今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2011年08月

 テレビの地デジ化が始まってから1ヶ月が過ぎた。

 自宅の方は問題なく地デジ化が完了したのですが、自家用車の地デジ化が済んでない。

 どうせ運転中TVは見られないし、DVDが見られるのですぐに地デジ化しなくても良いし、10月に車検を受けるのでその時についでに地デジ化した方がついでで少しは安くできる?か思いディーラーに確認したら地デジタイプで5万円、ワンセグタイプで3万円だとか。

 

 正直先日家電量販店で見た物は安い商品だとワンセグで1万円しなかったし、地デジでも4万円は切っていたと思ったのですが、高くない?

 配線もDVDの配線があるのでそこに差し込むタイプのチューナー良いと言うわりには・・・

 まあ家庭用に比べたら種類も少ないし限られるから車用は高くつくのかも知れませんが、何も地デジ化は家庭用のテレビだけじゃないんだからその辺も少しは考えてほしいですよね。

 

 消費者には何のメリットもの無い?のに勝手に方式を変えて地デジ対応のチューナーを買ったりTVを買い換えないといけないようにしたんだから・・・

 

 ちなみにネットで調べたら2万円を切る値段で車用の地デジチューナーがあるようなのでもう少し勉強して市販を自分で取り付けようと思っています。

mixiチェック

 鹿児島からの鮎釣りの帰り途中で帰宅ラッシュの渋滞につかまりそうだったので無料化実験が終わってから初めて高速道路を通って帰りました。

 無料化の時は結構な交通量だったのですが、今回はガラガラ・・・

 予想より早く自宅に着きました。

 

 とはいえ自宅のある日向まではまだ開通してないんですよね。

 予定では来年度中に日向市まで繋がれば延岡市まで開通することになるし再来年には大分県境まで開通するようですが、この交通量のままだったらまず採算は合わないでしょうね。

 自分的には大分まで繋がれば県南の磯に行くのにかなりの時間短縮ができるので早く開通してほしいのですが・・・

 ちなみに延岡市から大分県南までは高速道路じゃなく高規格道路になるので無料になるらしい。

 有料にしたら車が走らないからでしょうか?

 

 同じ道路の作りなのに有料区間と無料区間があるのは色々とカラクリがありそうですが、宮崎県北は陸の孤島ですから道路網が新たにできるというのは大歓迎なのですが、ここでひとつ疑問が・・・

 千円高速の時には交通量が多かったのですが、今回通ったえびのICから高鍋ICまでは通常料金の(3,050円)ためガラガラ。


 どうせ走らなくても経費は一緒なんでしょうから民間だったら安くして交通量を増やすと思うのですが国はそんなことできないんですかね?

 無料高速は経費がかからないならそれで良いけど補修費等でかかるんでしょうからダメとして薄利多売ではないですが、通行料金を安くして交通量を増やした方が良いと思うのですが・・・

 車が通ってこその道路だと思うのですが・・・

mixiチェック

 釣友だったSさんが週末宮崎で仕事があって久しぶりに関東から宮崎に来ていて鮎釣りに行こうと誘われていたのですが、五ヶ瀬川は日本一高い日釣り券といわれる5千円だし、Sさんと一緒に来ているMさんが鹿児島出身ということで鹿児島県の霧島川霧島川
から天降川(あもりがわ)に行って来ました。

 霧島周辺には新燃岳の噴火活動が始まってからは行っていないので久しぶりなのですが、事前に霧島川に釣りに行った釣友の話では鮎は問題なく釣れていると言うことで今回の釣場を決めたのです。


 オトリ鮎と年券を買うのに田代ドライブインへ

 初めてここで釣りをする人がビックリするのがここを管理する松永漁協の鮎の年券とオトリ鮎の安さ。

 年券500円、オトリ鮎100円。

 海産稚鮎の漁獲高日本一の川ということで放流はしていなくて川も渓流河川のような雰囲気の川なのでこの値段なんでしょうが、近くに住んでいたら毎日行きそう?

 2年前に一度竿を出しているのですが,平日で釣人は少ないのですが週末かなり叩かれているだろうと思い最上流部まで車を走らせ川に入ったのは9時過ぎ。


 魚影の濃さは折り紙つきですが尺鮎はまず釣れません。

 川も渓流層なので解禁当初に使わなかった複合メタル0.08号をセット。

 お二人に好きなポイントに入ってもらって釣り開始。

 透明度の高い川ですが、鮎はあまり見えません。


 とりあえずトロ場のポイントでオトリ鮎を数匹確保して瀬ニポイントに移動しようと岩陰に隠れて竿を出していると追い星の鮮やかな追い星
20センチの鮎があっさり掛かった。


 その後ポツポツと6匹掛かったところで背後で何かの気配がする。

 何だろうと思い見ているとイタチ?

 岩陰にジッとしているから自分に気付いていないのかこっちに向かって来ている。


 岩を回り込んだところで自分に気が付いて目と目があった。

 すぐに逃げるかと思ったら固まっているのかジッとしているのでカメラを構えるとダッシュで逃げた。

 さすがに正面写真は撮れなかったが逃げる後姿イタチは撮れたので良いか???


 しばらくして下流で釣っていた二人が戻ってきた。

 Sさんは10匹ほど掛けていましたが、Mさんは釣る以前にトラブル連発で3匹だけだとか。

 もっと川幅のあるポイントが良いというので早めの昼食を摂って下流の発電所近くのポイントへ

 オトリ屋さんに薦められたポイントですが、連日釣人に叩かれているのか思いの他魚影が薄くて数匹掛けたところで天降川天降川へ移動。

 ここの上流は妙見温泉街で車も止めやすいし、川にも入りやすいポイント。

 鮎釣りが久しぶりで霧島川では枝に仕掛けを引っ掛けたり、苦戦していたMさんにここで釣ってもらおうと移動してきたのです。


 でもここでオトリ缶を車から降ろそうとした時に腰に電気が走った。

 しばらく同じ体勢でいれば痛みは消えるのですが、最悪。

 さっきの釣り場で腰まで浸かっていて冷えたのがいけなかったのかなぁ〜

 二人が川に下りて行くのを見て誰もいなくなった無料で入れる近くの足湯に行って足をつけると温い。

 まあ暑い時期だしこれくらいの方が良いのでしょうが・・・

 かなり腰が楽になったが帰りを考えるとここで無理は禁物。

 結局ここでは竿出ししないまま安静にしていましたが、腰痛どうにかならないかなぁ〜

mixiチェック

 プロ野球も優勝争いの真っ只中ですが、先日日本ハムの梨田監督の今シーズン終了後の勇退が決まったようで次期監督は本命が元ヤクルトの栗山氏、ウケ狙い?で新庄氏などの名前が出ていましたが、なぜ優勝争いしているこの時期に球団首脳が監督人事を言うんだろう。

 

 成績が悪くなったとか体調が悪くなったというなら判るのですが、新聞報道の範囲だとどうも人気が無い?というのが理由のようだ。

 でも監督が変わって爆発的に観客が増えるとは思えないし、ただでさえ来シーズンはエースのダルビッシュがメジャーへ移籍するとなると観客動員は減るのではないでしょうか?

 だからこそ若手を育てチーム状態を把握している梨田監督の続投の方が良いと思うのですが・・・

 

 好成績を残してチームをクライマックスシリーズまで押し上げた野村監督の退任を早々に発表して翌シーズンは最下位に転落した楽天の二の舞にならなければ良いのですが・・・

 日本ハムは嫌いなチームじゃないのですが、さりとてファンというわけではないのですが、裏方さんに知り合いがいるのでチームのモチベーションが下がらなければ良いがと心配しています。

mixiチェック

 倉庫の中にお宝物?の古い竿やリールが眠っているのですが、ケースに入れてボナンザでふきあげて直しているし、物によっては1年に1回くらいは使っていてまだまだ現役なのです。

 確かに最新の技術を使った最新のタックルの方が良いのですが、やはりオールドタックルの竿でいうと調子というか曲がりというか捨てがたい物があるんですよね。

 

 そんな中でも折れたらさすがにパーツの供給が無いので今の素材や技術を使って復刻版が出ないかと思っているのですが、今年あるメーカーから懐かしい名前でロッドが出ます。

 まだ明細については書けないのですが、名前は同じでも別物。

 ただ、値段は抑えて調子はあの頃のまま???

 当時に比べたら多少腕は上がっていると思うのであの頃ラインを切られて獲れなかった魚が今だったら獲れるかも?

 昔の名前で出ています〜♪♪♪♪♪

 もちろん今後もオールドタックルも使いますけどね。

mixiチェック

ちょっと秋磯の準備 海岸線を走って海を見たら予想以上にウネリが大きくなっていた。

 前ある渡船の船長が“宮崎の沖はアメリカしかないので太平洋のウネリがモロに来ると・・・”話していた事がありますが、今日のウネリを見たらとてもじゃないが沖磯は無理だろう。

 まあ今回は週間予報を見ると直接影響はないようですが、動きがかなり遅いようなので来週一杯はダメでしょうね。

 

 でもこの台風の影響が無くなったら青物の季節?

 とりあえずボウズO君の店に行って青物使えそうな手持ちのルアーのルアーリングを買ってきてフックを強めの新しい物(青物仕様)に変えてみました。

 シーズン初めはオキアミよりルアーや生きエサの方が良いですもんね。

 台風が多く来る年は青物が良いといわれている宮崎の磯。

 今年はどうかなぁ〜!!!

mixiチェック

 宮崎は天気予報では週末天気は回復しそうですが、海は台風の影響でかなりウネリが高くなっていて一部地区では船止めになったようです。

 台風の動きが気になるところですがあの台風が日本列島から離れないと海のウネリは落ちないでしょうし、しばらく沖磯は無理かと思います。

 

 それで近場で何か釣れていないかと思ったらウロコの無い魚なら得意なボウズO君がタチウオを釣ってきました。

 今シーズンは数は出ないらしいのですが、指4本から7本とサイズが良いらしいです。

 釣り方はメタルジグやバイブレーションを使ったルアーフィシングかキビナゴをツケエにしたフカセ釣りだそうです。

 歯の鋭い魚なのでリーダー部分はワイヤーを使って補強して下さい。

 

 鮎の方は山間部で連日雨が降っていて増水気味のようですが感じとしては良い感じです。

 ただ先週も中州に取り残され救助される事故が起きていますので葉っぱが多く流れてきたり、水が濁ってきたり増水の兆しが見えたらすぐに釣りを止めて川から上がって下さい。

 

 そんなわけで天気は回復するものの台風の動きやゲリラ豪雨には十分注意して釣りを楽しんで下さい。

mixiチェック

このページのトップヘ