2017年01月19日

パッチノートが来ました!

1月19日のアップデート情報がついに来ました。詳しい内容はコチラですが、英語なので各ヒーローの変更を中心に解説します。

9518bec3b89c3f41daa7b2b9aa5bc0e81484352066


まずは新ヒーロー、Pakkoの追加ですね。スキルの内容は牛さん(Knossos)にも似た感じですが、役割はどちらかというとMargraveに近いんじゃないでしょうか。微弱ですがババアと同程度の自己回復を持ち、遠距離スタンと突撃後のデイズがあります(デイズの方はビルド次第ですが)。これまでタンクらしいタンクといえばMargraveしかいませんでしたが、Pakkoという選択肢も増えたことでチーム編成の幅が広がります。

つぎに各ヒーローの変更点です。

Aisling

HPを1600から1500に下方修正
Cardorがふたり出現するバグを修正
Warcry(Q/LB)のクールダウンを12秒から14秒に下方修正

Beckett
Jetpackのバグ修正とちょっとした仕様変更、及び軽い上方修正

Charnok
Bombasticからデイズがなくなり、連続で当てるとダメージが最大12%まで上昇する仕様に変更

Griselma
基本攻撃力が約20%減少
HPが約10%減少
通常攻撃(LMB/RT) のダメージが50%減少
近接ツリーのちょっとしたバランス調整
Portal Beastのダメージが10%減少
Displacement(E/RB)のバグを修正

Imani
スタンを食らった際に1秒より長く硬直していたバグを修正
Kill Shot(F/LS+RS)のバグを修正*

*Imaniを使ったことが無いのでどのようなバグがどのように修正されたのか実感できず

Lord Knossos
Labyrinthd使用時の反応を良くし、最大攻撃範囲にダメージが到達するまでの時間を0.75秒から0.5秒にしました

Mozu
稀に起こるRun and Hitを選択しなくても効果が得られるバグを修正

Tripp
Unseen Strikeのスタンは敵の背後から攻撃した時のみ効果を発揮します
Power Surgeは(これまで背後か側面から攻撃を当てるとダメージが25%アップでしたが)攻撃を当てるたび(正面でも可)にダメージとスピードが3秒間5%上がり、最大25%までスタックします
OverloadはPower Surgeのスタックが最大に達した場合は効果時間が10秒に延長されます
Full Chargeはジャンプアタックかドッジアタックを当てるとPower Surgeのスタックが最大(25%)になります
Killer Instinctで得られる背後から攻撃した際のダメージボーナスを15%から10%に下方修正

Tyto of Swift
Blur(F/LS+RS)のバグを修正し、インタラプト効果を排除

Uncle Sven
Igniter Fluidのバーニング効果はダイレクトヒットしたときのみ効果を発揮します。一方ダメージは35ダメージ/秒から40ダメージ/秒に上方修正
Flame Outのダメージを80から115に上方修正する一方、範囲ダメージを減少させました
Chemical Burnを選択する前にFlame Outを選択すると、Chemical Burnを選択しても効果が得られないバグを修正
Chaos Quaff(F/LS+RS)を使う際、フラスコが飛ぶ位置を表示します

Vadasi
使ったことが無いうえに修正が膨大なので、原文を参照してください 

Voden
Spread The Painのダメージを中央から順に110/55/27.5だったものを165/35/35に変更
Natural Roots (F/LS+RS)の効果範囲が使用時に表示されます

Wu
Tonguelashの問題点を修正
Whet Your Appetite側のツリーを変更

Xenobia
Screaming Halt、およびInsult and Injuryで得られるScreaming Haltの効果にあった不具合を修正
Cursed Soulが発動する前に1秒の遅延があったものを無くし、敵に当たる前に0.25秒の警告が出るようになりました 

大きなバランス変更はGriselmaの大幅NerfとTrippのスタンが限定的になったことでしょう。Griselmaの通常攻撃が50%も減りましたが、もともとPortal Beastを2本立てた状態での通常攻撃は全体の25%程度しか火力がありませんでした。しかしPortal Beastを含めた火力が20%も減少したことで、他のヒーローと同等かそれ以下のスピードでしかクリーチャーを破壊できなくなりました。一方、Griselmaを含むビーム系ヒーローの天敵だったTrippの通常攻撃スタンが限定的になったことで、Trippの位置を把握して背後を突かれないように注意すれば多少ですが対抗できるようになりました。

さらにBeckett, Charnok, Griselma, HK-206, Imani, Lord Knossos, Mozu, Tripp, Tyto the Swift, Uncle Sven, Voden, Xenobiaといったヒーローがスタンを食らった際に効果時間よりも長く硬直するバグが修正され、理不尽なダメージを受けることが減ったはずです。

このほか様々な仕様変更がありますが面倒なので割愛しますので、詳しくは原文を参照してください。またアップデートにともなうサーバーメンテナンスは日本時間の20日午前1時から1時間程度を予定しているようです。

 

unclethrash at 15:31|PermalinkComments(0)Gigantic 情報 

2017年01月11日

1月9日のアップデートに対応

1月9日にアップデートがありましたのでカードリストの日本語訳、およびカードグラフィックを対応させておきました。バランス変更は以下のようになっています。

banner_ostregoth_1600x768


Sagami Huntmaster
クリーチャーを隣にテレポートするのではなく、隣のクリーチャーを自分のコントロール下にある任意の陸地にテレポートさせるようになりました。

Eredon, Voice of All 
森のランドコストをからに下方修正。 

Ruunin's Shrine
フェアリアコストをからへ、ギフトで得るフェアリア、及びラストワーズで敵が得るフェアリアをそれぞれからに変更。 

Annoying Gnat 
アタックを1から2に変更。

Doomgate, Door to Oblivion
砂漠のランドコストをからに。また生け贄を捧げた際にカードを1枚ドローできるようになりました。

 

unclethrash at 13:17|PermalinkComments(0)Faeria日本語訳 

2017年01月09日

初心者におすすめのヒーロー

Griselmaもランク10に到達し、これといって目指すものが無いのでプレイ頻度が落ちてるアンクルです。しかしTwitchなどの配信は観ていますので、ちょくちょくスナイピングして遊んでます。公式でも配信しているRezoahcやFailcoPunch、Rezoと同じチームのSamurai_Edなどのプレイは参考になりますし、VoxelHeartやSteveMustBeOtakuは明るいキャラクターが持ち味なので楽しく視聴できます。また日本人も配信していますので、気軽に参加してみてはどうでしょう。

GiganticはDotA系MOBAとPvPアリーナの要素をミックスしたゲームです。クリーチャー・コントロールがもっとも重要なんですが、K/Dを無視していいという訳ではありません。自分が死ぬと敵チームに10ポイントのパワーが加算されますので、味方ふたりの死亡でオーブの回収またはクリーチャーキルに相当するポイントを敵に与えてしまいます。レンジド・ヒーローで敵のアサシンにからまされたとき、または残り体力が少なくなった状況でいかに生き残れるかが勝負のカギになります。そこで初心者にもおすすめできる鯖委パリティーの高いヒーローを紹介していきましょう。

Beckett
安価なので最初にアンロックしてもしてもいいヒーローのひとりです。逃げ手段はJetpackで、Fuel Capacity側のツリーが安定しています。Rocketpack側のツリーの方が逃げ性能は高いのですが、スタミナを上手くコントロールできないと初期状態のJetpackと変わらなくなってしまいますので要注意。

The Margrave
現在導入されているヒーローで唯一タンクらしいタンク。逃げスキルはCharge ForthとStaggering Leapがありますが、Staggering Leapは突入用、Charge Forthを後退用にすると安定します。Charge ForthはRelentlessを選ぶことで移動距離を大幅に伸ばせます。

Voden
サポートも可能な遠距離系ヒーローです。デコイで敵の注意を引いているあいだにステルスで逃げるGreen Manの逃げ性能が高いほか、Hidden SpringでGeyserを選べばスーパージャンプが可能になりますので、通常では飛び越えられない段差を利用して追撃してくる敵から逃れることも可能です。Green Manだけでも生存率を上げられますので、チーム状況を見ながらHidden Springのアップグレードを検討するといいでしょう。


↑FailcoちゃんのVodenプレイです。ビルドやデコイの使い方が参考になります

Charnok
Gragon's Breathで強力な近接攻撃も可能な遠距離系ヒーローです。逃げる際はDetonateを利用するのですが、近くの敵を吹き飛ばしつつ逃げるBlast Offか、急速降下も加えて逃げるDive Bombかはお好みで。Dive Bombは着地時に敵にダメージを与える効果もありますので、こちらの方がアグレッシブなツリーです。

Uncle Sven
フラスコの投擲が攻撃手段ですので、ちょっとクセがあるサポート・ヒーローです。逃げ手段はElastic Oozeで、スパージャンプが可能になるほか敵の侵入を防いだり弾き飛ばしたりできますので、チームを助ける際にも役立ちます。

Mozu
Dimension Doorのワープが便利な遠距離系ヒーローです。Dimension DoorのOpen to Offenseを選べばワープ後の攻撃力が25%アップしますので追撃も強烈。高い段差へのワープも可能ですので、攻撃されたときとっさにワープするのではなく、いったんダッシュで逃げてから大きな段差をワープで超えるなど工夫も加えることで生存率が上がります。

 
↑そんなルートがあったのかビックリのプレイ。アップロードはRezorahcのようですがプレイはdoughthedoughのようです

 

unclethrash at 15:55|PermalinkComments(0)Gigantic 情報 | 攻略