今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2015年07月

 今年は雨が多くて冷夏だったのにここ数日暑い日が続いていて昨日は宮崎県西都市と西米良村で37.3度を記録して暑さ日本一になったらしいです。
 何でも日本一は嬉しいと言いたいところですが実は昨日宮崎市に行った帰り一緒に行った方が“土用にウナギを食べていない”と言うのでわざわざ西都のうなぎ屋に回って1時過ぎに腹ごなしに軽い運動をしようと西都原公園にいました。

 本当はひまわりの写真が撮りたかったのですがひまわり祭りが先週終わったもののいつもならまだ見頃続いているのにこの暑さにひまわりの成長も早かったのかほとんど散っていて良い写真は撮れませんでした。
西都原のひまわり (1)西都原のひまわり (2)西都原のひまわり (3)
 まあ昨日の暑さの中ひまわり畑の中を歩き回ることもなかったので考えようによっては逆に良かったかなと思います。

 ちなみに帰りに高鍋町染ケ岡地区の“キャベツ畑のひまわり畑”(今年は更に規模が大きくなって80ヘクタール(東京ドーム16個分超に1,100万本のひまわりが植えられています。広さ、植栽されているひまわりの本数ともに日本一の規模だそうです。)にも巡ってみましたが、こちらは8月10日頃が見頃という事で苗は10センチ前後の生育でしたが自分的には一面緑で風が涼しい感じがしてこれはこれで悪くないですね!!!
キャベツ畑のひまわり (1)キャベツ畑のひまわり (2)キャベツ畑のひまわり (3)
キャベツ畑のひまわり (4)キャベツ畑のひまわり (5)キャベツ畑のひまわり (6)
 とりあえず見頃なった頃にまた写真を撮りに行きたいと思います。

 それにしても今日で7月も終わり!!!
 8月最初の週末宮崎では恒例の夏祭りや花火大会に加えて台風接近で延期になっていた花火大会も色んな所で開催されるみたいです。

 西米良村の花火大会みたいに河川敷で行われるものもあり交通規制等も行われるみたいですから事前に確認されて釣行した方が良いと思います。

 ではでは暑い日が続きますが皆さん良い週末を・・・
mixiチェック

 連日暑い日が続いていて昨日は宮崎でも36度を越した所もあったみたいで自分も昼過ぎに車に乗って外気温を見たら35度を表示していて車に乗り込んでエアコンが効き始めるまでにどっと汗が噴出してきました。

 やっぱり体温近くまで気温が上がると応えますね!!!
 今朝もちょっとウォーキングしただけで汗をかきましたが今日も暑くなりそうですから気を付けたいと思います。

 さてやっと昨日九州北部も梅雨明け宣言がされたみたいですが、宮崎県内の河川もホームリバーの大分県日田市の三隈川水系もようやく平水になってきているみたいです。

 まあ同じ九州でも宮崎、鹿児島、熊本は例年以上に雨が降りましたけど北部九州はちょうど良い雨だったみたいで南九州の河川が増水で鮎釣りができなくても三隈川水系や山国川水系はできたということが何度かあって釣友達も良い鮎釣りをしたようですが、今年の三隈川水系は九州北部豪雨の大きな被害からようやく立ち直ってきた感がありますね!!!

 ちなみに昨日三隈川の小渕で29.5センチの鮎が釣れていますし、25センチオーバーの鮎は結構釣れているようです。
 5(写真提供は釣具のまつおさん)

 三隈川というと大手釣具メーカーの鮎釣り大会の九州地区予選会が毎年開かれていて九州北部豪雨の後は貧果が続いて釣れない川のイメージもありましたが今シーズンも解禁当初は渇水と田植えの濁りがひどくてあまり良くなかったものの梅雨時期に雨も適度に降って良い感じで増水し水質も良い感じだし今シーズンは放流稚鮎を変えて放流した時点で育ちが良すぎてエサ切りをしたと聞きましたがその効果が出てきているのかも知れません。

 鮎は年魚ですから良い年もあれば悪い年もあるのはしかたがない事かもしれませんとりあえず今年の三隈川水系は期待できそうですよ!!!
 河川の復活は鮎釣り師として嬉しい限りです。
mixiチェック

 天気が良くなって30度を超す気温が続き始めた宮崎。
 今年も超々早場米の刈り取りが始まったようだけど今までの日照不足と長雨で今年は余り良くないらしいです。
 お米大好きの自分としてはお米のできが悪いというと楽しみが減った感があるけど通常米は豊作であることを願います。

 さて昨日も書いた高校野球宮崎大会の決勝戦ですが、宮崎日大高校対宮崎学園で両校とも接戦を制して勝ち上がってきて投手もプロ注目の良い投手で実力伯仲の良い試合になるんじゃないかと思いましたがこの暑さと連投に宮崎学園の投手も疲労困憊だったみたいで13−0の大差で宮崎日大高校が18年ぶり2回目の優勝で甲子園出場を決めました。

 宮崎日大高校おめでとう
 甲子園でも良い試合して下さい。

 それにしても宮崎の夏の甲子園代表高って毎年のように変わって夏の予選のシードを決める選手権大会で優勝した学校が第1シードになることが多いのですが何故か第1シードになると勝てない。
 たぶん第1シードの学校が夏の甲子園に行ったのは過去1回しかないと思うけど不思議なこともあるもんです。

 まあ自分的には夏の甲子園が始まる頃が1年で一番暑く感じる時期で終わる頃には秋の気配がし始めますが7月も今日を入れて後3日!!!
 相変わらず時間が経つのが早く感じます。
mixiチェック

 台風12号が過ぎてから本当の梅雨明けなのか久しぶりに朝から強い日差しでグングン気温が上がってこれが宮崎の夏と言いたいところだけど正直いきなりの気温上昇に体がついていけず早々にバテバテです。

 でもこんな天気を待っていたのは宮崎の鮎釣り師達?!
 河川の水位も安定するだろうしアカも全体的に付いてくれば一気に釣れ始めるじゃないでしょうか???
 今週末は良いでしょうね?!
 今週の平日ならまだ最高かも(*^^)v

 話は変わりますが、高校野球も続々各県の代表校が決まっていますが宮崎県代表も今日決まる予定です。
 宮崎日大高校対宮崎学園
 両校とも接戦を制して勝ち上がってきていて実力的には互角?!
 この暑さで選手も球場で応援する方々も大変だろうけど甲子園まで後1試合良い試合をして下さい。

 それにしても今年の高校野球の地方予選の話題を独り占めしているのは早稲田実業の清宮選手ですね!!!
 1年生であの体格あのバッテングは話題性があるけど勝ち上がっていくにしたがってちょっとずつ打てなくなったイメージがあるんですけど・・・
 まあ話題の1年生を相手も打たせたくないでしょうから研究してきますよね?!

 でも野球ファンとしてはここ数年高校野球も盛り上がってなかった気がするので盛り上がってきたのは良いことですよ!!!
 各地の予選も良い試合が多いようだし今年の夏の高校野球はどこの高校が優勝しますかね!!!
 暑さに負けず頑張って下さい。
mixiチェック

 台風12号が九州には影響のあるコースを辿ったものの勢力が弱かったからか風は強かったものの宮崎ではお湿り程度の雨で台風が上陸した地方も被害もなく何よりでした。
 ただ今日は雲が多くて雨が降りそうな感じもありますが今週はマークが多いようですからいよいよ暑い夏本番ですかね!!!
 とりあえず7月最終週今週は夏らしく暑くなりそうなので暑さに負けず頑張りましょう!!!

 さて、週末の宮崎の河川は本流は水が多くてササニゴリもあって鮎釣りは厳しいかと思っていたのですが逆に渓流のヤマメ釣りには良い感じの流れでした。

 そこで25日に福岡のA師匠が孫のS君を連れて宮崎の某河川の上流域に行ったところ
S君が釣った37センチのヤマメS君は37センチを筆頭に尺物2匹を含む20センチオーバーを8匹の爆釣だったそうです。

 ちなみにA師匠の方はガイド役に徹していた関係で25センチ2匹だったとか?!
 ガイドが良いと大物釣らせますね!!!

 S君自己記録更新おめでとう
 次は爺ちゃんにも釣らせてやってね!!!

 ということでヤマメの活性も上がっているようですが、雨が多かったので途中で落石にあったり、マムシに遭遇したり大変なこともあったようですから皆さんも釣行される際にはご注意下さい。
mixiチェック

 台風12号が九州にゆっくりと近づいている関係で山沿いからグレーの雲が広がり始めましたが今のところ強い風が吹いているものの青空が見える宮崎の平野部。

 場所によっては気温が40度近くまで上がって熱中症に注意するようテレビで注意喚起がされていますが、宮崎は風が涼しく感じて今年の夏は南国宮崎返上の冷夏になっています。

 台風12号は台風12号・気象庁進路予想図今日の午後から明日未明にかけてが一番影響がありそうですが何事もなく過ぎてくれることを願っています。

 さて、先日の三隈川で鮎釣りを終えて竿を畳んでいたらパキッて感じで穂先に亀裂が走りました。

 余りにも簡単に亀裂が入ったので過去の記憶を辿ってみると昨年の8月のお盆明け一ツ瀬川の森林組合前から双子キャンプ場に渡る遊歩道の橋午後から入った森林組合前 (2)の下で立て竿の泳がせ釣りで鮎が入れ掛かりしたのですがその時に注意はしていたもののつい釣れる嬉しさに橋に穂先が当たって傷が入ってしまってそのキズがどんどん広がっていたのかなと思っていますし釣っている時に折れなくてある意味ラッキーと思いましたが、早速替え穂をRS穂先が15,500円とカタログに載っていたのでそれよりちょっと高いくらいだろうと値段も聞かずに注文。

 で昨日届いたので伝票を見たら税抜き22,300円也

替え穂先
 リミテッドプロとはいえ穂先がこの値段(>_<)

 正直高いですね???

 余計なお世話だけど今年出たリミテッドプロVSのエキサイトトップは税抜25,000円だそうです。

 鮎竿を折ったのは初めてですが、竿は慎重に扱わなければと改めて思いました。

mixiチェック

 台風12号の動きがゆっくりで朝降った雨も上がって青空が広がり始めた宮崎!!!
 気温がグングン上がってきて本当に台風12号が来るんだろうかって感じですが今日も暑くなりそうですね。
 ただ川が気になって一ツ瀬川・西米良村・村所橋と五ヶ瀬川・日之影町役場下と旧北方町・川水流のライブカメラの画像を見たらまだまだ水が多いようです。
 とりあえず台風12号の動き次第ですが8月の鮎に期待したいと思います!!!

 さて、先日ブログで磯釣りの秋の新製品情報ということでシマノのレバーブレーキ付きリールのフラッグシップモデルであるテクニウムBBXがモデルチェンジするみたいですねって書きましたが昨日からシマノのHPで仕様が公開され始めました。
 http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4188
 実は事前に画像だけは見ていてあのブログを書いたのですが細かいデザインはステラと違うけど基本似たような感じで今回ブレーキシステムの違いで2機種出ています。

 ブレーキシステムの機能としては従来品(今回のノーマルブレーキタイプ)は大物がヒットしてローター逆転時にハンドルも連動して逆回転していましたが、新しいブレーキシステムが搭載された方はSUT(スット)ブレーキということでローター逆転時にハンドルが回らないという新しい機能が搭載されています。

 利点としてはハンドル回転の遠心力によるブレを排除することでよりスピーディにこなすことが可能とか・・・
 その機能の違いが96,000円と84,000円という値段の差になるんでしょう?
 モデルチェンジするたびに少しずつ値段が上がるメーカーもある中値段が変わらないというのは良心的で釣り人には嬉しい限りですが、

 SUT(スット)ブレーキ・・・(引船にスルットインというのがあるけど最近のシマノはスッの名称が好きなの???)

 実は自分の釣り道具を入れている倉庫の一番奥に30年以上前に父が買ったダイワ・SS−1000LBのレッドボディとその後に出た同じくSS−1000LBのリールがあります。
 色々除けないといけないので見るのを止めたのですが・・・

 このリールにも”シンクロフリーシステム”という今回シマノが採用したブレーキシステムと同じ考えのローター逆転時にハンドルが止まるシステムが採用されていました。

 このダイワのリールは逆転時今のリールと比べると抵抗があったような気がしますし、シンクロフリーシステムの構造とシマノのSUT(スット)ブレーキシステムの構造が同じだとは言いませんし、最新のギアやベアリングの性能を考えると今回のテクニウムの逆転はかなり軽くスムーズになっているでしょう!!!

 でもこの時のダイワの謳い文句もハンドル逆転時にブレ無いだったような・・・
 当時のリールと今のリールを比べる方がおかしい事ですが考えていることは一緒なのかなと・・・
 それでハンドル逆転時にブレ無いという利点が自分には見出せなかったんですよね!!!

 というのがラインを出されるような魚がヒットした時に自分は魚が走る方向に対して逆方向に竿を倒したりできるだけ磯の先端に移動するようにしているので逆転時にブレようがブレまいが関係ないし、ラインを出すと瀬に持って行かれるリスクもあるわけで極力ラインは出したくないんですよね!!!
 だから巻き上げパワーとブレーキ力重視?!

 ということで買うならノーマルブレーキの方かな!!!
 というかもう少しハイギアの仕様が出るのかと思っていたのですが・・・
 とりあえず釣友が誰か買うだろうし現物を見るのが楽しみです!!!

mixiチェック

このページのトップヘ