今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

タグ:渓流釣り

 夜明け前からカミナリが鳴っていきなり大雨が降り始めた宮崎です。

 海の方は昨日からウネリがあるみたいで船止めにした船や出港した所も湾内の釣りになったようです。

 天気予報では今降っている雨も昼頃には上がるということですが、朝の状況を見たら厳しいかもしれないですね。


 さて、昨日の宮崎は陽が射し始めたと思ったら雨が降り始めたりして変な天気だったのですが、関東の方から近所に引っ越してきているIさん。

 釣りをされることを最近知ったのですが、昨日渓流釣りに行かれたみたいで夕方タックルを庭先で洗っていました。

 “釣れましたか?”って声を掛けたら“水温が低かったみたいであんまり釣れなかったけど山菜がたくさん採れました。”

 “山菜がもう出ていたですか?”と言うと“フキノトウがたくさんありました。”とのこと。

 フキノトウフキノトウって宮崎では身近にある山菜の一つなのですが、苦味があるからでしょうかほとんど食べられないんですよね。

 事実そんな渓流が流れる山の中に行かなくても近くにたくさんあります。

 画像のフキノトウだと花が開きすぎらしいけど・・・


 思うに食べ物って地方色や国によって違いがあって面白いですよね。

 バリ(アイゴ)は宮崎ではすぐに放流されますが、北九州の釣友は喜んで持って帰るし、前に船長達の奥さん達が慰安旅行をするというので山の中の民宿を紹介したのですが、その時に民宿の方が滅多に食べないだろうとハチの子とイナゴの佃煮を出したら海の民は食べなかったとか。

 変わりに山の民が海の民宿に来た時にナマコを出されて食べなかったとか。


 たとえばフランス料理?のエスカルゴ。

 カタツムリですよ。

 それに青カビが付いたブルーチーズを出された時には申し訳ないですが、気持ち悪くなりました。


 日本人が大好きな鮭の卵のイクラ。

 ロシアではイクラを生では食べないとか。

 理由は内臓だから・・・

 食べたら美味しいのに・・・

 食べ物の話をしていたらいくらでもあるのでこれくらいにしておきますが、昨日は北部九州から山口県付近で春一番が吹いたとか???


 今日の雨も今までの雨と違って暖かい感じがするのは気のせいではないでしょう。
 春に近づく雨かな?
 今からは渓流も良いし、山菜ワラビダラの芽採りも良いですよね。

 まあその前にクロ(グレ)釣りに行きますけどね。

mixiチェック

 昨日の昼前から降り出した雨がどんどん激しくなって夜には強風混じりの台風のような大雨になっていましたが、一夜明けたら雨も上がって青空が広がる良い天気になっていて陽射しに当たるとポカポカと気持ちの良い宮崎です。


 さて今年がうるう年じゃなければ今日から渓流釣りができるのにと思っている渓流ファンの釣り人もいると思うのですが、明日からお待ちかねのヤマメの解禁です。

 先日宮崎県北の山間部にある河川の支流渓流に様子を見に行ったのですが、河川の水量が少なめでヤマメの姿は見ることができなかったのですが、流れの緩いポイントではハエやウグイなどは群れになって魚の群れ活発に泳いでいました。


 まあ昨日の雨で少しは増えて絶好の状況になっているんじゃないでしょうか?

 自分が明日の解禁日に渓流に行くとして雨が降った後なのでキジ(ミミズ)がメインのエサになりますね。

 とりあえず明日の宮崎は雨の確率が10%と低いので良い解禁日になるじゃないでしょうか。

 良い型のヤマメが釣れると良いですね。

mixiチェック

 日曜日にヤマメの放流が山間部は雪ということで延期になったんですが、行ける所まで行って川を見てきたんですが、雨が少ないだけに川の水量は少ないですね。

 鮎の友釣りほど行く釣りではないし、解禁の3月は寒グロ(グレ)のデカバンが狙える一番のシーズンですからそう気にはならないのですが、ヤマメ釣り大好きの友人はニューロッドを買って早く振り回したいみたいで解禁日を楽しみにしているようです。


 まあこれから少しは雨も降るだろうし、水が温んでくれば解禁日くらいは付き合ってあげようかと思い釣具をなおしている倉庫に入って渓流タックルを出して仕掛けを作ろうと思ったら前にテスターをさせてもらっていたマミヤ・OP(オリムピック)の渓流ロッドケースがビニール袋に入ったままタックルの隙間に隠れていたのが出てきた。

 どうしてここにあるのか記憶にありませ〜ん( ̄ ̄;)!!


 手にとると中に何か入っているようなので見ると袋に入ったデザインが渋い渓流ロッドが入っている。

 アモルファスウィスカー・THE・華厳・中硬・53渓流ロッド

 名前は中硬(ちゅうこう?)だけど新品。


 記憶を辿ってみるとこの渓流ロッドの硬調は使っていたのでその時に一緒に貰って持ち歩いていたのですが、ここ数年は使うことがないのでロッドケースに入れて直してそのまま何年も忘れていたんだろう。

 まあどっちにしてもかなり前の渓流ロッドで仕様をネットで調べてみましたが、出てこなかったのでラインを付けて曲げてみたらきれいに曲がるし使う分には問題なし。


 竿先がリリアン式なのでメインロッドにはならないけれど予備ロッドとしては十分。

 シーズン前に見つけたのも何かこのロッドがラッキーロッドになる前兆?

 使ってみるかと考えていたら父が気に入って使いたいみたいなので僕以上に父の方が儲かった気分(*´∀*)のようです。

mixiチェック

宮崎県内の主要河川で1日から渓流釣りが解禁になりましたが、自分の知り合いも数人釣りに行ったみたいですが、先日書いたように雨があまり降らないので大きな河川でも上流域は水が少なかったようで朝一は良かったけれど後はあまり良くなったようです。

まあ良い釣りをしていた釣人もいたようですが・・・

 

解禁したばかりですからひと雨降って水が増えたり、気温が上がって水温も上がってくれば良型の釣果も聞かれるようになるんじゃないでしょうか?

 それにしても先日まで暖かかったのでそのまま暖かくなるとかと思ったらまた寒くなるとか。

 早く暖かくなってほしいですね。

mixiチェック

 大分県境から宮崎県延岡市に流れ下る“北川”

 渓流釣りや鮎釣りの他河口ではシーバスも狙える釣りの好フィールドなのですが、その北川水系の入漁券が今年から住所、氏名を書くのはもちろん写真まで貼る腕章タイプに変更になりました。

 3月のヤマメから適応になるようですが、鮎は別に入漁券が必要になります。

 

 入漁券は買って釣りをするのは釣り人として当たり前のことですが、写真を貼っていないと無効ということで日釣りの料金を徴収するらしいので北川に釣りに行かれる釣人は写真もお忘れなく釣りを楽しんで下さい。

mixiチェック

 数日前にも書きましたが宮崎県では3月1日から渓流釣りが解禁になるのですが、渓流ポイントがたくさんある美郷町に用事があって行ったのですが、ここに行くのに椎葉村から日向市を経由して太平洋に流れる耳川沿いを走るのですが、川の水が少ないと思ってはいたのですが日向市と美郷町の境にある大内原ダムから上流は更に水が少なくて通常なら川底に沈んでいるコンクリート部分や岩が見えていました。


 美郷町には年に何度も行くのですが、過去これまで水が少ない耳川を見るのは初めてです。


DSC_6210

DSC_6219

 

 耳川流域には3つのダムがあるので更に上流に行けば水があるので水不足といった心配もないし、今から雨が多くなる時期だから大丈夫だと思いますが、本流がこれだけ水が少なかったら美郷町付近の支流はまだ水が少ないんじゃないかと思って数ヶ所見て回りましたが、予想以上の減水で場所によっては干上がっている所もあってとても魚が住めるような川の状態ではありませんでした。

 まあ耳川本流に放流した魚達は上流に向かって上るのでまだ支流に入っていないことを願います。


mixiチェック

 数日前の寒さがうそのように今日はまさに小春日和で窓を全開にして腕まくりをして車を運転していました。

 この時期が気持ち良くて一番好きですね。

 でも昨日も書きましたが、宮崎の海はウネリがあるようでまた日曜日は午後から雨になるとか。

 今週末も沖磯での釣りは難しいかもしれませんね。

 釣りに行かれる釣り人はウネリに十分注意して下さい。

 

 それから3月1日から宮崎県の一部渓流でヤマメ釣りが解禁になります。

 色んなヤマメの好ポイントがありますが、その中でも熊本県との県境にある椎葉村内では災害等により交通制限や通行止めの箇所があります。

 そちら方面に釣行を考えている釣人は椎葉村の道路情報を確認の上釣行されると良いと思います。

 尚、椎葉村内の道路交通情報のHPは下記になりますのでご確認下さい。

 http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/cms/index.php?blogid=24

mixiチェック

このページのトップヘ