今日も風がなく穏やかな宮崎。
 3連休で天気が良いとくれば観光地も釣り場(^O^)も人が多いみたいです。
 昨日も大分県南米水津からの帰り東九州自動車道を通る車も多かったし、休憩に寄った北川の”道の駅・はゆま”もすごい人出だったです。
 皆さん安全運転で東九州の秋を満喫して下さい。
 さて、昨日は大分県南米水津の沖磯で開催されたオーナーカップグレ・金勝杯参加者の皆さん
オーナーカップグレ・金勝杯・九州大会に参加してきました。
 150名募集のところ170名の参加希望があったみたいで受付の段階で2便に分かれて磯に上がることが伝えられました。
 まあ人数が増えても上がる磯で楽しむだけですが受付番号は156番。
 有漁丸の2番船で最後に降りることになりました。
 持ってねぇ〜!!!

 でも受付の後この大会の委員長を務めている播磨さんと話したら”釣れていますよ”とのこと。
 とりあえずリミット3匹を目標に出港時間を待っていると船が集まってきて1便に乗る選手が乗り込み始めますがここでまた渡船の1隻のエンジンの調子が悪く出港できないとか!!!
 残った5隻でなんとか大会は行いうことになったのですが、エンジンの調子が悪かった船がなんとか間に合って沖に向かったものの明らかにパワーが出ない感じ。

 ベタ凪だし、船長の判断なんだから大丈夫だろうと思って船を見送ってマキエでも作ろうかと思ったけれど155番の方がシマノ・ジャパンカップ・鮎の全国大会に出られた経験のある方で鮎釣りの話で盛り上がったり、佐賀に転勤した有田さんに2年ぶりに会ったり、他船でも顔見知りに何人も声を掛けられたり、掛けたりでアッという間に2番船に乗り込む時間に・・・
 オーナーカップグレこんな時間もまた楽しみでもあります。

 船に乗り込み船長に状況を聞くと”エサ盗りも多いよ”とのこと。
 前回2月の米水津沖の磯釣りは大雪が降った数日後で水温が13度台まで激下がりしてクロは木ッ葉グロ(グレ)さえ見えないボウズでしたからエサ盗りがいるだけ何とかなるんじゃないかと思って渡礁順番を待ちながら荷物の受け渡しの手伝いをしますが、最後の方になると上がる場所がなくて戻る感じで”ハナレの裏”という絶壁の足場の悪い磯に上げられました。自分が上がった”ハナレの裏”自分が上がったハナレの裏は湾奥で足場が悪かった 船長いわく”エサ盗りがおらんかったら釣れる!!!”と言うけど正直チヌなら可能性があるけどクロ(グレ)は”終わった”って感じの磯です。
 とりあえず一緒に上がった熊本の方に良い場所に入ってもらって自分は船着けの横の足場が良い所で釣り始めますが、マキエをするとキンギョの大群が群れその周りにはイワシの子やキタマクラなどが見えます。
 潮はゆっくりと左へ流れている感じなので小粒のオペレートG2にガン玉5号を段打してウキ下2ヒロ半で釣り開始。
 でもヒットするのはエサ盗りばかり・・・
 1時間程して熊本の方が大物の当たりを捉えました逆光の中竿を曲げた (1)
 竿先を叩く感じがあったのでバリ(アイゴ)の大型かと思ったら足元で反転したのはチヌ。
 他魚の部もあるから慎重に行きましょってことで船着けまで誘導して自分の差し出すタモに収まったのは上がったのは良型のチヌでした45センチのコンディションの良いチヌでした。
 今回も釣春秋の原田編集長から船に乗り込む時に写真を撮ってくることを頼まれていたので他魚とはいえ他魚の部優勝の可能性がある魚だから良いでしょう!!!
 でもその後は足元に大きなカンダイが見えた以外はエサ盗りの当たりばかり・・・
 キタマクラが多いからハリを何本も喰われます。
 さすがオーナーばり主催の大会

 あまりの喰わなさに熊本から来た方がハリスを1.2号にするという。
 自分はハリスは1.5号より細くすることはしないので大会だし小さいクロ(グレ)を釣っても仕方がないので”あんまり細くしない方が良いと思うけど”ってアドバイスをしたんですが・・・
 1時間くらいしてまた熊本の方に大物がヒットしたもののすぐにハリスが切られました。
 貴重な当たりに残念だけど仕方がないですね!!!

 残り時間も1時間程になってウキをゼクトG5に変えてハリスの1ヒロの所にガン玉5号をつけて正面潮目に仕掛けを投げてマキエを被せていくとウキがすっーと消え竿に乗ってきました。
 仕掛けを交換してすぐのヒットに早く軽めの仕掛けにした方が良かったかなと思ったけど反転したのは50センチオーバーのチヌ。
 ラインを出すかと思った時フッと軽くなったので仕掛けを見たらハリのすぐ上から切れていました。
 競技グレ3号のハリを使っていたので飲まれていて反転した時に切られたんでしょう???
 他魚の部優勝が・・・
 結局この後は当たりもなく納竿となりました。

 船に乗り込むとどの磯も厳しかったみたいでエサ盗りの当たりしかなかったという方もいましたし、大物の当たりにどうすることもできなかったという方もいました。
 この船からはクロ(グレ)の部で優勝する人はいないだろうと思って港に帰るとやはりどこも厳しかったみたいで検量の方も暇そうでした。
 ちなみに今回は他魚の部はなかったそうでオーナーばりの担当者の方が申し訳なさそうにしていました。
 まあオーナーカップグレ・金勝杯ですから仕方がないです!!!
 それで優勝は3匹2600gで熊本の下西ノ園さんが獲得優勝者
 入賞の方々は以下の通り入賞者ですが、抽選会も盛り上がり一人のケガ人もなく無事終了致しました。
 参加された皆さん、オーナーばりの皆さんご苦労様でした。

 それで本部の片付けを手伝って雑談をしていると播磨さんと榊さんから春にオーナーばりの磯のテスター・モニター懇親釣り大会を鹿児島県の甑島で予定しているので日程が決まったら連絡しますということで楽しみができました。
 ただ榊さんの話では甑島も細いラインじゃないとクロ(グレ)は喰わないそうです。
 どこのクロ(グレ)もスレてきているみたいですね!!!
 ということで春の再会を楽しみに米水津を後にしました。