今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

2016年01月

 雲は多いものの時より陽が射し穏やかな休日。
 することもないので来週の磯釣りの備えて色々準備をしていたらマキエに入れるパン粉に小さい穴が開いていてちょっとだけ湿気が入っている感じでした。

 虫が入っている感じはないのですが袋から出して湿気のある部分は廃棄して乾燥させて新しい袋に入れ替えました。
 今までこんな経験はないのですが何が原因なのか不思議なこともあるものです。

 ちなみにクロ(グレ)用の集魚剤って自然素材ばっかりなのに不思議と虫やねずみといった袋を喰い破りそうな物は近づきもしないですよね!!!
 何か嫌がる成分が入っているのかな???
 困っている方はお試しあれ!!!

 さて早いもので1月も今日で終わり!!!
 宮崎は暖冬からいきなり寒い冬に変わった感じですが磯釣りでは釣果を見る限り宮崎県北のクロ(グレ)はあいかわらず厳冬が続いている感じです。

 宮崎県南や大分県南はクロ(グレ)が釣れているから原因は何なんでしょう???
 例年なら2月が一番水温が下がってベタナギの日が多くて透明度が増してクロ(グレ)が釣りにくい月なんですが今シーズンはどうでしょう???

 ここままクロ(グレ)シーズンが終わることはないと思いますが、ここまで釣れないと・・・
 月末日向灘の海も荒れたし暖冬と言われていたこの冬が一転寒い冬になったように宮崎県北のクロ(グレ)が2月は爆釣とならないかなぁ〜???
mixiチェック

 雨も朝には上がって雲の隙間から時より陽が射す時間もあるものの陽射しがない分肌寒い感じの宮崎です。
 ただ日向灘の海は低気圧が海上に抜けてウネリが残っているようで今日は船止になっているようです。

 昨日も書きましたが今の宮崎県北の沖磯の釣況を見る限り一度大荒れして海の中をしっかりかき回してもらって状況が大きく変わってもらった方が良いと思います。
 とりあえず来月は蒲戸崎に2回、北浦に1回と磯釣りの予定が入っていますのでクロ(グレ)が釣れることを期待したいところです。

 さて、昨日は春の選抜高校野球の出場校の発表があって、プロ野球も1軍メンバーがキャンプ地に移動して自主トレという名のキャンプに入ったニュースを聞いて庭の梅の花も来週にはかなり開花しそうになっていますし、早い人はfacebookやブログに横浜で行われているジャパンフィッシングショー2016の様子をUPしていて春近しって感じでいたら和歌山の方がfacebookに鮎の稚魚が湾内で群れている写真をUPしていて今シーズンはシマノがクリスマス前に鮎カタログを配布しておりましたが春を通り過ぎてもう鮎の話題ですかって感じています。
 鮎の解禁日は例年通りなのに鮎業界の動きは早いですね!!!

 自分の周りでも昨年から5月20日の大分県日田市の三隈川水系の鮎解禁日は金曜日だから3連荘で車中泊をして鮎釣りをするという人もいましたが・・・
 先手必勝ってところなんでしょうか???
 寒いから自分的にはまだまだ寒グロ(グレ)ですけどね!!!

 それで釣り原稿と某メーカーさんにレポートも送信して釣りの予定も無い週末。
 釣具メーカーのカタログも釣具店に来ているようだけどまだ貰いに行っていないのでシマノの鮎カタログしかじっくり見ていませんが、気になったのがエアロハンドルが採用されたリミテッドプロの鮎タモ。
 グリップを中抜きして見た目から水流抵抗ないでしょうし、軽いでしょう!!!

 鮎タモって鮎釣りにはなくてはならないものだし腰に挿して座り込んだりするからグリップ強度がある程度必要で今まで出せなかったんでしょうけどなかなか良さそうですね!!!
 まあ値段が値段ですから買い換えることは考えていませんが今後安い鮎タモにも採用されるのかな???
 とりあえずグリップは握った感じも大事なのでそこがどうなのかこのタモは実際に触ってみたい見たいものです。
mixiチェック

 昨日の午後から降り出した雨が夜には本降りになって時間によっては結構強い雨になっている宮崎。
 天気予報だと明日まで雨が降って所によっては100mmを越す総雨量になるらしいけど今週は雪が降る寒い日が続いていて庭の水やりを手抜きしていたので家の庭の木々達にとっても自分にとっても恵みの雨になっています。

 今週末は釣りの予定はありませんが低気圧の通過で国道から見えた日向灘の海も荒れていてたぶん今日から明日に掛けては船止でしょうね。

 まあ今の宮崎県北の沖磯の釣況を見る限り一度大荒れして海の中をしっかりかき回してもらって状況が大きく変わってもらった方が良いと思います。
 とりあえず2月に期待の宮崎県北のクロ(グレ)釣りです。

 さて、今日から横浜でジャパンフィッシングショー2016が開催されていますね。
 新製品が手にとって目の前で見られるということで一度は行ってみたいイベントですが逆に見る商品が多くて目移りして困るかな???

 竿やリールは今シーズン買う予定は今のところありませんがカタログでは分らない部分も開発の方やテスターさんに聞けるのも良いですよね。
 まあ自社の商品は良いことしか言わないだろうし、とはいえライバル他社をボロカスには言わないだろうけど・・・

 正直カタログを見ても書いてあることは似たようなことだし、ブランドロゴ以外どこが違うのっていう商品があったりします。
 良くて安くなればOEMが悪いとは言いませんし、小さなメーカーで大手では作れないようなオリジナリティあふれるあったら便利という商品も見てみたいです。

 とりあえず今回もたくさんの釣人が足を運ぶんでしょうね!!!
 自分も色んな商品の現物が見てみたいです!!!
mixiチェック

 夜明けには青空も見えていたのですが雲がどんどん多くなって夕方には雨が降り出す予報ですからこの雲行きだと雨が降り出すのも時間の問題なんでしょう?!
 大寒を過ぎたし、先日の寒さが寒さのピークとしてこれからひと雨ひと雨暖かくなってくれば良いのですが今年は変な気候だからなんか先が読めない感じですね!!!

 ただ季節は確実に春に向かっているようで庭の梅の木にツボミが付き始めましたけど今シーズンは暖冬で季節外れの時期に花が咲いてましたから旬の時期に花が少ないようでツボミも少ないです。
 自然のサイクルがちょっと狂ったようですがそれなりに花を付けてくれればと思います。

 さて、1月も終わりに近づいて先日も書きましたが釣具店にも渓流用品が並び始めその中に鮎用品も並んでいるんですが今までと違うのが複合メタルが0.04号から並んでいたこと。

 その釣具店では一番細いラインでも0.08号だったのにいきなり細いラインを並んだ感じですが、シマノの鮎カタログを見ても今シーズンも複合メタルが一段と強くなりましたね。
 他のメーカの鮎カタログを見ていないけど当然他のメーカーも強くなっているでしょう???

 それとカラーリング
 ダイワがメタコンポで黄色のラインを出してきて実際使ってみたら見やすいし良いかなと思ったら次はシマノがピンクを出してきて現物を見ていないから何とも言えませんが見やすさはあるんじゃないかと思っています。

 まあ自分的には船釣りのラインマーカーじゃないけど1mおきにラインのカラーを変えてくれたら目印がいらなくなる日が来るんじゃないかと思っているんですがどうでしょう???

 ライン抵抗で鮎の泳ぎ方を変えたりするのもまたテクニックですから鮎用のラインって細ければ良いと言うものじゃないですよね!!!
 それに自分的には太いラインの方がやり取り中の安心感もあるし下手なので掛けた魚は確実に獲りたいですからある程度の細さから細くすることは無いです。

 とりあえずラインは昨シーズン使わなかったものがあるし、1年で消えるラインもありますから見極めてから使いたいものです。
 それにしてもラインってどこまで強くなるんですかね???
 切れないとロッド破損や危険な時もありますからほどほどで
mixiチェック

 朝のうちは青空も見えて今日は暖かくなるという天気予報だったので良い天気が続くのかと思ったのですが、雲がどんどん広がって陽射しが無いから予報通りには気温が上がらず肌寒い感じの宮崎です。

 週末はまとまった雨が降るということで冬型の気圧配置になると凪ぎになる日向灘の海も今回の寒波でもたいして水温は下がっていないようで昨日も宮崎県北の沖磯は厳しい釣果だったようですが週末天気が崩れて雨が降って気温も上がるということは南からの温かい空気が入って風が吹いて海が荒れるはずだからその後海が穏やかになったら寒グロ(グレ)本番となりますか???

 ここまで釣れない時期が続いていますから釣れ始めたらすごい釣果が出始めるんじゃないかと期待しているんですがどうでしょうか???
 とりあえず2月の沖磯は大分県南の蒲戸崎に2回。
 北浦1回の予定が入っているので何とか良いクロ(グレ)釣りがしたいものです。

 さて、シマノ以外の鮎カタログも手に入るようになり週末磯釣りの予定が無いのでじっくり見ようと思いますが、今シーズンも瀬竿を中心に竿を豪快に曲げこんだ写真が使われていますね。
 この瞬間が釣人にとっては至福の時でありやるかやられるかドキドキの瞬間だと思いますが皆さん竿ってどれくらい曲げきります???

 自分は竿は曲がって何ぼって思っていますが、まずリールを付けられる竿を買ったら庭で実際にリールを付けてドラッグをちょっとずつ強めに締めながら自分の感覚で曲げ込んでみるのですが鮎竿だけは実際川に行ってから掛かった魚のサイズで確認していくのですがさすがにカタログの様には曲げきりません。

 1度球磨川で想定外の魚が掛かって瞬間的にかなり曲がってヤバイと思って竿を直線にしてラインが切られましたけど折ったら諭吉先生が何十枚もって思うとなかなか鮎竿は曲げきりません。
掛けたのは上流に見える白波の所
 ちなみにこの画像は球磨川の高千穂の瀬で29センチの鮎を掛けた時の曲がりです。
 掛けたのは上流の波立っている所でかなり下って写真を撮る余裕ができて撮影していますから最初はもう少し曲がっていました。
 竿はリミテッドプロMI・H2.75−90−95HKです。


大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (5)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (4)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる
 そしてこちらの画像がA師匠が大鮎(正体は見られずラインブレイク)とのやり取り中の竿曲がり
 ちなみに竿はリミテッドプロMI・H2.75−90−95HJです。

 HKの方がちょっと胴調子で今も愛用していますが竿ってどの竿でも魚が掛かった状態で折れるってほとんど無いと思うんですよ。
 そりゃ想定外の大物が掛かってラインも送れずに折れるってこともあるでしょうけどそれ以外のことで折ることの方が多いです。

 魚が掛かった時ってやっぱり魚を獲りたいから竿もラインも限界前に加減するからでしょうね?!
 とりあえず今シーズンはどんな大物が大きく竿を曲げてくれるか楽しみです。
mixiチェック

 週末は天気が崩れて雨が降って気温も上がるということで連日寒い日が続くとさすがに暖かくなって欲しい今日この頃ですがこの寒さで日向灘の海は凪できたみたいで気温同様寒グロ(グレ)本番といきたいところですがどうでしょうか???
 宮崎県南の磯はクロ(グレ)が好調らしいのでもうそろそろ宮崎県北のクロ(グレ)も調子を上げてもらいたいところです。

 さて、クロ(グレ)釣りは今から寒グロ(グレ)の好機に入るのですが今シーズンは鮎カタログをシマノが超早く配布し始めたからかこの時期に鮎の話題をしている方が多いような気がしますし、気の早い釣具店では渓流用品と並んで鮎ラインも並んでいました。
 新製品が無かったのでたぶん昨シーズンの持越し品だと思いますが鮎の解禁日は例年通りなのにどうしたのって感じです???

 鮎ラインが並んでいたところは気になりましたが、自分的にまだまだ鮎モードにはなっていませんが先日磯釣りをやっている顔見知りが鮎釣りにも興味があるらしくどれくらいの金額で始められるか聞かれました。
 鮎釣りを始めたいけどって思っている人は多いと思いますが・・・

 自分場合はAさんが鮎釣りに使う全ての物の予備を持っていたのでそれを借りて1年目はやりました。
 だから最初から竿を含めて全てリミテッドプロでした。
 初めて行った川は大分県日田市の三隈川の支流・大山川でトロ場で泳がせ釣りをして釣果の方は7匹でした。

 今考えたら何も考えず竿を立てていただけだしやっぱりA師匠がその日は付ききりで教えてくれた結果だと思うのですが、それから2度目は球磨川で棹喰の瀬でオトリ鮎を獲って午後から槍倒しの瀬に行って秒殺の連続で鮎釣り面白いって嵌ってしまって今に至っています。

 それで鮎釣りを始めるにあたって予算のほとんどを占めるのは竿ですよね!!!
 9mの長さを基準にした時4万円台〜50万円台まで
 鮎竿ほど価格帯の幅が広い竿はないでしょう?!

 高い竿が良い?
 自分はそうは思いません!!!
 正直自分も今まで時雨に始まりリミテッドプロまで使いましたけど高い竿の方がカーボンの反発力があるから抜きやすいし長時間持っていても疲れないけど竿で釣果が変わるとは思いません。

 それに自分の好きな調子ってあると思うので使い勝手の良い竿が一番だと思っています。
 とりあえず最近は安い竿でも作りはしっかりしていますので最初はそれなりの値段の竿でやって勉強したら良いと思います。

 後完全仕掛けに掛けバリ、タイツ、タビ、タモ、ベルト、引船はいるけどこれも名の通ったメーカーの物であれば最初から良い物はいらないと思いますが、引船だけは7リットル以上の大型を勧めています。
 夏場水温が上がると大型の方が中に入れた鮎の弱りが遅いですし、大は小を兼ねるということで・・・

 おとり缶については最初は持っている人と一緒に行ってそのシーズンオフに買っても良いのかなと・・・
 でもやっぱり初期投資には10万円は掛かりますね。
 だからすぐ止めるような釣人には向いてないかなと・・・

 ただ磯釣りに比べたら川への釣行は手軽だし年券さえ買っておけばオトリ鮎代だけですし1回の釣行費用は安いからランニングコストは安くなります!!!
 それに夏場の磯の比べたら川の中は快適!!!
 自分ももっと早くから鮎釣り始めていたら良かったと今も思っています。

 鮎釣り講習会や勉強会をやっている釣具店もありますのでそんな機会に1度鮎竿を握ってみませんか?!
 楽しい釣りですから!!!
mixiチェック

 昨日は午後から急に冷え込んできたと思ったら3時過ぎから粉雪が舞って山沿いを見たら粉雪が酷かったのか視界が悪く遠くの山々が見えませんでしたが、5時過ぎからは粉雪の粒が大きくなってカーポートの上に積もり始めました。

 この調子で一晩降ってくれたら今朝は一面の銀世界と思って早目に外に出てみたのですが、宮崎の平野部では雲一つない良い天気20160125の夜明けに放射冷却現象で寒さは厳しかった20160125外気温度(車に乗って外気温を見たらマイナス4度)ですが雪は陰にちょっとだけ残っているだけでした。
20160125なごり雪 (1)20160125なごり雪 (2)20160125なごり雪 (3)
20160125なごり雪 (4)20160125なごり雪 (5)20160125なごり雪 (6)
 まあ今回は県南の方が雪が多かったみたいで主要道路も通行止めになっているようだし、雪慣れしていない宮崎では一面の銀世界にならなくて良かった気もします。

 それで初氷は10g超のウキを乗せただけで割れた庭の水タンクに張った氷ですがさすがに今朝の氷は厚くウキを乗せても余裕でした。
凍った水タンク (1)凍った水タンク (2)凍った水タンク (3)
 この寒さも今日までという事ですし今週末は天気が下り坂で気温が上がって3月中旬の暑さになる日もあるという予報ですから皆さん体調管理にはご注意下さい。
 今週も頑張りましょう!!!

 さて、午前中にオーナーばりの総合カタログ2016・オーナーばり・カルテバィ総合カタログが届きました。
 鮎は別に鮎専用のカタログがあるので鮎の分は小鮎釣り仕掛けとラインが一部載っているだけですがハリメーカーのカタログとはいえ120ページ超あってアイテム数(全部掲載はしてないらしい)も多いです。

 磯用のハリについては秋磯に間に合うように新製品を出すので改め紹介するのも何ですが、小さなハリでは初めてワフワイヤーを採用した “ザ・ROCK”が一押しのハリです。

 細軸の方が刺さりが良いし冬場喰いが渋くなったらラインを細くする前にハリを小さくした方が効果がありますかね!!!
 でも伸びるような弱いハリはもちろん使えません!!!

 その点ザ・ROCKはこのサイズのハリでは最強の強度があり安心して使えます。
 魚との唯一の接点である“ハリ”
 種類がたくさんありますから色々使ってみるのも良いかもです!!!

 楽しみな鮎カタログは近日中に釣具店に行って貰って来ます。
 鮎ではあの名手がテストしていたハリが今シーズン出ているはずなので・・・
mixiチェック

このページのトップヘ