今日の釣りは何を釣る

好きなことを徒然なるままに書いています。 釣りは、川から海まで カメラは風景や花などを撮りまくっています。

タグ:自然災害

 宮崎県では東日本大震災が発生してから津波対策のひとつの基準として海抜表示をするようになったみたいで自分の住んでいる地区の公民館にも表示板が付いた。

 海からは直線距離で2kmはないと思うのですが、見たら3m海抜表示でした。

 だから津波はどうなのって言いたい数字?


 だって今回の津波の映像を見たら数キロ先まで到達したみたいだし、場所によっては20m以上津波が上がっていたんでしょ?

 自宅は公民館よりちょっとだけ高いから4mくらいかな???

 となると???

 危ないからといって高台に住むわけにもいかないし、だいいちどこで自然災害に合うか判らないですからね。

 正直運に掛けるしかない???


 ちなみに2004年に記録的な大雨と大潮の満潮と川に設置していたポンプが故障して増水し自宅の前の道路が浸かり門柱の所まで水が来た増水ことがありますが、ポンプも新設されてからはそんな大水も出ないし、大雨に関しては何の心配もしていないのですが・・・

mixiチェック

 時間が経つにしたがって被害の大きさに言葉を失う今回の台風12号ですが、紀伊半島って思っていた以上に山が深かったんですね。

 世界遺産にも被害が出ているようですが、それ以上に怖いのが深層崩壊により川が堰き止められできたダム湖。

 実は宮崎でも6年前の台風14号の時に山間部で深層崩壊深層崩壊
が起きた場所があって下流の町が全滅に近い被害を受けたことがあります。

 川沿いとはいえ30年以上の杉が植えられて崩れる予兆さえなかったのにいきなり崩れて大きな被害をもたらしたようです。

 杉は根を張らないから杉を植えた山は崩れやすいとか言われますが、山間部に住んでいる方々にとっては生活の糧ですから他の木を植林するというわけにはいかないでしょう。

 それよりも今回もそうですが雨の降り過ぎです。

 地球温暖化が原因の一つのように言われて久しいような気がしますが、何か手を打たないといけないでしょうね。

mixiチェック

 宮崎市内へ行く途中久しぶりのドシャ降りで海の方は沖から大きなウネリが押し寄せ白波が立ち大荒れ。

 台風2号がゆっくりと北上しているのでその影響でしょうが、まだ本土から1000km近く離れているのにこのウネリ勢力の大きさを感じますが、まあ時期的に日本に近づく頃には熱帯低気圧になっているとは思うのですが、今の時期にこんな強い台風が発生するということは盛期の夏になったら今年はヤバイかもしれません。

 2005年9月の高千穂鉄道を廃線に追い込んだり五十匁の瀬の鉄橋諸塚村の町並みを破壊諸塚
した台風14号のような大きな被害が出ないことを願うばかりです。

mixiチェック

このページのトップヘ