2006年11月04日

ToLOVEる(1):加筆修正部分について  

 DEATH NOTEやアイシールド21と同様、脚本・漫画と分業制だからか連載続行中でありながら加筆修正が多く見受けられます。乳首のみに目が行きがちな読者も多そうだけど、実はその他の細部に渡っても要注目な一品ですよ。アイシールド21イラスト集で稲垣先生も推していたけど、分業形式は作画力アップにも一役買っていると感じます。
 全部挙げてるとキリがないんで、ポイント毎にまとめてみました。

トラブル1 舞い降りた少女
1巻9ページ
 モノクロページ1コマ目からがっつり修正。まずは春菜。第一話前半の春菜の顔はとにかく修正されまくってます。まだ連載初期段階で、きっちり顔が定まってなかったんですかね。ちなみに制服のリボンも修正。
1巻9ページ
 こう言う小さいコマでも微妙に修正が。
1巻10ページ
 リトは殆どのコマで髪の影を追加。加筆修正対象は何も女性キャラだけではないんです。
1巻11ページ
 徐々にディフォルメされていった連載に合わせるように、ちょっと丸顔に変更。
1巻12ページ
 鼻や口などのバランスも細かく修正。
1巻13ページ
 前述したリボンは殆どのコマで修正。こちらは制服デザインがまだ固まっていなかったのかな。でも第二話以降は修正が疎かのような気も…。結局どっちで統一したいんだ。
1巻14ページ
 結城家の一コマ。小物や家具など、細かい部分でも修正が。美柑の髪にも修正入ってます。
1巻14ページ
 指の影が追加。陰影は全体的に細かに追加され、描線のメリハリがより活きています。
1巻15ページ
 妄想春菜のへそのラインが変更に。こだわりを感じる。
1巻18ページ
 リトの腹に皺が追加。男女問わずディティールに拘ってて好印象。
1巻20ページ
 ララ登場シーンは乳首・髪などを修正。股間からは湯気が消えてます。
1巻22ページ
 美柑の髪も殆どのコマで修正が。連載初期ストレートだったようで、きちんと全体的にウェーブがかかってます。
1巻23ページ
 また美柑。髪だけでなく、眉の形も整えられています。
1巻24ページ
 風呂上がりリトのTシャツが、白地から黒地へ。
1巻24ページ
 風呂上がりララ。バスタオルのはだけ方・左腕の位置が変更され、乳首が露出。下半身にもタオルの際どいスリットが出来てます。
1巻25ページ
 口を微妙に修正。瞳などが細かに変更された例もあり。
1巻26ページ
 バスタオルの皺をシンプルに。同時に股間のラインを強調。タオルにはトーンが貼られました。
1巻30ページ
 ララの頬に頬染めの漫符が。同様の修正が数点ありますが、個人的には初期のララはリトをあんまり意識していないクールさを感じてたので、この加筆は余計だった気が。
1巻32ページ
 背景が白いコマには、トーンやベタが追加されてることが多い。
1巻33ページ
 ララの顔を全体的に描き直し。春菜程ではないにせよ、連載初期段階ではデザインが定まっていないキャラが多いみたい。帽子のペケも、うずまきの描線を修正されてます。
1巻34ページ
 春菜同様、ララも微妙に丸顔に統一。雰囲気も柔らかくなった印象。
1巻34ページ
 ララのコスチュームの胸のワンポイントをきっちり加筆。
1巻41ページ
 こちらもララのコスチューム関連。黒地であるべき部分にベタを追加。
1巻57ページ
 ララの表情の修正。頬染めの漫符も若干変更。

トラブル2 愛の逃避行
1巻67ページ
 ザスティン全身登場シーン。コスチュームの細部が加筆されています。

>ペケ(ララ様は 宇宙一の美しさと称えられた 今は亡きデビルーク王妃の血を 受け継いでいるのですから…)
 ↓
>ペケ(ララ様は 宇宙一の美しさと称えられる デビルーク王妃の血を 継ぐお方なのですから…)
 デビルーク王妃復活。まさか「宇宙一の美しさと称えられる女性キャラを使わない手はないよなあ」なんて思惑からか(笑)?

1巻72ページ
 (ララもいるけど)モブキャラの影なんかも加筆。
1巻82ページ
 ララの胸の形を中心に修正。これぼくも本誌でも気になってたんだよなあ、胸が極端にロケット状だなあと。リトの脇腹やララの足などに皺が追加され、ララの尻の影トーンにも変更が。
1巻84ページ
 両乳首にトーン追加。黒かった右乳首も色が薄まりました。

トラブル3 銀河からの使者
 「もうフラれたけどね」と「寄らないでっ!!!」の写植の位置が入れ替わりに。本誌掲載時に気付かなかった。絵的には確かに、変更後の方が適切だ。

1巻95ページ
 ザスティンに怒りを覚えるララの顔。女らしさを意識してか、口が小さくなりました。

トラブル4 放課後のメモリー
1巻115ページ
 寝起きのララ。乳首だけでなく、股間付近の陰影トーンなどが加筆されました。
1巻115ページ
 同じく寝起きのララ。見逃しそうなくらい小さな面積でも、乳首トーンはちゃんと貼る。
1巻126ページ
 躓く春菜の足の修正。左足が大幅に加筆されてる、珍しい例。

トラブル5 接近
>ララ「この棒であの球をはねかえすのね?
 ↓
>ララ「これであの球をはねかえすのね?
 「この棒」と言う表現が消えましたが、直後に「ぶんぶんバットくん」を作っており、バット自体を知らないのは不自然だったからだろうか? や、作る直前に「バット」と言う名を知ったと思えば不自然なことはないんだけど。修正の意図がよくわからん。

トラブル6 狙われた少女
1巻166ページ
 妄想ララの細部を加筆修正。乳首周りのソープが消え去って乳首が露出したりしてます。
1巻175ページ
 ペケが消えてたコマもきちんと加筆。イラストパロディにした経験での話だけど、確かにララを可愛く仕上げてるとペケのこととか忘れがちなんだよな(笑)。

トラブル7 宇宙からの侵入者
1巻185ページ
 背景が加筆されてる珍しい例。
1巻191ページ
 春菜のブラのデザインが変更に。(追記)乳首トーンも細かく追加。
1巻191ページ
 同じく春菜のブラ修正。肌の陰影も追加。
1巻196ページ
 春菜の股間にトーンを追加。陰なのか汗なのか何なのか(笑)。
1巻197ページ
 ベタ一色だったギブ・リーに、ホワイトトーンが追加され恐怖感が増しました。奇しくも第二巻への「引き」部分になっており、単行本派はハラハラしちゃう展開かも。

コメント
単行本には乳首オーケーなんだ・・・!
しかしオーケーだからといってわざわざ全部乳首を描き直す矢吹先生のこだわりがすげーですね!
いつもながら素晴らしい加筆修正チェックです、お疲れ様でした!
1話26Pのバスタオルのしわは、雑誌掲載時合わせ目の間違い(向かって左側が上のはず)を修正したのかもですね
こだわりに愛を感じたw
個人的に乳首トーンより、泡の修正が入ってるver.の方が好きなんだけど・・・。

修正後のはチラリズムが足らないよね。
「トラブル7 宇宙からの侵入者」
の2枚目は、乳首のトーンが微妙に見えてます。
多分これも加筆ではないかと。
なんか細かさがアホ過ぎて矢吹株が一気に上昇だ。ヤバイなー
トラブル5のセリフの変更はたぶん、
「棒」って表現がエロいからだ!!
きっとそうだ!!
って熱弁する俺きめえ
今日ToLOVEる買いました。

あまり立ち読みをしない為、こんな変更があったとは知りませんでした。

矢吹先生gj!!
僕も買いました!めっちゃはまりました。
とらぶるを読んでジャンプを買い始めました。
俺も初めて買いましたかなりはまりましたでも・・・・従兄弟に変態よばわりされてますT_T(
疾風の・・・・ at 2007年09月25日 14:24
なかなかいいできですね! マンガをダウンロードできるとこ教えてください!
コメント投稿
 【注意事項】
  • URLはご自身のサイトをお持ちの場合のみ、ご記入ください。
  • コメントには全角400(半角800)文字の字数制限があります。
  • 出来るだけ丁寧に書いてください。せめて句読点くらいは、お願いします。
  • 記事と無関係の内容もしくは宣伝目的や不適当と判断したコメントは無視させて頂くことがあります。
  • 公式発売/発表前の作品や商品に関する内容・概要・伝聞など、ネタバレに繋がる一切の情報は投稿しないで下さい。細かな判断は投稿者様に委ねることになりますが、出来る限り注意して頂ければ幸いです。