今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2012年07月

 朝1投目で掛かった鮎以来掛かったのは数匹のハヤだけ・・・(´;ω;`)

 下流にいるAさんは何度か竿が曲がっていたようだけどこのポイントでも鮎がいるはずなんだけど遅れて釣友達がやってきて下流の瀬を中心に釣り始めたが当たりなし。

 A村さんが上流の壊れた堰の付近まで上がって移動して釣り始めたがやはり追いもなかったという。

 A村さんの情報では木曜日に堰の下で何匹か掛かったと言うけど鮎自体が少なくなっていて
1度抜いてしまうと次が入って来るまで時間が必要なようです。
 まあ今年の河川状況を見たら仕方がありません。

 Aさんが車で移動していた。

 見切ったのかな?

 サイレンが鳴ったので10時かと思ったら正午のサイレンだった。

 釣れなくても釣りをしていると時間が経つのが早い。

 川から一度上がってつりぐの松尾の前テーブルで軽めの昼食。

 天気が良くて陽射しは強いけど風が吹いて影にいると涼しい。

 ベンチに座ってまったりと休憩しているとお客さなんから釣果を聞かれたりしましたが、どこも釣れないみたい。


 とりあえず夜の会食の時間もあるので5時まで釣ることにして下流の瀬で釣り開始。

 水はかなり減った感じで水面に出ていた石にはハミ跡鮎のハミ後が見えた。

 今朝のものなのかなぁ〜???

 ハミ跡があるということは鮎はいる?

 いるはず?

 いてほしい?

 時間が経過するにしたがって鮎の気配さえないのでどんどん弱気になりますが、加えて下流から風が吹き始めました。

 時より竿を持っていかれそうになるくらい強く吹く・・・

 気持ち良く釣らせてよ!!!


 下流にいたWさんがやってきてちょっと買い物があるから早上がりすると言って唯一の天然鮎を曳舟に入れてくれた。

 Wさんでも1匹ということは厳しいよなぁ〜

 雑談しながら釣っているとさっきが消えたのかアタリが来た。

 お久しぶりヽ(*´∀`)

 下がるサイズじゃないので浮かせて掛かり鮎を確認したところでふっといきなり軽くなった。


 何が起こった???
 見るとハナカンのすぐ下から切れていた。

 さっき根ガカリした時にラインチェックをしたのですが、ハナカンのすぐ下は見逃していたみたい。

 よくオトリ鮎は残っていたものだ。

 それにしても当たりが少ない中で自分のミス。

 イヤになるねぇ〜(-_-;)


 おまけにカミナリが鳴り始めた。

 止めろってことか?
 さすがに稲光は見えないけどカミナリが鳴る中で竿出しは怖いのでしばらく竿を寝かして休憩。


 今年のシマノ・ジャパンカップ九州予選で4位になった地元の鮎釣り名人の高校生N君がやって来たN君
聞くと夏休みになって毎日のように川に入っていて今からが良くなるとかで最下流部に入った?!


 ちなみに兵庫県の揖保川で行われたブロック予選で負けたらしい。

 まあまだまだ今から何度もチャンスはあるよ。

 毎日川に入っている人が今からが良いというのだから期待できそう。

 高校生に負けないようにしないと・・・

 ってもう竿曲げているやん。

 すること早いです?!

 教えてもらおうかな?!


 でもまだカミナリ鳴っているし・・・(-_-;)

 カミナリ雲は北の方に行ったみたいなので背バリを打って流心にオトリ鮎を入れるとようやく掛かった。

 張り替えたばかりの仕掛けだから今度は問題なくタモへ

 ホッと一息。

 その後バタバタと4匹掛かったがタイムアップ。

 お楽しみの夜の会食のために早上がりです。

 本日の釣果5匹゚(゚´Д`゚)

 Aさん16匹最大23センチP6280098でした。
 まああの大増水にも負けず三隈川の鮎達が生き延びていたのが嬉しかった。

 明日はつりぐの松尾主催の釣り大会なので鮎を残しておかないと・・・

 ちなみに温泉から帰ってきた時に川から上がってきたN君に釣果を聞いたら20匹くらい釣ったらしい。

 夕方はプチ入れがかりだったみたい。

 明日のために残しておいたのにと負け惜しみを言っておきました(-^^-)


 ジャグジーの天然温泉に浸かって気持ち良くなって日田の市街地を一望する高台にあるビアフォレストサッポロビール園に行って会食。

 明日も暑くなりそうで夕日が綺麗だビール園から見た日田の市街地

 アルコールはあまり得意じゃないのですが、鮎釣りでお腹も空いているし、温泉で体がポカポカしているしギンギンに冷えたジョッキーの生ビールは全身に行きわたる感じで美味しいですね。

 おまけに日田の料理も美味しいし、メンバーも面白いし最高です。


 ちなみに同席したシマノのスタッフさんから色々話を聞きました。

 機会があったらここで書きたいと思いますが、数年前はD派だった?Wさんもここ数年はしっかりシマノに洗脳?されて竿は競、タイツはリミテッド、そして今回リミテッドのベストとフルジップロングシャツを買ってすっかりシマラーになってしまいました。

 これで釣り大会は上位入賞やね?!

 楽しい時間はアッという間に過ぎて宿舎に帰って寝不足もあったのですぐに爆睡。

 午前4時にセットしていた携帯の目覚ましがすぐに鳴った気がしました。

 つづく・・・

mixiチェック

 “今までに経験したことのない雨”という表現をされた大雨が2度降った九州北部。

  大分県竹田市日田市中津市、福岡県八女市柳川市、熊本県熊本市などの河川が氾濫し、熊本県南阿蘇村では土石流が発生し大きな被害が出て“九州北部豪雨”と名付けられたことは記憶に新しいと思うのですが、大分県日田市の三隈川河畔に店を構えるつりぐの松尾主催の釣り大会が2週間延期になっていたのですが、7月29日に行われるということで28日から日田へ鮎釣りに行ってきました。

 今回は正直今回の水害で被害を受けられた方の気持ちを思うと止めようかなとも思ったのですが、ホームグランドの三隈川の現在の状況も知りたいし、何より松尾社長をはじめ皆さんから来てもらうだけでも嬉しいと言われましたので鮎釣りというより三隈川の鮎が元気で泳いでいるかそのことだけを知りたくて深夜12時過ぎに家を出ました。

 週末の深夜ということで車も少なく快調に走っていたのですが、大分県竹田市に入ると岡城址の下を流れる川が氾濫したので道路の端にまだ砂が残っていてその先の道路は100mちょっと片側がえぐり取られていて河畔に建っていたホテルは崩れていましたし、民家は跡形もなく消えていました。

 川幅自体も広くなっていて今でも結構水が多く流れていました。

 それからくじゅう連山の麓を通って南小国へ。

 ここは道沿いに小さな支流があって通常はたいした水の流れではないのですがこの日はちょっとした渓流状態。

 2週間経ってもこんなに水が多いとは・・・

 山にはかなりの水がまだ溜まっているんでしょうか???

 

 そして杖立温泉を通って九州のビックバスレイク松原ダムを通って右に曲がるといよいよ日田市の市街地へ行きます
 自分が初めて鮎釣りをした大山川も水量が多くて国道沿いは何ヶ所か片側が崩れていて片側通行になっていました。

 夜だから良く判らないけどかなりの被害があっているだろうなぁ〜

 釣友Aさんとの待ち合わせ場所になっている三隈川本流の好ポイントの通称“金羽荘前”に着いたので川に車で降りていくとアスファルトの遊歩道の上に砂が5センチほど堆積していてこの時期必ず釣り人が仮眠しているところなのですが、この日は誰もいませんでした。

 いつもなら金羽荘前の鮎は一人占めやなとニンマリするところですが、車を降りて川を見たら水は多いし、全く川の感じが変わっている。

 暗い中で見てこの感じだから明るくなってみたらどれだけ変わっていることやら・・・

 しばらく車の中で仮眠して明るくなったところで改めて川を見てみたら川幅が今の状態でも2倍近く広くなっていて瀬だったところが荒瀬になっていて葦原があった上流部の中洲は新たに対岸にできた流れ込みによって流されたようで完全になくなっていました。

ビフォー中洲アフター中洲

金波荘前アフター下流 (1)
 ビフォーアフターの画像を見て下さい。
 岸の方も川漁師のHさんが船を停めていた所は川石が砂で埋まって葦原もかなり流されていて晩秋の山みたいに枯れかけていました。

 ちなみに川の中に葦が数本見えますが、これが今までの対岸の葦原の位置になります。

 いかに今でも水量が多いかが判るかと思います。

 Aさんが来たので合流してここでは釣りにならないので普段はチョロチョロしか流ない唱手川を見に行ってみるとこちらも激流になっていました。

 まあ予想はしていましたけど・・・(-_-;)

 とりあえず鮎釣りができる所があるのか判らないのでつりぐの松尾に向かうことに・・・


 途中昨年良い釣りをした支流の高瀬川を見ましたが上流の橋が3ヶ所流されているとかで三隈川との合流点には大きな石が流れ着いていて合流点なのに渓流層のようになっていました。

 ここを見ただけで上流を見に行かなくても高瀬川の被害も大きいようです。

 渓流層で水の綺麗な良い鮎が釣れる川なのですが、数年間鮎釣りはダメかもしれません・・・(´;ω;`)

 とにかく予想以上にどの河川もダメージが大きいですね。

 

 お店の前の三隈川本流の様子を見てみると・・・つりぐの松尾前


 上流にあった堰はものの見事に破壊されて壊れた上流の堰葦原もかなり流されていました。

葦原は根から倒れて枯れかかっていました葦原は根から倒れて枯れかかっていました (1)
 地元の方の話では対岸は堤防を水が多少越して、店の前の堤防も溢れ出す寸前まで来たそうです。

 通常は深くても腰くらいの水深しかない川なんですけど今日は良い感じの瀬ができていて前日社長が短時間で10匹の鮎を釣ったとのことでした。

 鮎は水害にも負けず元気に生き延びて泳いでいるみたい(-^^-)


 とりあえず店の前で竿出しすることにして着替えて曳舟にオトリ鮎を2匹貰うことにしたのですが松尾社長が1匹はサービスということで3匹入れてくれました。

 まあ厳しいということでしょうね。

 Aさんは対岸から自分は瀬肩から釣ることにして準備をしているとAさんの竿が大きく曲がっている。対岸で1投目から鮎を抜く青柳さん

 まさか1投目から竿が曲がるとはビックリしましたが、取り込まれたのは20センチほどの鮎だったようです。

 自分も早速オトリ鮎にハナカンを通して送り込もうとしたところでまたAさんの竿が曲がって2匹目をタモに収めた。

 こうしてはおられんオトリ鮎を送り出すとすぐに掛かった。

 もしかして朝から入れガカリヽ(*´∀`)

 白っぽく痩せてはいる三隈川鮎けどこの水の状態では仕方がない。

 ボウズも覚悟していただけに鮎がいたことだけでも嬉しくなった。

 しかしその後はパッタリ。

 3匹で終わり???マジかぁ〜(-_-;)

 Aさんは川を下り自分は川を上ってみました。

 ニゴリのある時川の濁りは鮎もオトリ鮎を見つけにくいだろうからここぞというポイントではいつも以上にスローにオトリ鮎を泳がせてみるが追われることもありません。

 5センチほどのハヤ小ハヤが掛かった。

 このサイズでもアタリが判るのはさすがリミテッドプロ・・・

 その後もハヤがハリガかりするばかりで本命の鮎は掛かりません。

 やっぱり厳しいなぁ〜

 つづく・・・

mixiチェック

 週末九州北部豪雨で2度にわたって大きな被害が出た大分県日田市の三隈川水系に鮎釣りに行ってきました。

 三隈川の畔にお店を構えるつりぐの松尾さんの釣り大会にも参加してきました。

 道すがらに見た大分県竹田市から日田市までの川沿いはいたる所で土砂崩れや道路が損壊していて改めて被害の大きさに言葉もありませんでした。


 三隈川水系も今でも水量が多くて濁っていて川じたいが前の三隈川水系とは大きく変わっている箇所もあって鮎が大丈夫かという以前の問題のような気がしました。

 でも川に入るとすぐに・・・(*´∀`*)

 三隈川水系の鮎達は元気にしたたかに生き延びていましたP6280085

 やっぱり自然は強い!!!ヾ ^_^

 つりぐの松尾の皆さん今回も大変お世話になりました。

 今回の三隈川の鮎釣りについては数回に分けて報告致します。

mixiチェック

 さあ今から4時間深夜のドライブです。

 この時間がウキウキ気分で最高・・・(*´∀`*)

 天気図を見ると雨を気にすることもなく、河川状況を気にすることもなく鮎釣りができそうなので大分県日田市の三隈川水系に行って来ます。

 大水害がどこまで河川にダメージを与えているか心配なところもありますが、今日の情報を聞いてみると釣り人が1ヶ月くらいまともに川に入らなかったので釣れているという方、まだ水害の影響で釣れないという方など色々?!

 ポイント選びで迷ってしまう?

 まあボウズは無いってこと???

 

 とりあえず今回は1泊2日の鮎釣り・・・(*´∀`*)

 鮎釣りをして温泉に入って美味しいものを食べて日田に宿泊して日曜日はつりぐの松尾主催の釣り大会に参加します。

 釣り大会は裏方ですからオトリ鮎の配布や受付などのお手伝いが終わってから空いているポイントに入ります。

 だから上位入賞はありません

 (釣れない言い訳です?)

 

 抽選に期待やね?!

 と言ってもくじ運悪いし・・・(-_-;)

 運を天に任せて楽しんできます。

mixiチェック

 朝から元気に鳴きまくっているのはセミ達だけ???

 今日も暑い1日になっている宮崎です。

 梅雨の時期は早く梅雨が明けないかなぁと思っていましたが、やはり梅雨が明けたら一気に夏が来ました。

 暑過ぎます(-_-;)

 高温注意報発令中って今までこんな注意報ありましたかね?

 熱中症には気をつけましょうね!!!

 

 さて週末久しぶりに鮎釣りに行きます。

 天気図を見ると雨を気にすることもなく、河川状況を気にすることもなく釣りの準備ができるのはいつ以来でしょうか?!

 こう暑くなると川にどっぷり浸かって鮎釣りがしたい。

 大分県日田市の三隈川水系に行く予定ですが、今回の大水害がどこまで河川にダメージを与えているか正直心配なところもありますが、鮎はタフですから増水にも負けず久しぶりに鮎釣りに来る僕達を歓迎してくれるでしょう。

 謙虚に1匹釣れれば良いです???

 帰ってきたら三隈川水系の鮎は心配ご無用?の釣行記ブログが書けたらと思っています。

 

 それから秋磯に向けて新製品情報が解禁になり始めました。

 釣研からはラインが2種類、ウキは全誘導Xシーリズに3種類他が出ます。

 自分的にはまだ磯に行く雰囲気ではないのですが、新製品を使うのが楽しみです。

mixiチェック

 梅雨が明けてから気温が30度を超えるようになってさすがに昼間は釣り人が少なくなっているようですが今週は海も比較的穏やかで夏の魚達が元気なようです。

 水温は22度から23度台で例年に比べるとちょっと低いくらいみたいですし、梅雨明けしたばかりということでニゴリも若干あるみたいで釣果的にはあまり良くなかったようです。

 

 ただ数は出ていませんが、イシダイの4キロオーバーやバラシもあったみたいですし、上物釣りではキロオーバーのクロ(グレ)やチヌが釣れています。

 こちらもバラシも結構あるみたいですし、60クラスの尾長グロ(グレ)も見えることがあるらしいのですが、太いハリスだと喰ってくれず細くすると喰ってもバラスという状態みたいです。

 瀬際でイズスミも多いらしいのですが、尾長グロ(グレ)のデカバンも確実にいますので挑戦してみられてはいかがでしょうか。

 

 それから夜釣りでは旬のイサキやアジが釣れています。

 型は40センチ前後の良型ですし、潮によってはクーラー満タンの釣果もありました。

 シブダイやマダイは釣果が落ちているようですが、シーズンはこれからですしこちらは今後に期待ということで・・・(*´∀`*)

 これから夜釣りではフエフキダイの80センチオーバーもヒットすることがありますので強めのタックルで釣りをされた方が良いと思います。

 ちなみに今日は渡船の講習会ということで宮崎県北部の渡船は全船休業となっています。

 

 鮎の方は山沿いでは夕立が頻繁にあったみたいでカミナリも鳴ってまだまだ増水傾向で本流では竿出しできない状況だったようで支流に釣り人が集中しているようです。

 増水後ということで瀬の中より大きな石の裏とか葦原の際などを狙った釣り人が釣果を上げていたようですが、身切れでバラスことが多かったみたいです。

 型はバラつきがあって一ッ瀬川では28センチの鮎が釣れたようですが、ハリ合わせも重要かと・・・

 今週末は本流でも釣りができるようになるでしょうから更なる大物の鮎が期待できるんじゃないでしょうか?

 

 自分は今週末は大分県日田市の三隈川水系で鮎釣りをする予定です。

 土曜日、日曜日と2日間の釣りになるかと思いますが、日曜日はつりぐの松尾主催の釣り大会に参加します。

 記録的な豪雨で大きな被害が出ている三隈川水系ですから河川の状況もかなり変わっているんじゃないかと思っていますし、それこそあの増水ではコケもほぼ飛ばされて白川状態でしょうから数的なものは期待はしていないので日田の鮎達が元気なのかそれだけを確認に行ってきます。

mixiチェック

 ロンドンオリンピック開幕前ということであまり報道されませんが、自分的には夏スポーツといえば夏の高校野球。

 各地で代表が決まっています。

 我が宮崎県の代表は宮崎工業・・・(・・||||r

 決勝戦も8回に逆転したようにノーシードながら代表になりました。

 ちなみに我が母校は準決勝で宮崎工業に負けました。

 勝っていたら代表になれたかも・・・゚(゚´Д`゚)

 まあ宮崎工業には宮崎県代表として頑張って甲子園で戦って欲しいです。

 

 さて高校野球は1回負けると甲子園に行けないのは判るけど高知代表の明徳義塾の試合内容を見てこの明徳義塾の監督なんなんだと思いました。

 結果は延長12回2−1で勝って高知代表になることが決まったのですが、相手の高知高校の4番打者に対して5四球(延長に入ってからは2回敬遠の四球で逃げ回っての勝利です。)

 覚えている方もいるかと思いますがこの監督はメジャーに行った松井を甲子園でランナーがいない時を含めて4回敬遠し続けた監督で今回も同じ作戦を取りました。

 勝つために選手も監督の指示に従ったということだけどこの勝ち方ってどうなのか?

 

 さすがに高校野球では珍しく“いい加減にせんかぁ〜(`・ω・´)”とヤジが飛んだらしいけど前回の松井の時も物議を醸したのに今回も学校に抗議の電話がかなり掛かっているとか。

 選手は甲子園に行けるようになって喜んでいるみたいだけど敬遠し続けた投手の本当気持ちはどうなんだろう?

 

 1回負ければ終わりだから勝ちにこだわるということも理解しているつもりだけど最初から勝負をさせないというこの監督の考えは判らない。

 敬遠され続けた4番打者は“光栄なこと”なんて談話を言ったみたいだけど打てなっか次の打者は傷ついているはず・・・

 そこのところは教育者としてこの監督はどう考えているんだろう。

 自分の教え子じゃないから良いのかな?

 

 3年連続の甲子園出場で過去の実績からして強い学校なんだろうけど甲子園でもまた同じ作戦を取るんだろうなぁ〜???

 選手は一生懸命良い選手のいる強い学校と勝負したいと練習してきたはずなのに監督の指示で勝負さえさせてもらえない・・・ツマラン(`・ω・´)

 そんな考えだと甲子園に行けない???

 そうかも知れないけど・・・

 選手を信じてない監督なんて学生スポーツの監督をするべきじゃないと思っているんですが・・・

mixiチェック

このページのトップヘ