2017年02月23日

2月23日のアップデート情報

Northgardってゲームが今朝からアーリーアクセス開始になりましたし、今週末からは念願のTotal War: Arenaアルファテストに参加できるというのもあって忙しいところに、Giganticのアップデートですよ! 今回のアップデート内容はコチラに紹介されているわけですが、英語を読むのが面倒な人にも分かるようにザックリと紹介していきましょう。

8308899039f91213b870916fa7c2e6501487627245


まず今回のアップデートで追加されるヒーローがZandora。オーラを使って周囲の味方(自分も含む)にBuffを与えつつ戦う近接ヒーローです。この「近接」がなかなかのクセモノで、LMB/RTのアップグレードによっては近接とビームの使い分けが可能。この場合は押しっぱなしだとビームになり、連打すると近接になるという仕組みです。味方に与えるBuffは大まかに「攻撃力アップ」「移動速度アップ」「回復」の3種類になります。



つぎに注目なのはヒーローのマスターランクが10になると購入できるEternal Light Weaponです。ゲームのシステム上、この装備で攻撃力が変化することはありませんが、武器の外観だけでなくエフェクトも変化するようです。

このほかにもクロスヘアの表示がLMB/RTの攻撃タイプによって変化したり、Honor Bonusの効果が分かりやすくなったり、さらには非戦闘時のヘルスの自動回復やダメージを受けた際に溜まるFocusの仕組みに調整が入りました。

クリーチャー周りの変更は、Obelisk以外のベビークリーチャーはHPが1,000に統一され、またクリーチャー召喚中にアーマーが+10されていた効果を削除。これまではDisrupt効果のある攻撃でObeliskの攻撃を中断させることができましたが、できないように修正されました。このほかにも細かなバグフィックスが行われていますので、気になる人は原文の方をチェックしてください。

さてヒーローのバランス調整ですが、Griselma、Uncle Sven、Vadasi、Wu以外はバグフィックスですので省略。Vadasiに関してはさまざまな下方修正が入っていますが、説明文がちょっと複雑なうえに筆者は使ったことが無いので省略します。気になる人は原文の方を参照してください。ちなみに前回のGriselmaの大幅下方修正を反省してか(開発側も「大幅に下げ過ぎた」と述べています)、Vadasiの下方修正はそれぞれ小さな調整になっています。

戦闘周りのバグとしてはRampage時のボスが押さえこまれている時にBeckettやGriselmaがUltを使用すると、場合によっては意図しないスポットに発動する不具合が修正されました。さらに変形効果をインビジブルで脱出した際、インビジブル効果が時間を過ぎても継続されるバグも修正されました。

ではVadasi以外の調整を紹介していきましょう。

Griselma
Reach Out(LMB/RT) Touch of the Masterへアップグレードするとライフスティール効果が付与されるようになりました。近接攻撃で敵にダメージを与えると、その都度HPが50回復します。
Portal Beast(RMB/LT) クールダウンが10秒から9秒に。
Rift Zone(Q/LB) ダメージが25%上昇。
Skill Specialization Phase Variance(E/RB)を選択した場合、スキル使用時に移動速度が50%上昇するはずが20%程度しか上昇していなかったバグを修正。

Uncle Sven
Elastic Ooz(Q/LB) 基本ダメージを137から75に下方修正。しかしElastic Oozのフラスコが当たった際、効果範囲にいる敵全員にダメージが入るようになりました。
Healing Waters(E/RB) Healthy Glowにアップグレードすると、効果を持ったプレイヤーの周りに緑の表示がありますが、これは敵からは見えないようになりました。

Wu
Splash Kick(RMB/LT) クールダウンが9秒から8秒に減少。Boundless Energyにアップグレードした際のクールダウンは3秒から4秒に増加。

Griselmaの近接攻撃ツリーにライフスティールが加わったのは大きいですね。この変更でビームツリーを選ぶ理由が無くなったと言ってもいいでしょう。ビルド次第ではかなり強くなりそうですので、下方修正が入る前に遊び倒した方がよさそうです。

ちなみに本日からLeaderboardsが公開されます(公式の発表に合わせてリンクも公開予定)。しかしランキングは算出方法が不明だったり、早くもランク入りを狙ったっぽいアカウントがいたりと微妙な感じ。自分のアベレージを確認する程度でよさそうです。



unclethrash at 13:26|PermalinkComments(0)Gigantic 情報 

2017年02月08日

2月3日の大幅アップデートに対応

3日のアップデートで大幅なバランス調整が入りました。その中でも特徴的なのがスラムの廃止とストラクチャーが持つ「アクティベイト」は設置したターンから利用可能になった点でしょう。

banner_03022017_1600x768


スラムは強すぎたのでNerfが入るものとは思ってましたが、完全に無くなるとは……。またストラクチャーのアクティベイトはイベントカードと同様にそのターンから利用できるってのはどうなのかなぁ。これまでは次のターンからしかアクティベイトを利用できないせいで、ストラクチャーを設置したターンに排除されればフェアリアの無駄になっていました。しかしイベントカードは即時効果の代わりに使い切り、一方のストラクチャーは効果を発揮するのは次のターンからですが一定の継続効果があるという特徴だったと思うので、どうなんでしょう。出したそばから破壊されるリスクを回避するには、ライフの上昇やコストの低下で対応できると思うんですが……。

各カードの変更は今回省きます。詳しくは公式のパッチノートと各カードの日本語訳(ニュートラルグリーンブルーレッドイエロー)を参照してください

unclethrash at 17:00|PermalinkComments(0)Faeria日本語訳 

2017年02月03日

23日からはじまる新たなアップデートシリーズ

公式ツイッターの方でアナウンスされた新たなアップデートシリーズ「Eternal Dawn」が23日からスタートするようです。このアップデートの目玉はZandoraというランス系のヒーローが追加されるところ。このほかにもStorm Drakeや追加スキンがリリースされるようです。

ff37a8362439ff705a391b39ab151c351485998497
↑ここまで可愛いヒーローが多かった本作ですが、Zandoraに関してはかなり微妙。しかしオーラで味方を回復する近接ヒーローということで人気は出そうです

Zandoraはどんなヒーローかというと、殴りながらオーラで味方を支援する近接サポートです。Twitch配信をしているEVILDRAWINGが「味方をヒールできる近接ヒーローをやりたい」「AislingみたいにAIに頼るやつはダメだ」と言っていましたが、彼にとって理想的なヒーローが登場することになりました。

スキルアップデートによって仕様は変わりますが、基本的にはダメージ上昇(RMB)、移動速度上昇(E)、回復(E)の3つのオーラを使い分けながら戦います。 回復はHoT(Healing of Time)なのでAislingと同じようなポジションですね。アップデートのたびにNerfされるAislingよりも長期的に安定した戦力になるんじゃないでしょうか。

unclethrash at 16:13|PermalinkComments(0)Gigantic 情報