2005年09月02日

DEATH NOTE(8):加筆修正部分について  

 『DEATH NOTE』8巻収録分加筆修正箇所のピックアップ。ひらがな→漢字な部分は除外。台詞面では、適切な変更もあるものの、修正の結果別の面で辻褄が合わなくなってしまっているものもちらほら。作画面では、ニアの顔に大幅なメスが入ったのと、露骨な辻褄合わせが目立ちました。
 あと参考までに本誌掲載時の自分の感想→63/64/65/66/67/68/69/70

page.62 決断
>月「長官を殺して何のメリットがある?」
 ↓
>月「長官を殺して何のメリットがあるんですか?」
 目上の者相手にちょっと偉そげだったか?

>月「僕ももう一度ひとりでよく考えてみるよ…」
 ↓
>月「僕ももう一度ひとりでよく考えてみます…」
 こちらも同じく、少し礼儀正しく。

>メロ「この子 死ぬはずなんだよね…」
 ↓
>メロ「この子 死ぬはずなんだよな…」
 (情報元:コメント欄/畚さん)

 独り言に近い発言なので、「よね」と相手に窺うような口調よりは「よな」の方がしっくり来ますね。

 ちなみに(加筆修正じゃないけど)、ぼくはおまけページの「HOW TO USE IT」新出ルールについては本誌読者の知らぬところとなる為ストーリー本筋には関わる筈もないだろうとほぼ無視しているんですが、今巻28ページ掲載のものにはちょっと驚いたのでメモ。要約すると
「人間界に存在するデスノートの影響で、人間が本来の寿命より前に死ぬことはあるが、その場合でも死神の目で見える寿命は本来の寿命である」
てことですか。てことは死神にも死神の目を得た人間にも必ずしも相手の寿命を知ることが出来る訳ではないし、死神が目の取引でどれだけの寿命を奪えるかも不確かなんだよね。まあ今のところストーリーに影響ある設定とは言えないんだけど、感想で予想したり推測したりする際には重要な前提ともなりかねないんで、是非とも作中で明言して欲しいところです。

page.63 的
>月「先にLAに入りアメリカと体勢を整えておくよ」
 ↓
>月「先にLAに入りアメリカと態勢を整えておくよ」
 ここでは確かに「態勢」ですね。適切な修正。

8巻37ページ
8巻37ページ
8巻38ページ
8巻38ページ
8巻39ページ
 本誌でも徐々に修正されて行きましたが、初期のニアの「Lによく似ていてロンパった目」「不敵でいやらしい笑み」が、ことごとくクールな顔つきに変更されています。うーん、本誌掲載時の方が不気味さもあって個人的には好きだったんで残念な変更です。原作者サイドでニアのイメージが徐々に固まっていったんですかね。

8巻46ページ
 (情報元:コメント欄/フグ太郎さん)
 「パキッ」と言うチョコレートを食べる音が追加。…ってこれ、思いっきり後々出てくる「パキッと言う音がしたかも」の辻褄合わせですね。露骨だなあ。

page.64 直角
>メロ「感情を逆撫でるだけで我々に何の得もない」
 ↓
>メロ「感情を逆撫でするだけで我々に何の得もない」
 (情報元:コメント欄/フグ太郎さん)

 「逆撫で」は名詞なので「する」と繋げるのが適切。

>総一郎(取引となる場所での対応策が少しでもできる様)
 ↓
>総一郎(取引となる場所での対応策が少しでも取れる様)
 適切な修正。

>総一郎(それに向こうもヘリで逃げるらしい それなら十分レーダーでノートの行方を追えるという事に…)
 ↓
>総一郎(それに向こうも一度外に出て逃げるらしい それならノートの行方は追える…)
 腑に落ちない変更点その一。ヘリで移動する予定なのは、この時点では総一郎の方であって相手の逃げる方法は不明。なので適切な修正…にも思えるが、「地上に出る」と言ってるだけでノートの行方が追える状況になるかどうかは不確か。ちょっと無理がある変更になってしまった。

>ロッド=ロス「使えねー男だったが初めて役に立ったな」
 ↓
>ロッド=ロス「使えねー男だったが初めて役に立った」
 微妙な修正ですが、別に誰かに対して言ってる訳でもなく、より独り言っぽくなったのかなあ。

8巻74ページ
8巻75ページ
 こちらも笑みが消え、無表情に近い感じに。歯を見せた意地悪な顔好きだったのになー。

page.65 責任
8巻88ページ
 同じく、微妙に笑みが消えてます。

>リューク「(オレ)も今どこにあるのか…」
 ↓
>リューク「(おれ)も今どこにあるのか…」
 (情報元:コメント欄/フグ太郎さん)

 リュークの一人称ふりがながカタカナからひらがなに。寧ろ、本誌掲載時何故わざわざカタカナに間違えたのか不思議。

page.66 死亡
>ニア「全くあてにはなりません…」
 ↓
>ニア「全くあてになりません…」
 (情報元:コメント欄/フグ太郎さん)

 強調の意味(?)の「は」を削除。まあ特にそこ強調しなくても良いのではって感じですね。

page.67 釦
>月「これがキラ そして殺人ノートなんです」
 ↓
>月「これが殺人ノートなんです」
 キラではなくマフィアの仕業と思うべきシーンなので、適切な削除。

8巻129ページ
 これも良いロンパり具合だったのにね。
8巻130ページ
 口尖がらせてるふざけた顔も変更。クールに玩具遊びってのもシュールと言えばシュールですが。
8巻131ページ
8巻131ページ
8巻131ページ
 視点が上方向から下方向へ。まあ接着剤(?)塗ったり組み替えたりするのによそ見してる訳には行かないですからね。

page.68 発見
>月(あとはニアが絞り込むより先にスナイダーの居場所を突き止められれば…)
 ↓
>月(あとはニアが絞り込むより先にメロ達の居場所を突き止められれば…)
 既に本誌2005.31号の巻末コメントにて「「スナイダー」は「メロ」の間違い」とありましたが、更に変更して「メロ達」になってました。まあメロ個人と言うよりはメロを含む組織のアジトを探している訳ですから、こちらが妥当でしょう。それにしてもほんっととんでもないミスでした…。

page.69 飛翔
8巻157ページ
 扉絵の背景にスクリーントーン追加。迫力ある雰囲気になりましたが、ぽっちゃりしたニアはそのままで良かったのか?

>月「マフィアの大元に警察が踏み込むんだ」
 ↓
>月「マフィアの大本に警察が踏み込むんだ」
 (情報元:コメント欄/畚さん)

 単なる漢字ミスなので適切な修正。

page.70 身震
8巻179ページ
 (情報元:コメント欄/kuro-mugiさん)
 まさかカラーページにまで修正が入るとは! 「子供ニア」は完璧に歴史の闇に葬る気ですね。

8巻181ページ
 (情報元:コメント欄/フグ太郎さん)
 シドウの目を通したスナイダーに、寿命を示す数字を加筆。デスノート所有者の寿命を見ることが出来ないのは「死神の目を与えられた人間」にとってのルールなので、シドウから見えないのはおかしいと言う事ですね。

>シドウ(自分の落としたノートに関する事以外 人間に話してはならない)
 ↓
>シドウ(自分の落としたノート以外のノートに関する事は 人間に話してはならない)
 修正前のでは話してはならない範囲が大き過ぎるので、辻褄合わせる為にも変更された感じ。ノートって単語が二度も出ててあんまり上手くない文章だが。

>シドウ「ああ 本名カル=スナイダーがジャックなら 間違いない」
 ↓
>シドウ「ああ あの眼鏡で髪の長い奴がジャックなら 間違いない」
 腑に落ちない変更点その二。掟により、死神がスナイダーの本名を人間に話すなんてもってのほか。適切な変更だし、台詞としてもわかり易くなった…と思うが、しかしこうなると何故メロは「スナイダー」と言う名前を知っていたか疑問が残ってしまう。ボスの「偽名の奴の本名を教えろ」にスナイダー自身もわざわざ応じたと言うことか? でもそんなのデメリットにしかならないし、ジャック=ネイロンだと思わせたままでもバレやしないと思うんだけどなあ。

 以上、気付いたところを書き出してみましたが、見落とし・誤認等あるかも知れませんので、お気付きになった方はコメント欄にて教えて下さると嬉しいです。

 同時発売の他作品についてはこちら→ネウロ(2)/アイシールド21(15)

コメント
どうも〜。僕はデスノコミックス買っていないんで、コミックス出の情報がマジで助かります。

>「人間界に存在するデスノートの影響で、人間が本来の寿命より前に死ぬことはあるが、その場合でも死神の目で見える寿命は本来の寿命である」
僕的にコレ、すっごく重要な後付設定というか。幻滅しちゃうようなルールでした。
これまでは「デスノートでの殺害以外の死亡時期は全てミサやリュークに見える」設定だったので、(雑誌のネタバレ避けるために名前を伏せますが)最近死んでしまったキャラの「死亡時期をライト達が知らなかったのはおかしい!」とアレコレ考察していたのですが・・・・・

コミックス限定で「アレはこういうルールがあるから矛盾していないのよ」と言い訳されたみたいで、とてもガッカリしました。最近ようやく第2部も面白くなってきたなーと思い直していただけに・・・凄く残念です。
Qウェル at 2005年09月02日 22:45
いやぁ、有無さんの修正探しはいつも参考になってます。
ニアの笑顔〜私も残念です。
ついでに、相沢の髭がかきたされていなかったことも残念です。

ついでに指摘であれなんですが…。
page66.「死亡」…page.67「釦」だと思います^^;
はじめまして有無さん、僕はイルカと申します。
実は先ほど下記の「ホムンクルス」のコメント欄で私は挨拶文を書き忘れてしまいました。
「挨拶も無しか」と不快な思いをさせてしまったのなら、今この場を借りて、お詫びします、申し訳ありませんでした。
そしてデスノのレビューですがすごいニアが修正されてますね。僕は本誌のニアの怪しい顔が結構好きだったのに。残念です。
それにしても有無さんの修正探しはいつも凄く参考になります。
言われて初めて気づくような箇所を細かく鋭く指摘。
とてもすごいです。
有無さん、これからもがんばってください!
でわ。
コメントありがとうございます!

>Qウェルさん
どうもこんばんはー。単行本持ってる人が読む前提で書いてるんで持ってないとわかり辛い内容かも知れませんが、お役に立てれば光栄です。
>すっごく重要な後付設定というか。幻滅しちゃうようなルールでした。
ぼくもおんなじ印象ですね。と言うか、巻を重ねるごとにこう言う追加ルールばかりなのが気に食わないです。矛盾点を言い訳するなら作中でやって欲しいですよね。記事中にも書いてますが、本誌だけ読んでる読者には影響のないルールばかりに留めてくれたらなといつも思います。
第2部はいろいろと不満が募りますね。

>kuro-mugiさん
ご指摘どうもです!間違ってた箇所、修正させて頂きました!
ニアの笑顔は残念に思う人多そうな気がします。なんてったって作品自体が読者に植え付けた初期の印象ですからねえ。相沢の髭?ってなんですっけ?

>イルカさん
どうもはじめましてイルカさん。こちらはムーでございます。
いえいえ、挨拶があるのに越したことはありませんが、不躾な態度でなければ不快に思うことは殆どないのでご心配なく!週刊でのホムンクルス情報嬉しかったです。お気になさらないで結構ですよ〜。
ニアはあの怪しさこそ魅力だと思ってたんですが、単行本では何かクールに気取られちゃって残念ですよね。
これからもほどほどにがんばります。励みになるお言葉、身に染み入ります!
修正どうもです^^

相沢の髭・・・162ページの3コマ目の相沢の髭が無く、何だか模木さんのように見えるんですよ(汗)
直るものかと思っていたのですが、意外と直されないものなんですね。

あ、あとニアの修正もう一個見つけました。
なんと、page.70「身震」のカラーページのニアの目がコミック版だと少し大きくなってます。
カラーページまで修正するとは、かなり“幼稚な顔のニア”は気に入らなかったんでしょうね。
コメント&情報ありがとうございます!
相沢の髭、確認しました。あれは確かにミスですねえ。ちょっと小柄な模木さんに見える見える(笑)。
カラーのニア修正は完全に見落としてましたので追記させて頂きました!モノクロ収録されるのがわかってて、カラー原稿直接修正したのですかね?まあDEATH NOTEなら後に画集とか出てもおかしくないので無駄な努力とは思いませんが、相当ニアのイメージはきっちり変えていくようですね。強いこだわりを感じますねえ。
手抜きだったニアの髪は修正されて無いですね・・
初めまして、フグ太郎と申します。
けっこうここのサイトお気に入りで、
ちょくちょく見に来るんですが、初めての挨拶。

今回初めてジャンプと単行本比較してみたんですけど
加筆修正が恐ろしいですね・・・。

あ、あと新たな加筆が見つかりました!!
|厩塰46ページ6コマ目のメロですが、
チョコを食べる「パキッ」という音が書き加えられています。
58ページ1コマ目のメロのセリフが、
「感情を逆撫でるだけで」

「感情を逆撫でするだけで」

と、 す が増えてます。
95ページ3コマ目のリュークのセリフの読み仮名が
何故か「俺(オレ)」→「俺(おれ)」になってました。
フグ太郎 at 2005年09月03日 21:40
104ページ2コマ目のニアのセリフが
「全く あてにはなりません・・・」

「全く あてになりません・・・」
は が消えてます。
イ海譴聾やすさを配慮しただけだと思われますが;、
121ページと123ページのパソコンのメールの文字が
白抜き(っていうんですか?)ではなくなってました。
181ページ1コマ目、死神の目で見えるスナイダーの
名前欄(笑)に
寿命が加筆されていました。

自分が見つけたのはこれくらいですかね;
初めてこんなのやってみたんで見間違えもあるかも
しれないです。

長くなってしまったので2つに分けました(スミマセン)
では、失礼しました。
フグ太郎 at 2005年09月03日 21:41
ネウロ2巻に続いて、お邪魔致します。こちらも私の方で気づいたところがあったので報告させていただきますね!
まず、page62「この子死ぬはずなんだよね」が「なんだよな」に変わってます。
それから、page69「万が一メロがそこに居なくともマフィアの大元に」が「大本に」になってました。
コメントありがとうございます!

>007さん
手抜きだったニアの髪? 何のことかわかりません。

>フグ太郎さん
初めまして!お気に入りだなんて嬉しいお言葉どうもです。
大量の新たな加筆報告、大変助かります。早速反映させて頂きました。(5)だけは、ジャンプの紙質と単行本の紙質とで差が出てるだけの変更だと思うので(他作品にも同様のケースはあるし)除外させて頂いてます。
台詞については全て適切な修正ですね。作画については…正直「パキッ」の加筆はひどいなあと思いました。「メロの手掛かりを認めた総一郎」の描写が誘導尋問に近いと非難でもされたのか(ぼくもしましたが)露骨なフォローですね。しかも、だからと言ってあの誘導尋問が成立するかどうかと言うのも微妙だし…。
二つに分けて頂いてまで、ありがとうございました。コメント文字数制限はlivedoor Blogの仕様設定なので致し方ないところなのですが、今後もよろしくです。

>畚さん
ネウロに続いて情報提供ありがとうございます。
どちらも適切な修正ですね。「なんだよね」は性格的にも違和感あったので、良い修正だと思います。
こんにちは。
私はコミック派なのですが、
ミサミサの生足+ハイヒール(p152)が
編みタイツ(p155)になったりするのは誤植ですか??
コメントありがとうございます!
誤植と言うのとは違うと思いますが、確かのあの描写は変ですね。本誌掲載時にも指摘してる方はいたと思いますが、単行本収録の際のチェックにひっかからなかったみたいですね。次の版とかで直されるのかなあ。
手抜きだったニアの髪=ある回から急にニアの髪が粘土っぽくなったり元のサラサラ髪に戻ったりしたので、そのことではないでしょうか。
私も、なおるのかなーと思っていたんですが…。
最近は元に戻ってきたみたいですが、page64、65あたりとその前後の回は大分髪の毛の感じが違う気がします。

差し出がましく申し訳ありませんでした;;
記事中の「Lによく似ていてロンパった目」という表現。
「ロンパリ」は、斜視を嘲る言葉なので、別の表現に変えた方がよろしいのでは?
*goo辞書参考。

細かい事ですけど、来客者に文章を読ませるタイプのブログでは、気を付けた方がいいかなと。
通りすがり at 2005年09月07日 01:05
コメントありがとうございます!

>megさん
うーん、それは別に手抜きではなく、どこまで簡略化してるか、程度の問題だと思いますが…。天然パーマのようなので問題ないバランスで描いていると思います。

>通りすがりさん
「ロンパる」ですが、語感が良いのと他に表現の仕方を思いつかないのとでぼくはよく使っていますが、頂いた情報を確認した限りでは問題のある表現だとは思いませんでしたので変更いたしません。納得して頂けるかどうかはわかりませんが、ぼく自身をどなたかが指して「ロンパっている」と指摘したとしても、それを即「嘲られた」とは思わないだろうな、と言うのがぼくにとっての判断基準です。
そもそも目が中央に寄るのは斜視に該当しないらしく寄り目とかも微妙に違うそうなので(不確かな情報に基づく曖昧な記憶です)、ロンパると言う語法自体間違っていると認識して使っているのですが、このサイトではそう言った正確ではない記述や内容であることを特に問題視しないと言う方針があります。異論や反論はあるでしょうが、ご理解頂きたいと思います。
「来客者に文章を読ませるタイプのブログでは、気を付けた方がいい」と言うご意見には理解しかねます。文章であれ文章以外の表現であれ、またブログであれブログ以外のサイトであれ皆条件は同じだと思います。
初めまして、クリスです。

>「人間界に存在するデスノートの影響で、人間が本>来の寿命より前に死ぬことはあるが、その場合でも>死神の目で見える寿命は本来の寿命である」

>まあ今のところストーリ>ーに影響ある設定とは言>えないんだけど

ちょっと、ん?って思ったのですが。
このルールがなければ、第一部でレムが月に、自分に見えている寿命より先にミサが死んだらおまえを殺すって脅せなかった訳じゃないですかあ。

>「デスノートでの殺害以外の死亡時期は全てミサや>リュークに見える」設定

この設定で特になにか変わる事も嘆く事もないと思うのですが……
あ、でも私コミックス派なんっで、なにか馬鹿な私の思い違いだったらすみません(汗)
でも、ここまであーだこーだ話し合えるのはデスノならではの特権ですよねーvvv
デスノ大好き!!!(特にLとメロv笑)
ごめんなさい、なんか書き込みしてから見直してみると、<がむたらやたらいたる所についている……文多すぎていろいろ修正してたらこんな事に(汗)
どうもはじめまして。コメントありがとうございます!
>このルールがなければ、第一部でレムが月に、自分に見えている寿命より先にミサが死んだらおまえを殺すって脅せなかった
これはご指摘のルールに拠らずとも「常にその人間の寿命が見えている」と言う設定を仮定することでも成り立っていたんですよ。この仮定に基いた場合の解釈は「特に死因を明記しなかった場合のノートによるミサの殺害のことを示している」です。つまりノートに書いてから僅か40秒後に死ぬのであれば、目の前のミサの寿命が「減った」と気付いた数十秒後には死んでしまう訳で、「ついさっきまで見えていた寿命」と比較して「寿命より先に死んだ」と言うことに不自然な点はありません。勿論「詳しい死の状況」を時間指定までして書いた場合は話は違って来ますけど、特にあらゆる可能性を考える発言でもなかったと思いますし別に気にしなくても良いかなと。
ただ、作中で語られないことについてはいろいろ想像するしかない訳で、ストーリーに影響のある設定については無闇に単行本だけに掲載なんてしない方が良いのになあとは思います。例えば本誌だけ読んでてあれこれ想像を巡らせて感想書いてても「それ単行本で○○って書いてあるから違うよ」なんて指摘があっても指摘された方は何だかがっかりするでしょうし、まあ感想書く書かないに関わらず何らかのつまんない弊害が出ちゃうと嫌だなとか、ぼくの中で「特になにか変わる事や嘆く事」と言えばそう言ったことです。
>でも私コミックス派なんっで、なにか馬鹿な私の思い違いだったらすみません(汗)
いえいえ全然構いませんよー。寧ろ、単行本だけ読んでたら本誌と両方読んでる読者とは異なった意見が出るんだなあと言うのが面白かったですし。うちのサイトは特に本誌派も多そうなんで、また何かあればコメントください!
>ここまであーだこーだ話し合えるのはデスノならではの特権ですよねー
同感です。不親切な描写や言葉足りずな台詞をもあれこれ話すネタに出来ちゃうのが本作の良いところですね。
いや〜こんなサイトがあったなんて知りませんでした。

>シドウ(自分の落としたノート以外のノートに関する事は 人間に話してはならない)
>修正前のでは話してはならない範囲が大き過ぎるので、辻褄合わせる為にも変更された感じ。ノートって単語が二度も出ててあんまり上手くない文章だが。

↑まったくもってその通り。物語をわかりやする(もしくは無理やり辻褄を合わせる)ために、読みにくい文章が多すぎだと思います。原作者に読んで欲しい指摘だわ・・・。
プリンさん、コメントありがとうございます!
基本的に、文章力はあまり高くないと感じる作品ですよね。作中の台詞には句読点がつかないので苦労してるのかなと思ってたんですが、単行本に載るルールの日本語訳なんかは句読点あってもわかりにくい文章になってる気がするし…。推測ですけど、大場先生は「絵が苦手」と発言してた気がしますし、元々漫画畑の人間で文章を練るのに特別長けている訳ではないのかなと。小畑先生が直すと言うこともなさそうだしなあ。担当編集さんの力で何とかならないもんですかね。
ムーさん、初めまして!
僕は単行本派なので、本誌でニアがああいう
表情だったとは知りませんでした...
クールな方が見慣れているのでビックリです。
   
僕の周りにはデスノートを知っている人が
あまりいないので(泣)こういうサイトが
すごく有り難いです!!

情報ありがとうございます。
長文しつれいしました
ps 所々敬語がおかしいです、すみません
ムーさん...今、重大な事に気ずきました...!
皆さんのコメント、一番新しくて2006年に書き込まれているじゃないですか...
 つまり10年の年月が...

実を言うと、僕はプラチナエンドから
デスノートを知ったんです(お気ずきかもしれませんが

これ以上コメントをしても返信が来る
可能性は0に近いのでこの辺でやめておきます。
もし、このコメントを見て不快感を持たれたら
すぐに削除して構いません。

でわ。
小説「Lチェンジザワールド」の覆面作家Mは西尾維新さんでは?
金欲 銀造 at 2016年09月05日 21:58
10/30 L・HappyBirthday!! 永遠の25歳! 世間はハロウィンで浮かれてる様だが、僕の心はえるたんでいっぱいだよーっ(キモイ…w) 月と末長くお幸せに〜
いんこ _ at 2016年10月31日 20:10
コメント投稿
 【注意事項】
  • URLはご自身のサイトをお持ちの場合のみ、ご記入ください。
  • コメントには全角400(半角800)文字の字数制限があります。
  • 出来るだけ丁寧に書いてください。せめて句読点くらいは、お願いします。
  • 記事と無関係の内容もしくは宣伝目的や不適当と判断したコメントは無視させて頂くことがあります。
  • 公式発売/発表前の作品や商品に関する内容・概要・伝聞など、ネタバレに繋がる一切の情報は投稿しないで下さい。細かな判断は投稿者様に委ねることになりますが、出来る限り注意して頂ければ幸いです。