今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

タグ:球磨川の鮎釣り

 昨日は今シーズン最後(予定)の鮎釣りに球磨川に行って来ました。

 自宅を真夜中の2時過ぎに出る前から大雨が降っていましたが、南下するに従ってその雨も止んでもしかしたら増水して釣りができないんじゃないかという心配もなく通り慣れた感のある西米良村から湯前町に抜ける県境の国道を通っていると今晩もいました鹿が数匹。

 前に知り合いが場所は違うけど鹿とぶつかって車を大破させたことがあるので気をつけて通るようにしています。


 予定通り5時過ぎに釣友達との待ち合わせ場所になっている球磨町の川口商店に行くと釣友達は既に到着していて奥には釣り名人の野島玉造さんが取材に来られていました。

 ちなみに野島さんは前日釣りをして2匹だったとか?!

 野島さんで2匹ですから今の球磨川がいかに厳しいか分かるでしょ?

 それにしても途中で何人も鮎釣りの準備をしている釣り人を見たし、尺鮎が出る可能性が高いこの時期の3連休ということで不調とはいえそこは球磨川。

 最後は尺鮎で終わろうと釣り人が多いようです。
 とりあえずオトリ鮎を3匹買って球磨川本流の朝マヅメの棹喰の瀬・左岸側
                          
棹喰の瀬で釣ることにしました。

 このポイントは岩盤のポイントであまり人気のあるポイントではないのですが、尺鮎も出るし、自分的には相性の良い釣り場です。

 とりあえず左岸のポイントからオトリを泳がせるとすぐに目印が飛んで22センチの綺麗な鮎が背掛かりで釣れました球磨川の鮎
 そしてすぐにもう2匹。

 もしかして入れ掛?と思ったら後が続かず根がかり連発で2匹マイナス。

 そんな中川下りの船が通る中Aさんが鮎を掛けましたAさん川下りの船が通る横で鮎を掛ける船のお客さんから拍手が起こります。

 Aさん川下りの船が通る横で鮎を掛ける (1)Aさん川下りの船が通る横で鮎を掛ける (2)
船が通り過ぎる前に取り込みたいところですがそこは球磨川の鮎。

 簡単には上がってこず船が通り過ぎたところでAさん川下りの船が通る横で鮎を掛ける (3)
無事振り子抜きで取り込み完了。

 コンスタントには掛かっているけれどハリ外れやポイントをちょっと外れると根ガカリ、バラシなどで釣友達も苦戦の連続。

 早めの昼食を済ませて川原で雑談をしていると最下流で釣りをしていたIさん鮎がヒット。

 Iさん良型鮎を取り込むIさん良型鮎を取り込む (1)貴重な鮎に慎重にやり取りしてタモに収めると連続でヒットします。

 水温が高くなって鮎の活性が上がったのかな?

 バラシたり根ガカリしたり苦戦していたMさんにもヒットMさんも鮎をゲット

 川の真ん中で時より胸まで浸かって釣っていたA村さんにも待望の大鮎がヒット。

A村さん尺鮎と流れる?A村さん尺鮎と流れる? (1)
A村さん尺鮎と流れる? (2)A村さん尺鮎と流れる? (3)
 今日は本家が下流にいるけど
あんたは野島玉造さんかい?!っていう位瀬を流れてタモに収めてガッツポーズだったのですが、ハリを外した瞬間タモから飛び出したらしい。

 ガックリ。

 でも瀬の中で連発。

 上流のトロ場にも釣り人がいるけどどうも今日は瀬の中が良いみたい。

 A村さんから元気の良いオトリ鮎を2匹分けてもらって瀬の中にオトリを泳がせるとすぐに目印が飛んで綺麗な鮎が手に出来てその後連発球磨川の鮎 (1)

 最後は27センチの球磨川らしい幅のある鮎幅広の今回最大の球磨川の鮎
が竿を曲げてくれて予定よりちょっと早かったけど4時前に釣りを終えました。

 最後は尺鮎で終わりたかったけど釣れていない中3時過ぎからバタバタと釣れたし鮎釣りシーズンの良い締めくくりができたと思います。

 鮎釣り最高!!!ヾ ^_^♪

mixiチェック

 台風18号が北上している関係で宮崎は風がメチャクチャ吹いていて海はもちろん大荒れ。

 今年は梅雨明けから雨が降らない夏でしたけどここに来て台風が上陸したり、接近したりが続いているので台風の秋になるのかも知れないですね。


 さて、昨日は予定通り釣友達と球磨川に行って来ました。

 釣りの様子は改めて書きたいと思いますが、今年の球磨川は尺鮎もかなり釣れていて渇水で釣れない?九州の他の川と違って好調に釣れています。

 この日もオトリ屋さんで関西から来たという方とお会いしましたし、釣り場では関東や大阪から来たというグループにも会いました。


 尺鮎が狙える9月の3連休の初日。

 皆尺鮎に燃えているなぁと思ったのですが、事前情報では週の初めまで雨が降って大水が出て白川状態になっていて数日前から釣りは出来ているものの鮎は痩せている上に小さい(と言ってもそこは球磨川25センチ前後です)ということだったので下流は最初から外して球磨川のポイントで3本に指に入るくらい有名な“戦の瀬”戦の瀬を上流より見るに6時過ぎに入りました。

 この時点で釣人は2人。

 でも昼過ぎには20人くらいの釣り人が入っていたと思います。

 自分は右岸から入って真ん中のトロから瀬落ちにかけて釣りをしたのですが、午前中1匹だけ・・・

 追われることもなくオトリも元気なまま水が明らかに冷たい。

 寒さで11時前に一度上がりました。

 ちなみに水温を測ったら瀬落ちで21.8度。

 釣友達は瀬の中や深い瀬落ちのポイントでポツポツ釣っていました。

 釣友も荒瀬竿で強引に抜く右岸の釣り風景
 型的には22センチから26センチ。

 やっぱり悪くても大雨が出た後は“瀬”右岸の下流は急瀬になっています

 ちなみに昼前に下流に入っていた知り合いが様子を見に来ていたけれど下流のポイントも人が多くて釣人は多かったけどあまり釣れていなかったとか???

 ハミ跡はあるけど鮎がいない?!

 午後から瀬落ちのポイントに入った。

 なんとかボーズ逃れの鮎は数匹釣ったけど下がれずにドンブリをやってしまいました。


 今回も2.75号の竿を使いました。

 使い慣れているし、25センチまでの鮎を釣る0.125号から0.15号まで複合メタルの仕掛けの強度を最大限活かすロッドだと思っていますが、球磨川に関しては大鮎を掛けて下れて流れの緩い所に持ってくる余裕とスペースがあれば尺鮎でも取れる竿(実際にAさんは34センチオーバーの尺鮎を取っているので・・・)だと思いますが、今回の戦の瀬のように釣り人が多くて下るスペースもない所ではちょっと強引に止めたいので2.75号の竿ではパワー不足だと感じたし、ラインを切られる魚を取りに行っているのに取れない歯がゆさもあって球磨川で釣友達が使っているこの時期球磨川では硬い竿を使う人が多い急瀬クラス以上のパワーのある竿を使うことにしました。

 候補は3本。

 大鮎を止めるパワーがあって身切れしにくい柔軟性があってそれで持ち重りしなければ最高だけど今まで瀬釣りロッドを何本か振らせてもらったけど多少の持ち重りは仕方がないので今日中には決めて師匠のAさんに今度の3連休に間に合わせてもらおう?!

mixiチェック

 秋雨前線の影響で昨日から降り始めた雨が夜から激しくなって久しぶりに本格的な雨になっている宮崎です。

 大きな被害が出ている所もあるようですが宮崎の雨は上がる予報になっていますが、週間予報を見ると傘マークが多くなってきてひと雨ごとに秋に近づいていくのかな?

 さて、夏の甲子園で宮崎県代表の延岡学園が準優勝してくれたのであまり書かなかったのですが、先週の8月20日と24日に球磨川に鮎釣りに行きました。

 釣り場は両日とも“棹喰の瀬”

 予定ではここでオトリ鮎を確保してから他のポイントに行く予定だったんですが、他のポイントから移動してきたり見て来た人の話を聞いて結局夕方までここで釣りました。

 20日は愛知県の知り合いで初めて九州で鮎を釣るということで6時半にホテルに迎えに行ったんですが、人吉は天気が良くて青空が広がっていて暑くなりそうでした。

 人吉はこの24日は良い天気でした (1)人吉はこの24日は良い天気でした
 コンビニで氷と昼食を買って川沿いを走って川口商店でオトリ鮎と日釣券を釣り場に着いたのは8時前。

 簡単にポイントの説明をしてお二人に好きなポイントに入ってもらうとYさんは下流に釣り人が見えなかった“梨木の瀬の小又”へ行かれて上流のトロ場にSさんが入りました。

 お盆休み明けで釣り人も少ないし、“梨木の瀬”は有名ポイントですから・・・

 Sさんがすぐに28センチのゲット。
 巴川をホームリーバーにされているお二人ですが、この日のために硬硬硬調の大鮎用の竿を新調して持ってこられていたのでいきなりの良型に雄叫びが上がっていました。

瀬肩で良型を取り込むSさん瀬肩で良型を取り込むSさん (1)瀬肩で良型を取り込むSさん (2)
瀬肩で良型を取り込むSさん (3)瀬肩で良型を取り込むSさん (4)瀬肩で良型を取り込むSさん (5)
 その後もコンタントに掛けられていたので自分も棹喰の瀬の左岸から釣り始めるとすぐにドーンと目印が飛んで26センチが掛かってそれからもポツポツ掛かったのですが、9時過ぎから川下りの船やラフティングボートが右岸を下ってきて右岸側に移動しながら釣るつもりが釣りができず左岸側をウロウロ。

 2回親子どんぶりをやってしまいましたが、綺麗な鮎 (1)
28センチを最高になんとか二桁の鮎を手にできました。

綺麗な鮎球磨川の鮎は綺麗 (1)
球磨川の鮎は綺麗 (2)球磨川の鮎は綺麗 (3)
 一方Sさんもコンスタント鮎を釣っていて最大は30センチをゲットしたSさん
ジャスト30センチ。

 球磨川最高と喜んでいましたが、梨木の瀬に行ったYさんは絶不調だったらしく昼前に戻って来たもののなかなか球磨川の鮎を攻略できなかったのですが、川下りの船やラフティングボートが下らなくなった5時前から右岸に入って5時過ぎから右岸で入れがかり5時過ぎから右岸で入れがかり (1)5時過ぎから右岸で入れがかり (2)入れがかりして最大はYさん惜しくも29.8センチ
29.8センチの鮎も釣りました。


 ただ竿が硬いから曲がりませんし、トロ場では身切れでのバラシが結構あったみたいです。

トロ場で掛けたけど身切れでバレてしまったトロ場で掛けたけど身切れでバレてしまった (1)
 24日は釣友達は6時過ぎには川に入っていましたが、自分は訳あって川に着いたのは8時過ぎ。

 3人とも上流のトロ場で釣り始めていたのでこの日も左岸の瀬で釣ることにしましたが、雨が降っているからか明らかに水温が低くなっていてすぐに掛かったものの追いは良くない24日は瀬では20センチ級の鮎が22センチ。

 その後は時より激しくい雨が降ったり止んだりで風も強くなって全くの無反応。

24日は時よりゲリラ豪雨が24日は天気が良くなると時より強風が
 水量の増減も激しいなぁ〜???24日は水の増減も激しかった

 釣友達も瀬で掛からないとトロ場をウロウロ。

 そしてこの日も9時過ぎから次々と川下りの船とラフティングボートが下ってきます。
 まあ川は皆のものですから仕方がないことだけど本当に球磨川はラフティングボートが増えましたね。

球磨川は川舟、ラフティングボートが増えてます球磨川は川舟、ラフティングボートが増えてます (1)
 ちなみに前に川で会って顔見知りになったラフティングの業者さんの話では組合に入っている業者だけで16社あるそうで入っていない業者を入れると20社を超えるんじゃないかとのこと。

 水温も前日から4度近く下がっているということでした。

 瀬で掛からないのは急激な水温低下のせい?

 でも動き回ったAさんは28センチを筆頭にこの釣果24日・トロ場を中心に釣ったAさんの釣果の一部

 Kさんも最後の最後でデカバンにラインを切られたそうですが、24日にトロ場で28センチの鮎を釣ったKさん28センチを最高に二桁を越す釣果を上げていました。

 やっぱりこの日はトロ場が良かったみたいです。

mixiチェック

 昨日は久しぶりに宮崎もまとまった雨が降って気温も上がらず猛暑が一息ついた感じだったのですが、今日も天気がはっきりせずに雨が降ったり止んだりで時よりカミナリも鳴っています。

 ただ週間天気予報では今週も暑い日が多いようですけど・・・

 さて、3日(土曜日)に球磨川に行って来ました。

 深夜に自宅を出て宮崎でも鮎が好調な一ッ瀬川沿いを人吉に向かって走っていると一ッ瀬川沿いにも釣具メーカーのステッカーを貼った車が何台か停っていました。

 釣り人は朝が早いから仮眠しているようでしたがしばらく走ると鹿の群れに遭遇。

 ライトで目が眩んだのか道路上で止まっていてスピードを出していなかったので大事には至らなかったのですが、深夜の県境の道は野生動物にも注意して走りたいです。


 待ち合わせ場所にしている一勝地の橋たもとに5時前に到着。

 川を見に行ったらもう釣りの準備をしている釣り人が何人かいました。

 やっぱり渇水で水は少ない。

 しばらくすると釣友から電話があって川口商店にいるということで川口商店に移動。

 オトリ鮎(3匹・1000円)と日釣券(二千円)球磨川の日釣券を購入。

 一勝地からここに来る途中に川を見るとA級ポイントの“梨の木瀬”“二俣の瀬”などに釣り人がいない。

 川口商店の奥さんの話では“水が少なくて土用隠れで型は良いけど数は出ていない”とのこと。

 だから一勝地付近のA級ポイントが空いていたんだ???

 型が出るのは魅力だけどとりあえず釣友のKさんおススメの上流域のポイントへ。

 ポイントは白波のド真ん中今回のポイント
 今回のポイント偏光メガネ越しに見ると対岸で釣る釣友
 (ポイントの名前ははっきりしないけど“高千穂の瀬”?)

 川原まで車は入るし、球磨川らしくない感じはするけど川下りの船やラフティングボートの通過は少ないらしくポイントも広いのでのんびり釣ることはできそう。

 水温が高い時期なのでオトリ鮎の水合わせをじっくりやって高水温時はオトリ鮎はじっくり水合わせしますから右岸と左岸に分かれて自分は右岸側に入りました。

 川に入ってみると3本の早瀬があって真ん中は深くそこの流れが一番速い。

 後で聞いたのですが、釣友の入った左岸側は岩盤だったそうです。


 とりあえず手前の早瀬にオトリを泳がせているとドーンと目印が走りました。

 今まで朝イチは“アレッ掛かっていた”っていう当たりが多かったのですが、一発で目の覚めるような当たりが気持ちいいけどデカイ!!!ヾ ^_^

 ポイントを見て複合メタル0.08号を使っていたんで慎重にやり取りして掛かり鮎が見えてラインを手繰ろうとしたところハリハズレでバレてしまいました。

 0.08号は球磨川をなめていました。


 すぐに複合メタルの0.1号の仕掛けに変えて釣り再開。

 次もすぐに来たけどまたハリハズレ。

 今度はハリを7.5号から8号に変えた。

 でもその後は当たりがありません。

 上流の瀬肩で釣っているAさんの所に様子を見に行くといきなり竿が曲がりました。

 大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (2)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (5)
 流心に向かって走る鮎。

 数メートル下って複合メタルの0.1号って言っていたけど強引に止めにかかるが竿の曲がりからしてかなりのサイズのよう・・・

 ようやく掛かり鮎が見えた大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (6)

 デカイ

 でもここで生命反応が消えました。

 中ハリスの1.2号が飛んだらしい。

 それでもこの時点で数匹の良型をキープしていて真ん中の瀬の深い所しか掛からないと言われたんですが、右岸の瀬で釣っている自分には掛かりません。


 2匹目のオトリ鮎も疲れてきた感じだったのでオモリと背バリを使いました
1号の鼻オモリと背バリを付けて真ん中の一番早い流れの中にオトリ鮎を沈めて安定したところでちょっと引いたら目印が一瞬止まった後ドーンと来ました。

 狙い通りイイ感じ\(^o^)

 掛かり鮎について下流に下って右岸の浅い方に誘導して取り込んだのは球磨川の鮎らしい幅のある24センチ。

 1匹釣れると変わるのが鮎釣り。

 その後も同じ流れで掛かりますが、瀬を横切る奴や上る奴川を上がる掛かり鮎

 上流に見える白波の所で掛けて30メートルほど下ってもこのパワー掛けたのは上流に見える白波の所

 球磨川の鮎はとにかく良く引く。

 見た目よりかなり流れがきつくて腰より深い所に立ち込みは出来なかったのですが、鮎はこれ以上の速い流れを遡上してくるわけだから強いはずですよね。

 おまけにコケだけでこれだけ大きくなるかこれが球磨川の鮎
っていうくらい幅広もう少しで尺鮎で最後まで大暴れしてその場で竿をためて抜くっていう鮎は1匹もいなくてタモに入れるまで気か抜けない。

球磨川の鮎球磨川の鮎 (1)球磨川の鮎 (4)
球磨川の鮎 (3)球磨川の鮎 (2)今回の釣果の一部
 正直やり取りのスリリングさ、引きの強さを考えると1匹1匹の価値が他の川の鮎とは違います。

 時間もかかるし・・・

 なぜか3時前から追いもなくなり尻すぼみの感はありましたが、久しぶりの球磨川の鮎釣り。
 25センチがアベレージ25センチがアベレージなんてやっぱり球磨川は最高です。

 バラシもしたしできるなら今月中にリベンジしに行きたいと思っています。

mixiチェック

 九州は酷暑の夏が続いていて雨が降らないから渇水状態で球磨川も土用隠れで鮎は厳しくなっているということだったのですが、昨日(3日)釣友6人で球磨川に行って来ました。
 久しぶりの球磨川。
 鮎と一緒に川を流れたい???とお気楽に考えていましたが、ものの見事に鮎に川を流されました。
 明細は改めて書きたいと思いますが、最近は”アレッ鮎が掛かってた?”っていう鮎釣りが何度かあったのですが球磨川ではそんな当たりは一度もなくて目印が・・・
 飛ぶ!!!ヾ ^_^♪飛ぶ!!!ヾ ^_^♪
 鮎に付いて川を下る!!!ヾ ^_^♪
 竿がこれでもかと曲がる!!!ヾ ^_^♪曲がる!!!ヾ ^_^♪
 最後までよく引いて楽しいというよりもう引くのやめてぇ〜!!!ヾ ^_^♪
大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (1)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (2)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (3)
大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (4)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (5)大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる
大鮎の引きにリミテッドも良く曲がる (6)AさんのリミテッドプロMI・H2.75号が曲がる。
 かなり強引にやっていましたが、軍配は・・・
 来週末はお世話になっている”釣具のまつお”のチーム対抗釣り大会の関係で三隈川に行かないといけない。  
 お盆も今年は釣りができない。
 明日にでも球磨川いにリベンジしたい。
 そんな素晴らしく楽しい鮎釣りでした
 もちろん今シーズン中にリベンジしには行きますよ。
mixiチェック

 3日連続の最高気温が38度を超えで最高気温の日本一になっている宮崎。

 雨が降らないからこの時期には珍しく異常乾燥注意報まで出ています。

 日本海側は雨続きで大きな被害も出ているようだし、東北、北海道は寒いと聞きますし・・・

 何なんでしょうこの夏の天候は・・・

 今日も天気予報では宮崎の最高気温は37度というから宮崎県から脱出してお隣の熊本県の球磨川に鮎釣りに行って来ます。


 今シーズンは前日のゲリラ豪雨で計画していた球磨川の鮎釣りが中止になること過去2回。

 “2度あることは3度ある”というから今回も中止?なんてことも頭ありましたが、今回は釣友の一人が急用で行けないみたいでどうもその釣友が“嵐を呼ぶ男”だったみたい???

 そんなわけで“3度目の正直”で球磨川で鮎釣りができます。


 天下の大鮎河川。

 20センチオーバーは当たり前。

 23から25センチがアベレージで28センチがドーンと混じると聞いていたんですが、29センチも出たみたいだしいつ尺鮎が釣れてもおかしくない。

 自分は久しぶりの球磨川ですから尺鮎とは言いません。

 今シーズンはまだない大きな鮎と川を流れたいだけ???

 とりあえず深夜の峠越え。

 安全運転で球磨川の鮎釣りを楽しんできます。

mixiチェック

このページのトップヘ