ボタン一つで果報は寝て待て
ここで稼げないと,どこでも稼げない

X精子(女の子の元)は酸に強く、Y精子(男の子の元)はは酸に弱いです。

膣のなかの酸の状態をコントロールできれば、
男女の産み分けに相当な効果があります。

膣の酸性の度合い(pH/ペーハー)は、
排卵日のサイクルに合わせて変化します。

pHの値は、7より低いと酸性、7より高いとアルカリ性です。

子宮頸管粘液は、アルカリ性なので、
排卵日前、だんだん量が増えてサラサラになるに従って、
酸性だった膣が、アルカリ性の粘液で、しだいに中和されていきます。

●排卵日当日は、かなりY精子(男の子)が通りやすい状況になります。
●それより前だと、X精子(女の子)のほうが生き残る確率が高くなります。

また、女性がオルガスムスを感じると、膣の酸性度が低くなります。
排卵日には、膣の酸性が中和され、
Y精子(男の子)が受精する確率が高まります。

★女の子が欲しい場合は、排卵日を避けてセックスしましょう。

排卵日の2〜3日前、まだ酸性度が強いときのセックスが理想です。

それ以上前だと、精子が生き残る確率が少なくなり、
それより後だと、Y精子(男の子)の生き残る確率がどんどん上がっていくからです。

女性は、セックスのときにオルガスムスを感じると、
膣内にアルカリ性の粘液が分泌されます。

そのため、たとえ排卵日の2〜3日前、
膣内が酸性のときにセックスしたとしても、
女性がオルガスムスを感じてしまうと、
アルカリ性の分泌物が増えて、膣内は中性になり、
その結果、Y精子(男の子)が生き残ってしまうのです。

★男の子を産みたければ、女性は、積極的にオルガスムスを感じましょう。

女性の膣内の酸性の度合いは、人によって個人差があります。

オルガスムスを何度も感じることで、
膣内をほぼ完璧にアルカリ性に変えてしまう女性もいます。
また、いくらオルガスムスを感じても、
ぜんぜん膣の酸性度が弱まらない女性もいます。

★オルガスムスを感じないあっさりしたセックスをすれば、
女の子が産まれる確率は、高いみたいですね。

赤ちゃんの性別は、受精の瞬間に、すでに決まっています。

そして、男女の性別を決定するのは、男性の精子です。

精子が持っている23本の染色体のうち、
23番目の遺伝子が、性別のカギを握っています。

人間の体を形づくっている「体細胞」には、
染色体の数が46本(2本X23組)あります。

また、精子・卵子のような「生殖細胞」には
精子にも卵子にも、それぞれ23本ずつ染色体があります。

そして、23本ずつ持っていた染色体が合わさり、
23組となり、計46本の完全な染色体になります。

しかし、23組目が、男女によって違うのです。

★X染色体しか持っていないX精子が卵子と受精すると、
 女の子が産まれます。
 女の子の23番目の性染色体・・・X染色体+X染色体

★Y染色体を持っているY精子が卵子と受精すると、
 男の子が産まれます。
 男の子の23番目の性染色体・・・X染色体+Y染色体

最近は科学的事実に基づく判断、治療を実施しようという機運(EBM)が盛んになり、民間療法的な方法での産み分け指導を実施しにくくなったようです。

臨床研修指定病院となっていた病院でも、厳しく評価されるようになったようで、
産み分けの指導を中止しているようです。

現在のところ、科学的に根拠のある生み分け方法は、
顕微授精を利用した方法だけ(アメリカ生殖学会)です。

また一方で、民間療法や代替治療が注目されており、
これまでの方法すべてが否定されるわけではありません。

「女の子・男の子産み分け法」といった書籍などを
参考にする方法もあります。

夫婦でできるように書かれた指導書もあり、
成功率が80%程度と書かれているものもありるみたいです。

男女産み分け、インターネットショッピングをしている病院
杉山産婦人科

生まれる前からハッピー育児!

新華社(海口)海南:海南省の人口・計画生育(いわゆる「一人っ子政策」)工作会議によると、出生人口の性別不均衡問題を調整するため、今年同省では「出生実名登録制」をしき、生まれてくる赤ちゃんの登録規範化を推進していく構えだ
「出生実名登録制」とは、出産にあたり、助産婦や産科医などが出産をする女性とその配偶者の身分を確認し、出生登録と定期的な報告義務を果たすというもの。
最新産み分け情報は・・・産み分けランキング

原則的に所在地の衛生・人口計生部門に毎月届出をしなければならない。
同省は今年の出生数の性別比の指標を118以下(女児100人に対し、男児118人を超えない)に抑えるとしている。しかしながら、この指標を達成するのはかなり難しいことだ。同省では、「一人っ子政策」に違反した出産で性別認定ができなかったり、「男女の産み分け」にこだわった中絶などが後を絶たず、これらが出生人口の性別不均衡の原因となっている。


(引用 livedoorニュース)

続きを読む

三人目の子にご用心!
 [ロサンゼルス 14日 ロイター] ロサンゼルスにある不妊治療の専門クリニックで、子供を欲しがる男性の同性愛者を対象にしたプログラムを開始した。
 男女産み分けの分野でこれまでに先駆的な役割を果たしてきたクリニック「Fertility Institutes」が、血のつながった子供を欲しがる世界中の同性愛カップルからの要望に応えて、同プログラムに乗り出した。
 同クリニック理事長のジェフリー・スタインバーグ医師はロイターに対し「(男性の同性愛者の不妊治療に関し)多くの機関がいろいろ取り組んでいる。しかし、心理的、法的、医学的な見地に立ち、代理母やドナー、患者などすべてを包括的にケアしているプログラムは当クリニックのものだけだ。
最新産み分け情報は・・・産み分けランキング

要望は非常に多い」と話した。
 米国ではここ数年、子供を欲しがる同性愛カップルが、養子縁組よりも代理母に頼るケースが急増している。これらのカップルは通常、子供を授かるために、いくつかの仲介業者を通じて代理母や卵子提供者、弁護士などを探さなければならない。
 しかし男性の同性愛者が子供を欲していると代理母が分かると、肝炎やHIVといった病気の危険性があると考えて、代理母が手を引くケースも少なくない。スタインバーグ医師は、事前に代理母から同意を得て、男性側にもHIVなどの感染がないかを検査する。
 同医師はすでに約70組の同性愛カップルを治療。約40%は米国人だが、そのほかは、英国、ドイツ、中国、イタリアなどからの患者だという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

続きを読む