白熊行政書士の元気が出るブログ

白熊行政書士の日常から読んでくれた人が元気になるようなトピックを選び日記風に綴ってゆく。。。。そんなブログにしたいと思っています。

週末の白熊行政書士

暑い日が続きます。 今日は特に蒸します。
白熊行政書士も、ベランダ側のガラス戸を完全に
明け放して、かつ、扇風機を弱・首振りで使って
います。 

5月21日(日)久しぶりにゆっくりとした日曜日でした。
いつもより、1時間ぐらい遅く起きて、軽く朝食。
その後、Qoo太郎を連れて、長い方の散歩。
白熊行政所書士のうちを右に出て、高圧鉄塔の
下を自衛隊の基地に沿って500~600メートル
歩き、右に入って、水辺の公園へ。 この公園の中を
戻る感じでずっと歩いてゆきます。 坂を下りると貯水池
があり、たくさんの鯉や亀がいます。 パンくずをあげて
いる人もいます。

ゴールデン・ウィークは、帰京した若い家族や、その連れの
おじいさん、おばあさんがいっぱいで、みんなパンくずを
あげるので、白熊行政書士が、孫娘とQoo太郎と一緒に
パンを持って行きましたが、鯉や亀もお腹いっぱいのせいか
余り出て来ませんでした。 余談です。

Qoo太郎は坂を下りないで、そのまま真っ直ぐ公園を突き
抜けて、白熊行政書士がいつもそこから乗るバス停の方へ
歩いてゆきました。 まっ良いかと、白熊行政書士もお付き合い。
バス停からバスのターミナル(バスの溜り場?)の横を抜けて、
いつもの通勤路を逆に歩いて戻ってきました。 所要時間35分。
うっすらと汗をかきました。

それから、家内の要請で庭仕事。 玄関の横の伸びすぎた生垣
のトリミングと、鬱蒼としてしまった木々の裾刈り。 1時間弱で
終了。 手にひっかき傷(蔓バラが犯人です)を作り、ちょっと日焼け
しました。 外は暑かったので汗ダラダラ。 シャワーを浴びて、着替
えをして一服。

白熊行政書士がめずらしく昼食を作りました。 単に腹が減っていた
だけですが。。。。と、言っても冷凍のチャーハンに冷ご飯を加えて
野菜を加えただけですが、十分2人前が出来ました。 家内と一緒
に食べました。 ん~~~~まっ!!!

午後は、Qoo太郎を連れて、家内と一緒に施設に入っている義母
のところに行きました。 知り合いから頂いたおいしいミカンを持って。
義母は元気でした。 車いすに乗せて、Qoo太郎も一緒にみんなで
施設の周りを散歩をしました。(その前にQoo太郎と一緒に下見を
していましたので、同じルートの2回目の散歩でした。)

夕方、又Qoo太郎とルーティンの散歩に出掛け、本当に散歩ばかり
していた一日でしたね。

普段事務所であまり身体を動かすことがないので、休みの日には
身体を動かした方が調子が良いような気がします。
リフレッシュした日曜日でした。

読書

「朴槿恵の真実」 呉善花 文春新書 半分まで来ました。
なかなか面白いです。

「検索エンジンがとぼっきりの客を連れてきた!」  佐々木俊尚 
ソフトバンク・クリエイティブ もう少しで読了。
この本も、白熊行政書士が開業した頃(6年半前)に読んだ本で
再読用に取っておいた本です。 当時は何のことか良く理解できず
何となく取っておいたわけですが、今回読み直してみると、内容は
十分すぎるほど理解できます。 結構インターネットを使ったマーケ
ッティング・営業活動の本質をついていると思います。取っておいた
勘は当たっていたと思っています。 勉強になります。

白熊行政書士 拝






『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』

おはようございます。
今日も朝から仕事です。 ゆったりしたペースでやろうと
おもいます。

一昨日、近所の本屋さんで『儒教に支配された中国人と
韓国人の悲劇』 ケント・ギルバート 講談社+α新書を買い
ました。 昨日、仕事で神奈川県/平塚に行きましたが、その
往復の電車の中で一気にこの本を読み終えました。

この本20万部以上売れているようです。 話題になった本は
一応仕事がら読んでおこうということで読んだわけですが。。。
内容的には、今まで書かれている中国人論、韓国人論と
大きく異なるところは有りませんが、これを日本通とは言え
宗教・価値観が異なるアメリカ人が書いたというので、話題に
なっていると思います。
我田引水の中国人・韓国人、違うと思っても自己表現・自己主張
の下手な日本人。 そんな構図の中で、ロジカルな?アメリカ人
インテリが、ズバッと言い切っている。 非常に説得力がある
(少なくともストレスが溜まっている日本人にとって)本だと思い
ます。

中国人・韓国人のメンタリティは勿論、その歴史にも非常に興味
を持っている白熊行政書士にとっては、このテーマの本を継続して
読み、勉強して行きたいと思わせるに十分な内容でした。
このテーマの本は、何冊か在庫があるので、まずは、そこから。
近いうちに新しい本を買い足しておこうと思います。

「朴槿恵の真実」 呉善花 文春新書 を読み始めました。

白熊行政書士 拝

黙々と仕事の日々

だんだん暑くなってきましたね。

ブログに書くほど?刺激的なことも余りなくて?地味~~~に
毎日仕事をしております。

と、言いながら、5月は行政書士にとって、総会の季節です。
5月13日(土)は、千葉県行政書士会東葛支部の支部総会。
白熊行政書士は、引き続き、支部の役員をすることになりました。
今までは、監察部(新呼称:市民相談部)に所属、それから、柏地区
担当幹事という役割でした。 今年の役割はもうすぐ開催の役員会で
決まります。

5月27日(土)は、千葉県行政書士会の定期総会です。今年は
会長選挙の年で、関係者はピリピリ。 白熊行政書士は、総会の
裏方でお手伝いをすることになりました。 もめないで、スムーズ
に、かつ効率的かつ、実りのある総会になれば良いと思っています。

さて、仕事の方ですが、お客様の都合(工場の設計変更)で、中断
していた、産業廃棄物中間処理業の許可の案件が再開。 頻繁に
神奈川県庁やお客様の事務所にお邪魔して、打合せをしております。
今日ももうすぐ出かけます。 来月半ばに申請書を提出すべく最後の
詰めを行っています。 本件はまだまだ先がありますので、気長に
気を緩めずにやってゆくつもりです。
(その後環境省の広域認定を取得する予定です。)

運輸関係の仕事ですが、「一般貸切旅客自動車運送事業の新規許可/
更新のための法令試験」対策に関して、問合せが急増。 白熊行政書士
がネット販売しているテキスト+問題集の売れ行きも上々。全国の
運輸関係専門の行政書士の先生方からも問い合わせ、連携の提案
などがあり、実は、この件が一番多忙の原因となっています。
新しい、本を作って販売しようともしております。なかなか時間が取れず
中断していますが、1か月以内にはなんとか恰好を付けたいと思って
います。

先月、インド人のご夫婦の帰化申請を千葉地方法務局に出しましたが、
このご夫婦(50代です)は、帰化を前提に自分の資産等の整理(資産も
帰化させる?)を開始されており、その相談に乗って欲しいとの要請が
あり、今度は一友人として?行政書士業務とは関係の無い、会社関係
や銀行の手続きなどのアドバイスをしています。(日本人からしたら、
日常の手続きの話が主ですが。) 来週一度訪問の予定です。

他に、行政書士稲門会、柏市国際交流協会、柏商工会議所などの
イベントに参加したりして、いろいろ忙しく頑張っています。
風邪が治ってからはエンジン全開で、ちょっと疲れ気味の白熊オジサン
です。

本の話。
『税理士・会計事務所が儲けるしかけ』 太田良児 同文館出版 3度目
読了。 開業の頃読んで、再読の棚に入れて、再読しその後、再再読の
棚に入れていた本です。 なかなかの本で、白熊行政書士も振り返って
見ると、内容は忘れていたと思っていたのですが、かなりこの本から影響
を受けていたことを実感しました。 もう再々再々読は良いと思います。

『超 営業法』 金森重樹 PHP研究所 3度目読了。上記と全く同じです。
自分に強烈な発破をかけてくれた本です。この本のお蔭?で、現在は
節税対策を真剣に考えなければならないところまで来ることができたと
思っています。 金森さんは、ある意味尊敬しますが、少々白熊行政書士
とは人生観が異なるため、白熊行政書士は、金森さんの本の内容を、
参考にし、自分なりに加工・修正しながら実践してきたつもりです。
基本的に素晴らしい本だと思います。 金森さんの本は、再再読の棚に
数冊入っていました。あと1冊も再々々読の予定です。 近々。

昨日、久しぶりに近所の本屋(柏の新星堂)に行き、「儒教に支配された
中国人と韓国人の悲劇」 ケント・ギルバート 講談社α新書と、「労基署
は見ている。」 原論 日経プレミアシリーズを購入。 移動のバス・電車の
中での読書用です。

白熊行政書士 拝








livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ