献     立


 箸  染     翡翠豆腐

 前  肴     鱧寿司・鮎甘露煮・天豆蜜煮

 椀  盛     牡丹鱧・順才・小メロン・梅の雫

 向  附     鱧おとし・鮪小角作り 梅醤油

 焼  物     鮎塩焼  蓼酢

 蓋  物     鰻巻繊巻 小芋 黄蜀葵

 進  肴     加茂茄子田楽 巻海老 楓青椒

   汁      合わせ味噌仕立て  冬瓜

   飯      鮎   飯

 香の物     大根・胡瓜・柴葉漬

 水菓子     麝香瓜

     

以上の様な献立をおこしてみました。

通常ですと食材を重複して使うことはしないのですが、私の場合その時期のものをたくさん食べていただきたい思いから調理法を変えてさまざまな食べ方でごお召し上がりいただきたいと考えました。

ですので、あえて食材を重複して使っております。

尚、天候や予約人数などで、やむおえずお料理の内容を変更せざるをえないことがございます。

その点をご了承ねがいます。

               
                        う奈ぎ道場   鹿野 雄二