2006年10月11日

第 618 投稿。

何がきっかけで、この blog を始めようと思ったのか、
思い出せないんです。
皆さんは、blog を始めたきっかけを覚えていらっしゃいますか ?

いろんなコメントをいただきました。
いろんなメール、時にはお電話もいただきました。

-Valor- というタイトルは、
もう何年前かも忘れましたが、
とても大切だった人からいただいた絵で、
犬の絵があるのですが、
その犬に名前をつけたくて。
当時、家の近くにチリの方が住んでいて、
ミーハーな両親はスペイン語の勉強に飛びついたんですね。
床に転がっている辞書でパラパラパラパラパラっと捲って、
好きな位置でピタッと開き、
その中で最も惹かれた単語を探しました。
それが、-Valor- 勇気という意味、でした。

その犬は、いつも「先」を見ていて、
ぴったりぢゃないか ! と思い、
Valor という名前にしたことを、記憶しています。
前に進みたい、という想いも相乗して。


第 1 投稿。
今見ても恥ずかしい(笑)。
あれから、2 年と 3 ヶ月が経ちました。
このタイトルにそぐわず、
私はどんどん臆病になる上に、
要らない鎧をガシガシ着込み、
弱さ故の強さをアピールし、
結果、この 2 年強で戻ることも出来ず、
先に進むことも出来ず、ただ、停滞するのみでした。
いや、少しは進んだかもしれません。
でもそれ以上に暴走と退行を繰り返してしまいました。

もうそろそろ、先に進まなければ、
本当の意味での -Valor- を手に入れなければ、
心からそう思う今だからこそ、
これが、この blog の最後の投稿になります。

最初は誰も見なかったこの blog も、
少しずつ、見ていただける人が増えてきて、
見る人を意識して、時にしすぎて、
もがいて、イヤになって、放置して、
また戻り、そしてまた描き始めた。
この blog が大好きです。
大好きだから、卒業です。

次は、これをもとにより良いものを生み出そうと決意して。
次がいつなのか、もしかしたら明日かもしれないし、
1 ヶ月後、否、1 年後かもしれない。
「日記」にして、すぐに立て直すかもしれませんが、
この、-Valor- はここが GOAL です。

読んでいただいた皆様、
少しでも何かお役に立てましたでしょうか。
もし、お役に立てたならば、幸甚です。
閉鎖はしません。
自分でも、時々見返したいので。
終わりと始まりを同時に迎えられる、
暁のデザインに最後に変えました。

ここまで書いて、やっぱり私は惜しくなってしまう。
書き直して、また -Valor- に戻るかも・・・と書きかけて
慌ててデリートキーを押す。
情けないけれど、これが今の私です。

さぁ、そろそろ終いです。
Valor、スペイン語で勇気という意味。
思い出した。
この blog を立てたとき、書き続けているうちに、
勇気の意味が解る日が来るかな ?
そう思っていたことを。
そして僅かながら、今、生み出したこの blog を卒業する勇気を持った。
2 年半に、意味はあった。
決して無駄ではなかった。

昨日まで在ったものが、今日からは無い。
そうして初めて人は失ったものの価値に気が付く。
「あなたは何度言ってもわからないの。
 でも、一度無くしたら心底懲りて直すの。」
その言葉、今、ようやく理解出来たよ。

ちっぽけな、本当に小さな勇気、
右手の拳の中にある、今にも消えそうな勇気、それだけで良い。
必要なものはそれだけ持って、私は、旅に出かける。

2 年半、ありがとうございました。
ここに来て頂いた皆様のご多幸を、心より祈念して。

una_linglag at 04:14|PermalinkComments(5)clip!

2006年10月08日

すっげー夢を見た !

それはもう 10 年くらい昔の話。
私がまだ、厩舎に属していたころの、
元気だった頃の話。

ダイオスという芦毛の馬が私は大好きだった。
よくこのダイと馬房で一緒に遊んでいたものだ。

今日の夢はそこから始まる。

客が何やら激しく騒いでいる。

「つくばさんがーーーーーー!噴火したぞーーーーーーーーーーーー!」


表に飛び出すと遠くの空が赤かった。
そして夕焼けの空にマグマが噴射する。
昔、客で仲が良かった一人が、
「逃げよう。ここも時間の問題だ。
 俺の車に早く乗れ ! 」
と叫ぶ。

「だめよ ! まだ厩舎にはたくさんの馬が残っているのに ! 」
(美しい。。)
厩舎に戻ろうとする。
が、みんなに腕ずくで止められる。
かわいい馬たちが嘶く。
呼んでいる。
叫ぶ !

マグマが山肌を流れてゆっくりだが確実にやってくる。
客の手を振り解いて馬房に駆ける。
端から馬房のロックを外して自由にさせる。
そして最後にダイの馬房のロックを外す、
という瞬間にチャイムが鳴った。

「あー、そうだ。今日はオークションで落とした棚が届く日だ。」

そこで私は目が覚める。

una_linglag at 14:11|PermalinkComments(2)clip!

2006年10月05日

手紙。

本当に、どうしようもない人なんです。
どうして差し上げたら宜しいかも、
私如きではただただ、右往左往するばかりで。
いいえ、彼が悪い訳では御座いません。
誰も悪くは無いのです。
ですから、私はより一層、胸がこう、きゅうと苦しゅうなるのです。
ええ、存じておりますわ。こんな話しを貴女に打ち明けた処で、
一体何の解決に成りましょう。
寧ろ、我が恥を曝すだけでは御座いませんか。
でも、私はこの想いを一人抱えることが出来ないのです。
ああ、貴女はこんな想いをしたことが御座いましょうか。
逢いたくて仕方が無いのに、いざ、御逢いすると成りますと、
今度は震えが止まらず、その場から逃げ出したくなってしまうのです。
どうぞ、愚かな女とお笑い下さいな。
それでも寝る前に一言、あの御方の御名前を呟くだけで、
私は如何ばかり、如何ばかり----------------------。

私なんかより人生経験も豊富な貴女様で御座いましょうから、
どうぞ、どうぞこの至らぬ私を御教授下さいませ。
これを、恋と呼ぶのでしょうか。
否、愛と呼ぶのでしょうか。



末尾には涙の跡が殘っていた。
ブルーブラックのインキが、蒼色に滲んでいた。
その手紙を丁寧にたたみ、
そっと火の元へやる。
燃え尽きるまでの数秒の刹那の美しさは、
何にも例え難いものであった。
女は、遠い目をしていた。


una_linglag at 20:36|PermalinkComments(0)clip!

2006年10月03日

Lullaby

ららばいららばいおやすみよ〜〜
ぎざぎざはーとの
ダダダン
子守唄。

LaLa Bye
だとずっと思ってた。
Lullabyだったんだ。
Lullabyって子守唄って意味だったのか。。

una_linglag at 22:15|PermalinkComments(0)clip!

2006年10月02日

凱旋門賞。

朝、VTR見た。
ディープインパクト。
FYI : http://keiba.yahoo.co.jp/directory/horse/2002/1/008/16/index.html
父、SS。
しかもマルイチ。

11戦10勝、勝ちすぎ。
うち1戦は2着。

凱旋門賞、結果、3着。
FYI : http://www.jra.go.jp/ensei/doc/cont_03/index.html

今朝のとくダネ!
誰かわかんないけど、下記コメントしたあなたに物申す。
「いやぁ〜〜それでもさ、たった一馬身だよ。よくがんばったよねぇ。


・・・・・・ハァ ?!

おいおい、ハナぢゃないよ、頭でもないよ、
ついでにいうけど、半馬身でもないわけよ。
イチバシンなのよ。ね?

一馬身も突き放されたら惨敗ですよ。
どうしようもない惨敗ですよ。
それをあなた、「たった」って、これにゃぁちょっと、
黙っちゃ居られませんよ。

確かに、ハイだったよ。
タイム 2.31.70
確かに、日本のケイバとはまったく違うよ。
日本独特のG1爆音拍手もなかったことだろう。
2400で2.31.70確かにハイ。
しかも、序盤からかかってた。
それも原因したよね。
だからこそ、「たったの一馬身」ぢゃないんだよ。
「一馬身も。」なんだよ。
わかってくれょ、この気持ちわかってくれょ、
あの検量所へ向かう武の背中、見ただろ?ねぇねぇ。
頼むよ、ほんとに。

あれは凹むよなぁ。。
昔、エンデュランスでレースをしたときのことを思い出した。
ハタケには「うけるくらいに体力ねぇな!」「運動神経ねぇな!」
と言われるアタクシですがね、
昔はあったんですよ。
体力も、運動神経も。。
ちょっと今日は馬漬けになりますが、
まぁいいや、自己満足突っ走りますわ。

今日も会社の先輩とこの凱旋門賞の話しで盛り上がったんですよ。
その先輩、渋谷のwindsでアルバイトしていたことがあって、
それからケイバが好きになったらしい。
そこでどのシーンが好きだったかみたいな話しを、
例によってアタシが一方的にべらべらと話していたわけです。

■u-naが好きなケイバシーン
ナリタとアマゾンが一緒に出た有馬記念。
確か、多分、1994年の12月25日、第39回有馬記念。
http://www.nikkankeiba.com/jra50/43/43.html
ナリタが勝ったことにすごいと思ったわけではなく、
あの4角でほんとに、音もなくってこういうこというんだよね。
ナリタの隣にすぅっとアマゾンがぴったりつけた瞬間のあのぞくっとする感覚!
たまんない。こう、一言で表現するならば、
「刺客、現る。」みたいな。
静かに忍び寄り、後ろからさっと横一文字に首を斬るかの如く。

■名勝負
いやぁ〜〜〜。これは、もう、言葉ありませんよ。
どうぞ、動画でお楽しみ下さい。
http://ameblo.jp/k-yoshiki/entry-10015442281.html

■忘れられない名馬
涙が、止まりません。
悶える痛みを必死に抑えて、それでも彼は、走ろうとした。
粉砕した、左足をかばいながら、
否、ヤネ(騎手)を守ったのだ。
あのスピードで転倒したら、ヤネごと転倒、
きっと、武はただでは済まなかった。
10分ですが、懐かしい方、初めての方、見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=XbzXBNxx0yw
http://www.youtube.com/watch?v=FuKmrVMuzS4

あのエルコンドルパサーをも抑えたスズカ。
彼が生きていたら、フランスの競馬場に、
日の丸が昇っていたかもしれない。
「しれない」
「かも」
ケイバではご法度のこの言葉も、
ついつい出さずにはいられない。

随分突っ走ったな。
というわけで、そろそろGOAL。




una_linglag at 21:31|PermalinkComments(2)clip!

2006年09月29日

平穏

自分の好きな人にも、
親にも見せない私が居る。

唯一それを見せるのは私の Family だけだ。

私は、Family の中に好きな人は居ない。
Family はフィールドであって、私の好きな人はキーパー、
或いはサポーターのような人なのだ。
同じフィールドに二人で居ると、
私は息が出来なくなる。
私にとってその人は絶対であり、甘えられる唯一無二の存在だからだ。

フィールドは戦う場所、
好きな人は帰る場所、
だから、私は極端にフィールドに彼が居ることを恐怖に感じる。


ずっと私は安心と平穏を求めていた。
自ら破壊に向かっているのかもしれない。
その事実は受け止めねばならない反面で、
それでもそれを求めていた。

たまたま入ったあの店で、私はそれをすっと手に入れた。
やっぱりアーティストやミュージシャンの中に居ると、心が穏やかになる。
安心できるところで、最高の音楽をバックにライブをする。
それが、私の平穏。

una_linglag at 10:26|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月28日

狸。

犬だったんだ。。


una_linglag at 23:46|PermalinkComments(0)clip!

はらり おちる まいあがる この2週間

この2週間、随分ともがいた。
肉体的にも、精神的にも。

きっかけは止まらない咳からだった。
身体全身で噎せ返る咳の嵐。
次に襲ってきた全身麻痺。
そして立てなくなるほどの腰痛。

2週間。決して短くなかった。
次第に精神もおかしくなっていく。

その中での裏切り、叱咤、激励。

感情という感情全てが入り混じる。


2005年12月31日のblogで、
2006年の抱負、
はらり
おちる
まいあがる
とあった。
もういいだろう。
もう、いいだろう。
随分と堕ちたではないか。
後はもうあがるだけではないか。

光は、必ず差すと信じて。
今日を私は生きていこうと。

una_linglag at 00:17|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月27日

破壊と創造

己の内側からぱりぱりと何かが剥がれて行く。
最も信頼していた者の裏切りは死を導いた。
ぎりぎりで止められて、まだ死ねないのだと知る。

ぶっ飛ぶ間際にBassが私に渡した数ヶ月前のメモを思い返した。
「死なないで下さい。」
普段、冗談ばかり言う彼が、そのときだけはマジだった。
その言葉でリアルに戻った。

「ヒトに期待するとその反動があるから。」
と言われた言葉が、今は身に染みて解る。
涙すら出ない。

雨が、降り続けた。
延々と、泣けないかわりに泣いてくれているのかと思うくらいに、
ただただ、降り続けた。
1日目は至極静かに、そし強く。
2日目は強く、雷まで伴って。
ヴァロをきつく抱きしめる。
静かに決意一つ。

破壊と創造。
ヒトはこれを繰り返している。
この行為もその一つに過ぎない。
思い出が、走馬灯のように脳裏を巡る。
違うなら、せめて言い訳して欲しい。
言い訳すらない。
敢えてなのか、否、気が付いていないのか。
もう、無理だ。
私の中から君を消す。




una_linglag at 13:32|PermalinkComments(0)clip!

ゆうちゃんからのバトン

伝説の男、そして親愛なる友の良太からのバトン。
それでわ、お楽しみくださぁーぃ ! GO !!!

------------------------------------------------------
●マイミクのみなさんに一言
 (あ、これもバトンに入ってるのかな?)

 女神なんてなれないまま私は生きる。

------------------------------------------------------

■バトンを回してくれた子の印象/食べ物にたとえると?
【ゆうちゃん】
  印象 :赤い
  食べ物:チーズケーキ
【良ちゃん】
  印象:蒼い
  食べ物:羊羹

■周りから見た自分はどんな子?
 無理してる、かっこいい、えろい、声がいい。

■自分を動物にたとえると?
 好きなヒトには心は犬、行為は猫。
 それ以外にはペガサス。

■好き/嫌いな子のタイプ
  好き:性格悪い人(結果論)、大きいけどちっさい人
  嫌い:わかんない人、見えない人

■自分がこうなりたいと思う理想像
 TIME OUTのマスター。

■人にはできないことが、自分はできるってことある?
 好きな人にはアホか ?! ってくらい尽くす。

■自分痛いなって思う瞬間はなんですか
 日々、一分一秒が。でもそれもアタシ。

■自動販売機の下に500円玉を落としたらどうする??
 警察呼んででも拾う。

■宝くじで3億円当たったらどうする?
 どうしていいかわからないから好きな人に渡す。

■もし世界があと一日で終わるとしたら何をする?
 好きな人といたい。

■将来の目標は?
 直近の夢は u-na_Loves_Family の確立、かな。

------------------------------------------------------
■暇で暇で仕方ないとき、何する?
 もちろん行き先は一つ。

■最近ハマってる場所は?
 目黒区目黒。

■最近感動した出来事は?
 新しく発見した行き着けの店の音の良さ。
 サウンドだけではなくて、楽器まである。
 プロとのセッションまで出来る。

■最近怖かった出来事は?
 信頼していた人の裏切り。
 彼はそれに気がついていなさそうだが。
 
■今行きたい場所は?
 ここから約 4km ほど先。

■明日の予定は?
 仕事に復帰。ちょっと怖い。

------------------------------------------------------
■今、何聴いてる?
 残酷。

■こんな人が理想!!
 結局、最後はそばに居てくれる人。

■マニアックで地味な萌えポイントは?
 腕。あの血管をなぞるのがたまらない。
 ね、マニアックでしょ ?

■異性のどんな仕草にグッとくる?
 自分にだけ向けられる笑顔。

■どんな告白をされたらグッときますか?
 近年では同姓からがほとんどだったので、、
 あぁ、同姓告白ぐっときますよ。
 「さぁ、どうしよう、、」みたいな、、

■最近…恋してますか?w
 ・・・・・・ハイ。笑。

■自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
 ついてこいよ!

■男と女の友情は成立する?
 基本、ない。
 私と功刀は特別。

■10年後何してる?
 赤ちゃん、抱っこして近所のおばちゃんと
 べちゃくちゃべちゃくちゃ笑。理想。。

------------------------------------------------------
■大好きな人にバトンタッチ5名!
■タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせて下さい。

 まろに
 ご無沙汰、スミ君
 功刀
 あねき
 しんご

------------------------------------------------------



una_linglag at 11:01|PermalinkComments(1)clip!

2006年09月26日

にぃさん。

にぃさん、自分のことだってわかってるでしょ。
随分と荒療治をしてくれたぢゃない。
知ってたんだね、K も、にぃさんも。
だから K はにぃさんに渡したの ?

にぃさん、これは賭けではなかった。
結果が見えていたものね。
だから私は勝ったとは言えないけれど、
ほんと、なかなかの荒療治(笑)。

そういうこと、なんだね ?


una_linglag at 15:35|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月25日

エンドレス

だして
いれる
まわる

una_linglag at 23:38|PermalinkComments(0)clip!

この作品が

ただ DVD を観ればいーだけ
なのにこんなにも苦痛を伴う

この作品が、こんなに苦痛を伴うものとは

una_linglag at 22:44|PermalinkComments(1)clip!

2006年09月21日

彼方に、勝った。

眠気が襲う。
腰の痛みも忘れるくらいの眠気が襲う。
「おい、オマエ、がんばれよ。絶対寝るなよ。」
遠くで K の声が聞こえる。
「わかってるってば・・・。」
その返事は言葉には発することが出来なかった。



倒れかけた私を引っ張る腕で、
私はこっちに戻る。

決して力づくではなかったが、確かに、その腕の力をはっきりと感じた。

「有紀、こっちだってば(笑)。」

この声と戦ってきた 5 年。
何度もその手を取っては現実に戻ると待っている絶望感。


もうやめにしたかった。
もう疲れた。
ぐしゃぐしゃの顔を上げると、
小さな口が笑った。
必死にその腕に、腰にしがみ付く。

「ここに、居させて。居たいの。」

意地を張って、素直になれず、
苦笑いを繰り返してきた女の取った腕だった。

「うん。いいよ。」

君の声と重なる。
ようやくあなたに、初めて勝った。
私の選んだ腕は、フランクミューラーの時計のついていない腕だった。


una_linglag at 16:59|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月19日

曇る

一向に晴れない。

止まない咳に響く痛み。
Family の「お前がやりたいっていうことだから、俺はやるんだ。」という言葉が、耳から離れない。

立ち続けることも、
寝ることも、座ることも出来ず、
これから始まるリハビリを前に、
ただ、呆然とするしかない。

厚い雲が空を覆う。
涙は止まらない。

会いたくて仕方がなくて、
這うように外に出て、それでも動かない私の下半身は、
選択肢すら、与えてはくれなかった。

電話を手に取り、何度も電話をしかけては切り、
ただ虚しくリダイアルだけが埋められていった。
助けてよ、その声が布団に染み込んで行くのを感じながら、
反面でその辛さをケタケタと笑う自身も、確かに、そこに居た。


una_linglag at 18:02|PermalinkComments(0)clip!

しんごへ。

今週末、かもしれない。

una_linglag at 17:40|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月15日

ヤバイイ!

変な震えが止まらない!
ってか全身痺れてる。。。

ドラッグの副作用か。。
吸引器も持ち歩いてるし、そろそーろつかまるな。。



una_linglag at 08:48|PermalinkComments(2)clip!

2006年09月14日

ぜっ不調の夜。

堪らない。
ありえない。
ぜっ不調。

寝ます。

が、非常に人恋しい。



大好きなFamily 9 人に手紙を書いた。
愛するひとりに手紙を書いた。

うち9人にはもっそい直近で渡すことでしょう。
うちひとりにはなかなか渡せないでしょう。
渡せないから、どこかに隠しておこう。絶対、ばれない場所。


una_linglag at 23:08|PermalinkComments(0)clip!

大切だから

言わないといけないことがある

una_linglag at 19:01|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月13日

曲〜〜〜〜

やっとパートナーに出会えた感じがする。
作曲が苦手な私に代わって骨を作ってくれる。

頭が曲で支配されていく。
誰にも何にも囚われない時間が訪れる。

至福。




この曲を完成させる。
この曲を世に生み出す。



だって、テレビやネットで流れている大量のどんな曲より
私たちの曲のほうが、絶対いいもん。
ねぇ?あき。


una_linglag at 23:36|PermalinkComments(0)clip!