今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2015年04月

 ゴールデンウィークだというのに宮崎は降水確率70%だけど今朝も雨が降っています。

 日向灘は昨日よりウネリが高くて湾内のポイントがない地区の渡船は今日も船止!!!

 湾内のポイントがある地区もこの天気では釣人が少ないみたいです。

 実は今日磯釣りに行きたくて県外に単身赴任している釣友が里帰りして来た時に行こうと誘いのメールをしていたのですが今回は行けないというメールが来て中止したのですが、1週間前の週間天気予報はここまで天気が悪くなるとは言ってなかったような・・・


 まあ昨年のブログを読み返してみたらやっぱりウネリがあったみたいですからこの天気は例年並みで仕方がないことなのかもしれませんがせっかくのゴールデンウィークですし、すっきり晴れてほしいです。


 さて、昨日から延岡・北方道路が旧北方町の蔵田まで繋がりました。

 制限時速80kmで無料で走れる高規格道路でこの道路を使えば今まで通っていた蔵田からの登り坂を通らなくて良いし時間短縮にもなります。


 最終的には日之影、高千穂、五ヶ瀬を通って熊本県と繋がって県北の高速道路網が完成するのでしょうが何年後になるのやら???

 道ができて便利になったと喜ぶ人もいれば車の流れが変わって困る人もいるわけでなかなか難しいところでしょう。

 昨日開通したばかりで車が多いみたいですが、機会があったら通ってみたいと思います。


 話は変わりますが、早い所では明日5月1日に鮎釣りが解禁になる河川もあるみたいですが、九州で一番早くアユ釣りが解禁になるのは大分県日田市の三隈川水系で5月20日。


 鮎釣りが始まったら近くの汽水域にルアーで狙うチヌ釣りに行くくらいで磯釣りには取材でどうしてもっていう時以外はまず行かなくなるので天気が良くなったらロッドーケースや磯バック、バッカンなどチャックがついている商品をもう1度きれいに洗って完全乾燥させて潤滑剤をスプレーしてから秋磯に備えたいと思っています。

mixiチェック

 今日からいよいよゴールデンウィークが始まという方が多いと思いますがあいにく宮崎は昨日から雨で海は大荒れになって昨日は早い地区では昼過ぎには沖磯は回収になって今日はほとんどの渡船が船止になっています。

 昨日書いたけどクロ(グレ)に底物、春の代表魚チヌやイサキも釣れているのにゴールデンウィークに入った途端にこの天気!!!
 渡船も稼ぎ時に頭の痛いところでしょうが釣りは安全第一仕方が無いです。
 といっても自分は釣りの予定は無かったのですが、休みの方も仕事の方も皆さん良いゴールデンウィークを・・・

 さて、九州の鮎解禁日の5月20日までカウントダウンが始まった感じでゴールデンウィーク中に仕掛け作りをはじめる釣り人が多いのかと思いますが自分は解禁時の仕掛けは出来上がって鮎解禁に向けて準備が整いつつある中釣りの小物を収納している棚にしばらく開けていなかったアルミ缶を発見!!!
 中を見たら金属ラインと大鮎スペシャルのハリが封も切らず入っていました。メタルラインに大鮎スペシャル
 最近はオーナー商品オンリーで鮎の仕掛けは作っているのでたぶん8年位前に買ってそのままにしていたようです!!!

 フロロカーボンとかナイロンラインだと経年劣化で強度が心配だけどアルミの缶に入れていて日に当たっていなかったし単線の金属ラインで引っ張ってみたら問題は無いようなので後半の鮎用に仕掛けを作ってみようと思いますが、20センチ後半クラスまではこの仕掛けで釣って尺鮎はオーナーのメルファMH0.2号かザイト・メタゴリラ0.3号とJ−TOPハイパー10号のコンビかチラシの荒瀬で釣ります。

 昨年悪かった球磨川も今年は下流のダムの撤去工事もかなり進んで新しい瀬もできていると聞きますし、遡上も含めて状況は良いとか!!!
 メタルの0.3号でもブチ切っていく大物がいる大鮎河川球磨川!!!
 一昨年は最高の状態で良い鮎釣りができてラインを切られたりして球磨川用に急瀬95の竿を買ったのですが、昨年は悪くて結局一度も球磨川で竿を出さず急瀬95の竿も封印したままで今年は解禁してないから分りませんが話を聞く限り期待したいですね!!!
mixiチェック

 今日は朝から曇っていて時より小雨が降っていて天気予報によると天気は下り坂みたいだけど昼間は大きな崩れにはならないだろうし日差しがないから気温が上がらず風もなく穏やかな感じの宮崎です。

 明日からいよいよ本格的にゴールデンウィークが始まり宮崎では延岡北方道路が蔵田まで繋がるし先に開通した東九州自動車道で大分県も近くなりましたのでそちら方面に行くという方も自分の周りに何人かいますが、明日は天気が心配ですが、自分は30日に磯釣りに行きたかったのですが里帰りしているだろうと思っていた釣友が今年は用事があるということで釣りは中止にしました。
 自分の場合沖磯での釣りは一人では絶対に行かないので仕方ないです。

 それで行く予定だった釣り場ズバリ”門川沖磯”
 予約瀬や大会の時は別にして釣りに行く時には色々と情報を集めるのですが今クロ(グレ)が一番釣れているのが門川の沖磯!!!

 例年ゴールデンウィーク明けまでクロ(グレ)が釣れる釣り場ではあるのですが今年は型も良いようですしイサキ混じりに良い釣果が続いているようです。
 ただ宮崎県北の磯はどこもそれなりに釣れていて北浦、島野浦も場所ムラがあるようですがクロ(グレ)が釣れています。
 型も良くて50センチオーバーのクロ(グレ)も釣れていますし、底物では60センチオーバーも釣れています。

 水温も18度台後半まで上がってエサ盗りも多くなったようですが、エサ盗りの活性が高い時はクロ(グレ)の活性も高いと前向き考えて釣りをしましょう!!!
 それにしても今シーズンは秋磯から寒の時期を越して春磯までクロ(グレ)がコンスタントに釣れているし間違いなくクロ(グレ)の当たり年です!!!
 毎年こういう年だと良いですね!!!
mixiチェック

 今日も天気が良くて穏やかな日和になっている宮崎。
 今週からゴールデンウィークが始まり連休が続くという方が多いと思いますが、今週も頑張りましょう!!!

 さて、昨日は市会議員選挙の投票日で地元では票を入れた候補の方が当選してくれたので良かったのですが、隣の市で当選するだろうと思っていた知り合いが落選して逆に落選するだろうと思っていた知り合いが当選しました。
 隣の市のことだから分からないことが多いのですが選挙って本当に分からないものですね。
 まあ当選した方々には市町村のために頑張って仕事して欲しいです。

 それにしても軒並み投票率が低くなっていましたね。
 誰に投票しても一緒感があるし、国会議員をはじめ問題になる議員がセコイ税金を使い方をしていてガッカリ感もあるんでしょう!!!
 選挙公約で議会改革を言っていた人がかなりいたからとりあえず身を切る改革と透明性のある議会運営をやって下さい。

 話は変わりますが、昨日の午後3時前から耳川河口を中心にルアーロッドを持ってランガンしてみました。
 水温も上がってきたしトップでもチヌが出る時期だけど潮の時間も見らず、時間的なものも考えず、釣れれば儲け物くらいの考えでトップ系のミノーを投げてみたのですが先に来ていたサビキ釣りやフカセ釣り、ルアーの方々も当たりがないと言う事で思った以上に魚っけが無かったですね。
 沖磯の七ツバエの方は美々津沖磯・一ッ神美々津沖磯・七ツバエ
良い感じのサラシが磯の周りにできていましたが、釣り人は少なくて3時の見回りに渡船が行くなら一緒に見てまわろうかと思ったのですが、皆さん5時まで釣られるのか3時の見回りは無しで見に行くこともできませんでした。

 まあ前日は釣り人が多かったみたいですし、チヌの実績が高い美々津沖磯ですから時期的にも大型のチヌが期待できますよ。
 とりあえず釣れなかったけど久しぶりにルアーをフルキャストして気持ちが良かったのですが、鮎の仕掛けを作り始めたのでリーダーに使った4号のラインがえらく太く感じました。
mixiチェック

 今日も天気が良くて絶好の投票日和???
 市会議員選挙は一番身近な選挙だから候補者も多いし誰に投票するか迷うところですが棄権せず投票に行きましょうね!!!
 自分も投票に行って清き1票を入れますよ!!!

 さて、先日小丸川の濁りの件をブログで書きましたが更に上流域や支流の渡川なんかも気になったので稚鮎でも上るのに車なら楽勝?!とばかりに見に行ってみました。
 まあ鮎解禁まで1ヶ月以上あるのに今の時期に見に行っても参考になるのか?
 それに解禁前にまた気になって見に行くだろう?に正直病気ですかね( ̄◇ ̄;)
 でも気にあるものは気になるし・・・

 神門より小丸川沿いを上流域に車を走らせたのですが一ヶ所川に降りられるように取り付け道路の工事をやっていました。
 釣人としては川に簡単に降りられるようになるのは安全面から見ても便利になって嬉しいことです。
 ただ工事の進捗具合からして今年の鮎解禁日に使えるのかな?
 どっちにしても上流域も水少ないですね。

 支流の渡川については昨年鮎釣りしたポイントを見ましたがこちらも水は少なく若干濁りがありました。
渡川 (1)渡川 (2)渡川 (3)
渡川 (4)渡川 (5)渡川 (6)
 大型トラックが上流に向かって走っていったので河川工事でもやっているのかな???
 ただこの川に入るのは本流で釣り人が多い時か増水した時だと思っているのでこれくらいの濁りは許容範囲?
 稚鮎の姿は見れなかったけれどヤマメらしい魚は何匹か見ましたので魚達は元気なようです。

 まあ今回は小丸川水系を見に行ったけど小丸川も気になるけど一ツ瀬川はもっと気になります!!!
 道路標識解禁前に小丸川から支流の渡川を見て銀鏡を抜けてそのまま西米良の一ツ瀬川まで・・・
 南郷から銀鏡までの峠越えの林道?の道路状況はどうなの???
 車の通行量は少ないだろうし四駆じゃないからちょっと不安?!
 どっちにしても鮎解禁は確実にやってくるわけでこの時期は川の状態が気になり始めます。
mixiチェック

 今日は天気が良くて今のところ風もなく穏やかな天気になっていて早い人だと今日からゴールデンウィークという方もいましたが今年のゴールデンウィークは曜日の並びも期間中の長期天気予報もまずまずだし宮崎県北の方では東九州自動車道の佐伯・蒲江間が開通したし、29日には延岡北方道路が北方の蔵田まで開通するし無料で通行できるし例年以上に観光客も多いでしょう???

 山登りにも良い季節になったけど霧島連山に向かう小林・えびの高原線が硫黄山の火山性地震が増えているということで立ち入り禁止になっていてその関係で小林市側からはえびの高原まで上がれないように道路も規制されていてせっかくえびの高原にしか咲かないノカイドウの花が咲き始めゴールデンウィーク中には万回の見頃になると思うのですが、遠回りになるのがちょっと大変ですよね。

 規制が始まってから例年よりかなり観光客が少なくなっていて色々大変みたいで自分もノカイドウや新緑の霧島連山の写真を撮りに行きたいんですけどゴールデンウィークはどうでしょうか???
 とりあえず自分はのんびりと・・・

 話は変わりますが、明日は地方議会選挙の投票日で最後のお願いに候補者の車が走り回るのかと思ったら選挙をやっているのか疑いたくなるほど静か!!!
 自分的には良いことだけど盛り上がっていないと言われているけど今の時点で明日投票には行くけどまだ誰に投票するか決めていません。

 何人か挨拶に来たけど選挙の時だけ来られてもねぇ〜!!!
 とにかく一番身近な選挙ですから良い仕事をしてくれそうな人に入れたいと思います。

 それにしても隣市では知り合いが何人か市会議員選挙に立候補していました。
 自分もずいぶん前に選挙の手伝いをしたことがあるけど色々と大変でした。
 正直もう二度としたくないなと思っていますが、投票する権利はないけど頑張って欲しいものです。
mixiチェック

 今日は天気は良くて日差しはそれなりにあるのですが風は冷たく感じて自分的には良い感じだけど朝晩と昼の気温差があるので相変わらず風邪が抜けません。
 まあゴールデンウィークも近くなったし釣りに行けば風も治るでしょうかね???
 ちなみに昨日国道10号線から見た日向灘の海は前日はちょっとウネリがあったのですがそのウネリも落ちていて良い感じでした。

 知り合いの船長に何人か電話して聞いた釣果の方は相変わらずポイントによっては場所ムラが大きいようですが、クロ(グレ)の他イサキやチヌ、イシダイなど釣れる魚種も増えてきたみたいでゴールデンウィークは楽しみですね。

 さて、昨日は山沿いの方にも行ったのですが山々は新緑が美しくイワツツジも咲いてドライブ日和でしたが、美郷町南郷区神門にも行ったのですが、小丸川本流は予想より水が少なくておまけに予想外に濁っていました。小丸川の濁り (1)小丸川の濁り (2)小丸川の濁り (3)
小丸川の濁り (4)(写真は日向市との境からちょっと走った関のパーキングから水清谷との合流点下流の付近を撮影したものです。)
  田植えの影響かなと思いながら神門地区に入ったのでが田植えどころか水もはっていなくて蓮華の花が風に揺れている田んぼには蓮華の花が・・・ような状態で田植えの影響じゃないみたいで昨年解禁日から2回鮎釣りをした小丸川なので気になったから用事を済ませて稚鮎の真似?をして川を道沿いに上がってみたら神門の美郷南学園の横の排水から泥濁りした水が川に流れ込んでいて
濁り水を排水 (2)濁り水を排水 (1)小丸川に泥水が (1)
小丸川の泥水がそこから上流は透明度の高い本来の小丸川の水が流れていたのでそれが濁りの原因ようでした。
上流域は綺麗な小丸川でした (1)上流域は綺麗な小丸川でした (2)上流域は綺麗な小丸川でした (3)
 泥水が流れていたのはこの日だけかなと思いたいところだけど下流の石を見ると前から流れ出しているのかな???小丸川に泥水が (2)小丸川に泥水が (3)

 支所(旧役場)周辺を見たけど工事はしていなかったのでどこで工事していて泥水が流れてきているのか分かりませんが、稚鮎が遡上してくる時期にこの濁りは・・・
 そして6月1日からは鮎解禁鮎解禁看板だけどその時までに濁りを出している工事は終わるのかな???
 濁りについては大分県日田市の三隈川が解禁当初から濁りがあって田植えの時期と重なると水の中では30センチくらい先しか見えない時があって三隈川は濁りがあって当たり前と思って鮎釣りに行くし、濁りがあっても鮎は掛かってくるから小丸川の濁りも大丈夫だとは思うのですが緑が多くて透明度が高くて雰囲気も良いから小丸川に鮎釣りに行っていたのにこの濁りの中で鮎釣りしたくないですよ!!!

 小丸川の年券を買おうと思ったけど解禁日まで濁りが取れなければひと山越して支流の渡川に行くかそれとも年券は買わずに今シーズンの小丸川は諦めてもうひと山越して一ツ瀬川がメインになるか?
 どっちにしても気になる小丸川の濁りでした。
mixiチェック

このページのトップヘ