約2年ぶりの更新、今日はボウリングのお話。 
マイボールを持って本格的にボウリングを始めて15年ほど経ちました。 
生涯スポーツの一つボウリング、老若男女問わず誰でも気軽に始められます。ボールの重さは10ポンドで約4.5Kg、私は15ポンドなので約6.8Kgです。レーンのファウルラインからヘッドピンまでの距離は約18.28m、野球のピッチャーマウンドからバッターボックスまでは約18.44mなのでほぼ同じですね。この距離で重たいボールを投げるのですから結構な運動量になります。ボウリング3ゲームの消費カロリーは約120〜150キロカロリー。他の運動と比較するとウォーキング80分、テニス20分くらいに相当します。ボウリング場に置いてあるハウスボール選びは体重の1/10と言われています。ハウスボールは穴が大きくボールを握る感じになり重さも感じますが、マイボールは自分の指に合わせて穴を開け、スパンも少し広くなっているのでそれほど重さは感じません。マイボールを作るときはそれまで使用していたハウスボールの重さより1ポンド重く…と言われてます。
IMG_1621 これは最近作ったロトグリップのトータルオーソリティ。
中のコアはこうなってますがコアの形状や表面の素材も色々あります。





ボウリングの醍醐味はカーブやフックといった曲がるボールでストライク〜。なぜボールを曲げるのかというと、ストライクを取るには1番ピンと3番ピン(ポケット)にボールが入る角度が5〜6度が理想と言われています。5〜6度の角度をストレートボールで投げると隣のレーンから投げないと無理なので曲げる必要があるのです。ポケットに入ったストライクはボールが全てのピンに当たっている訳ではなく、1番ピン、2番ピン、5番ピン、9番ピンの4本に当たり後はピンがドミノ倒しのように倒れます。たまに5本のピンに当たることもあります、この映像は8番ピンにも当たっているようですね。

もちろんハウスボールでも十分にボウリングを楽しむことができます。運動不足を感じているあなた、ボウリングいかがですか?
XlWIARzqSFaAsCK1hVfj1g_thumb_6c9 写真は現在使用しているボール。
上の左側は最近作ったボール、ロトグリップのトータルオーソリティ15ポンド。右のはスペアカバー用のボール。下は数年前に作ったロトグリップのセル15ポンド。