今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2013年05月

 今日の宮崎は昨日の午後から雨が降ったんですが、その雨も未明には止んだみたいで梅雨の中休みの天気になっています。

 朝は肌寒かったですが、陽射しが強くてグングン気温が上がってきています。

 先日32度超えて日本一気温が高かった日があったそうですが、自分的には今日の方が暑く感じます。

 海は梅雨入り前からウネリが出ていて船止状態が続いていた地区もあったみたいですし、出港できた地区も沖磯には行けなかったみたいです。

 今日もまだウネリはあるみたいですが出港はしているみたいです。

 ただ夕方から明日にかけて雨の予報になっていますしウネリも大きくなるかもしれませんから明日磯釣りを予定されている方は確認された方が良いと思います。


 5月20日に解禁になった
大分県日田市の三隈川水系なんですが、梅雨入り宣言が出たものの先日からの雨でも渇水の状況はほとんど改善されていないみたいで正直支流の天ヶ瀬の方で釣れているというか水が少ないから鮎が群れ鮎状態で溜まっていて全体に散っていなくて溜まっているポイントを見つけられた釣人が4、50匹釣っているって感じで良いコケが付いていないので例年に比べたら型がかなり小さいし、釣れているから釣り人も多くて場所取りも大変みたいです。


 ただ明日6月
1日からは九州の主要河川も鮎釣りが解禁になりますし、ただでさえ釣り人が少ない三隈川本流などはガラ空きになるかもしれないですね???

 明日は天気が崩れる予報が出ていますが、釣りガールHちゃんが鮎釣りデビューする予定です。

 磯釣りやダゴチン釣りでは数々の伝説?を残している彼女ですから鮎釣りでもやってくれるかな???

 取材もあるらしいので先日このブログでも書いた28センチの鮎とは言いませんが、絵になる良い鮎を釣って欲しいです。


 それから明日解禁になる九州の主要河川の中でも
熊本県の球磨川の前評判が良いようです。

 もともと大鮎が釣れることで有名な川なんですが、支流の川辺川のダム問題があってから良い話を聞かなかったのにそのダム問題が釣り人にとっては良い方向にいったみたいで川が復活してきているようです。

 球磨川本流は濁りがあるけど川辺川のあの水の綺麗さは残さないといけないですよ。


 地元の宮崎の河川では五ヶ瀬川水系も6月1日に本流と支流の見立川だけ(他の支流は7月1日に鮎釣りが解禁になりますのでお間違えの無いように・・・)が鮎釣り解禁になりますが、三隈川水系同様渇水で水が少なくて特に日之影から上流域に水が少ないです。

 前にも書きましたがここ数年の五ヶ瀬川は日之影から上流しか鮎が釣れないと言われていますが、今シーズンに限っては水が多い下流の方が鮎が溜まっているみたいで久しぶりに下流でも良い鮎釣りができるんじゃないでしょうか?


 まあ大雨が降って川が増水したら下流に溜まっている鮎が一気に上流に上るだろうから増水した後は例年通り日之影から上流域が良くなるとは思いますが・・・???

 こちらも型が小さいということですが、日本一高い5,000円の日釣券が今シーズンも据え置きになったので自分は行くことはないと思います。

 行くなら西米良村の一ッ瀬川か昨年1度行った美郷町の小丸川の上流域。

 どちらの河川も水が綺麗。


 どっちにしても自分の周りにも明日の鮎解禁に備えて今晩から川原でキャンプをするという釣友がたくさんいます。

 土曜日だから明日解禁になる河川は釣り人が多いだろうなぁ〜???

 自分はHちゃんに鮎を釣らせないといけないAさんの電話待ちでどこに行くか決まっていませんが、明日からが本当の鮎解禁?!

 皆さん安全に鮎釣りを楽しみましょう。

mixiチェック

 昨日は宮崎の高鍋町で32.9度を記録して日本一暑かったそうで自分の住んでいる所もそれに近い気温だったみたいです。

 ただ自分の感覚としては底まで気温が高かったようには思えなかった。

 風通しの良い部屋の中にいたのと車で動く時はエアコンをつけて走っていたのでそう感じたのかもしれませんが、これからさらに暑くなるかと思うとイヤになりますね。


 さて、宮崎の主要河川の鮎解禁日は6月1日なので後2日後。

 金曜日の夜は川原でキャンプして解禁日に備えるという知り合いもいましたが、解禁日が土曜日だから場所の取りの釣り人も多いと思います。

 梅雨入りはしたけどたいした雨も降らないし渇水のまま解禁日を迎えそうですが、5月20日解禁になった大分県日田市の三隈川水系の状況を見ると厳しい鮎解禁になるかとは思いますが、まあ先は長いですから鮎釣りを楽しみましょう。


 今週末はまだどの川に行くか決めていませんが、解禁日の川は釣り人が多いだろうし、三隈川水系は群れ鮎を見つけなければ厳しい釣りになって禅のような釣りになりそうだし、なかなか思うようにはいきません。

 まあ磯釣りも同じような状況ですけどね。

mixiチェック

 昨日の宮崎は風が強く時より雨も降って夜はプチ嵐状態に感じましたが、今日が吹いていて蒸し暑さはないのですが、青空も見えて陽射しが強く気温が上がってきました。

 今年は夏の暑さが厳しいということなので嫌ですね。


 さて近所の汽水域は雨でニゴリが出ていましたが、気になる
大分県日田市の三隈川水系や五ヶ瀬川水系は国土交通省の河川管理のデーターを見る限りほとんど変化がないようです。

 まあ一時的には水位が5、60センチ程上がった観測ポイントもあったみたいですが、全体的に見ると今までが少なかっただけに例年の川の状態に戻るにでももう少し雨が必要なようです。


 6月1日に鮎釣りが解禁になる河川が多いと思いますし、三隈川ではダイワ・鮎マスターズ、G杯鮎、シマノ・ジャパンカップ鮎とメーカー主催の予選会が続きますが、自分以上に関係者の方々や出場予定の方々は気を揉んでおられるでしょうね?!


 実は21日に三隈川水系で鮎釣りをした時に今までに釣ったことがない小さな鮎が多かったので釣り味だけでも楽しみたいと次の釣行には極細ラインの仕掛けを使うかと前にメーカーからサンプルで貰っていた複合メタルの0.03号があったんで仕掛けを作ってみようかと思っていたのですが、三隈川水系をホームグランドにしている方々のブログを見たら年越しした?28センチの鮎が連続して掛かったみたいなのでただでさえ掛からない今の三隈川水系で使ったことのない極細ラインを使って切られて親子どんぶりでマイナス釣果なんてことになると勿体無いので作るのを止めました。

 釣りは楽しめて大物が釣れるというのが自分の理想ですから・・・


 それにしても昨年のあの今までに経験したことのない雨という表現をされた九州北部豪雨の大水害を生き残り雪が積もる日田地方の冷たい川の水にも負けずに年を越して今年の尺鮎シーズンまで生き残っていたら40センチ位まで育っていたかもね???

 大物の期待もできる三隈川水系。

 釣り上げられた以外にもいるはずだから自分的には鮎釣りのスタートは最悪だけどこれからの鮎釣りシーズンには期待したいですね。

mixiチェック

 宮崎は昨日から梅雨入りしました。

 平年より4日早いらしいけど昨日から風が強くてきて夜には音を立てて吹いて雨も窓に当たる音がしていたし朝になっても時より強い風と雨は降っていますが降り始めからの総雨量は県内でも40mmをちょっと越した程度のようです。
 海は昨日よりもウネリが大きくなっていてさすがに全船船止みたいです。

 梅雨ナギという言葉がありますから梅雨が本格的になったら海はナギになるでしょうけど底物以外は不調の宮崎県北の海ですから海の中が変わる雨とウネリになってくれると良いですね。


 変わってくれる良いと思うのは河川も一緒。

 5月20日に解禁になった大分県日田市の三隈川水系に週末25日に釣りに行った釣友達もかなり厳しい釣りをしたみたいです。

 解禁から初の土曜日で九州ではここだけしか鮎が解禁になっていないからいつもの年だと釣り人が多いのに釣り情報を聞いて止めた釣り人が多かったみたいで実績のあるポイントにもすんなり入れたみたいだけど数はもちろん例年に比べたら型が小かったそうだ。

 九州、四国、中国地方まで梅雨入りしたということでいきなりの大雨を期待したいところなんですが、どうもちょっと増水程度の雨で上がりそう。

 まあ今まで降ってなかっただけに降らないよりマシですけど・・・

 6月1日はどの川に行くかなぁ〜???


 それにしても今シーズンは先に鮎釣りが解禁になった河川も含めて遡上順調で良いという前評判だったと思うのですが、ここまでの釣果を聞いてみると全国的に今ひとつ調子が上がっていないみたいですね。

 自然が相手のことだからいくら放流した稚鮎が順調に育っても釣れるとは限らない。

 鮎釣りはフタを開けてみないと分からないと言われる所以ですね。

 鮎釣りは梅雨明けからが本格的なシーズンですし、梅雨入りしてどう変わりますか?

 楽しみでもあります。

mixiチェック

 宮崎は昨日の午後から風が強くなってきて深夜には音を立てて吹いていた風が朝になっても時より吹いています。

 海は昨日からウネリが出てきたみたいで沖磯には行けなかったみたいです。

 今日の夕方から明日にかけて雨の予報になっていますしウネリも大きくなるみたいですから船止めになるかもしれないですね。

 夕方からの雨で九州南部にも梅雨入り宣言が出されるかも・・・

 雨は降らないと困るけど災害が出るような雨は降らいで欲しいです。


 で自分以上に雨を望んでいるのが鮎達でしょう???

 5月20日に解禁になった大分県日田市の三隈川水系なんですが、この週末釣友達も三隈川水系で釣りをしました。

 解禁から1週間経って今年の三隈川水系の状況を自分で釣ったり聞いたりしていると水が少ないから鮎が群れ鮎状態で溜まっていて全体に散っていなくて溜まっているポイントを見つけられた釣人が4、50匹釣っているって感じです。

 また良いコケが付いていないので例年に比べたら型がかなり小さい。


 6月に入ったらすぐにダイワ・鮎マスターズとG杯鮎とシマノ・ジャパンカップ鮎とメーカーの九州予選会が三隈川で行われます。

 このままたいした雨が降らなければ予選会はかなり厳しい番狂わせが起きるような予選会になるんじゃないでしょうか?

 特にシマノ・ジャパンカップ鮎・九州予選は最後の開催になるけど・・・

 知り合いも各予選会に出るんですが、頑張って欲しいですね。


 ちょっと五ヶ瀬川の鮎情報。

 五ヶ瀬川水系も三隈川水系同様渇水で水が少なくて特に日之影から上流域に水が少ないです。

 前にも書きましたがここ数年の五ヶ瀬川は日之影から上流しか鮎が釣れないと言われていますが、今シーズンに限っては水が多い下流の方が鮎が溜まっているみたいで久しぶりに下流でも良い鮎釣りができそうですよ。

 まあ大雨が降って川が増水したら下流に溜まっている鮎が一気に上流に上るだろうから増水した後は例年通り日之影から上流域が良くなるとは思いますが・・・???

 型が小さいということなので例年より小さいハリも準備して行かれた方が良いかも・・・


 6月1日九州の主要河川も鮎が解禁になります。

 この日に釣りガールHちゃんが鮎釣りデビューします。

 取材もあるらしいけど今週は天気が悪い日が多いけど雨がどこまで降って川の水がどこまで増えるか?

 それにどこに行こうか?

 先生役のAさんは悩んでいました???

 いつもの年なら解禁当初で釣りやすんですがどうなることやら・・・

mixiチェック

 今日は時より陽射しは射すものの山の方を見るとグレーの雲がかかっていて明日から雨の予報になっていますが、今年は梅雨入りが早いのかな?

 昨年は雨が多くて鮎釣りは支流の釣りが多かったし、九州北部豪雨があってホームグランドの大分県日田市の三隈川水系や隣の山国川、矢部川など大き被害を受けて今シーズンまでその影響が残る河川もあります。

 5月20日に始まった九州の鮎釣りですが、今はどの河川も雨が降らず渇水で先に解禁になった三隈川水系の鮎釣りを見る限りこのまま解禁したらどの河川の鮎釣りも厳しいものになるんじゃないでしょうか?

 雨は降って欲しいけど洪水被害が出るような雨は困ります。

 適度な雨を毎年降らせて欲しいです。


 さて、今年は朝晩、日々の気温差が大きいのも特徴ですね。

 3月9日に南浦沖磯のスズキバエで朝は防寒着、昼間は半袖Tシャツなんてこんことがありましたが、もしかするとまだ釣りに行って夜明け前は寒い日があるかも知れないと思って1枚だけ防寒着を出していたのですが、さすがに数日前に日田市で35度を越す真夏日を記録したというし、宮崎でも昼間は部屋の中でもエアコンがいる陽気になったので今朝から釣り服の衣替え。


 来月梅雨グロ(グレ)釣りに行く予定はあるんですが、その釣りが終わったたら9月末まで鮎釣りがメインです。

 昨日の夜に四国の釣友から愛媛の沖磯に釣りに行ったら湧きグロ(グレ)がすごかったとメールがありました。

 イサキしか釣れなかったらしいけど・・・_||


 自分も昨日の夜にいつものように近所の汽水域の堤防の上を歩いていたら引き潮が速く流れていたからでしょうか魚の活性が上がっていてベイト(小魚)の群れにシーバス?が盛んにボイルしていました。

 特に橋の下の明暗部に・・・

 オカッパリからは狙われないって知っているから???

 今から汽水域も水温が上がってくるからより活性が上がる日があります。

 ボイルをしまくっている魚を見るとルアーを投げたくなるから1回位入ってみるかも・・・
 どっちにしても釣れていないけど水温が上がってきて魚達の活性だけは上がってきたことは間違いないようですよ。

mixiチェック

 昨日は大分県日田市で気温が35度を超えたみたいで宮崎でも結構暑かったです。

 今日も天気が良くて昼間は30度近くまで気温が上がる予想になっていますが、今日は自分はスーツを着ないといけないので涼しい方が良いんですよね。

 それにしてもうちの親方連中じゃなかった女将さん達?は11時からなのに朝から大騒ぎ。

 女の人は色々大変です。


 さて、釣友達は
大分県日田市の三隈川水系に鮎釣りに行っています。

 タンクに溜まって群れていてそれをうまく見つければ数釣りも可能という状況でそれ以外のポイントは厳しいの一言なんですが、まあ多人数で楽しく釣っていることでしょう。

 鮎釣りは磯釣りと違って横に並んで釣る釣りじゃないから一人でも良いと思ったけど一人で釣りをするって楽しくないね。


 1週間後の6月1日に
宮崎県内の主要河川も鮎釣りが解禁になります。

 川の近くの友人から色々情報は入ってきていますが、水がなくてって話ばかり。

 三隈川水系がこれだけ水がなくて厳しい鮎釣りになっているからどの河川もこのまま解禁になっても厳しい釣りになるでしょうね。

 6月1日は熊本県の球磨川の前評判が良いから球磨川に行く?

 土曜日だから釣り人が多いだろうなぁ〜?!

 ダム問題があってから良い話は聞かなかったので行かなくなったけど前は年に数回は行っていたんですよね。


 自分的には数より型。

 鮎釣り2回目なのに尺鮎なんて簡単に釣れるとナメて行った“槍倒しの瀬”でお盆前にラインを3回切られて鮎釣りにはめてくれた?川ですから・・・

 今考えたら鮎釣り2回目で行くポイントじゃないけど無茶なことしていましたね。

 あの頃は五ヶ瀬川も全域で釣れていた。

 尺鮎も球磨川に負けないくらい釣れていた。

 ここ数年は日之影から上流しか鮎が釣れないと言われていま〜す。

 事実だからしょうがないけど五ヶ瀬川も復活してくれないかなぁ〜

 とボヤキが出たところで釣友達は良い鮎釣りになっているのかな?

 暑くなるとやっぱり鮎釣りがイイ(´▽`)

mixiチェック

このページのトップヘ