2010年10月05日

華と修羅 第十五話 死に顔  

 先日、The 男爵ディーノの架神恭介さんから「なんかよく解らんけど」「僕もよく分かってないんですが」「『華と修羅』の感想バトン受け取ってくれないでしょうか」との打診があったので、よくわかんないけど引き受けます。でもちょっと今いろいろ忙しくて本屋やコンビニに行ってる暇すらない。仕方ないのでおふくろに買ってきてもらいました。ありがとうママン。

 読切『はじまりのにいな』が秀逸。15歳カップルの女の子の方が死んじゃって即転生して0歳から生まれ変わって10歳になってから25歳の元カノと遭遇して絆を深めていくっつー内容。相手に10歳の少女としか見られていないありのままの状態での、気持ちの通い合い・すれ違い・終着点が、無理なく自然に描かれていて、演出ひとつひとつがぐっと来る。告白見開きからの大ゴマの使い方も文句なし。絵もうまいし抜群の構成力、読後感も爽やか。未来への希望を匂わせる終わり方で非常に好みだけど、このまま連載にでもなったらまたちょっと意味合いの違う物語になりそう。でも、そのバージョンも、この作家の力量なら読ませていただきたくもある。「水森 暦(みなもり こよみ)」という作家名は、覚えておきたい。
 新連載『天使1/2方程式』。クセ毛とくちびる乾燥のコンプレックス持ちの女の子が素敵な男の子に巡り合うお話。とりえのない主人公に学園のアイドルが惚れてくれるというのはまあベタですけど、いろんなリップクリーム試しまくっても解決しなかったくちびるの乾燥問題をいち高校生男子が「なんとかしてみせます」っつーのはハードル高いよね? どうやって解決してくれるのか予想つかないので、続きを読みたくなる感はばっちり。
 あとはね、流石に連載の続きものばかりで、一見さんには辛かった…。『学園アリス』なんてハードな人死にメインの話で、連載137回目から読むもんじゃねーなと思った。あと、話の大筋はわからねど、素材としては「なるほど少女漫画」なものが多い。『花と悪魔』は、超寿命系非人間と人間との恋愛もの。寿命差故の「時間の長さに対する感覚」について悩む悪魔の描写が印象的。最終回近いっぽいこの作品ならではの、異種族共存への道の回答を知りたくはある。
 続きものながら心に留まったものとしては『王子と魔女と姫君と』。シンデレラや親指姫や白雪姫をタラシ込んでいた王子が現代日本に高校生女子として生まれ変わり、姫らは姫らで高校生男子として生まれ変わり、集結して「ラブウォーズ」を展開!という奇想天外なあらすじはなかなか面白い。まあ「ラブウォーズ」が何なのかはわかんないんだが。眼鏡女子が良い感じに助けられてるシーンがあったのでポイント高い。前世の設定をどこまで活かしているのか、この号だけでは判断できないが、心理描写や表情描写が丁寧そうなのも良い。


 で、ここまで書いておいて気付いたんですけど(読んでいる方には気付かれたと思いますけど)、これ…『華と修羅』じゃなくて『花とゆめ』(2010年20号)じゃねーか! 月2回発行の少女漫画誌じゃねーか! おかーさん、コレジャナイヨー! 間違えんさんなよ! ますやみそよ! どうせ書店員に「ハナとナントカください」とか言ったんだろ!

 まあ…。

 仕方ないかな。

 表紙激似だし。
華としゅら

 誰でも一回は間違うよねこりゃ。
華としゅらと花とゆめ

 今回ばかりはあまりマザーを責めないことにします。初めての『花とゆめ』本誌体験てのも新鮮だったしね! 小学館や集英社の雑誌・書籍の広告が入っているってのが都市伝説じゃなかったのを確認できただけでも、収穫とします。

 てことで次はメガネハイパーののぞみユニさんにバトンをお渡しします。

 え? 『華と修羅』の感想? んなもん「普通に面白そうなので最初っから読みたかったよクソ!」じゃダメ? まーまず冒頭の女中さんがやたら美人なので慎様とのピュアなラブとか期待したいんだけどでも多分狡猾な悪者っぽい兄上が邪魔したり横恋慕してかっさらったりするのを想像するだけでゾクゾクしました。奥様っぽい人は正統派とは違ったベクトルのエロスや色気を振りまいてくれそうでこっちも股間が熱くなるな…。来週号で死姦してるってことだろうしねJK。真っ当な神経持ってそうな慎様にはあんまり興味はないんだけど、「はは…氷野さんは知らないでしょうねあなたは私を憎んでいたかもしれないが…私はあなたが好きでした」コマなんかで顕著なように、凛とした顔つきの好青年が劇画タッチで描かれていると『漂流教室』っぽいミスマッチ感が出て何だか面白くなるのが見どころかも知れない。んで最後にお家騒動ゴシップを嗅ぎつけた新聞記者っぽいやつがこの手のキャラにありがちな小物感全開だと思いました。とにかく、単行本出たら最初から読みたいです。

 大切な知人にバトン渡しておいて投げやりですみませんが、のぞみユニさんも好き勝手やっていただけると幸いです!→その結果

コメント
本当にあるのかと思って検索しちゃったじゃないか
コメント投稿
 【注意事項】
  • URLはご自身のサイトをお持ちの場合のみ、ご記入ください。
  • コメントには全角400(半角800)文字の字数制限があります。
  • 出来るだけ丁寧に書いてください。せめて句読点くらいは、お願いします。
  • 記事と無関係の内容もしくは宣伝目的や不適当と判断したコメントは無視させて頂くことがあります。
  • 公式発売/発表前の作品や商品に関する内容・概要・伝聞など、ネタバレに繋がる一切の情報は投稿しないで下さい。細かな判断は投稿者様に委ねることになりますが、出来る限り注意して頂ければ幸いです。