今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2011年04月

 久しぶりに雨音が聞こえるような雨が降ったのですが、今は小雨になったのか何も聞こえません。

 明日の宮崎の天気予報は雨なのですが、今日は突風交じりに強風が吹きまくりました。

 やっぱりというか案の定というか渡船は午前中で終了(回収)。

 明日はもちろん船止めのようです。

 どっちみち自分は3日に親戚の結婚式やその前後は里帰りしている親戚の運転手で墓参りや観光地周りかな???

 

 アルファードに乗っているので人もたくさん乗れるし、冠婚葬祭etc・・・

 親戚で何かあると運転手にならされるんですよね!!!

 まあいつものことだから良いんですけど・・・

 

 それにしても大震災による自粛でゴールデンウィークの人出は例年より少ないと言われていましたが、例年通り宮崎空港のお客さんは多かったし、途中の道も混んでいました。

 まあ被災者の方は大変でしょうが、あんまり過剰な自粛はかえって経済を冷え込ませますからね。

 

 でも観光地も人出が多いだろうなぁ〜

 天気も後半は良いようだし・・・

 観光に行くのは別に良いのですが、道路が混むのと駐車場に入る時と入ってからまた混むのが嫌ですよね。

 釣りに行きたいって言ってくれると段取りも簡単で良いんですけどね???

mixiチェック

 鮎の放流が各地で始まっていますが、宮崎のある河川では雨降らず水不足の渇水状態のために放流した稚鮎が上流域に遡上することができずに途中の水の多い所に溜まっているようなのですが、それを狙ってサギなどの野鳥が集まりエサとして捕食していて漁協が調査をしたら例年に比べるとかなり食べられていて再度稚鮎の放流をするか検討をしているようです。

 

 自分のホームグランドの一つ五ヶ瀬川の堰でも遡上する稚鮎を狙ってサギが集まって食べている光景が見られますが、今回の河川は稚鮎が上流に逃げようがないだけに全滅しかねない状態になっています。

 食うか喰われるかは自然の摂理といわれればそれまでかも知れませんが、鮎釣り大好き人間としては色んな意味で早く雨が降って欲しい。

 

 ちなみに宮崎県内でも貯水率ゼロのダムもあるし、貯水制限に入った市町村もあります。

 早期水稲や照葉樹林の立ち枯れの被害も出ているようです。

 梅雨までは大雨が降る予報は無いようですし、何度も書きますが宮崎は大雨が降ると新燃岳だけの土石流も怖いし・・・

 困ったものです。

mixiチェック

 明日からゴールデンウィークになるので釣り情報を書きたいのですが、今週の宮崎は天候が悪くて渡船もまともに出ていないようです。

 磯に行かれればまだグレが良いようですが、エサ取りのサバゴやタカベが増えています。

 エサ取り対策をして釣りをして下さい。

 

 それからファミリーフィシングにお勧めなのがキス釣り。

 宮崎県北にはポイントとなる浜はたくさんありますし、チョイ投げでも良型が釣れます。

 市販の仕掛けもありますし、虫エサはダメという方には人工のエサもありますので手軽に釣行されたらいかがでしょうか?!

mixiチェック

 昨日の宮崎は今年になって初めて30度を記録した真夏日だったのですが、風が強くて気温よりは涼しく感じました。

 海の方は午前中宮崎市内に行く時に見た時は波もあまり無く絶好の釣日和に見えたのですが、帰りに見た海は南風の影響でウネリが大きくなっていて荒れた海になっていました。

 事実、夕マヅメを待たずして沖磯は回収されたようで今日の船止めも早々に決まったみたいです。

 

 そして今日は朝から風が強くて昼頃はカミナリ。

 その後は久しぶりにまとまった雨が降りました。

 宮崎というと雨が降ると新燃岳の土石流も心配で今日も一部避難勧告が出たようですが、幸い土石流は起きなかったようです。

 

 まあ川によっては取水制限もされているようですし、放流した稚鮎が川を上れず成長にも影響が出てくるんじゃないかと思います。

 土石流が起きるのは困るのですが、正直もう少し雨が欲しいところではあるのですが・・・

mixiチェック

 今朝のブログで書きました宮崎県都城市で口蹄疫を疑われる牛が見つかった件ですが、今回は昨年の経験が生かされたようですばやく対応しDNAの検査をしたところ陰性。

 すなわち口蹄疫ではありませんでした。

 良かったです。

 美味しい宮崎牛がこれからも何の問題もなく食べられます。

 

 それからブログの文字が見難かったと思いますが、なぜあの文字色になったのか判りません???

 意識的にしたわけではありませんし、確認した時点では何の問題もなかったのですが・・・

 修正致しました。

mixiチェック

 宮崎県都城市で口蹄疫を疑われる牛が見つかったようです。

 今月20日に昨年発生してからちょうど1年がたって蔓延しないように消毒対応の訓練とか宮崎県内の関係者でやったばかりだったのに・・・

 まだ口蹄疫と確定したわけではないようですが、前回の口蹄疫の時は生産農家の方や獣医の方も口蹄疫と判断するのにずいぶん時間が掛かって結果的にあれだけの大きな被害になったのですが、今回はその教訓を生かして早く対応して頂きたいものです。

mixiチェック

 大震災が起きて被災者の方々が食べる物にも苦労している時に食べ物の話題を書くのもどうかと思い書かなかったのですが、ずいぶん前に“イタリアン・ガラディナー(川越達也ディナー&トークショ−)というのが宮崎市内のホテルであったので行ってきました。

 宮崎も昨年口蹄疫で農畜産業に大きな被害を受けたのですが、宮崎産の食材を使って今話題のイタリアンカリスマシェフの川越達也氏プロディースしたディナーを食べようという企画です。

 (ガラディナーとは特別な日に提供されるディナーのこと)

 

 料理については、宮崎牛料理人も超一流で宮崎産の良い食材を使って雰マダイババロア囲気







も一流ホテルで良くて(値段もそれなり)美味しくないわけがないのですが、このディナーを食べにわざわざ東京や埼玉、長野など
宮崎県外からオバチャマ達(川越シェフの追っかけか?)が団体で来ていた方が驚きました。

 綾小路きみまろの漫談ではないですが、亭主は仕事で立ち食いそば屋で昼食を食べ、帰ってきたらカレーをチン!!!

 犬の方が美味しいものを食べてっやつですかね???

 

 ちなみに川越シェフって宮崎県国富町出身。

 東京の代官山にある自分の店TETSUYA KAWAGOEは2ヶ月先まで予約で一杯だとか?

 でも家ではほとんど料理をしないらしい。

 お店でお客さんに美味しい料理を提供するのに全神経を使っているので疲れてとてもプライベートで料理をしようとは思わないらしいです。

 まあ毎日こんなディナーばっかり食べていたらたまには他の料理人が作った料理やアッサリした物が食べたいのと一緒かな???

 違うと思うわ(by 神の声)

mixiチェック

このページのトップヘ