相変わらずウネリがある日向灘の海ですが、昨日久しぶりに出港した美々津の渡船・みなと丸野情報だとキロ級は釣れなかったみたいですがウネリに強いポイントでクロ(グレ)やチヌが釣れていたみたいです。

 濁りはあるそうですが水温は20度を超して魚の活性は高いようです。


 美々津の沖磯というと梅雨時期には例年50センチオーバーの尾長グロ(グレ)が釣れるんですよね?!


 鮎釣りを始める前は梅雨時期の美々津の沖磯にかなり通っていたのですが耳川河口の沖合に8個の島や瀬があるだけでクロ(グレ)よりチヌの方がイメージが強いけど実は60センチオーバーの尾長グロ(グレ)が釣れた実績もあります。


 今シーズンは12月からクロ(グレ)についてはコンスタントに釣れているようですから梅雨時期の大グロ(グレ)期待できそうですよ!!!


 自分は昨日も書きましたが今週末も大分県日田市の三隈川水系に鮎釣りに行きます。

 川開き観光祭で夜は花火を見ながら釣友達や釣具のまつおさんの家族やスタッフさん、お客さんなどと恒例のBBQです。

 鮎釣りには行くけど早々に温泉に行ってBBQの準備のお手伝いかな???


 ブログやFBでもお問い合わせがありましたので解禁日当日の自分の釣果ですがポイントを替わって46匹でした。

 釣友達も皆40匹以上釣っていて良い鮎釣りシーズンのスタートが切れました。


 ただ渓流層のハッキリ言って小場所ですから次の日には20匹だったと聞いています。


 それで三隈川水系の他のポイントの釣況としてはコンスタントに釣れているのは天ヶ瀬温泉街

 今日は釣具のまつおのスタッフさんが釣りに行っているのかな???

 後は大山川の道の駅の上流で20匹位釣れたとか?!


 今週末はダイワ鮎マスターズの九州予選会が三隈川本流で開催されますが解禁日にプラをした優勝候補の方の話では5匹釣ったら予選通過って・・・

 解禁からの釣果情報を聞くとかなり厳しいようですね!!!


 正直解禁から初めての週末ですけど大分県日田市はあまり雨が降っていないので増水するような雨っが欲しい三隈川水系です。