今日は雨の予報になっている宮崎ですが、今のところ風もなく穏やかな空模様になっています。
 毎日がこんな天気だったら最高なんですが今年の冬はどうでしょうか???
 さて、久しぶりの磯釣りに行ってから1週間が経ちました。
 いつもながら時間が経つのが早く今日中に釣り原稿を書き上げないといけないのですが、当日はアオリイカに翻弄されたことしか頭に浮かびません。

 実は釣友でルアーマンのK君に島野浦のアオリイカの話をしたら今週海上タクシーで島野浦本島に行って島野浦の波止で楽勝で二桁のアオリイカを釣ったみたいでおすそ分けを貰ったですが何が違うのか色々聞いてみました。

 タックルについては806のエギングロッドにPE0.8号、リーダー・フロロカーボンの2号・1.5mとほとんど一緒だったのですが、エギの大きさが2.5寸と一回り小さいものを使っていました。
 K君曰く”スレ気味のアオリイカには小さいエギが効く”とか!!!
 ただ2寸以下に小さくするとキビキビダートしないので彼は使わないらしい。
 ということで釣っている人のオススメはすぐに聞いて2.5寸お買い上げ!!!

 あと自分が当日感じたエギのカラーについてですが・・・
 当日マキエに群れていたのは手のひらサイズの木ッ葉グロ(グレ)と5センチ程のイワシの稚魚?のようだったのでエギカラーはマッチザベイトで釣研・ダートフォース・レギュラー3寸でスタートしたらすぐにイカジャブをくらったのですが掛りが甘くすぐに外れてしまったので時間をおいてサイズは全て3寸だけ
オレンジピンクヘッドブルー
 オレンジ、ピンクヘッド、ブルー、レギュラーの4色をローテーションして使い分けたのですが、一番反応が良くて当日同行したMさんがアオリイカを釣ったレギュラーベーシックでオレンジとピンクヘッドについては一瞬見には来るものの明らかに警戒していて後ずさりするアオリイカさえいました。

 正直オレンジとピンクヘッドカラーって過去にアオリイカを釣っているエギで今回も釣れるだろうと思っていたらアオリイカが真逆の反応を見せたので正直今後のエギのチョイスを考えさせられました。
 エギ=エビ
 だからオレンジ系が良く釣れるという単純なものじゃないんですね!!!

 いや自分が単純に考えていました。
 イカは明暗差しか識別できないみたいなことを聞いたことがあるけど今回のアオリイカの動きを見るとカラーの見分けもできているのでは???
 今回アオリイカが見えていただけに掛けきれなかったのがすごく悔しい!!!
 アオリイカについてもう一度勉強のし直して次は必ずエギで釣ってやる!!!