今日も昨日より更に風があるものの天気は良く国道から見た日向灘の海も穏やかで絶好の釣り日和になっているようで今日もたくさんの釣人が磯に渓流にと釣りに行っているんじゃないかと思いますが、昨日昼から美々津港の渡船・みなと丸に行ったら沖磯で大物のイシダイが釣れているというので3時に夜釣りに行くという釣人二人を乗せて沖磯の釣果を見に行きました。

 船長が沖を流しているからと久しぶりに磯に上がったのですが近所をウォーキングしているとはいえ磯の上を歩いて病み上がりで体力が落ちていることを実感しましたが久しぶりに良い汗かきました。


 釣りの方は水温が20度を超していて上がった時には良い感じの上り潮(北へ流れる潮)が流れていて竿曲がりを見られたらと期待したのですが、釣人に聞いたら朝マヅメにクロ(グレ)がパラパラ釣れただけでその後は全く釣れずにボウズの釣り人もいました。


 ただ正体不明のデカバンもヒットして道糸から切られたそうでサシエが残って上がってくる中夕マヅメに期待していました。


 イシダイの方は最初に見た方は40センチ級でしたが次に行ったポイントでは60センチ近い良型がガンガゼのツケエで釣れていました。

 やはり朝マヅメのヒットだったそうで足元の掛け上がりを釣ったとか!!!

 参考までに昨日の美々津沖磯の釣果と釣り風景です。
美々津の沖磯で釣れていた60センチ近いイシダイ他のポイントでもイシダイが釣れていましたチヌはキロ前後が各瀬で釣れていました
クロ(グレ)が釣れていました見回り中にクロ(グレ)が美々津の沖磯へ みなと丸
 イシダイも活性が上がると結構浅い棚でヒットしますからね!!!

 久しぶりに良い魚を見せてもらいました!!!