今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

タグ:小丸川の鮎釣り

 日付が変わってしばらくして雨音が聞こえるくらいの雨が降りましたけど夜が明けてからは薄日が射したりまた雨が降ったりと今日の宮崎の空は安定していませんが昨日書きましたけど九州で一番早く鮎釣りが解禁になる大分県日田市の三隈川水系の鮎解禁まで1週間を切りましたが実は先週末に地元宮崎のホームリバーの一つである美郷町南郷区の小丸川に川の状況を見てきました。
12日の小丸川本流12日の小丸川本流12日の小丸川本流
12日の小丸川本流12日の小丸川本流12日の小丸川本流
12日の小丸川本流12日の小丸川本流12日の小丸川本流

 画像で分かる通り水質及び透明度は抜群なんですが水量が思った以上に少なく稚鮎もあまり見えませんでした。

 川鵜対策をしていた所もありましたし川鵜を見ることはありませんでしたのでそこは評価したいと思いますがいかんせん稚鮎が見えないのが不安!!!

 水質が綺麗で雰囲気が良くても肝心の鮎が少ないって・・・( ̄▽ ̄)


 まだ解禁まで時間があるし南郷区の中心部や最上流域、支流の渡川などは見に行く気にもならなかったのでもしかしたらそっちにたくさんの鮎が集まっているのかも知れませんし自分が見落としたのかも知れませんがとりあえず解禁からしばらくは様子を見た方が良いかなって感じた小丸川本流でした。


 今週はマークの日が多いですが週末の小丸川本流を見るともっとしっかり雨が降って欲しいですね!!!

mixiチェック

台風進路 今日も朝から良い天気でセミ達が今を盛りに鳴きまくっていますが気になるのは台風13号の動きで日本列島に近づくに従ってスピードが遅くなって東日本を縦断する予報になっているけど訳が分からに動きをする台風が多いから注意したいですね。

 さて、昨日は小丸川に鮎釣りに行って来ました。


 まだまだ本流は水が多くて釣りは無理そうだけど上流はできそうという知り合いのメールに神門の中心地を抜けて入ったのは渓流層のポイントだったけど水温22度透明度の高い綺麗な水に腰まで川に浸かって快適に釣りができたけど白川状態で残り垢がありそうなヘチや大石の裏などを泳がせてみますが追いさえなくダメかなと諦めかけた3時過ぎやけに今日はトンボが多いなと思って上流を見たら水際から次から次にトンボが飛び出していました。
トンボの大量羽化 (3)トンボの大量羽化 (2)トンボの大量羽化 (1)

 一斉に羽化し始めたみたいでピークには気持ちが悪い位たくさんのトンボ(ネット調べたらウスバキトンボ)が飛び回っていましたが魚のライズもあって川の中も賑やかになってしばし見とれていたらいきなり当たりがあって撮影していたので流れに乗られいきなり鮎がヒット
のされてしまいましたが取り込んだのは小丸川の鮎20センチ程の鮎でした。

 その後2匹追加した所でトンボ達も遠くへ飛んでいき1匹もいなくなると鮎の当たりも無くなり嘘みたいに静まり返りしまた。

 トンボの羽化という宴が他の魚達の活性を一時的に上げたんでしょう?!

 鮎は3匹しか釣れなかったけれどトンボの大量羽化の瞬間を見られて思い出に残る釣りになりました。


 ちなみに昨日の小丸川では上流域に行くまでに見た釣人は3人だけでした(^^)/

mixiチェック

 今日は雲が多い分部屋に吹き込んでくる風は涼しく感じますが日差しは強く今が盛期のセミ達の鳴き声が暑さに拍車をかけている感じですがいつまで続くんですかねこの暑さ!!!

 連日の暑さで体調を崩している方も多いようで昨日は定期受診の日だったのですが患者が多かったです。

 暑いって言葉は一緒でも気温は昔と違い異常に高くなるから熱中症対策して夏を乗り切りたいものです。


 それでこれも暑さのせいだと思うけど壊れてしまったデジカメですが、とりあえず画像はおり出せました。


 釣れている画像なら良いのですが釣れていないしまあ小丸川に鮎釣りに行かれる人にはあのポイントかと思われる方もいると思いますが釣れていないけど画像をUPします。

小丸川 (1)小丸川 (2)小丸川 (3)
小丸川 (4)小丸川 (5)小丸川
小丸川の鮎 (1)小丸川の鮎 (2)ハミ跡はたくさん
 ハミ跡はたくさんあるしこんな良いポイントで釣れないのですから終わってますね(>_<)
 それにしても土用隠れにしては早過ぎるし何なんですかね???


 ちなみに防水コンパクトデジカメは買う予定です。

 車のタイヤといいデジカメといい予定外の出費が続きます(>_<)

mixiチェック

 連日明けの今日も暑さが続いていますが、自分では気づかなかったけど”えらい日に焼けましたね”って言われました。

 連休中2回も鮎釣りに行けば顔は焼けますよね?!

 まあ仕方がありませんが、今週も暑さに負けず頑張りましょう!!!


 さて、昨日も10時過ぎから釣友と小丸川に鮎釣りに行きました。

 今年は解禁日から絶不調で釣人は少ないので10時過ぎからでも好ポイントに入れる小丸川なのですが昨日は意外に釣人が多く最初に入ろうと思ったポイントには入れずに中流域のポイントに入りました。

 本来ならここで写真をアップするのですが自分の釣りの相棒だったオリンパスのタフがついに壊れて画像が取り出せない状態なので今回は画像がありませんが4匹しか釣れていません(>_<)

 追いも少ないし見える鮎も少なくやっぱり今年の小丸川の鮎釣りは終わっています。


 まあポイントはガラ空きですから足で探ってパラダイスを見つければ土曜日のように30匹釣れることもあります。


 でも昨日は本流ではツ抜けできた人が何人いたんでしょう???


 実は釣れないけど小丸川に鮎釣りに行くのはこんな時でも釣人がいるポイントはそれなりに釣れるポイントなんだろうからポイント覚えの釣行でもあります。

 良い年もあったから来シーズンに期待して(^^)v

mixiチェック

 暑い日が続いていますが昨日は今シーズン最悪状態の小丸川に鮎釣りに行って来ました。

 追加放流もされたそうですが朝7時に釣友達と川沿いで待ち合わせをして水量が多かったので神門の町中まで行ったのですが途中に釣人の姿はなくとりあえずこもろはしの上流域に入ったのですが、残り垢狙いでポツポツ釣れる程度で10時過ぎにさらに上流の橋下に行ったら上流にいた釣人が帰られるところでした。

 たぶん釣れなかったんでしょうね?!


 でもここはヘチ狙いで23センチの良型を含め20センチ前後の良型ばかりが釣れてツ抜けできたのですが絶対数が少ないから一度抜いてしまうと釣り戻っても後が続かずここも2時過ぎに見切り下流へ。

 釣友曰く数年前に夕マヅメに入れ掛かりしたというポイントですぐに掛かり始めたものの明らかに上流域に比べるとサイズダウン。

 釣人がほとんどやっていないのか入れ掛かりに(^^)v


 でもここも同じポイントで何匹も続けて釣れず足を使ってなんとか30匹は釣ったので止めました。

小丸川の鮎 (1)小丸川の鮎 (2)小丸川の鮎 (3)
 今日も良く川の中を歩き良い運動になりました( ̄▽ ̄)

 もっと楽に釣れる川は無いですかね(;’’)

mixiチェック

 台風7号がゆっくり北上していて雨が降る予報ですし最も東寄りを通ると暴風域に入る可能性があるという事ですが、宮崎は風はあるものの青空も見えてDSC_8532涼しい風が吹いて今朝は庭の植木の中で今年初めてセミが鳴き始めました。

 今日は1年の半分の日だそうで7月に入って夏に近づいた感じですが、嵐の前の静けさなのかそれともたいしたことがなく通り過ぎてくれるのか?!

 自分的にはもちろん何もなく通り過ぎて欲しいけど台風対策だけはして今週も頑張りましょう!!!


 さて、昨日は日が差しいて釣友達や知り合いは鮎釣りに行っているというメールを貰っていたので昼前から小丸川に行ったのですが、本流もやれる水量だったけど最上流域に行くと濁りもあまり無く良い感じだったのでそこのポイントに入ったのはお昼過ぎでした。

P7010002P7010003P6070012
 とりあえず残り垢狙いで流心にある大石の向こう側に半強制的にオトリ鮎を送ってラインを送ってオトリ鮎を落ち着かせようと思ったらすぐに掛かって18センチの鮎がタモに入りました。


 それからも同じようなポイントを探って7匹釣ったところで小降りだった雨が本降りになりアッという間に川が濁ってきたので攻めていないポイントはもちろんあるけど安全第一で2時前には鮎釣りを止めました。

 予定よりすごく短時間だったけどオトリ鮎3匹込の10匹という事で出来すぎ(≧▽≦)


 水量が落ち着いて理想は数日良い天気が続いてくれたら新垢が付いて良い鮎釣りができるんじゃないかと思います。

 来週末に期待ですね!!!

mixiチェック

 昨日書いた延岡学園のバスケットボール選手が審判に殴打した事件。

 まだ正式には処分の内容は決まっていなようだけど部の活動はしばらく自粛して天皇杯の県予選には出ないという事みたいで一瞬の感情で手を出してしまったにしては大きな代償になりそうだし3年生は可哀そうですよね!!!

 まあ学校側も今後の留学生の事も含めて考えるという事ですが、高校生を安易に外国から留学生として入学させ強豪校にする今までのやり方を改める良い機会だと思います。

 残った選手達も頑張って強豪校になって下さい!!!


 さて、日曜日に行った小丸川の鮎釣りですが、オトリ鮎を買いに行ったりして川に入ったのは11時前で解禁日2日目に見たより鮎は見えていましたが掛かる感じではなかったので瀬に移動すると瀬肩で1匹掛かりその鮎をオトリ鮎にしてその下の瀬の中で鮎が連発して6匹釣ってこの調子なら爆釣りモードと思った所で冷たい激しい雨が降って寒くなったので一旦川から上がりレインを着て釣りますが震えがくる位川の水も冷たくなっていて上流にいた方々も釣れないみたいで昼過ぎには7人見えていた釣人も自分と釣友2人になりました。
瀬で連発したけど (1)瀬で連発したけど (2)瀬で連発したけど (3)
 正直自分も雨で鮎の活性も落ちているし何より寒いので止めても良かったのですが釣友が1匹釣るまでやるというので付き合いまして結局5時前に釣友が釣って止めましたが早々に釣れた瀬の中も数時間置いてやってみたけど追いすらなく一度抜いてしまうと釣り返しが効かない所を見ると魚影も薄いのでしょうし相変わらず小丸川の鮎釣りは厳しいですね!!!


 関所の所でやったので何人も釣人の方が来たけど上流域も釣れなかったみたいで今もかなり雨が降っていますが、激しい雨が降る時間もあったし増水してリセットされると良くなるかも知れませんが今のままでは今後も期待できそうにないですね!!!

小丸川の鮎 (1)小丸川の鮎 (3)小丸川の鮎 (2)
 救いは型が良くなっていたこと。

 数が少ないからエサが豊富に食べられる証拠かな?!


 どっちにしても年券を買っているから後1回は行くと思いますので次は30匹前後は釣りたい小丸川の鮎釣りでした。

mixiチェック

このページのトップヘ