2007年02月20日

日本の教育制度

忙しいっす。
土曜、日曜が休みではありません。
ちょっと疲れてきてます。
今週くらいは休みたいなあ。
ぼちぼち、海外旅行に行きたいなあ。(仕入れで行くから、仕事みたいなもんかなあ)
本当は12月に行くつもりでした。タイは12月と6月頃が、バーゲンになり、
日本ではバーゲンで売られていない、ブランド品もバーゲン価格で安く買えます。
バーゲン期間に安く仕入れてきて、日本で売る。
私の売るものは、日本で売るにしても高い部類に入るので、利益を乗せると日本人でも
高く感じてしまい、売れません。
仕入れで安くしないと元が取れませんね。

ほんとに、12月に行っておくべきだった。
12月はまだ売る場所を見つけられないでいました。
だから、これ以上在庫を増やしても良くないと考えてましたから、行きませんでした。
1月にフリースペースを見つけたから、行こうと思ったのですが、仕事が忙しくて
行けません。

せっかく場所代をタダにしてあげるって言ってくれてるのに、これじゃあねー。
私にとって追い風は吹いてると思うんだけど(店がうまくいくかも)、
うまく時間が取れない。
弱ったなあ。つらいなあ。
以前に中国に行った時、日本で売れそうなものを見つけたけど、時間が無くて
買いにいけなかった。中国の空港で見つけたんだけど、空港の物の値段は、
市価の10倍位するのを知っているので、とてもじゃないが買えなかった。
どうかして、手に入れたいなあ。

ところで、もうひとつのフリースペースから電話が掛かってきました。
どうやら売れたようです。数量は聞いていないけど、儲けるほどにはなっていないみたい。
むずかしいねー。
せめて残業は8時くらいにしてくれませんか?10時まですると、疲労度が大きいし
家に帰ってから何も出来ないんですよ。

10時 仕事終わり
11時 家に到着
12時 風呂とめし
12時半から13時 寝る

ね、メールチェックやその辺の事をしていたら、これで一日が終わってしまう。
困ったもんだ。



日本の教育制度

今の日本の教育制度は面白くないです。
ほとんどが記憶の教育であるからです。
人より多く、物を憶えたら、沢山点数が取れ、頭が良いとされます。
しかし、私はこの教育の仕方を疑問に思っています。

例えば、タレントで「ジミー大西」って人がいます。
この人はもともと吉本のお笑いタレントであるが、実に絵がうまい。
いや、正確に言うと、絵にオリジナリティがある。

人によって絵の好き嫌いが分かれると思うが、
私はこの人の絵を評価しています。
最初に見た時は、これは売れると思いました。
今、この人を絵を買おうとすると、大変な値段になるんじゃないかな。

しかし、今の学校教育で、この人の才能を見出せた人がいるのかな?
多分、「頭の悪い人」という評価になるんじゃないかな。

人の数だけ生き方が有り、生きる方法も違います。
生きてきた道筋も、経験も、考え方も違います。
人の評価方法もそれぞれあるんじゃないかな。

今の教育法では、人の評価は1種類しかありません。
しかもオールマイティで点数を取れないと、教育機関に入れないのです。

例えば、数学の特に強い人が、数学で100点を取っても、
他の教科(社会とか)で0点なら、平均点が50点になり、
両方とも60点の人間に負けてしまいます。
もっと言うなら、両方とも50点の人と比べてどうでしょう。
どちらを評価しますか?
大抵の人は、両方とも50点の人を評価するでしょうね。

これって良いんでしょうかね?
常識的な人間は、突飛なアイデアは出なく、無難な方法を取ります。
それではブレイクスルーはありません。

昔の人は、空を飛ぶことは出来ないと思っていましたが、
今では、学生でも飛行機を作ることが出来ます。
(鳥人間コンテストでは、多くの学生がチャレンジしています。)

今の教育では、人の評価方法は、引き算なんです。
100点があって、間違えると減点されて、それでトータル何点取れるか。

私はこの考えは大嫌いです。
人は足し算で評価されるべきです。

「この人は○○が出来ないから、マイナス。」ではなく、
「この人は○○が出来るから、プラス。」方式で無いと、本当に優秀な
人材は採用できませんよ。

今の日本の社長は東大出身ですか?京大出身ですか?
そんな人はほとんどいないでしょう。

もっと人を見る目をつけましょう。

ummttko at 19:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!仕事 | 人生

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔