タイトル通り、いつもくだらないことを考えているSSKの時間です。
みんな夏バテしてないかな?熱中症は大丈夫かな~??

SSKは先月30歳になりました!!

三十路!!!
なんか達成感すごい!!! 

ハーフ還暦だからなんかくれよって友人にねだったら
ピンクのマシュマロをひとつくれました。

赤になるにはまだ早いってか。。。

毎回毎回、早く本田翼ちゃんにならないかなあと願って、遂に30歳になりました。
引き寄せの法則というものを聞きかじったのでしつこく言ってたら、
先日になって主人が「なんか似てきたんじゃない?」って

なに洗脳されてんだ(ドン引き)


そんなのんびり屋の主人と輪をかけて人畜無害顔の息子(またの名をうポケ)ですが、
今回のブログは好感度UP狙いの赤ちゃんと猫のほのぼのブログですよ!(導入が下手)




 そもそも実家猫は室内飼いでぬくぬく育てられた甘ったれ野郎(去勢済み)なので
大人世帯に突如やってくる子ども(姪甥)がきらいでした。

大人のことは物陰からじーーーーと観察するのですが、
子どもという予測不能な塊に対しては逃げて隠れて出てきません。

お気に入りの狭くて薄暗い隠れスポットを転々としながら息をひそめています。

そんな猫ですが息子に対しては生後すぐから一緒にいて定期的に会うおかげで
「うるさいのお。。。」という顔をしつつそばに寄ることを許してくれる状態です。

1808_ssk01


ハイハイという機動力を得た頃は、急に寄ってくる息子にぎょっとしたのか
距離を置く姿も見られましたが、いまでは“そういうもの”と認識してくれたようです。

え、よく考えたらうちの猫、賢くない??

しつこいと猫パンチを喰らっていますが、爪を出さないので
小気味いい音でスパーーーーーンと肉球で叩かれています。

それ以上したら叩くぞ?ほんとに叩くぞ??と少し待ってくれてからのスパーン。

え???もしかして、猫、ちょう優しくない??


1808_ssk02

息子も懲りないのでわりと毎回ハラハラして見守っています。


猫をお好きな方、猫を飼われてる方はご存じだと思いますが、
猫は鼻と鼻をちょんとくっつけて挨拶(通称鼻チュー)します。
人間にも好意を表す意味でチョンと鼻を充てて顔をこすりつけてきます。

※猫には人に感染すると病気になる菌を持ってる場合もあるので
 安易にしてはいけません、気を付けましょう。

実家猫は息子にも鼻チューをしてくれますが、
どちらかというと様子をチェックする意味でしてると思われます。

1808_ssk03

これは完全に息子から求めてますね。

ハイハイで追っていくとスルリと逃げられているので、
実家猫のお尻の*を見送るシュールな息子の光景をよく目にします。

1808_ssk04


息子も1歳を過ぎ、歩く練習の真っ最中です。
これから歩き回り、走り回るようになったら
さすがの実家猫も逃げるようになるのかなあ。。。

関西人の血を引くおかげかおしゃべりなので、
毎日息子との他愛ない宇宙語のおしゃべりを楽しんでいます。

猫の写真を見ると「にゃあにゃ」と言って指差すので、
SSKはせっせと「お母さんは本田翼」と教え込んでいるところです。

主人には「外で言ったらまずいからやめなさい」と言われます。

洗脳が解けた、、、だと???!!