2017年07月05日

人財育成・文化・スポーツ振興特別委員会: 埼玉県の小中高12年間の「確かな学力の育成」へ問題提起

【人財育成・文化・スポーツ振興特別委員会: 埼玉県の小中高12年間の「確かな学力の育成」へ問題提起】

IMG_2503埼玉県議会6月定例会も残り3日となりました。今日7月5日(水)10〜12時、人財育成・文化・スポーツ振興特別委員会(委員長・田村琢実先輩)にて、埼玉県教育局が取り組む事業について説明を受けるとともに質疑応答や提言などを行いました。

■小中学生向けの県独自の「学力・学習状況調査」(2015年度より、小4〜中3までの継続した調査で、2016年度は慶応義塾大学SFC研究所(責任者・中室牧子准教授)へ調査結果の分析委託)
■高校生向けの「協調学習」(2010年度より、東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF、三宅なほみ教授)と連携して取り組む。2016年度までの7年間での高校教員の体験者は約1,960人、全体の24.5%)
■特別支援学校卒業生等の就労支援「チームぴかぴか」(2014年度より、県庁等で非常勤職員として1年間を限度に直接雇用)

小中高の「学習指導要領」が2020年度に改訂予定で、これで戦後9度目。最近では「新しい学力」とか「生きる力」とか「基礎的汎用的能力(ジェネリックスキル)」とかが提唱され、教育行政が目指す「学力」の意味あいが二転三転し進化しつつあります。そこで、私からは政策設計として政策目標を「確かな学力の育成」と定めた場合の「学力」とは何を意味するのか? 子供達の学習態度(意欲)がなにより課題である! そして「アクティブ・ラーニング」の小中導入への期待とともに、技能に走り他者評価を気にして要領よくなる子供が増え、でも本音を隠してズルく生きたほうが救われるのは変ではと疑問。そんな自分に悩む子供が増える現状(小中高生や大学生と本音で語り合える大人が減っている現実)を憂慮する等の所感とともに質問をさせて頂きました。また、以下のような提案を申し上げました。

「埼玉県の教育行政は、入学試験や就職の為の学習に留まらず、つまりテストの成績アップや内定確保ばかりの学習に留まらず、学習に対する興味関心(学習態度)を育成する為に、また基礎的汎用的能力(ジェネリックスキル)を育成する為に、小中高12年間を通じて次のことに取り組むこと。
■第1に、「協調学習」などの、いわゆるアクティブ・ラーニングを積極的に導入すること。
■第2に、職業教育・キャリア教育を体系的に導入すること。
■第3に、政策効果を測る為にも、県独自の「学力・学習状況調査」や「協調学習」の継続とともに、分析方法・アセスメント方法を、民間企業等と連携して早急に確立すること」

沢田力

IMG_2496追伸 八高線・川越線議連の総会も開催され、八高線沿線自治体の連携強化やSL運行の可能性をはじめ、飯能市の宮沢湖に整備中のムーミン・テーマパーク「メッツァ」(2017年6月30日地鎮祭、7月3日着工、2018年秋一部オープン予定、2019年春全面オープン予定)による鉄道利用者増加への期待などについて議員間で意見交換を致しました。

また夕方は、自民党県議団の同期会「新彩会」(2017年度は私が僭越ながら会長を務めます)で、JR川口駅・東口駅前の複合公共施設「キュポ・ラ」(8階の(株)日本保育サービスが受託運営する川口駅前保育園をはじめ、メディアセブン(映像・情報メディアセンター)、中央図書館、かわぐち市民パートナーステーション、そして川口駅前行政センターとホテル・オークラが委託運営する宴会場フレンディア)を見学させて頂きました。

その後の懇親会へ駆け付けて下さいました、元自民党県議団長の川口市長・奥ノ木信夫先生をはじめ、ご案内頂きました同期の立石泰広先生(川口市選出)、川口市役所や指定管理者の皆様のご協力に、心より感謝申し上げます。  

2017年07月04日

中小企業振興基本条例でまちづくり、深谷市・吉川市・墨田区に学ぶ

IMG_2488【中小企業振興基本条例でまちづくり、深谷市・吉川市・墨田区に学ぶ】

今日7月4日(火)、昨日の常任委員会の委員長報告の取り纏めなど県庁で打合せの後、JR北与野駅前の「新都心ビジネス交流プラザ」で勉強会に参加いたしました。講師は、植田浩史・慶應義塾大学経済学部教授をはじめ、吉田二郎・深谷市産業振興部長、中原恵人・吉川市長、そして浜野慶一・(株)浜野製作所代表取締役の4人。

信用金庫の預貸率にみる地価高騰依存の地域経済への警鐘をはじめ、商工業のみならず観光・農業・福祉などとの連携の必要性、そして具体的な事例として3自治体の取組みなどが生々しく、そしてエネルギッシュに語られました。

途中退席で失礼いたしましたが、基礎自治体の適性規模は? 社会保障や税率はどの程度許容されるのか、その為の議論・合意形成の仕方はどうあるべきか? 認知革命・農業革命・産業革命などの人類の歴史を俯瞰する時、産業構造や時間・距離の観念などが激変する今、地域経済・雇用を支える中小企業・小規模企業の使命はなにか? 人間が生きる(生き残る)為に商行為や技術革新や農作業等はどんな意味を成すことになるのか? お話しを拝聴しながら脳内がグルグルと回転し、思考を深めることができました。

お誘い頂きました、埼玉中小企業家同友会の皆様、ありがとうございました。

沢田力
  

2017年07月03日

環境農林委員会: 熊谷・深谷のネギを食べる「重要病害虫」対策などしっかり予算審議、太陽光発電助成事業を自己検証したものの投資効果が曖昧な現実

【環境農林委員会: 熊谷・深谷のネギを食べる「重要病害虫」対策などしっかり予算審議、太陽光発電助成事業を自己検証したものの投資効果が曖昧な現実】

本日7月3日(月)10時〜15時30分、私が委員長を務める「環境農林委員会」が開かれました。執行部より提出された補正予算案のうち、環境部・農林部関連として次の3件を審査しました。

■秩父高原牧場に20年ぶりに高額予算(1億円弱)を投じてのハム・ソーセージ等の畜産物の直売場やイートイン施設、動物ふれあい施設(羊・山羊)などを整備して、年間来場者が48万人から54万人へ6万人増加すると期待していること。

■県立寄居林業事務所の採取園に0.49億円を投じて温室1棟・倉庫1棟を整備しカエデ苗(在来種の中で樹液・メープルシロップの原料をより多く出る品種を交配・選抜等をする研究)やスギ苗(早期成長・少花粉の品種を育成する研究)を取り組み、埼玉県内の再造林を促進すること。

■2014年10月以降、毎年熊谷市・深谷市の一部で発生しているネギ・ニンジンの根に発生する「重要病害虫」(クロバネキノコバエ科の一種)の防除(予定では590haの農地へ薬剤散布による防除)とネギの皮などの残渣を焼却(予定では2,500mt)する費用として0.84億円投じること(2017年度は既に予備費で対応していること)。

この他、次の点につき活発な議論がなされました。

■農林部の人員配置(久喜試験場の果樹研究担当の人員増)をめぐり現場の声が本庁に届いていない現状に対する所管事務調査が行われました。

■環境部・農林部に関連する10施設の指定管理者の報告等(2017年度で指定管理契約が終わる「埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)」(小鹿野町・旧両神村)は、県庁内による廃止の方針決定に従い、民間企業等への売却意向調査を行ってきたが芳しくなく、小鹿野町役場への引き継ぎを協議している等の説明)が行われました。

■「埼玉エコタウンプロジェクト」(本庄市や東松山の387戸で2012〜14年度に県費0.66億円を投じて展開されてきた太陽光発電助成事業)について、買電減と売電増などの実績値に基づく費用対効果(といっても、太陽光がある95戸等の2015年度の単年度のみの実績値など)の検証結果が報告されました。

沢田力  

2017年07月02日

いよいよ東京都議選が投開票: 現状を拒否=都政・都議会改革に期待

小池圧勝【いよいよ東京都議選が投開票: 現状を拒否=都政・都議会改革に期待】  

Posted by unehistoiredebleu at 23:15Comments(0)政治改革 

2017年07月01日

荒川・利根川が渇水!? 取水制限のリスク増大

IMG_2486【荒川・利根川が渇水!? 取水制限のリスク増大】

IMG_2484日照りのときは涙を流し、寒さの夏はおろおろ歩き・・・渇水に備えて6月27日(月)に利根川水系渇水対策協議会分科会(国・関係都県などで構成)が開かれ、29日(水)に荒川水系渇水調整協議会分科会(国・埼玉県・東京都などで構成)が開かれ、情報共有や取水制限の準備などを確認しました。

30日(金)には埼玉県渇水対策本部幹事会(県庁内の関係課長などで構成)が開かれ、来週7月4日(火)には利根川水系渇水対策協議会幹事会及び荒川水系渇水調整協議会が開催され、これらを受けて埼玉県渇水対策本部が設置される予定です。

■利根川水系8ダム
利根川水系には8ヶ所のダムがあり、水資源機構が管理する矢木沢ダム(1967年・群馬県みなかみ町)、奈良俣ダム(1990年・みなかみ町)、下久保ダム(1968年・群馬県藤岡市・埼玉県神川町)、草木ダム(1976年・群馬県みどり市)、また国交省が管理する藤原ダム(1957年・みなかみ町)、相俣ダム(1959年・みなかみ町)、薗原ダム(1965年・群馬県沼田市)、渡良瀬貯水池(1989年・埼玉県加須市など)。これらを合わせた満水容量は4億6,163万㎥。7月〜9月の夏季制限容量は3億4,349万㎥。

今年1月〜5月の降水量は平年比88%、6月は平年比50%で、6月28日(火)現在の貯水量は2億6,569万㎥(平年比82%)。

■荒川水系4ダム
荒川水系には4ヶ所のダムがあり、水資源機構が管理する浦山ダム(1999年・秩父市)と滝沢ダム(2007年・秩父市)、また国土交通省が管理する二瀬ダム(1961年・秩父市)と荒川第一調整池(2003年・さいたま市桜区〜戸田市)。これらを合わせた満水容量は14,420万㎥。7月〜9月の夏季制限容量は8,160㎥〜6,560万㎥。

今年1月〜5月の降水量は平年比68%、6月に入って降雨が少なく平年比34%と激減し、6月28日(火)現在の貯水量は5,426万㎥(平年比67%)。

沢田力  

2017年06月30日

秩父にある県立牧場と日中友好施設を視察

IMG_2431IMG_2433IMG_2434IMG_2441【秩父にある県立牧場と日中友好施設を視察】

埼玉県議会6月定例会も10日目、議案調査日を活用して議案・行政報告などに関連する県有施設「秩父高原牧場」(東秩父村)と「埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)」(小鹿野町・旧両神村)を視察して参りました。

IMG_2463IMG_2465IMG_2476県議会環境農林委員会の委員長として、権守幸男・副委員長(公明党所属、春日部市選出)とともに。

ご案内頂いた、岩宏先輩(自民党所属、横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村選出)や県庁職員の皆様に感謝申し上げます。

IMG_2481IMG_2484沢田力  

2017年06月29日

県立農業大学校跡地問題: 鶴ヶ島JCT周辺に先端産業のR&Dなどの集積を

【県立農業大学校跡地問題: 鶴ヶ島JCT周辺に先端産業のR&Dなどの集積を】

埼玉県庁は「農大跡地利用推進本部」を設立し、圏央道鶴ヶ島ICに隣接する県立農業大学校跡地(39.2ha)の利活用を検討しています。

当該用地をめぐって、今日6月29日(木)夕方、「自民党県西部未来産業集積推進懇話会」(会長・長峰宏芳県議、鶴ヶ島市選出)を設立しました。

開発エリアを関越道との交差する鶴ヶ島JCTを中心に四方に範囲を広げ、政府の支援策(地域未来投資促進法など)を活用する等、未来への事業投資として、建設的な議論ができることを期待します。

沢田力

追伸 
■2010年2月10日付けブログ「県農大 熊谷に移転 13年4月の開校目指す
■2016年4月27日付けブログ「どうなる?埼玉県立農業大学校跡地の土地活用
■2017年4月11日付けブログ「埼玉県立農業大学校の入学式、埼玉農業を担う人材87人へ祝辞」  

2017年06月26日

埼玉県議会「一般質問」2日目: 共産党県議の質問項目に対して、公明党県議が修正を求め、意見調整つかずに「延会」

【埼玉県議会「一般質問」2日目: 共産党県議の質問項目に対して、公明党県議が修正を求め、意見調整つかずに「延会」】

6月定例会一般質問2日目の今日6月26日(月)15時過ぎ、3人目に登壇予定の共産党県議・金子正江氏(越谷市選出)が、小林哲也議長(熊谷市選出)より指名される途中(発言許可の宣告の途中)、公明党県議より「休憩を求める動議」が提出され、公明・自民・無所属県民会議などの賛成多数で可決され休憩になり、「特別な事情が生じたため」、直ちに議会運営委員会が開かれました。

議会運営委員会で、公明党県議より次のような主旨の発言がなされました。
(1) 金子正江氏の「発言(質問)通告書」が本日13時の再開時に議場で初めて配布され、そこに「1.知事の政治姿勢について」「(2)内心を処罰する違憲立法=共謀罪法は廃止すべき」との質問項目が記載されていることを初めて知った。
(2) このような名称の法律は存在せず、「まやかしの名称」を使用することは不穏当であり、県議会に汚点を残す恐れある。法律の正式名若しくは略称にすべきである。

これを受け、共産党県議より新聞各社などが「共謀罪法」との表現を用いている事実があること、このような表現を用いることには一定の根拠があること、また一般質問の直前に休憩動議が出され休憩したことは前例がなくむしろ県議会に汚点を残すこと等との発言がありました(本会議場における議事整理権は議長にあり、賛否を問い休憩することは可能です)。さらに、民進党・無所属の県議より、発言通告書の修正を求める公明党県議の提案に関して、違和感を感じる旨の発言がありました。

自民党県議団としては、これらを受け、議会運営委員会の「暫時休憩」を求めました。休憩中に議会運営委員会の正副委員長より共産党と公明党の双方に対して意見調整がなされましたが妥結に至らず、本日の議会日程終了時間の17時を迎え、議会運営委員会も本会議も「再開」することなく、「延会」(=予定していた議事日程が何等かの事情で消化できない場合、議題を別の日に改めてその日の議会を散会とすること)となりました。

明日6月27日(火)午前9時30分より議会運営委員会を「再開」し、金子正江氏の発言通告書の取り扱いに関して整理のうえ、金子氏の質問日時を再調整する運びとなりました。明日は10時・13時・15時から当初の予定通りの3人の質問者が登壇することに、現時点では変更ありません。

沢田力

追伸 たった今、中学3年生の藤井聡太四段が29連勝達成! 30年ぶり歴代最多の連勝記録を更新。  

2017年06月25日

日本ALS協会・岡部宏生会長をはじめ、埼玉県内のALS患者さん・ご家族と貴重な意見交換

IMG_2415今日6月25日(日)13時〜、難病ALS(筋委縮性側索硬化症)の患者さんやご家族の方々をはじめ、地元の丸木雄一先生(埼玉精神神経センター理事長)などと意見交換する会場へ。日本ALS協会の岡部宏生・会長(2016年〜)のご講演「私の在宅療養生活」を拝聴いたしました。

1958年生まれで中央大学出身(馬術部所属)の岡部氏は、とてもダンディーな雰囲気の方です。2006年に発症し、3年半後に人工呼吸器を付ける。建設業に従事されていましたが、発病後は「NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会」勤務を経て、2010年から介護事業所「ALサポート生成」を自ら運営されているそうです。

ALS患者・家族をサポートする多職種の人々は、全介助の身体介護、医療的ケア(痰の吸引、経管栄養注入など)、対話に苦労する特殊なコミュニケーションなど、いろいろな役割が期待されています。在宅療養にせよ病院にせよ、それぞれが顔を合わす機会も限られ、連携を促すコーディネーターが重要です。岡部氏は、ご自身の苦労話や国内外を出張する日常を紹介しつつ、それぞれの患者・家族に寄り添い、境を越えて、共に生きる、共に在ることを力強く訴えられました。

なお、質疑応答では、県内在住のALS患者の米田さんが実にユニークな質問をされました。「岡部会長さんみたいに、いい男になるにはどうしたらいいのでしょうか?ただ今の講演を聞く限り、哲学者になること、心が豊かであることだと思いましたが、残りの半分はなんでしょうか? いつも美人のヘルパーに囲まれている岡部会長さんが羨ましく、私も次期会長を狙っているので教えて下さい(笑)」と。会場内が一瞬にして笑いに包まれました。岡部会長の答えは「やぶれかぶれに行動することです」と、これまた格好よかったです。

沢田力

映画「ギフト」ポスターtitle追伸 ALS患者が主役のドキュメンタリー映画「ギフト 僕がきみに残せるもの」が、今年8月19日(土)から都内で上映されます。元アメフト選手のスティーヴ・グリーソンは、ALSであることを告知された直後、妻の妊娠を知り、生まれてくるわが子に対して、約4年間、計1,500時間に渡るビデオ日記を撮影し続けます。ぜひご覧ください!  

2017年06月19日

埼玉県議会6月定例会開会・・・馳浩・前文科大臣も太鼓判の元文科官僚の小松弥生氏が就任で県議会同意、東京2020オリパラ経費負担を巡り議会決議も

携帯電話から 006IMG_2392大宮公園に「スタジアム・アリーナ」整備を・・・馳浩・前文科大臣、牧原秀樹代議士らと意気投合。埼玉県教育庁に小松弥生・元文部官僚就任に馳氏も太鼓判。

埼玉県教育長に元文科省幼児教育課長等を歴任した小松弥生氏(1959年生まれ、58歳)の就任を、埼玉県議会本会議で全会一致で合意・・・文部官僚の早稲田大学等への天下り問題で揺れた今春のゴタゴタを受け、また上田清司・埼玉県知事が文科省の友人を通じて小松氏へ就任要請をした等のプロセスの不鮮明さを解明する必要性もあり、埼玉県議会2月定例会で上程されていた人事案件について、今日6月19日(月)の6月定例会初日にようやく解決。

偶然にも、今晩は馳浩代議士(1961年5月生まれ、56歳。前文部科学大臣・自民党スポーツ立国調査会会長)を大宮へお招きしての「牧原ひできフォーラム スポーツで日本を元気にする。」を清水園で開催。馳・前大臣の口からも、小松氏は、前川喜平・前事務次官(1955年1月生まれ、62歳)に次いで審議官(文教担当)となった夫の小松親次郎氏(1956年生まれ)とともに優秀である、とのお墨付きのお話を伺いました。

IMG_2405なお、埼玉県議会では、東京都庁の自治事業である「東京2020オリパラ」の運営経費などに関して、他県が拠出することは地方財政法に抵触する恐れあり、埼玉県庁が適切に対応するよう釘を刺す決議を賛成多数で可決しました。

IMG_2411先月5月31日、東京都庁や政府は、大会組織委員会や都外に会場がある7道県4政令市とともに連絡協議会を開催し、総額1兆3,850億円の費用分担の大枠で合意。自治体の役割は、立候補ファイル(2013年1月)と大会開催基本計画(2015年2月)に示された原則の確認に留めたことで歩み寄り、東京都庁が350億円と試算した自治体の負担を先送りすることで全会一致で合意。「先送り」の合意に対して、東京都議会議員選挙告示の直前でもあり、埼玉県議会の団体意思を示す意図があります。

沢田力

追伸 ご参考まで、スポーツ庁内に「スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会」が1年前の2016年6月に設置され、2016年11月に「スタジアム・アリーナ改革指針」公表、2017年5月に「スタジアム・アリーナ整備に係る資金調達手法・民間資金活用プロセスガイド」公表、更に2017年6月に「スタジアム・アリーナ改革ガイドブック」公表など、これまで取り組んできているそうです。

■スポーツ庁、スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会(2016年6月〜)
鈴木大地(スポーツ庁長官)、坂井文(東京都市大学教授)、赤羽貴(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士)、長谷部健(渋谷区長)、 林文子(横浜市長)など

■スポーツ庁、スタジアム・アリーナ ガイドライン策定ワーキンググループ(2016年9月〜)
坂井文(東京都市大学教授)、盒粁莽(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士)、土屋光輝(有限責任あずさ監査法人スポーツアドバイザリー室/パートナー)など

■スポーツ庁、スタジアム・アリーナ整備に係る資金調達手法・民間資金活用検討会(2017年2月〜)
浅井忠美(日本政策投資銀行地域企画部長)、盒粁莽(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士)、土屋光輝(有限責任あずさ監査法人スポーツアドバイザリー室/パートナー)など  

2017年06月18日

大宮区ソフトボール大会で始球式、そして人工透析患者・家族の皆さんと意見交換など

IMG_2390今日6月18日(日)の大宮は曇り、早朝より第二東中で大宮区ソフトボール大会へ。始球式にて、諸先輩が見守る中、無事に成し遂げました。もちろんストライク。

19275285_1371481372939869_3939064404500350924_nその後はNPO埼腎友の総会へ、人工透析患者・家族・クリニックの皆様へ、単価抑制・日数縮減が難しい中でも重症化予防の必要性、そして基礎自治体などによる災害時の対応の万全性などについてご挨拶させて頂きました。

沢田力  

2017年06月17日

環境農林問題と格闘する女性経営者・石坂典子さん講演、そして氷川参道イルミネーション開始

IMG_2373【環境農林問題と格闘する女性経営者・石坂典子さん講演、そして氷川参道イルミネーション開始】

本日6月17日(土)午後、全国的に注目される女性経営者の石坂典子・石坂産業(株)代表取締役をお招きした勉強会に参加。

1999年の所沢ダイオキシン騒動、売上25億円で40億円の設備投資や人材育成の徹底、そして事業継承を巡る父親との大喧嘩などを熱弁。産業廃棄物の100%再資源化を目指し、事業縮減を厭わず事業継続を優先する決断、まさに由利公正の「突破力」を感じさせる心意気を感じました。同社の環境教育施設「くぬぎの森交流プラザ」(埼玉県所沢市下富森ノ際134−1)を訪問したいと思います。

IMG_2378勉強会の直後、氷川参道「平成広場」へ。地ビール「氷川ブリューワリー」が新作のStrong Ale「Mizuki」を限定販売。一杯600円の新作をご厚意でラップして頂き、お持ち帰りしました。

IMG_2381ところで、今晩から氷川参道に「夢の力」と題したイルミネーションが点滅します。今晩から10月15日(日)まで4か月間も続きます。10月21・22日の「埼玉WABI SABI大園会(仮称)」や10月28日の「明治天皇御親祭150年祭」の直前まで。全国1.5万人の、40歳以下の青年実業家が所属する日本青年会議所。その第66回全国大会が埼玉県で初めて今年2017年9月28日(木)〜10月1日(日)に開催されます。しかも主幹事は、私が卒業した埼玉中央JC。しかも大宮ソニックシティなどが舞台です。

IMG_2376県内の若手経営者の息遣いが伝わるイベントへ、氷川参道のイルミネーションや今秋のJC全国大会へ、ぜひお出かけください!

沢田力  

2017年06月16日

NHK『ブラタモリ』、いよいよ大宮駅が舞台!7月1日(土)放送予定、本日6月16日(金)解禁

ブラタモリ1【NHK『ブラタモリ』、いよいよ大宮駅が舞台! 本日解禁】

今年5月、大宮駅周辺で、タモリさんとTV撮影クルーを目撃したとの怪情報や噂がひろまっていました。

ブラタモリ2その後、JR大宮総合車両センターや県立文書館などの関係者の方々と雑談している折、撮影された事実を確信しました。しかしながら、「放送2週間前の今日6月16日(金)が解禁日ですから、それまで内緒ですよ」と釘を刺され、止む無く黙っておりました。

なんと、いよいよ大宮駅や氷川神社などがNHK総合『ブラタモリ』の舞台になります!今から楽しみです。

沢田力

ブラタモリ3追伸 NHKの告知

#77 大宮 〜なぜ大宮は 鉄道の町になったのか?〜
総合 2017年7月1日(土)午後7時30分〜8時15分

ブラタモリ、さいたま・大宮へ!

埼玉県の大宮といえば、巨大ターミナル・大宮駅と『鉄道博物館』で知られる“鉄道の町”です。でも明治の中ごろ、最初に鉄道が敷かれたとき、実は大宮に駅はつくられませんでした。ではどうして、現在のような日本を代表する“鉄道の町”になったのでしょうか?大宮の意外な真実を、タモリさんがブラブラ歩いてひも解きます。

まずは、初詣には200万以上の参拝客がやってくるという氷川神社へ。神社の建っている地形を見れば、そもそも大宮がどんな土地なのか分かるというのですが・・・神社とかつての宿場町を歩いて判明した、駅が「つくられなかった」理由とは?

大宮はなんと、大正から昭和のはじめにかけて、軽井沢や箱根に匹敵する「リゾート地」だった・・・って本当?駅を誘致するための壮大なプロジェクトの痕跡は、公園の「石」だった?

さらに、住宅街の一軒の民家をたずねたタモリさん。ベランダで見つけた「大宮の運命を決定付けたポイント」とは?そして巨大な鉄道整備工場へも潜入!次々に登場するお宝にタモリさん大興奮!  

2017年06月15日

東京五輪1000日前イベントで、なぜか大宮公園で「WABI SABI大園会」の不思議・・・そんな大宮公園で朝、人気アイドルと口琴で「輪になって踊ろう」をライブ演奏

19204954_276372922827127_962620137_o【東京五輪1000日前イベントで、なぜか大宮公園で「WABI SABI大園会】の不思議・・・そんな大宮公園で朝、人気アイドルと口琴で「輪になって踊ろう」をライブ演奏】

2020年東京五輪へ向けて埼玉県庁が、大宮公園を舞台に1000日前イベント「埼玉WABI SABI大園会(仮称)」を、予算約28百万円投じて企画中・・・6月15日(木)夕方、さいたま市内選出の県議と県庁地域機関の方々との恒例の勉強会。今秋から始まる「大宮公園グランドデザイン検討委員会」をはじめ、オリ・パラ開催準備などについて意見交換を行いました。

IMG_2371埼玉県内でのオリンピック・パラリンピック開催へ向けて、認知度アップなど盛り上がりを期待しての企画のはずですが、なぜかインバウンド向けに「侘び・寂び」の意味不明の「大園会」を開催するとのこと。日本語の乱れを行政が率先して行うことに対する怒りとともに、事業コンセプトや内容をもっとしっかりして頂くよう指摘させて頂きました。

2017年10月21日(土)・22日(日)、ボートが浮いていないボート池の畔で、なぜか野点(のだて)や盆栽鑑賞、横のステージではガンガン鳴り響く和太鼓、観客は行政関係者などパラパラ・・・いかにも侘しく、寂しい、シュールでブラックな公共事業を連想しました。

pht_003明治元年10月28日、 明治天皇が氷川神社へ行幸なされてから、今秋で150年が経ち、2017年10月28日(土)には「明治天皇御親祭150年祭」が執り行われる予定です。その1週間前の県庁によるイベントです。丸投げされた業者も頭を捻っているでしょうが、もっとがんばれ県庁職員!

沢田力

追伸 改正組織犯罪処罰法が参院本会議で成立した6月15日(木)朝、大宮公園で「口琴(こうきん)」の練習をしていたところ、人気アイドルとTV撮影クルーが立ち寄りました。びっくり! 記念に「輪になって踊ろう」を一緒に演奏しました。  

2017年06月13日

東京都議選まで10日、東京JCが新橋駅前で公開討論会

IMG_2367【東京都議選まで10日、東京JCが新橋駅前で公開討論会】

埼玉県議会6月定例会は、6月19日(月)〜7月7日(金)の予定です。ところで、東京都議選が23日(金)告示、7月2日(日)投開票の予定で、東京JCが東京23区で公開討論会を企画中です。今晩は新橋駅前SL広場で雨の中、がんばっていました。お疲れ様です。

沢田力

追伸 港区内では2020年に山手線新駅開業、2027年にリニアモーターカーが品川駅開業など、もの手戦の

<公開討論会の式次第:18時〜20時30分>
・和太鼓パフォーマンス(和太鼓リズムカンパニー・和太鼓JZ)
・大学生代表によるミレニアムズディスカッション(新世代「ミレニアムズ」と6人の立候補予定者との討論バトル)
・公開討論会(6人の立候補予定者+コーディネーター・経済評論家上念司氏)

<討論テーマ>
・若者世代への政策
・手ぶらで行ける期日前投票
・待機児童問題の根本的解決策について
・小池都政について
・受動喫煙対策について
・都心部の空き家問題  

Posted by unehistoiredebleu at 20:46Comments(0)TrackBack(0)政治改革 | 議会発言・日程

2017年06月11日

大宮区役所新築現場で四股を踏む〜1,400人が人文字になって手作り「地固め祭」〜

IMG_23652年後の2019年5月7日(火)、大宮区役所が県税事務所跡地に誕生予定。今日6月11日(日)14時〜、市民1400人程が参加して「地固め祭」を行いました。人文字の中、私は「大宮(桜)2017」の「0」の左下の辺りに居ます(笑)。ついでに四股も踏みました。沢田力

IMG_236219059118_303033553476355_5703882788625137645_nIMG_6632追伸 政令指定都市の市長や市議会議員、それに市役所職員の皆様、2019年開設以降、ぜひ大宮区役所をご視察ください。ついでに大宮に一泊して懇親を深めましょう。  

2017年06月08日

石川・滋賀・大阪視察報告(3日目): JT生命誌研究所で生物学者・中村桂子先生に学ぶ

0170607at45_t「人類の進歩と調和」をテーマに、1970年の大阪万博(日本万国博覧会)が開催され47年が経つ。8年後の2025年に再び大阪万博を開催すべく、昨日6月7日(水)に誘致運動のロゴマークが発表されました(添付写真は、経産省にて世耕弘成・経産相のほか、榊原定征・誘致委員会会長と松井一郎・大阪府知事)。2025年のテーマは「人類の健康・長寿への挑戦」。人類はどこまで進化し、今後どうなって行くのか、神秘に包まれていますが、政治行政に携わる人にとっても欠かせぬ、大事な問い建てです。

今回の委員会視察では、石川県庁やヤンマー(株)等が推進する「農業のICT化」(ロボットファーム)の最新技術を学ぶとともに、滋賀県庁が70年間進めてきた琵琶湖周辺の干拓・治水事業などを見直して、魚の産卵繁殖場として昔のように水田や用水の在り方を復元している現状を知りました。環境や農業を取り巻く技術、その進歩とはなんなのか考えさせられます。

JT生命誌研究館1そして今日6月8日(木)午前、大阪府高槻市の「JT生命誌研究館」へ。生物学者の 中村桂子先生(元三菱化成生命科学研究所人間・自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授など)に、演題「人間が生き物であることの再確認」で45分間もご講演頂きました。その後、施設内の展示を、ボランティアのご説明とともに拝見。

 中村先生はご講演の中で、福島県喜多方市教育委員会が中村先生のご助言を得て、市立小学校19校において、2007年度から「総合的な学習の時間」として展開している独自教科「農業科」(年間35時間の農業教育)についてご紹介されました・・・・児童・生徒たちの「生きる力」が格段に成長しているとのこと。ここで言う「生きる力」とは、素敵な笑顔であり、自ら考え行動すること(交渉能力・表現能力・コミュニケーション能力)。幼少期から英語教育やIT教育(コンピューター教育)を薦める雰囲気が蔓延しているも、なにより「人間は生き物である、自然の一部だ」を幼少期より体感し学習することが大切ではないか、と問題提起。

また中村先生は、生命・技術・経済を優先して権力志向になりがちな中、それと逆行して「生きる力」を先ず付けることが大切だと力説。人間だけが出来る能力(想像する力・分かち合う心・世代を超えた助け合い)を、ちゃんと活かしているか疑わしいと憤っておられました。

更に、「地球にやさしい〇〇」とか、「生物多様性が大切」だとか環境保護団体などの方々が主張することがありますが、これは上から目線でおかしくありませんかと、またも問題提起。「人間は生き物である、自然の一部だ」と考え、むしろ「内からの目線」で、本質的に問題を抱える諸課題・・・食べ物(農業・水産業)、健康(医療)、住居(林業)、心・知(教育)、環境、特に水などをベースに据え、社会システムを構築すべきだと説く。

 中村先生はご講演の中で、東日本大震災の直後、東北の漁師や農家の方が語った言葉もご紹介されました・・・・「津波で家族が死んだ。でも、俺は海を憎んでないよ」「原発事故あっても、またツバメが戻ってくるから田んぼに水張るんだ」。生命が地球に誕生して38億年。人類が誕生したのは、ほんの0.65億年前に過ぎません。パリ協定(2015年12月、COP21(第21回気候変動枠組条約締約国会議)で採択合意された、気候変動抑制の為の多国間協定)からの離脱に揺れる米国トランプ政権などの動向もあり、自然、科学技術、近代文明について、やはり熟慮・対話が必要な時と再確認しました。

一昨日・昨日と学んだことは、謂わば 中村桂子先生のご講演へ向けた予習のように感じつつ、帰路のバスや新幹線の中での議員間の対話も弾み、心地よい雰囲気の中で3日間の視察を終えることができました。

沢田力  

2017年06月07日

石川・滋賀・大阪視察報告(2日目): 未来の農業(農機のICT化や魚が産卵する水田づくり)を考える

ヤンマー中央研究所2ヤンマーミュージアム2視察2日目の今日6月7日(水) 午前中は高速道路で福井市から南下し、滋賀県長浜市の「ヤンマーミュージアム」及び滋賀県米原市の「ヤンマー中央研究所」へ。調査テーマは「農業におけるICTの活用について」。

先週、GPS衛星「みちびき」が発射され、GPSを活用したトラクターなどの農業機械(農機)のロボット化が、
益々期待される現在、ヤンマー(株)では、2013年以降、研究開発に取り組んでいます。

18921676_1369198299829400_3662309109800163992_n視察当日は、2013年開始の新技術「スマートアシスト」をはじめ、2014年登場のコンバイン「AG6-7条」、2015年開始の営農支援・機械見守り技術「リモートサポート」、2018年実用予定の「随伴型ロボットトラクター」、そして完全無人化(ロボットファーム)を目標5・6年後と見据えること等について情報交換。

創業百周年を記念して設立された博物館では、ディーゼルエンジン開発の歴史を紐解き、技術ばかりに特化しない、同社が描く「新しい豊かさ」について理解を深めつつ、機械の操作方法などを体験いたしました。

18986698_1615921451786164_1094574596_o18892958_1369198549829375_3339199123122779881_n<ヤンマー(株)の歴史>

■1933年、小型ディーゼル開発

■1966年、ディーゼル耕ふん機開発

■2013年、スマートアシスト
■2015年、リモートサポートセンター開設
■AVリモートセンシング圃場センサーネットワーク
■トラ・コン・田植え機の自動運転技術
■2018年、随伴型ロボトラクター(ロボット農機の時代へ)
■2022・23年(5・6年後)、完全無人化(ロボットファーム)実現

琵琶湖博物館2そして午後は、雨脚が激しくなる中、高速道路を更に南下し、滋賀県草津市の「滋賀県立琵琶湖博物館」へ。調査テーマは「琵琶湖の開発(干拓・圃場整備)と保全・再生について」。

滋賀県庁は、「環境は行政が守るものではない」とのコンセプトの下、開館20周年を記念して博物館をリニューアルし、32人の学芸員などが調査研究を重ねています。

18920398_1369207969828433_7435110763283439369_n視察当日は、滋賀県庁が2001年以降取組む、琵琶湖周辺の「内湖(ないこ)」再生事業をはじめ、フナ等の産卵再生の為の堰づくり「魚のゆりかご水田」事業などの説明を受けるとともに、施設見学を通じて、「懐かしい未来」として今の生活を見直し、未来を描く考え方などを理解いたしました。

18882059_1369198553162708_5842212971529153119_n琵琶湖の周辺には水深1〜2mの「内湖(ないこ)」が、現在33ヶ所・540ha程あります。そもそも昭和初期に41ヶ所・2,972haもあったが、1943〜1971年に食料増産を目的に干拓事業を進む。また1970年以降の減反政策とともに、1972〜1996年には水源開発と治水・地域開発を目的に圃場整備や湖岸堤築造などが進み、それらに伴いヨシ群落や魚類の産卵場所が減少し、琵琶湖の漁獲量も漸減して来ました。

そこで、 滋賀県庁は2001年〜現在、干拓農地の一部を湛水し、2025年を目標に「早崎内湖再生事業」などに取り組み、環境保全整備をはじめ、観察、学習、共助などコミュニティの充実に寄与しているとのこと。

<参考指標>

■埼玉県の面積 3,797ha (滋賀県4,017ha) 
■埼玉県の人口 727万人 (滋賀県141万人)
■埼玉県の田の面積 42,300ha (滋賀県48,500ha)
■埼玉県の畑の面積 34,000ha (滋賀県4,100ha)
■埼玉県の30ha(3反)以上整備済水田率 51.1% (滋賀県84.2%、全国64.3%)
■埼玉県の兼業農家率 66.1% (滋賀県60.5%、全国66.7%) 

沢田力

IMG_2357追伸 本日6月7日(水)に埼玉県では梅雨入り。視察先の北陸・関西方面も同じ。早朝の福井は、幸い雨もなく福井駅まで散歩。北陸新幹線が2022年度に金沢から敦賀まで延伸する予定。駅前には西口に恐竜のモニュメントが連なり、東口には岡田啓介・元首相(1868〜1952年)と、その義弟で私設秘書の松尾傳蔵・陸軍大佐(1872〜1936年)の銅像が立つ。

IMG_23552015年春に北陸新幹線の金沢開通、もう2年経つが、金沢市内ではホテル建設が続き、いまだ好景気だとか。対する福井市内はウィークデイの夜ともなると繁華街はちょっと淋しい感じです。関西方面からの特急が敦賀までに短縮されることも懸念されます。郷土の偉人が見守る中、賑わいを期待したいものです。  

2017年06月06日

石川・滋賀・大阪視察報告(1日目):稲作の省力化へ民間企業と連携して模索する石川県農政に学ぶ

18893443_1368086649940565_8719814546929316177_nIMG_2335私が委員長を務める環境農林委員会で、今日6月6日(火)午後、金沢駅の北側に広がる水田地帯にある「石川県農林総合研究センター農業試験場」を視察して参りました。

IMG_2332アベノミクス「3本目の矢」のひとつ「日本再興戦略」が掲げる、2023年までの目標「コメの生産コストを現状全国平均比4割削減」・・・・稲作の生産コストは農地集積で3割程削減できると統計上推計したが、それ以上のコスト削減は分散錯圃解消や農法・技術の革新が必至。

そこで、今回は低コスト化や省力化へ向け、民間企業と連携して取り組んでいる石川県庁の現場を直撃取材してみました。

IMG_2329■生産コストが50%減になる「密苗」技術 (ヤンマーのトラクターを利用して、苗箱が1/3減、育苗期間が2割減、育苗資材費が1/2減)
■生産コストが20%減になる「直播」技術(コマツのブルドーザーD21を利用して、ハウスでの育苗を省略し農地改良など)
■生産コストが20%減になる「減肥」技術(イセキのトラクターを利用して、超音波センサと電極センサで施肥量を制御)

沢田力

IMG_2349追伸 明日に備えて金沢市から福井市へ移動。夕食までのほんの1時間程、橋本景岳(左内)先生の墓参をして、福井の市街地を見下ろす足羽(あすわ)山に登ってみました。

第26代継体天皇(西暦450年?〜531年)が社殿を建てたと言われ、大宮地之霊(おおみやどころのみたま)を祀りこの地の守護神とした山です。いい汗をかきました!  

2017年06月05日

埼玉県議会の議会改革度は全国13位、早稲田大学マニフェスト研究所による調査公表

20170605-00000007-wordleaf-13137ac936d8368698a9b2f19ffc6d2b8恩師の北川正恭先生率いる、早稲田大学マニフェスト研究所が、今日6月5日(月)、恒例の「議会改革度調査」を発表いたしました。

埼玉県議会は13位!

「よくまぁ、こんなに上位に」と、高く評価して頂いたことに感謝しつつ、自民党県議団は適度に活性化しつつあるものの、執行部との関係性や他会派の活動内容などを含めると、もっと厳密に調査すべきだと率直に思いました。

ちなみに、47都道府県のトップは大阪府議会。東京都議会は順位を下げました。ランキングの詳細は次のURLでご確認ください。http://www.maniken.jp/gikai/2016rank_pref.pdf

また、お時間がある方は、各地方議会の議会運営委員会が、県外のどこへどんな目的で視察に訪れているか調べてみて下さい。私がちょっと調べてみただけ手も、とても面白い日本(人)の性向が見えてきました。ちなみに、13位の埼玉県議会の議会運営委員会は、17位の大分県議会と、43位の福岡県議会を先月視察致しました(私の関連ブログ=2017年5月10日(水)〜12日(金)を是非ともご参照ください)。

沢田力  

Posted by unehistoiredebleu at 16:49Comments(0)TrackBack(0)政治改革 

2017年06月04日

北朝鮮情勢などを巡り、大宮駅で自民党青年局で街頭演説

IMG_2318【北朝鮮情勢などを巡り、大宮駅で自民党青年局で街頭演説】

今日6月4日(日)は自民党「青年局」で全国一斉街頭行動・・・埼玉県でも16時〜に大宮駅西口で。地元の牧原秀樹代議士をはじめ、埼玉県内選出の若手国会議員や県議の仲間、そして学生部の若者と。

地元県議ですから通行人との対話を重視しつつ、ちょっとだけマイクを握りました。北朝鮮の弾道ミサイルは昨年23発、今年は既に12発発射。テロ等準備罪(組織的犯罪処罰法改正)や天皇陛下退位などの国政の動向に触れつつ、埼玉県内の拉致被害者救済などの身近な治安維持について演説致しました。

沢田力 

追伸 1989年の天安門事件から今日で丸28年・・・大宮アルディージャの手話応援をした後、都内で旧知の中国大陸関係者と懇親。久々に遅くまで極東アジアを考える夕べとなりました。  

2017年06月03日

アルゼンチンが産んだ2人の偉人・・・Pope FrancisとDaniel Barenboim〜映画『ローマ法王になる日まで』雑感〜

FRANCESCO IL PAPA第266代教皇フランシスコ(本名Jorge Mario Bergoglio、1936年〜)の半生を描いた映画『ローマ法王になる日まで』が日本で上映されています。

舞台はアルゼンチン、日本での宣教を夢見る20歳代の青年期にはじまり、軍事独裁政権下の大量虐殺で苦悩する40歳代の実像、そして50歳代のドイツ留学を経て、再び都会へ戻りスラム街などの社会に直面する姿を丁寧に描いています。

Daniel Barenboim同じアルゼンチン生まれで、ユダヤ人音楽家ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim、1942年〜)を思い起こしました。ユダヤ人(イスラエル)とアラブ人(パレスチナ)の共存を切実に望み、過去からの呪縛を解こうと行動し続ける勇気。

聖職者や音楽家に限らない、サピエンスとしての生き方を学び直しました。

沢田力
  

Posted by unehistoiredebleu at 17:37Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月31日

東京五輪費用分担問題: 埼玉県庁・さいたま市役所は、施設改修費用の他に、大会時の輸送・セキュリティ等の費用まで担うべきか?

【東京五輪費用分担問題: 埼玉県庁・さいたま市役所は、施設改修費用の他に、大会時の輸送・セキュリティ等の費用まで担うべきか?】

今日5月31日(水)、東京2020オリ・パラ競技大会の関係自治体等連絡協議会が開催され、東京都庁と組織委員会による試算で合計1兆3,850億円(うちパラリンピック経費分は1,200億円。また予備費1,000億円〜3,000億円を除く)における関係団体ごとの役割(経費)分担について、基本的な方向の合意が得られました。

仮設などの会場関係として合計8,350億円を誰がどの程度負担するのか? また輸送、セキュリティなどの大会関係として合計5,500億円を誰がどの程度負担するのか? 大会開催都市である東京都庁をはじめ、組織委員会と国(中央政府)、その他に大会会場となる埼玉県庁やさいたま市役所等の関係自治体(=東京都外で大会会場を抱える地方自治体)が一堂に会して確認され、ようやくひと段落となりました。

■関係自治体の役割(経費)分担は、大会開催に向け円滑な準備・運営に協力する。
(1)大会関係として、大会時の都市生活や市民生活に与える影響を最小化すべく、輸送、セキュリティ対策など、大会が開催される自治体として担う業務を実施する(関係自治体が、大会会場での業務を請け負うが、その経費を誰が負担するかは、今回合意せず)。
(2)会場関係として、埼玉スタジアム2002やさいたまスーパーアリーナ等の所有施設の必要な恒久的改修を進める。
(3)会場関係として、大会後も地域や住民に使用される施設等は、施設改修の一環として整備する。

■東京都庁の役割(経費)は、大会の開催都市としての責任を果たす(試算では合計6,000億円、うちパラリンピック経費分は300億円)。
(1)会場関係として、都及び都外自治体所有施設の仮設等、エネルギー及びテクノロジーのインフラ並びに賃借料等に係る経費を負担する(試算では2,700億円、うちパラリンピック経費分は200億円)。
(2)大会関係として、大会時の都市活動や都民生活に与える影響を最小化すべく、都内会場周辺に関する輸送及びセキュリティ対策に係る経費を負担する(試算では1,050億円、うちパラリンピック経費分は100億円)。
(3)大会経費のうち、パラリンピック経費(対象範囲につき整理・精査が今後必要)は1/4相当額を負担する(試算では上記(1)と(2)の合計である300億円)。
(4)必要な新規恒久施設の整備や都が所有する既存施設の改修を進める(試算では2,250億円)。

■組織委員会の役割(経費)は、大会運営の主体としての役割を担う(試算では合計6,000億円、うちパラリンピック経費分は600億円)。
(1)会場関係として、オーバーレイ並びに民間及び国(JSC含む)所有施設の仮設等、エネルギー及びテクノロジーのインフラ並びに賃貸料等に係る経費を負担する(試算では2,000億円、うちパラリンピック経費分は400億円)。
(2)大会関係として、輸送、セキュリティ及びオペレーション等に係る必要な経費を負担し、業務全般の役割を担う(試算では4,000億円、うちパラリンピック経費分は200億円)。
(3)できる限りの増収努力を行い、所要の収入確保を目指す。
(4)経費の縮減・効率化を図りながら、経費全体の精査・把握に努める。

■国(中央政府)の役割(経費)は、基本方針(2015年11月、閣議決定)等に基づき、関連施策を実施する(試算では合計1,500億円、うちパラインピック経費分は300億円)。
(1)パラリンピック経費は1/4相当額を負担する(試算では300億円)。
(2)会場関係として、新国立競技場は既定の方針に基づき整備を進める(試算では1,200億円)。
(3)大会経費以外に、国として担うべきセキュリティ対策、ドーピング対策などについて着実に実施する。
(4)その他、オールジャパンでの取組を推進するために必要な協力・支援を行うことを定めました。


とはいえ、関係自治体の会場周辺における輸送、セキュリティ、オペレーション等の350億円については、そもそも1兆3,850億円の試算に含まれておらず、今後、整理・精査を行い、誰に割り振るのか確認する必要があります。

都外地方自治体の役割(経費)分担について、現時点では、立候補ファイル(2013年1月)と大会開催基本計画(2015年2月)に示された原則の確認に留めたことで歩み寄り、東京都庁が350億円と試算した自治体の負担を先送りすることで全会一致で合意。

埼玉県議会としては、ここでしっかりと、立候補ファイル(2013年1月)や大会開催基本計画(2015年2月)を基本として、また地方財政法に抵触しない範囲で、埼玉県庁が負担する範囲を限定しますと明言し、東京都庁や組織委員会へはっきり伝えるべきと私は考えます。

■立候補ファイル(2013年1月)では、組織委員会が資金不足に陥った場合は、東京都庁が補填し、東京都庁が補填しきれなかった場合は、最終的に国(中央政府)が補填することと定めました。

■大会開催基本計画(2015年2月)では、運営(セキュリティ連絡調整会議、及び輸送連絡調整会議など)に関して、組織委員会、東京都庁、国(中央政府)、及び民間の役割と責任を明記しました。

■2016年9月1日に、小池百合子・東京都知事は「都政改革本部」を設置し、9月29日に、同本部による「調査報告書」が提出され、新たな会場自治体の負担が例示されました。これらを踏まえ、2016年12月26日に、埼玉県庁やさいたま市役所等の関係自治体が、東京都庁、組織委員会、及び国(中央政府)に対して、役割分担・費用負担に関して原則の確認を要請しました。

■本日2017年5月31日に、関係自治体等連絡協議会が開催され、役割(経費)分担、及び大会準備における進行管理の強化(4者の大会準備・運営に関する業務内容を精査の上、進行管理を徹底する。また「共同実施事業管理委員会(仮称)」を設置し、コスト管理・執行統制の強化を図る。更に、組織委員会に「特別勘定」を設置して区分経理を実施)について大枠を協議し合意に至りました。

沢田力  

2017年05月25日

「特A」目指しガンバレ! 埼玉県産米「彩のきずな」

天皇陛下が田植え 2017年5月22日【「特A」目指しガンバレ! 埼玉県産米「彩のきずな」】

環境農林委員会委員長として、「埼玉うまい米づくり推進協議会」の第30回通常総会に今日5月25日(木)昼過ぎに参加。

2006年度に「彩のかがやき」が日本穀物検定協会の食味ランキングで「A」を獲得して以来ひさびさに、昨年2016年度に埼玉県の推奨品種3銘柄(コシヒカリ、彩のかがやき、彩のきずな)が「A´」から「A」に向上しました。

県内各地のJAなどの皆さんが負担するとともに、県庁も若干の助成金を交付して、生産ロットの確保、採種ほ産種子の使用、研修会、消費拡大などに取り組んでいます。生産量の確保、出資法廃止に伴う安定財源の確保など、県内米作をサポートする必要性をあらためて認識しました。

なお、会議の冒頭に僭越ながらご挨拶させて頂きました。 天皇陛下が体調を回復され、22日(月)に皇居内で長靴を履いて田植えをなされたことに触れ、 中大兄皇子(天智天皇)の御製「秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣では露に濡れつつ」とともに、身分を問わず農業に勤しむことの意義などが大切、ぜひ今年度は力を合わせ「特A」認定を確保しましょう、と申し上げました。

昔は青森県と埼玉県の米は不味いと言われて来たそうで、その青森県産米「青天の霹靂」は3年連続で「特A」を獲得しています。弘前で先週食べた「青天の霹靂」は確かに美味しかったです。埼玉県産米も、がんばらねば!

沢田力

追伸 肉食や野菜が流行るご時世ですが、お米が見直される時を待ち、その時に備え、武蔵國(埼玉)で良い米が産まれることに日々勤しみたいと思います。  

2017年05月21日

今日はさいたま市長選挙・・・横浜市長の感慨深い一言

【今日はさいたま市長選挙・・・横浜市長の感慨深い一言】

IMG_2268林文子・横浜市長いわく「企業経営では達成感がありましたが、横浜市長を7年半やって、なかなか実感が湧きません。むしろ使命感が深まるばかり」。今日5月21日(日)午後、横浜市で行われた友人の結婚披露宴での一幕。53歳でフォルクスワーゲン東京の社長、57歳でBMW東京の社長、59歳でダイエーの社長などを歴任してきたキャリアウーマンが、2期7年半もの間、日本最大の政令市のリーダーを務めて来られ、そして得た所感、なんとも感慨深いご挨拶でした。

マニフェスト運動に理解のある菅義偉・内閣官房長官も祝辞に立たれましたが、しばらくして退席(16時59分に北朝鮮が今年8回目となる弾道ミサイル発射、18時21分に首相官邸でNSCが緊急招集された知りました)。宴席を囲んで、恩師の北川正恭・早大名誉教授をはじめ、司会の福田紀彦・川崎市長、大西一史・熊本市長、田辺信宏・静岡市長、あるいは全国各地の地方議員の仲間などと懇親を深めました。

ところで、「さいたま市」が2001年春に誕生してから5回目となった市長選挙が、本日5月21日(日)に行われ、過去最低の投票率31.44%に。結果は、無所属で現職の清水勇人氏(55歳)が当選確実に。記者の質問に対し「2期8年間の実績と今後の成長戦略が評価されたと思う。今後は、JR大宮駅周辺のまちづくりをはじめ、中枢都市としての機能を強化させることを最重点として進めていきたい」と清水市長は述べられました。

IMG_2281誰が市長でも結果もプロセスも同じでは困ります。ましてや、住民も市長自身も達成感が得られないようでは、もっと困ります。127万さいたま市民の4年間が、また無駄に過ぎて行くかもしれないと思うと、無性に空しくなります。私自身はもはや市議会議員ではありませんが、地元の県議会議員として、引き続き清水市政と緊張感ある間合いを保ちつつ、戦略的に連携して参りたいと思います。

沢田力

追伸 昨日5月20日(土)は半日療養していました。気温の昇降が激しい昨今、皆様も健康管理にご留意ください。

追伸2 高卒で叩き上げの営業トップが漏らした嘆息か、もとどりを切り出家遁世のような気分か? 横浜市長は今年8月末に任期満了を迎えます。どうなるかな?  

2017年05月19日

「子ども保険」の提案を受け、保険料か税金か、現金支給かサービス支給か、議論の深化に期待

【「子ども保険」の提案を受け、保険料か税金か、現金支給かサービス支給か、議論の深化に期待】

子育て支援の財源確保の為に、「子ども保険」を年金保険料に上乗せ(厚生年金で労使0.1%、国民年金で月160円上乗せ)して現役世代から徴収して、「児童手当」を月5,000円増額しようとの提案がなされました。

保険料か税か財源確保の方法とともに、現金給付か現物サービス給付か支援策の方法について、これを契機に国民の議論が喚起することを期待したいものです。

沢田力  

2017年05月18日

秋田・青森視察報告(3日目):西谷雷佐さんから観光や東北6県DMOを学ぶ

【秋田・青森視察報告(3日目):西谷雷佐さんから観光や東北6県DMOを学ぶ】

IMG_2250IMG_22625月18日(木)午前、たびすけ・合同会社西谷の西谷雷佐(にしやらいすけ)・代表(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 代表理事)よりレクチャーを受けるとともに、西谷氏のご案内で、JR弘前駅前の商店会「虹のマート」、弘前シードル発祥の地「吉井酒造煉瓦倉庫」(奈良美智氏の作品が展示)、及び市営りんご公園「弘前シードル工房kimori」を見学しました。

IMG_2224IMG_2235西谷雷佐氏は、前日訪問した国際教養大学の前身の米国ミネソタ州立大学を卒業した逸材。5年前から弘前を拠点に、参加者限定のユニークなツアーを企画運営。冬・春・夏のリンゴ畑を楽しむ「リンゴ・ツーリズム」をはじめ、「雪かき検定」「手ぶらで観桜会」「マタギとカンジキを履いてトレッキング」「大人の本気のそり遊び」「田んぼアートを冬も活かす足跡でアートを作るツアー」「ねぷた解体ツアー」「竜飛岬でデストロイヤーツアー」「移住モニターツアー」「刀剣ツアー」「洋館で和菓子づくりツアー」「短命県体験ツアー」など。いずれも国内のみならず海外観光客に大人気のツアーとなったそうです。

新彩会視察 2017516〜518_170520_0107「暮らしぶりに気づき、糸と糸とを紡ぎ、物語を編む、そんな地域の編集者になりたい」と心意気を語る西谷氏。「地域の魅力を因数分解」して、糸の選び方(なんでも盛り込むのではなく、尖ったコンテンツを選び出し)や編み方(コンテンツをプロダクトへ編み込む)に執着。ものづくりの人や、習慣や文化へ拘り、その考え方や取組にとても共感しました。そしてJRや高速道路で結ばれている東北と大宮、埼玉県とがもっと「連携と共創」できるよう環境を整えたいと思いました。

沢田力

追伸 弘前市は建築家・前川國男(1905〜86年)の母親の故郷であり、1932年の木村産業研究所をはじめ、弘前市庁舎(本館)や市立病院、1983年の弘前市斎場などが市内に点在しています。今春リニューアルした埼玉会館や、大宮公園の県立歴史と民俗の博物館など、埼玉県内にもいくつか前川作品が健在です。タイルを多用したずっしりと重みのある佇まいは共通しています。

また、小説家・太宰治(1909〜48年)が1927〜30年の弘前高校時代に寮に入らず下宿した旧藤田家住宅も市内にあります。1948年5月、38歳の太宰が名作「人間失格」を書き上げたのは大宮です。一ヶ月後の6月13日、山崎富栄と三鷹市の玉川上水で入水心中。自殺の前日に大宮(宇治病院など)を再訪し、次作「グッバイ」を大宮で書きたいと告げたと伝えられています。

百年前から続くご縁を感じます。  

2017年05月17日

秋田・青森視察報告(2日目):国際教養大学で高等教育の在り方を考える

【秋田・青森視察報告(2日目):国際教養大学で高等教育の在り方を考える】

IMG_2190IMG_21715月17日(水)午前、JR秋田駅から南へ車で30分程の秋田空港の近くに建つ「国際教養大学(AIU=Akita International University)」を訪問。吉尾啓介・常務理事(副学長)や鎌田雅人・事務局次長(秋田県庁より出向)、企画課の齋藤恵美氏より懇切丁寧なご説明を頂きました。また、カフェテリアで410円の定食ランチを取り、キャリア開発センターや図書館なども見学できました。

新彩会視察 2017516〜518_170520_0036米国ミネソタ州立大学機構(MnSCU)秋田校(1990〜2003年開校)の施設を、公立大学として再整備したのが2004年に開学した公立大学。交通は不便だが、全寮制のレジデンタル型キャンパス。リベラルアーツを標榜する単科大学。2014年9月、文部科学省のスーパーグローバル大学(SGU)創成支援(グローバル化牽引型)に採択。2014年度の決算ベースで収支26.3億円の内、秋田県から10.8億円の運営交付金、自己収入は10.2億円で、人文系ゆえに人件費が13.3億円も占めます。

IMG_2158「専門教育は卒業後何年か経てば陳腐化する、人間的に修練を積むことが大切」との中嶋嶺雄先生(初代学長)の拘りから、大学名やカリキュラム編成などを工夫。16通りの入試方法を経て1学年175人が入学。秋田県内からの入学者は15%(目標20%)。4年間で卒業できるのは50%ほど。2017年3月では63%。9月卒で90%、5年間でほぼ100%卒業。卒業生は1,000人超だが、同窓会はまだ組織化されていない。開学から13年が経ち「8つの教育目標」を立て、主専攻・副専攻の設置、数学や統計学などの新設、時代に合ったカリキュラムに変えるべく2016年度より改革に取り組んでいる最中とのこと。

IMG_2174大学を卒業することの意味、若者に求められるジェネリック・スキルとは何か等を考える上で大変参考になりました。私個人としても、大学時代や日台交流などを通じてお世話になった恩人・中嶋先生に久々にお会いした心持ちになりました。李登輝・元台湾総統との交流など、所縁の品々も拝見できました。

IMG_2208新彩会視察 2017516〜518_170520_0084なお、5月17日(水)午後は高速道路で北上し、協同組合・秋田県北木材センター(大館市川口)へ。小笠原俊郎・専務理事様のご案内で、「秋田杉集成材」の製造ラインなどを見学させて頂きました。秋田県の森林面積は全国6位で83.2万ha(林野率72%)、スギ人工林は全国一でなんと36.7万haも。森林貯蓄(森林を構成する樹木の幹の堆積)は1.7億㎥で、うち民有林が66%を占め、更にその75%に7〜12齢級が集中しており、本格的な伐採時期を迎えています。持続的な森林利用が、埼玉県以上に求められており木材産業の現状と課題を伺いました。

沢田力  

2017年05月16日

秋田・青森視察報告(1日目):MOA秋田農場で有機農法を学ぶ

IMG_2138【秋田・青森視察報告(1日目):MOA秋田農場で有機農法を学ぶ】

IMG_2130埼玉県議会自由民主党議員団の2期生17人のうち15人で、久々に3年ぶりに県外視察へ出かけて来ました。5月16日(火)午後、JR秋田駅から北へ車で30分程の山間に入った「松木台農場」を訪問。1992年から原野を開墾して岡田茂吉氏が提唱する農法に取り組んできた豊川茂・農場長や、MOA自然農法文化事業団の山田和生・関東支所長よりお話しを伺いました。

IMG_2133この農場は、同事業団が全国11ヶ所で取り組む試験農場のひとつ。土地は公益財団法人農業・環境・健康研究所秋田研究農場が所有し、NPO法人世界永続農業協会秋田県文化事業団の協力を得て、もう四半世紀近く取り組んでいます。現在は、米糠油粕と広葉樹完熟堆肥を配分して土壌改良しているが、秋田県立大学生物資源科学部の分析では「天然窒素分が元来少なく、なかなか数値化できない。今まで培ってきた土壌の貯蓄が活かされているのではないか」とのこと。

IMG_2137慣行農法とは異なり、化学肥料や農薬に頼らない有機農法や自然農法などの生産現場を、こうして自民党埼玉県議団の仲間たちと訪ね、理解を深めることができたのは有意義でした。

沢田力

追伸 夕食までの空き時間にホテル近くの秋田県立美術館を訪ねる。『フェルメールとレンブラント オランダの2大巨匠展』と『平野政吉の夢〜壁画80年コレクション公開50年〜』を鑑賞させて頂きました。  

2017年05月12日

福岡・大分視察報告(3日目):大分ドームで2019年W杯ラグビー大会を考える

【福岡・大分視察報告(3日目):大分ドームで2019年W杯ラグビー大会を考える】

IMG_21065月12日(金)午前、JR大分駅からバスで25分ほど南東へ走ったところにある大分スポーツ公園総合競技場を視察して参りました。大分県庁のラグビーワールドカップ(RWC)2019推進室の相本健二・主幹をはじめ、指定管理者の(株)大宣の後藤英治・大分スポーツ公園事務所長にご案内頂きました。

IMG_2112標高128mの高尾山の丘陵地に卵を埋め込んだような形状で、風通しが悪く、日光が入りにくいとの難点あり。開閉式の天井は世界最大規模で、瞼のようだから愛称は「ビッグアイ」(1回開閉する経費は2.7万円)。2001年3月に完成。2010年度以降、地元の広告代理店(株)大宣が指定管理者として、5haのスタジアムをはじめ、全域256haの大分スポーツ公園全体を管理運営しています。2010年3月以降、「大分銀行ドーム」と命名(ネーミングライツ年間4,000万円)。2017年春に照明を水銀灯からLEDへ変更。5年に1度張り替える芝生は次回いつにするかは大問題とのこと。他にも、代替スタジアムが近くにない、屋根のペンキ塗り替えは足場を組んで大変等の苦労話を拝聴。

IMG_2107RWC2019へ向け、2017年9月には試合組合せが決まり、夏以降にチームの公認キャンプ候補地が決まり、2018年春以降に最終決定する予定です。2016年末までに大分県内4市(大分・別府・中津・佐伯市)がキャンプ地に立候補済み。大分県庁は、独自のキャッチコピー「One Rugby, One OITA」やゆるキャラ「めじろん」を用いて商品開発を進める(RWC2019の呼称やロゴは有償の為)とともに、高校生交流試合やジャパンラグビートップリーグの試合開催などの広報・イベントを展開中。また多言語コールセンター設置や各種調査・研修も実施予定。更にスタジアムの西側に武道や屋内球技ができる巨大な「県立屋内スポーツ施設」を建設中で2019年4月完成予定。JR大分駅からの観客輸送をスムーズにする為に2017年度中に大分川を跨る「庄の原佐野線・宗麟大橋」も完成予定。

18268447_10211423377293105_5346123109396709706_n2年後のRWC2019へ向け、大分県民のヤル気をとても感じました。国内会場12ケ所のうち、3ヶ所は九州。この大分銀行ドームの他、福岡・東平尾公園博多の森球技場、熊本・熊本県民総合運動公園陸上競技場があります。3者は連携して九州開催をPR中。関東地方では、埼スタの他に東京スタジアムと横浜国際総合競技場とがありますが、こちらは連携する気配なし。キャンプ地誘致など、埼玉県も積極的に取り組みたいところです。

沢田力

追伸1 埼玉県庁によるRWC2019に向けた機運醸成イベントなど

(1)海外強豪チームを招聘した国際交流試合の開催(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて)
■2017年8月11日(金)16:30〜、ニュージーランド・ハイランダーズVSパナソニックワイルドナイツ。

(2)国際交流試合のパブリックビューイング
■2017年6月17日(土)14:00〜、静岡県袋井市のエコパスタジアム(小笠山総合運動公園スタジアム)にて開催される日本VSアイルランドをさいたま新都心けやき広場でパブリックビューイング開催。
■2017年6月24日(土)14:40〜、東京都調布市の味の素スタジアムにて開催される日本VSアイルランドを熊谷駅構内特設会場でパブリックビューイング開催。

(3)トップリーグ選手との交流会、ラグビー体験ほか(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて)
■2017年10月21日(土)(予定)

(4)国内トップリーグの開催(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて)
2016年度は2日間開催が、2017年度は6日間に。
■2017年8月26日(土)16:30〜、NECグリーンロケッツVSコカコーラレッドパークス。19:00〜、パナソニックワイルドナイツVSキャノンイーグルス。
■2017年9月23日(土)16:30〜、クボタスピアーズVSサントリーサンゴリアス。19:00〜、パナソニックVS豊田自動車ヴェルブリッツ。
■2017年10月7日(土)11:30〜、キャノンVS神戸製鋼コベルコスティーラーズ。14:00〜、パナソニックVS豊田。
■2017年10月21日(土)13:00〜、パナソニックVS宗像サントリー。
■2017年12月10日(日)13:00〜、パナソニックVS宗像サニックスブルース。
■2017年12月17日(日)11:30〜、東芝ブレイブルーパスVS近鉄ライナーズ。14:00〜、パナソニックVSリコーブラックラムズ。 

(5)熊谷市役所によって、2016年度にPRブース出展(計15回)、市内全小学校でタグラグビー教室開催、市内全小学校教員大賞でタグラグビーティーチャー研修会開催、JTB関東に委託して「熊谷開催輸送交通計画素案」作成、利根川を挟んで対岸にある群馬県太田市役所との間でパーク&ライド実証実験(2016年10月16日、152人利用)など。

(6)2017年度の予定では、「熊谷開催輸送交通計画」「熊谷ファンゾーン運営計画(第1稿)」「熊谷市装飾計画」などの関連計画策定をはじめ、LOC(開催都市組織委員会)設置準備、チケット販売開始の為のPRなどに取り組む。

また、都市ボランティア(大会組織委員会が募集・採用する大会ボランティアとは別。熊谷駅・案内所・観光地などに配置するボランティア)の募集・育成も夏以降動き出す予定。必要のべ人数約15,400人=一人当たり3〜5日活動を想定し実人数3,790人で、1.5倍の約5,400人を募集人数と見込む。役割の区分としては、リーダー300人、一般枠4,000人、専門枠(英語)700人、専門枠(英語以外)400人。

(7)埼玉県庁などが掲げるRWC2019と2020年オリパラとを合わせた2大会のKPI(目標値)
■第1にアドバイザー登録認定数(人数)で、2016年6,500人、2017年30,000人、2020年70,000人。
■第2に参画プログラム認証数(件数)で、2016年20件、2017年150件、2020年1,000件。
■第3に県民の大会認知度(県政世論調査)で、2016年40%、2017年50%、2020年100%。

image追伸2 今回の視察の舞台は福岡・大分。バスの車窓から眺める風景に、古代・中世に思いを馳せる・・・12代景行天皇の九州平定をはじめ、663年の白村江の戦い、1185年の檀の浦の戦い、そして1274年の文永の役(元寇)・・・38代天智天皇をはじめ、菅家(菅原道真)、鎮西八郎(源為朝)、西行法師、式子内親王、鎌倉右大臣(源実朝)などもまたここに居らしたと思うと感慨深い。

夕食後に先輩議員に誘われてJazzを愉しむ・・・Ron Carter「Little Waltz」、Julie London「Cry Me A River」、Antonio Carlos Jobin「イパネマの娘」、それにカズオ・イシグロ所縁の「Never Let Me Go」など。外は満月、波止場のBRICK BLOCK、なんとも心地よい。とても思い出深い視察になりました。  

2017年05月11日

福岡・大分視察報告(2日目):福岡県と大分県の議会改革を学ぶ

【福岡・大分視察報告(2日目):福岡県と大分県の議会改革を学ぶ】

IMG_209118034275_10211414753677520_2951576940937138234_nIMG_20825月11日(木)午前、福岡県議会事務局の武田誠一・次長(総務課長)らより、福岡県議会の取り組みをヒアリングしました。黒川紀章氏の設計によるユニークな議会棟も見学。2013年3月に政務活動費の使途の透明性確保の為に「政務活動費事前確認専門委員」として公認会計士と弁護士の2人を設置する条例を施行。年4回、86人の県議全員が自主的にすべての領収書のチェックを依頼し専門員と意見交換。1回2日間14時間、年間8日間56時間の作業量とのこと。時給は14,040円で一人当たり56時間となると、安いのか高いのか不明。東京都議会や大阪府議会でも同様の専門委員を設置しているが、領収書の修正を議長の調査権行使の一環として位置づけており、公文書修正に当たる等の疑義がある。いずれにせよ、大変参考になりました。

IMG_209818342045_10211415997348611_4704360582967097359_n午後は高速道路で移動し、大分県議会事務局の酒井薫・事務局長らより、大分県議会の取り組みをヒアリングしました。2008年以降、県議が講師となって出向く「議員出前講座」を学校等で開催(年10回強)、2015年夏に「おおいた元気創造検討会議」を議会内に設置し議会改革に取り組み始め、2015年度末に「議会災害時行動計画」を制定し携帯用のハンドブックを作成、議員提案による政策条例に取り組んでいる等とのこと。41人の県議のうち、39人が「防災士」(特定非営利活動法人・日本防災士機構が認証)の資格を取得し、被災者救助や避難所支援など地域で率先して活動するよう心掛けているとのこと。とても参考になりました。

沢田力  

Posted by unehistoiredebleu at 17:40Comments(0)TrackBack(0)政治改革 

2017年05月10日

福岡・大分視察報告(1日目):安川電機でロボットの未来を考える

【福岡・大分視察報告(1日目):安川電機でロボットの未来を考える】

IMG_2079埼玉県議会の議会運営委員会の一員として、2泊3日で福岡・大分両県へ視察。5月10日(水)午後、北九州空港から高速道路で北上し、JR黒崎駅近くの(株)安川電機ロボット村(北九州市八幡西区)へ。

1901年の八幡製鉄所開業に伴い、後背地の筑豊炭田では炭鉱開発が進み、福岡藩士・安川敬一郎(1849〜1934年)が1915年に(株)安川電機の前身を設立し、高炉整備や電動機製造などに取り組む。戦後にインバータ(逆変換回路)やサーボモーター(制御装置)の製造をはじめ、1965年に電気と機械を組み合わせた造語「メカトロニクス」を登録、1977年には日本初のオール電気式の産業用ロボットを発売してきました。

連結売上高4,113億円の同社は、一昨年2015年に創立百周年を記念して、ものづくりの楽しさやすごさを発信し、北九州市へ恩返しすべく産業観光・教育施設「ロボット村」を開設。また同社は「原動力は北九州、動かすのは世界」とのスローガンの下、経営目標「Vision2050」を掲げて、IoTとの融合、環境対応、医療福祉介護への応用に取り組みつつあるとの由。

(株)安川電機では、毎月3,000台の工業用ロボットを生産しているとのことで、その一部の製造ラインを見学させて頂きました(600台を中国常州で、残り2,400台を国内3工場で製造)。ロボットがロボットを作ってきた40年間、これからはロボットにAIが搭載されるようになります。ロボットと人間とがいかに融合するか、未来を考えるヒントを頂きました。

沢田力  

2017年05月09日

さいたま市長選挙・・・塩漬けされた公有地、売却する前に地域住民の為に活用を

陳情【さいたま市長選挙・・・塩漬けされた公有地、売却する前に地域住民の為に活用を】

さいたま新都心駅東口、コクーン北側で中仙道やJR線路を跨る「ほこすぎ橋」、その袂・・・・大宮の市有地が浦和の道路拡幅の代替地になる! どうにか阻止するとともに、保育所・自治会館・都市公園を整備することに成功。 約6年かかりました。

そして今、新大宮バイパスの与野ジャンクション近く、三橋4丁目にある県立いずみ高校(旧与野農高)の農地(県有地)をめぐり紛糾。今年1月、地元の皆さんの熱意で公売を阻止。今年4月、「防災公園」として整備するよう、5千名強の署名を集め市長へ要望。今日5月9日(火)に県庁へ協力要請を行いました。

政令指定都市となって4度目の「さいたま市長選挙」・・・一昨日7日(日)に告示されるも、有権者の反応はどうもイマイチか?・・・トリエンナーレ、クリテリウム、国際マラソン・・・アドバルーンを揚げては明らかに失敗続き、市政の課題は山積するばかり、これで良いのだろうか、それ程までに御人好しなのか。

沢田力
  

2017年05月03日

大宮盆栽村で花のセリを初体験! 

image花の競り【大宮盆栽村で花のセリを初体験!】 「世界盆栽大会」が終わったばかりの大宮で、今日5月3日(水)から3日間、毎年恒例の「第34回大盆栽まつり」が行われています・・・品名盆栽の展示をはじめ、日本一のおやじバンド「罵駄'狼琉」(ばたーろーる)の野外ライブや、さいたま市議議員の個性豊かなミニ盆栽の展示、漫画会館ではプロの漫画家による似顔絵描きなどで大賑わいです。

ばたーろーる@大宮盆栽町さいたま市議のミニ盆栽第34回大盆栽まつり2バンドリーダーで花屋さんの石井優さんの薦めもあって、胡蝶蘭やブドウなどの鉢物の花卉のセリを初経験。上田清司知事や三遊亭楽生さん等とともに炎天下がんばりました(^^ゞ 明日も13時から競りがあります。親子でぜひお出かけください(東武野田線・大宮公園駅すぐ近く)

沢田力  

2017年04月29日

牧原秀樹代議士が大宮区・高鼻コミセンでミニ集会

牧原代議士のミニ集会へ1【牧原秀樹代議士が大宮区・高鼻コミセンでミニ集会】

GW初日の本日4月29日(土)午後4時〜、地元の自民党県議として応援演説と県政報告をさせて頂きました。すぐ近くでは、今日明日と「氷川マルシェ」が開催されています。

氷川マルシェ2017告知ビラやポスターが両部鳥居になっているのは残念でなりません。

沢田力牧原代議士のミニ集会へ2
  

盆栽のまち・大宮で、秋篠宮殿下・同妃殿下をお迎えして「第8回世界盆栽大会」

秋篠宮殿下が大宮へ21989年の第1回大会から28年、再び大宮で「世界盆栽大会」が開催されています・・・一昨日4月27日(木)より4日間開催される「第8回世界盆栽大会」へ、大会名誉総裁である 秋篠宮殿下ならびに同妃殿下が大宮ソニックシティへご来場されました。夕方5時過ぎには武蔵國一宮氷川神社へ御参拝、境内に展示された神社ゆかりの貴重な盆栽「杉」「檜」「槇」「楠」をご鑑賞されました。

秋篠宮殿下が大宮へ1昨日28日(金)にはさいたまスーパーアリーナに立ち寄られ、「日本の盆栽水石至宝展」(28〜30日開催)もご鑑賞されました。

-------------------
世界盆栽大会「日本の盆栽水石至宝展」始まる 秋篠宮ご夫妻鑑賞 埼玉新聞 4/29(土) 10:31配信 樹齢千年以上ともいわれる真柏 銘「飛龍」をご覧になる秋篠宮ご夫妻=28日午前
-------------------

4月27・28日は大宮にとって歴史的な一時となりました。

なお、盆栽の始まりは、7世紀の中国唐代の壁画「章懐太子李賢墓壁画」まで遡り、石のような塊と共に植物が載せられた浅い鉢(盆)を持つ従者が描かれているそうです。墓の主は、実母・武則天(則天武后)から疎まれた皇太子・李賢(654〜684年)です。

日本では、9世紀以降の平安時代にはまだ「盆栽」という言葉はなく、13世紀以降の鎌倉・室町時代になると、「盆山(ぼんせん)」(石に木を根付かせる)や「鉢木(はちのき)」(鉢で木を育てる)という言葉が記録にあるそうです。

14世紀の絵巻物『春日権現験記』(藤原家繁栄祈願の為、春日明神の加護と霊験を綴る絵巻物)には、平安貴族の屋敷に「石付き盆栽」(木枠の大きな台に砂を敷き大型の石を据えた樹木)が描かれているそうです。

さすれば、秋篠宮ご夫妻がご鑑賞された真柏 銘「飛龍」は樹齢千年以上といわれ、そもそも「盆栽」という言葉がない時代にどのように誕生したものなのか、今大会のシンボルである「飛龍」の誕生秘話を紐解くだけでも興味がそそられます。

沢田力  

2017年04月23日

細田徳治元県議の御子息・善則県議の結婚披露宴へ

沢田力と、あの徳光アナ(披露宴司会)山東昭子先生の歌唱力帝国ホテルで結婚披露宴細田県議の披露宴にて私の真後ろに「徳さん」こと光和夫さんが・・・本日4月23日(日)午後1時半〜、帝国ホテル富士の間にて、自民党埼玉県議の1期生で戸田市選出の細田善則氏の結婚披露宴に参席。昨日に続き2日続きで結婚披露宴、春の麗らかな日和が続き、なんとも目出度い限りです。

父親の細田徳治・元埼玉県議会議長(選挙管理委員会委員長)も同じ富士の間で披露宴を挙げられたとのこと。善則県議は1983年3月生まれで35歳、決して若くはないが童顔で、日本大学豊山高校・日大工学部を経て日大提携校の米国 Kent State Universityへ進学し、大学院工学研究科修了した英才。父親譲りの正義感に目覚めたのか、何故かエンジニアを目指さず、山東昭子先生や平口洋先生の下で秘書をされ、2015年に32歳で県議に初当選された御仁です。

それにしても、新郎新婦入場の際に山東先生が添えた歌声は痺れました。

沢田力  

Posted by unehistoiredebleu at 15:40Comments(0)TrackBack(0)趣味・特技・余暇・遊び 

2017年04月17日

大宮「伯爵邸」で2度目の口琴ライブ〜議員バッチを外してミュージシャン活動!?

さいた★まんぞう氏と大宮「伯爵邸」で2度目の口琴ライブ〜議員バッチを外してミュージシャン活動!?

東京まんがの第2回口琴ライブ今日4月17日(月)は、3ヶ月ぶりに再び「東京マンガ」の3人を招いて口琴ライブ・・・ボーカルの石野ゆうこさんは、クレヨンしんちゃんの「しんちゃん音頭」の唄やCM「サッポロ一番」の声などで有名な方。Nonさんは色んな楽器を操る才女。そしてサウンドメーカーのMASAさんは有線大賞新人賞受賞などベテランの音楽家。

2017年度正副委員長会議2度目の今回は、あの名曲「なぜか埼玉」のさいた★まんぞう(本名・牛房公夫)さん等を招いて、前売券なしでもクチコミで百人近くの来場者で賑わいました。私も県議会の正副委員長会議や自民党県議団の会合などの後、遅れて口琴演奏に飛び入り参加。先日の大宮高島屋前での野外ライブに続き、「さくら」等をしっかり演奏致しました(笑)。

沢田力

追伸 今晩は「大宮口琴エナジー」と「OMIYA Bonsai 小唄」が初のお披露目。作詞はおおみ★やきち(本名・宮沢新樹)さん。市役所OBで、大宮区長や教育委員会副教育長、経済局観光政策部長などを務めた御仁。父君の詩人・宮沢章二氏は、東日本大震災の直後から流れたAC(公共広告機構)のCM詩「行為の意味」(思いは見えないけれど、思いやりは誰にでも見える)等で有名な方。いい詞、いい曲です。  

2017年04月14日

「できるしこ」・・・熊本地震から1年、やれることをやる

熊本城熊本城主あれから1年・・・力を合わせ復興いまだ途上にある熊本。また行こうと思います。

沢田力

■2016年6月2日付けブログ「ようやく熊本へ」http://blog.livedoor.jp/unehistoiredebleu/archives/2016-06-02.html

■2016年6月3日付けブログ「負けんばい熊本!炎天下の阿蘇で、1日ボランティア」http://blog.livedoor.jp/unehistoiredebleu/archives/53178299.html  

2017年04月11日

埼玉県立農業大学校の入学式、埼玉農業を担う人材87人へ祝辞

農業大学校入学式にて農業大学校の学食農業大学校の展示物小林哲也・埼玉県議会議長や奥野立・副知事らとともに、今日4月11日(火)10時半過ぎに県立農業大学校(Saitama Agriculture Management Junior College)の入学式に出席。戦時下の昭和20年(1945年)4月に「県立農民道場」として開校した歴史ある教育施設です。卒業生の総数はなんと5,904人。平成27年(2015年)に鶴ヶ島市から熊谷市へ移転し、今春で3度目の入学式。県産スギを8千本相当も使用した、清々しい校舎の中での式典です。

埼玉県立農業大学校の学生寮3月には88人が卒業し内51人が就農、25人が就職(農業関係11人)、9人が研修などと巣立っていかれました。そして今日87人が入学。高校卒業したばかりの若者から、リタイアしたばかりの中高年の方まで、いずれも就農を志して1年間又は2年間ここで勉強に励む予定です。うち30数名は学校の校舎と渡り廊下で連結する学生寮に入居。学費1ヶ月1万円程で、3食付けて宿泊費1ヶ月4万円程で足りるとのこと。今日は460円のランチを学生食堂で購入し、県職員の皆さんと楽しみました。

ここは東京都を除く46道府県が設置する農業者研修教育施設のひとつ。最近は農業大学校の養成部門が、文科省所管の専修学校(専門課程)Specialized Training College(Postsecondary Course)に転換されたり、4年制大学へ編入されたりするケースもあるとか。埼玉県の場合、2年課程は教養科目と専門科目で計98単位履修し、卒業生には「専門士(Diploma)」が付与され(「短期大学士(Associate degree)」ではなく)、人事院規則で「短大二卒」相当と見做されます。1年課程は教養科目はなく、専門科目のみで計36単位履修が卒業に必要です。

立正大学熊谷キャンパスに隣接し、近くには埼玉県農業技術研究センター(造園チェーンブロック実習や搾乳牛舎がある)や総合教育センター江南支所(トラクターやフォークリフトの運転練習場がある)もあります。いわば埼玉農政の砦・・・埼玉県立大学との併合など考えにくいもの。すぐ南側には森林公園もあり人里離れた場所ですが、ピカピカの施設とともにみっちり勉強できる環境です。埼玉県議会の環境農林委員会委員長として、期待を込めて祝辞を述べさせて頂きました。

■管理・研修部門:
在校生や県内農業者を対象に、農業機械技術者養成の研修などを行う

■養成部門:
2年課程=4学科(6専攻)=野菜(施設栽培・露地栽培)定員30人、水田複合定員5人、花植木(花卉・植木造園)定員15人、酪農定員5人
1年課程=1学科(2専攻)=短期農業(短期野菜・有機農業)定員35人

■資格取得:
大型特殊自動車(農耕車限定)免許、牽引(農耕車限定)免許、毒物劇物取扱責任者、危険物取扱者(乙種4類)、農業機械士、玉掛け及び小型移動式クレーン取扱資格(1t未満)、小型車輛系建設機械所得資格(3t未満)、家畜(牛)人工授精師(酪農専科のみ)、食品衛生責任者

沢田力

追伸 「新入生誓いの言葉」を新入生代表で語った男性は、なんとさいたま市西区出身の若者。87人のうち、さいたま市在住の生徒は14人もいて、嬉しくなりました。  

2017年04月09日

平成29年埼玉縣護國神社例祭・・・東角井晴臣宮司曰く「雨の日も雪の日も心を乱さず、御霊と永久に対話したい」

埼玉県護国神社今日4月9日(日)は午前9時過ぎから桜雨。大宮公園西側に鎮座する埼玉縣護國神社の例祭・・・東角井晴臣宮司曰く「雨の日も雪の日も心を乱さず、御霊と永久に対話したい」。

色が変わらずに散るのが桜の花。長雨が降り、時を経ても、枝に残る花弁は愛おしい。晩年の小野小町の和歌といわれる「花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに」・・・打ちつける雨に負けず、敗戦後72年が経った今も、桜は静かに語りかけて来る、まるで御霊が宿るかの如く。

埼玉県護国神社例祭に県内各地よりバスで集う遺族埼玉県護国神社今年も参列できましたことに感謝申し上げます。また大宮遺族会の皆様をはじめ、県内各地よりお集まり頂いた軍人軍属のご遺族の皆様等にも感謝申し上げます。

沢田力

追伸 最後の写真をご覧ください。花弁が舞い散る中、傘をさしながら眺め、談笑する女性たち。どこの小町か? 良い風景ですね。
大宮公園で雨の中お花見する女性たち  

2017年04月07日

短い春休み(2) 土肥金山とMOA美術館へ

霧の中の富士山を眺める4月7日(金)、昨夕から生憎の雨。眼前に広がる霧の中、愚息は夢中になって、霧の中の富士の絵を、なんとも不思議な絵を描いていました。

清水港からフェリーに乗って伊豆半島へ。伊豆に流刑された鎌倉神君(源頼朝公)や為義・為朝、はたまた橘逸勢や伴善男などの気分を味わいたくも、揺れるデッキにガニ股で立ち、親子で飛沫を浴びる。まさに歌聖・山部赤人の「田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」の世界、雪の中の見えるはずもない冠雪よろしく、相変らず霧の中の富士でした。

土肥金山にてお詫びに、土肥金山で砂金を掬って、新装のMOA美術館で名画に触れました。大久保長安の蝋人形にビクビクしていた愚息は、岩佐又兵衛の名作『山中常盤物語』12巻を1度さっと眺めた後、もう一度じっくり一人で観察したいと言う・・・なにを感じたのか?

そんな春休み、1泊2日の小旅行でした。

沢田力  

Posted by unehistoiredebleu at 15:56Comments(0)TrackBack(0)趣味・特技・余暇・遊び 

2017年04月06日

短い春休み(1) 三保の松原と久能山東照宮へ

三保の松原にて久々に家族で小旅行へ・・・・4月6日(木)、名勝・三保の松原で観光客を横目にピクニック。言わずと知れた、世界文化遺産「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成遺産のひとつです。

久能山東照宮にて暫くして雨が降り出す。屏風谷に咲き誇る寒緋桜などを見下ろし、聖地・久能山東照宮へ。親子で石段を登り墓参・・・・東照神君(徳川家康公)の命日は4月17日、ちょっと早いがお許しを。

沢田力

追伸 日本平の下に位置する静岡県立中央図書館には、私が幼少期より何故か好んで模写してきた絵画、幕末明治の絵師・歌川国芳(1797〜1861年)、河鍋暁斎(1831〜1889年)、月岡芳年(1839〜1892年)らの名作があります。時間があれば、愚息とともに立ち寄りたかったけど残念ながら時間切れ。  

Posted by unehistoiredebleu at 16:55Comments(0)TrackBack(0)趣味・特技・余暇・遊び 

2017年04月02日

吉敷町自治会館落成式: 市有地に自治会館を建てる・・・そして大宮高島屋前で口琴ライブ

口琴ライブ@大宮高島屋前口琴ライブ26年前の秋、大宮区の南地区の運動会で、住民の方々より「ほこすぎ橋のたもとにある市有地が、浦和区の道路整備の代替地として処分される噂がある。どうにかストップさせたい」との相談を受けました。

市議から県議に移ったばかりの私は、渋谷佳孝市議とともに事実確認を行い、清水勇人さいたま市長等へ要望などを繰り返し、その英断を得て処分中止に。どうにか地域住民が知らない内に誰かの手に渡りマンションなどが突然建つことは回避できました。

それから第2ラウンドが続きました。「どうにかそこを自治会館や防災広場など地域に役立つものにしたい」とのやはり地元の皆さんの声を受け、またも市役所各処を調整し、自治会館と公園と保育所を整備する運びとなりました。

そして今日4月2日(日)、吉敷町自治会館の落成式。なんとも感慨深いものがあります。

さいたま新都心西口のさいたまスーパーアリーナと、氷川参道やコクーンや住宅街が広がる東口を結ぶ「ほこすぎ(鉾杉)橋」を建設したのは旧大宮市時代のこと。新藤享弘市長と地元の大沢規郎市議らと将来地域の為に役立てようと橋の袂に市有地を確保したものの、その後ずうっと塩漬けになっていた用地でした。

突然降って湧いた浦和の道路拡幅に伴う代替地としての処分話し。地元の皆さんの小さな声と、コツコツと浄財を集め自治会館の建設費としようとする心意気が、さいたま市誕生以来初めての市有地に自治会館を建てる快挙となりました。

沢田力

追伸 そんな記念すべき落成式に出席していた為に参加できませんでしたが、今日昼間、大宮公園で口琴(こうきん)の初のライブコンサートを開きました。昼過ぎには大宮高島屋前と東口駅前でも。私も口琴を口に当て演奏しました!
  

Posted by unehistoiredebleu at 13:26Comments(0)TrackBack(0)政治改革 | 芸術・文化・スポーツ

2017年03月28日

全国初・防災ヘリ救助有料化条例が成立・・・一夜明け、雪が舞う奥秩父にて自民党県議三十数名が防災ヘリ墜落事故の殉職者慰霊碑前で報告

image慰霊碑前にて【全国初・防災ヘリ救助有料化条例が成立・・・一夜明け、雪が舞う奥秩父にて自民党県議三十数名が防災ヘリ墜落事故の殉職者慰霊碑前で報告】

準備不十分なまま遭難した登山客を救済すべく、県央の川島町から飛び立った埼玉県防災航空隊「あらかわ1号」が救助活動中に墜落したのは、7年前の平成22年7月25日・・・心肺停止した1人の登山客を助けようと、狭山・鳩ヶ谷・秩父から参集した精鋭の消防隊員3人とヘリを操縦した本田航空(株)社員2人の計5人が儚くも殉職。

自民党埼玉県議団は、これまで防災ヘリの運用ルールを条例化するとともに、今春には防災ヘリで救助した登山者から燃料費相当額を徴収できる旨の条例改正案を提出。昨日の本会議で可決成立したのを受け、本日3月28日(火)午後、山梨県境の雁坂トンネルに近い丘に立つ慰霊碑前に自民党県議有志の三十数名で慰問して参りました。

あらかわ1墜落事故殉職者慰霊碑前にて添付写真で、私の背景に写る白妙の雪に隠せる稜線のかなた、慰霊碑から直線で数キロも離れた遥か向こうに、7年前の事故現場があるそうです。迂回して現場へ急いでも3・4時間はかかったと秩父消防本部の方が教えて下さいました。たとえ登山道が整備されていても到底救急車では辿り着けない場所です。

防災ヘリ有料化に反対する他会派から登山道を整備すべきだ、登山者団体は慎重意見だなどとの主張が昨日聞かれました・・・頭デッカチな議論は止して欲しい、現場(近く)に来れば、答えは明明白白です。救命救急行政に携わる公務員・一般人の命を犠牲にしてまで、無謀な登山を看過してよいはずはありません。

沢田力

追伸(1)2011年7月25日付けブログ「秩父ヘリ事故から1年、追悼献花」http://blog.livedoor.jp/unehistoiredebleu/archives/52737564.html

(2)大宮から慰霊碑まで片道3時間半、往復7時間ほど。帰り道に秩父駅近くの武蔵国四宮秩父神社を参拝して参りました。秩父神社を参拝

(3)登山や海水浴などレジャー・スポーツを楽しむのは個人の自由です。でも生命のリスクが伴うもの。万一事あらば、消防や警察や自衛隊や海上保安庁などの公共サービスのお世話になります。捜索打ち切り等となれば、有料の民間サービスのお世話になる。その為に保険・共済などの様々な補償設計がなされているのはご存知の通りです。

平成22年7月の秩父での防災ヘリ墜落事故は、障害物確認が不適切であったために操縦不能となったと事故調査報告がなされました。ヘリ乗員5人が死亡したことの刑事責任は、遭難者や救急要請をした同行者に問われるものではありません。協力頂いている民間機関・個人を含め、公務災害を低減させるよう努力あるのみです。

埼玉県における防災ヘリによる救命救助の有料化は、これまで受益者負担を一切求めて参りませんでしたが、来年1月以降、燃料費程度はご負担いただくと言うものです。これまで無料で提供されるのが当り前と思っていた公共サービスをめぐる、受益と負担の問題、自治や独立心そのものを問う問題であるとも言えるでしょう。  

2017年03月27日

環境農林委員会の委員長に

権守副委員長と【環境農林委員会の委員長に】

お揃いのネクタイを結び、副委員長の権守幸男先生(公明党)と固く決意・・・本日3月27日夕方、埼玉県議会閉会。

沢田力
  

2017年03月24日

見沼田圃に桜を植え続け、弘前市を抜いて日本一に!

見沼田圃に桜を植え続け、弘前市を抜いて日本一に!
・・・・
埼玉・見沼田んぼの桜回廊、総延長20キロ超え「日本一」に・日本経済新聞社 2017/3/24 7:01

さいたま市が日本一を目指して植樹を進めていた見沼田んぼの桜回廊の総延長が今月、20キロメートルを超えた。2013年度から市民や団体、企業などの寄付で植樹。既存の桜から2キロメートル延長し、20.2キロメートルになった。花見シーズンが到来。市は「桜の下を歩ける桜回廊としては日本一」とアピールし、多くの人に散策を楽しんでもらいたい考えだ。

見沼田んぼの桜回廊は同市北、大宮、浦和、緑、見沼区にわたる見沼代用水の西縁と東縁、通船堀に沿って桜が連なる。市は13年度に「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」を開始。官民連携の実行委員会を通じ市民や企業から植樹のための寄付を募集した。青森県弘前市の岩木山の山麓の20キロメートルの桜並木が「世界一の桜並木」とうたわれることから、それを超える長さを目指した。

16年12月までに集まった寄付は約140件で総額約1600万円。苗木の現物も寄せられた。

12年度までの既存の桜は、ソメイヨシノを中心とする18.2キロメートル、1813本。開花時期を長く楽しめるよう、エドヒガンザクラやミヤビザクラ、ヤマザクラなど8種の桜の植樹を進めた。桜回廊には165本を植え、休憩するためのベンチなども整備。今月、30メートル以内の間隔で桜が並ぶ総延長が20.2キロメートルに達した。

桜回廊の近くの公園や緑地などにも既存の3075本に加え193本を植樹。見沼田んぼ周辺で計5246本の桜が楽しめる。

日本一の目標には想定外の事態も発生した。プロジェクト開始後に、岐阜県各務原市に総延長31キロメートルの桜回廊があり、日本一を称していることが判明したのだ。だが、市は「市民、企業、団体と行政が一体となってつくり上げ、実際に桜の下を歩ける桜回廊ということでは日本一と考える」と胸を張る。

清水勇人市長は新幹線を生かした東日本の各都市との連携を念頭に、桜回廊について「桜の名所が東日本全体にいくつかある。函館、青森、盛岡など開花時期がうまくずれているので、観光ルートの一つに取り上げていければという思いがある」と話している。

都市部の近くに豊かな自然が広がる見沼田んぼの桜はまもなく、開花の最盛期を迎える。  

2017年03月20日

Z旗たなびく戦艦三笠にて、ゲルマラジオづくり

戦艦三笠でラジオづくり【Z旗たなびく戦艦三笠にて、ゲルマラジオづくり】

戦艦三笠でラジオづくりなんとメインマストからラジオ放送の磁波を拾う、よく聞こえました。三笠の三六式無線機はわが国の無線技術発祥の原点!ラグビージャージを着ているのは愚息です。

沢田力
  

2017年03月17日

噂の築地市場へ、生ごみが微生物で完全消滅する技術を見学

築地市場へ【噂の築地市場へ、生ごみが微生物で完全消滅する技術を見学】

築地市場へ2築地市場へ33月17日(金)自民党県議団の団会議などを経て、夕方に築地市場へ行ってまいりました。市場で販売される野菜などの残渣、これらをある微生物を混ぜるとなんと完全消滅するとのこと。その実機が築地市場に既に設置され、稼働しているとのことで、開発された方などにご案内頂きました。

沢田力  

2017年03月15日

ガンバ大阪のスタジアム建設に学ぶ

image大宮アルディージャ後援会の勉強会で、吹田市立「吹田スタジアム」の成り立ちをJリーグクラブ経営アドバイザーの野呂輝久氏(1977年名古屋大学卒業。1977〜2012年、パナソニック(株)にて広報部長やシステム・設備事業推進本部長などとともに子会社・パナソニックシステムソリューションズ常務。2012〜2016年、(株)ガンバ大阪にてスタジアム建設本部長、代表取締役社長(Jリーグ実行委員)など。2016年7月〜現在、Jリーグクラブ経営アドバイザー就任)に伺う。

■建設費合計275億円に対して、竣工後1年目〜10年目の消費効果を加味して経済波及効果はなんと960.66億円とのこと。防災拠点として食品の備蓄は4万人に対し1食を用意を計算(800人に対し10日間の食事相当)。隣接する三井EXPO CITYを連結してインバウンド向けの観光拠点ともなっている。

■34,627人から100円から100万円までの寄付金(ふるさと寄付金扱い)が寄せられ計6.22億円。メモリアルカードを贈呈するとともに寄付金5万円毎にネームプレートを設置する特典付きに。また721社の法人からの寄付金は計99.5019億円。スポーツ振興くじ30億円を含めて助成金は計35.133億円。合計140.8567億円をもって吹田市立吹田スタジアム建設をスタート。2年目から寄付団体を設立し、ガンバ大阪のホームゲームや街頭や大阪府庁舎内、地元各種団体などで、イベント計122回を開催。

■ところが2013年1月に地下空洞を発見し、3ヶ月も開削工事が遅れる。また資材費が半年で1.2倍(H鋼価格1トン当たり7万円が8.5万円に。4万人日分に相応)に高騰。そこで27億円不足することとなり、在来工法からPC化に変更し工事費・工期を工夫(360人×20ケ月が60人×22ヶ月に)。また停止条件付請負契約として工事を進める。

■2013年12月の起工式には寄付者800人が集い、2015年10月の竣工式には寄付者4,300人が集う。2015年度の入場料収入7.9億円が2016年度には13.7億円に。グッズ売上は4.9億円が6億円に。収入合計で42億円が56億円に。来場者数も37万人が51万人に増加。スタジアム建設効果は覿面である。

沢田力