ここ数ヶ月間まともな雨が降ってない宮崎ですが、ついにというかやっぱりというかダムの貯水率が軒並み低くなって県の中央部を流れ下る一ッ瀬川流域で一番大きな一ッ瀬ダム湖や小丸川の上流にある渡川ダムなどでは20パーセントを切って発電自体が出来ないとかで取水制限が始まるみたいです。

 

 宮崎ではすでに早期水稲の田植えも始まっているし、本来なら春の長雨、菜種梅雨なんていわれて雨が降らないといけない時期なんですが・・・

 まあ大震災で被災されている皆さんや宮崎もまだ新燃岳が時より小規模の噴火をしていますし、それによる土石流も心配ですから大雨は降って欲しくないのですが、農作物のことを考えると雨が欲しいし、やっぱり釣人としては放流した稚鮎達が心配です。

 (川の水が少ないので川を思うように上れず場所によって稚鮎は群れで固まっているらしいが・・・)

 

 東南アジアのタイでは雨季の前なのに大雨が降ってもう洪水被害が出ているというし、地球が温暖化で済まされるのか???

 災害をもたらす大雨はいらない!!!

 春の恵みの雨が少し降ってくれれば・・・