お客様によく聞かれる土用の丑の日についてお答えいたします。

まず土用とは・・・日本には皆さんご存知の通り四季があります。

この季節の変わり目に立春、立夏、立秋、立冬がございます。

それぞれの18日前を土用の入りといいこの18日間を土用というのです。

その中に十二支の丑の日がいわゆる土用の丑の日であるという訳です。

ですから今年のように一の丑、二の丑と2回あることもあるのです。

そして昔は、この土用の丑の日に「う」のつく物をたべると夏バテしないといわれ、梅干、うどん、のように「う」のつくものをたべることをしていたようです。

確かに梅干やうどんは夏の暑いときには食欲をそそりますよね。

これは今でもうなづけるところだと思います。

じゃぁ何故土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が出来たのでしょう。

それは、ご存知の方も多いかと思いますが、幕末の学者、平賀源内が知り合いの売れないうなぎ屋を何とかしてあげたいと考え「土用の丑の日にはうなぎを食うにかぎる。」といったことが世間にあっという間に広まりうなぎ屋が大繁盛した。

ということが定着してしまったのです。


それ以来夏の土用の丑の日にはうなぎを食べる人も多くなったようです。

ですから当店も土用の丑の日はねじりハチマキで頑張ろうと思ってます。


余談になりますけど水を差すわけではありませんが、
勘違いをしている人も少なくないので一つ言っておきますが、間違っても夏の土用がうなぎの旬では決してありませんので覚えておいてください。

うなぎの旬というのは晩秋でごさいます。

このへんでお答えにかえさせていただきます。

ちなみに今年の土用の丑の日は7月19日と31日ですので早めに予約を受け付ける予定です。

詳しくはう奈ぎ道場ホームページをご覧ください。
http://www.unagidojo.com/index.html