝つためならなんでもするそんな所が似ていると自分は思っています。

 

でも、落合監督が現役の頃、練習をしていなかったかといえば嘘ですよ。

 巨人のキャンプの時に一人室内練習場でバッティング練習をしていたらしいから・・・

 それに練習しなくてフルシーズン、コンスタントに打てるわけが無い。

 そんなにプロ野球は甘い世界じゃない。

 

朝青龍も同じで場所に入る前にはしっかり体を絞ってきていましたもの。

あのカラダはトレーニングをしてないとできない。

15日間、センスと地位で勝てるほど大相撲も甘くはないでしょ?

 

だって皆横綱を倒してやろうと思ってやっているんだろうから・・・

今日も勝ってから土俵上でガッツポーズをしたとかで横綱の品格のことで色々言われていますが、憎めないキャラクターですし、大相撲も朝青龍がいなくなったらつまらなくなるでしょうね。

F1にアイルトン・セナがいなくなってつまらなくなった様に・・・

 

元横綱の某大相撲解説者は“朝青龍が優勝するのは奇跡”とか言っていましたし、ボロクソに言っていた横綱審議会の委員の人達や関係者で誰が朝青龍の優勝を予想しました。

プロ野球もですが、好き勝手言って予想が外れる解説者はボウズになってもらいましょう。

 


 話は変わりますが・・・

 実、ついさっき72センチのシーバスを釣ってきました。

 日が暮れてからいつものように近くの堤防にウォーキングに行ったら生命反応が凄くて、ボイルが連発していたので、ロッドを取りに戻ってボイルがあったところの上流にペンシルベイトのドッグーX/SWをフルキャストして流れに乗せながらゆっくりとドッグウォークさせたら、4投目でいきなりバッコーンとトップに出ました。


 出た感じでは50センチちょい位のサイズだろうと思っていたら足元に浮かしてビックリ・・・

 ブリ上げはとてもじゃないができないので階段のあるところまで引っ張っていってハンドグリップで取り込んでメジャーを当てると72センチでした。

 

 しかし、釣りってこんなもんで釣れる時にはあっけなくデカバンが釣れる。

 近くでウナギ釣りをしていたおじさんに写真を撮ってもらってリリースして帰ってきましたが、おじさんからしたらなんなんだろうと思ったでしょうね。

 

 まだ釣れる雰囲気はあったのですが、これ1匹で満足したし、小雨が降り始めたので帰りましたが、もう少しで帰り着くというところで大雨になりびしょ濡れになりました。

 でも、小走りで帰ってきたのでクールダウンにはもってこいで気持ち良かったです。

mixiチェック

67186398.jpg

 今日沖磯の釣行した釣友は、キロオーバーこそ出なかったもののクロ(メジナ)が結構釣れて面白かったとメールが来た。

 自分が行けない時に限って釣れる。

 イヤ感じ・・・?!

 

 やはり台風が通過する前までは水温が高くバリが多いということだったが、台風通過で潮が変わったようでホームグランドの島野浦沖ではこの時期にはめずらしい48cmのクロが昼釣りで釣れた様だ。

 冷水溜ができているというわりには出足が良い。

 

 最近は時間がある時は秋磯に備えて釣具の整理をしている。

 今日はウキ。

 画像のウキは最近の釣研のウキだけしか写していませんのでほんの一部です。

 バッカンの中のタックルボックスにもたくさん入っているので多分全部で1000個は超えている。

ウキ集めはほとんど病気です。

 

 釣れないのは腕のせいでは無くウキのせい(嘘です)

 他の人が釣っているウキが良く見えたし、名人が使っているウキが良く見えた。

 だから色々伝手を辿って名人さん作のウキも多数手元にある。

 プレミアが付いているウキがあるかも・・・

 でも今は勿体無くて使っていません。

 完全にコレクションです。

 

 感度を求めるなら小型棒ウキが一番。

 今は操作性と潮乗り重視でほとんど円錐ウキを使う。

 

 最近は小さなウキに色んな考えが詰まっている。

パイプの穴径にパイプの種類、低重心、高重心、ナマリの形状、ウキの形状、表面のコーティングも飛躍的に良くなったので今のウキはほとんど傷が入らない。

 やっぱり趣味とはいえ綺麗なウキで釣りたいですから・・・

 

 ウキが吸い込まれるように海に入るのが好きなので、ウキを沈めて釣る沈め探り釣りはあまり好きじゃない。

 ウキと会話できるようになりたい。

 小さなウキの動きを取れるか見逃すかで今のクロ(メジナ)の釣果が決まる。

 特に喰いが渋くなる冬場は・・・

 今シーズンはどのウキがクロ(メジナ)に好かれるか?

 来週からはいよいよ沖磯だ。


 

 明日から新潟国体の高校の硬式野球の試合が始まる。

 高校生にとってはこれが最後の公式の大会になる。

 

 運命なのか、いきなり菊池君のいる花巻東対夏優勝した中京大中京戦。

 ケガも完治したようだし、甲子園のリベンジである。

 抑えて優勝するか。
 打たれるか。

 仮に菊池君が打たれて負けてもプロの評価が落ちることは無いだろうけど無冠のまま高校野球を終わるのか楽しみです。

mixiチェック

 今朝は放射冷却現象だったのか、朝部屋の窓を開けると冷気と共に部屋の奥まで朝日が差し込んできた。

思わず日の出の太陽を見たら当たり前だが、綺麗で真ん丸の太陽が東の空から昇っていた。

 期待もせずロッドを持って散歩も兼ねて歩いて5分の汽水域へ。

 時間が超短かったので今日も不発。

 でも気持ち良かった。

 

 ちょうど会った釣友が明日磯に行くという。

 自分は用事があって明日は釣りに行けないが、時間を見て秋磯に備えて小物のタックル整理をしていたら3ヶ月ちょっと使わなかったウキ用のポーチのチャックが固着していました。

 

 それもよりよって一番使用頻度の高い0号、G2浮力のウキを入れたウキポーチのチャックが・・・ガンとして動かない完全固着。

 CRCをチャックに何度か染み込ませ放置すること数時間、気長にやってようやくスムーズに動くようになりました。

 一番使うので開け閉めが一番多いのですが、3ヶ月位使わないだけで固着しないでよ。

 メーカー名が入っただけで?割高なのに・・・

 固着しないようなチャックを使って欲しい。

 ちなみにバック、ライフジャケットは洗って直していたので大丈夫でした。

 

 ロッド、リールの準備もできているし、ガン玉、ピニオンリール、カッター、ガン玉外し、それに最初はいらないと思っていましたが、ハリ外し以外にも色々便利なあの山元八郎名人から直接頂いた“なるほど!!ハリ外し”も・・・

これで何時でも磯に行けるぞ。

 ちなみに“なるほど!!ハリ外し”は山元工房(山元八郎名人の会社)で販売していますのでネットでも釣具店経由でも買うことができます。

 

 さて、政権が変わって今、ダム工事の中止が問題になっている。

 私にとって一番身近な所では熊本県の川辺川ダム。

 

地元に行くとわかるがダムのある球磨川本流とダムの無い川辺川の水質の違いである。

 ダムのある球磨川の方はいつでも濁っているが川辺川は清流で透明度が高い。

 当然水温も川辺川の方が低いが、浸かっていると足元が見えるし、泳ぐ鮎も見えるし気持ちは良い。

 鮎釣りをするものにとっては遡上の妨げになるダムは無い方が良い。

 

 ただ、五木村に行くと判るがダム本体の工事が始まっていないだけで取り付け道路や間接の工事や移転はほとんど終わっているようだ。

 これをどうするんでしょうね。

 

 できたら前のように急流でもまれて馬力と体高のある鮎がたくさん掛かる球磨川、川辺川になって欲しい。

 鮎釣りファンからの要望です。

 でも地元の人はそれだけでは生活が成り立たない。

 どちらにとってもハッピーに解決して欲しい。

でも、難しい問題ですよねぇ〜

 

自然は一度壊したら戻るまでに長い年月が掛かるそれだけは考えて欲しいです。

 良い知恵は浮かびませんが、昼間はまだまだ暑い、宮崎です。
 残暑お見舞い申し上げます。

mixiチェック

bd2f7b63.JPG

 先日、デジタルカメラを買って何かを撮影したいと思って宮崎の観光地を紹介しているHPを見ていたら高鍋町の高鍋大師の写真が載っていた。


 新聞や雑誌では何度も見たことのあるなかなかユニークな石像群のようである。

 行ったこともないし、テスト的に枚数を撮るのにはもってこいだし、自宅からは1時間ほどで行けるので連休で混んでいるだろう国道10号線を走らず裏道(広域農道)を走る。

 

高鍋大師は高鍋町の市街地と日向灘を一望できる高台に立っていた。

国道10号線から見えるのだが、正直何度も通っているのに気に留めていなかったからかあんな高台にあるのに気づきもしなかった。

小さな道案内の標識を頼りに国道から田んぼの真ん中を通る細い道に入り、更に持田古墳群の間を抜け、車一台がやっと通る雑木林の間を通り抜けるといきなり2メートル程の高さの像が見え傍らにたくさんの石像が見えた。

 

なんだこれは ??????オオーw(*゚o゚*)w

 

最初はそう思った。

 

そして更に進んで駐車場(広場)に行くと10メートル程の石像が数体あってその付近に適当にたくさんの石像がすえてある。

一説にはその数300体以上と言われているが一つとして同じものが無いし撮影するのに被写体としてはなかなか面白い。

 

説明の看板によると岩岡保吉さんという方が昭和初期の頃、盗掘が多かった持田古墳群の霊を慰めるために昭和8年・40歳から作り始めたというこの石像群。

薬師如来、雷神、12面観音、千手観音、弘法大師などはさまざまな神や伝説上の偉人が並ぶ中に、神話のスサノウノミコトやテレビの水戸黄門、卑弥呼?近所のおじさん?おばさん?鶴と亀など摩訶不思議な石像もある。

 

タイにアユタヤという世界遺産に指定されている遺跡があるが、そこに行った時になぜこんなものを作ったんだろうと思ったが今回も似た感じを受けた。

とはいえここはアユタヤとは違い、国や宗教とは無縁のもので完成した年やコメントなどがひらがなやカタカナで石像の正面に刻んであり、おまけに仕上げも綺麗にしてなく、どちらかと言えば雑に見えるが、自由な発想の中で作られた石像群は一般的に見られる石像群とは違いどこか温かみがあり気持ちが和む石像群でした。

 

その後西都原古墳群まで走ってみた。

ここは一説には邪馬台国の卑弥呼の墓説がある広大な古墳群で春は桜並木と菜の花、これからの時期はコスモスの名所としてたくさんの観光客で賑わうのだがさすがにまだまだコスモスは咲いていなくて人もまばら、しかし、木陰で車を止めると気持ち良くついウトウトしてしまった。


 時間としてはたいした時間寝ていないのだがこんな所で寝ると頭がスッキリする。

自然の中にいることが一番のストレス解消になるんですね。

 

ちなみに西都原古墳群は国定公園になっているようだが高鍋大師は宮崎県の観光遺産になっているそうだ。

 

有名ではないが高鍋大師の石像群、芸術と見るか、アートと見るかは見た人の感性の問題ですが、ユニークな人っているもんですねぇ〜 

mixiチェック

このページのトップヘ