宮崎でも山間部では停電や一時孤立化するなど大きな被害が出ていた先週13日からの記録的な大雪。
 関東を中心にさらに大きな被害になっているようですが、昨日釣りに行った米水津も今回の寒波と雪の影響をモロに受けて朝の水温13.6度。
 昼前には気温が上がって雪溶け水が海に流れたのか米水津の海水温をさらに下げたみたい13.3度まで下がっていたとか???
 米水津には寒グロ(グレ)の時期に年に数回行っているけど米水津沖磯から残雪が見えました米水津湾を囲む山並みに残雪があるなんて今まで経験がないし、九州南部のクロ(グレ)釣りは15度を切ると厳しいと言われるのに自分自身経験したことのない13度台の水温では魚もいないのではと思いながら船で沖に向かうと風と船が作る波飛沫でキャビン以外は大雨状態。
 この時点で今日のクロ(グレ)釣りは厳しすぎる修行の釣りになると思いました。

 さて、今回は大分・宮崎地区のオーナーばり・テスター・モニター懇親釣り大会。
 参加者は20名参加者で記念写真
 深夜2時前に自宅を出て東九州自動車道を通って蒲江インターで降りて佐伯の釣具店に予約していたオキアミを買いに行くために蒲江から佐伯に抜ける峠道のトンネルを抜けると道の両端には除雪をされた雪が積まれていました。
 後で聞いた話では今回の雪で一時通行止になっていたそうです。
 スリップに注意しながらいつも慎重な運転で釣具店に着くと別の釣り大会もあるそうでたくさんの釣人が来ていました。
 いつもだとここでマキエを混ぜて行くのですが今回は天候を見て6時出港ということだったので米水津の千代丸の待合所に行くと皆さん既に集合されていました。

 受付をしてクジを引くと9番。
 1番から7番までは当番瀬の名礁”横島3番”に上がって他は2人から3人がペアになって磯に上がることになりました。
 ただし、公平を期するために横島3番はクロ(グレ)が釣れて当たり前の釣り場ですから横島3番で検量対象者は大物を釣った1名のみというハンデキャップが設けられました。
 1番最初に船から降りることになったので最後に船に荷物を積み込み出港。
 思ったよりウネリは落ちていて米水津沖磯の代表的な名礁が点在する米水津沖の横島の磯群・魚影の濃さ折り紙つき文字入横島周辺に来ているというのは分かりましたが、1番瀬着けで今回一緒にペアを組むことになった顔は怖いけど心優しく釣りの腕もいい米水津をホームグランドにしているトーナメンターでベッキーと呼んでと言う戸次さんと一緒に上げられたのは”横島5番のハナレ”
 2年前のオーナーカップグレ・金勝杯でマルボウズを喰らった釣り場。
 ベッキーさんも良い釣果はあげたことがないという釣り場です。

 まあ懇親釣り大会ですし、今日の海の状況を考えたら1匹大物を釣れば優勝のチャンスもあるでしょう。
 すでに月明かりの中隣の磯では早々に釣りをされているみたいですが月明かりの中となりの磯では釣り開始?自分はいつものごとくのんびり仕掛けを作ったり日の出四国の方から綺麗な朝日が登りますや朝の釣り風景ベッキーさんも釣り開始を撮影しながら完全に夜が明けてからベッキーさんが沖側に入って自分は船着けで釣ることにしました。
 ちなみに風も吹くし足元で竿2本ほどしかない底までまる見えの透明度とマキエサを混ぜるのに汲んだ海水が冷たかったのでクロ(グレ)は底でしか口を使わないだろうと3段ウキのトリプルセンサー000にハリス1.5号、オーナー・競技グレ4号にガン玉5号をつけました。
 ベッキーさんも同じく底狙いの沈め探り釣りで先に釣り始めたのですが、サシエが残ってきます。
 潮は風とは逆の流れで仕掛けはくの字になって馴染んでいって予想はしていたことだけど現実はさらに厳しそう!!!
 釣り始めて40分後足元でベッキーさんが良型のカサゴをゲットベッキーさん良型カサゴをゲット冷たさに尻尾が曲がっています。
 その後潮が風と同じ上り潮に変わって沖目でようやくサシエが盗られました。
 サシエが盗られて喜ぶようじゃなダメですね!!!
 それくらい魚っけがない(>_<)
 マキエにイワシの子?が群れています。
 サシエのオキアミを喰うエサ盗りではないけど少し魚っけが出てきたようで嬉しい気もしますが、相変わらず潮の動きは一定しません。

 いつもなら仕掛けのパターンを替えて釣るのですが潮は動かないし、サシエが盗られないので底を狙うしかないし、とりあえず投入点だけ変えて釣りますが時間だけが過ぎていきます。
 横島3番に上がっていた釣雑誌の記者さんもクロ(グレ)が釣れていないようで見回りの船で様子を見に来ましたがどこもクロ(グレ)は釣れていないとか(>_<)
 横島3番がそんな状況だから厳しさが分かるでしょ???
 風はますます強く吹て竿を持っていかれるようになるし急風が吹き付けます (2)急風が吹き付けます (1)何より手がかじかむような寒さ!!!
 このままボウズで終わるかなと思っていたお昼前。
 ベッキーさんの竿が大きく曲がりましたベッキーさんに突然デカバンヒット (1)
 いきなりのヒットにピンボケですみません。
 でも根魚のようですぐに足元の根に突っ込んで動かなくなりました。
 今回はクロ(グレ)釣り大会なので根魚は対象外だけどとりあえず大物の正体は見たい。
ベッキーさんに突然デカバンヒット (2)ベッキーさんに突然デカバンヒット (3)
 足場を移動してやり取りすると一旦動いたもののすぐに根に張り付く。
ベッキーさんに突然デカバンヒット (4)ベッキーさんに突然デカバンヒット (5)
 ラインを緩めたり、竿をシェイクさせたりしますが最後はハリスを飛ばされました。
 残念(>_<)
 結局この当たりを最後にこの後はほとんどサシエも盗られずお互いクロ(グレ)の姿も見ないままに納竿としました。
 回収時皆さん厳しかったようで20人の内クロ(グレ)を手にしていたのは5人だけ厳しい中でもクロ(グレ)を手にされていました他魚も76kgのチヌで他魚の部優勝の井上節さん1.76キロのチヌが1枚だけでボウズの方がほとんどという修行のような厳しい釣りになりました。

 ちなみにクロ(グレ)を手にして5人のうち3人は当番瀬の横島3番でそこでさえクロ(グレ)は全部で4枚しか釣れていませんでした。
 クロ(グレ)はあまり釣れなかったけど懇親が目的の大会ですし、クロ(グレ)の入賞の方々入賞された皆さんおめでとうございます。
 自分的には釣友の輪も広がりましたし良かったと思います。
 参加された皆さんお疲れ様でした!!!
 次は11月に開催予定のオーナーカップグレ・金勝杯でお会いしましょう。