unify

mixi,last.fm,twitter…あれこれ更新するのはけっこう大変。 ブログタイトル通り「統一する」ことが目的です。 俗に言う音楽クラスタ、とりわけメタルクラスタ。 6月から滋賀県に異動に。 知り合い誰もいないぞ?どうしよう。

お気に入り

お疲れ気味なのか、未聴音源の消化が進みません。

そんなわけで最近よく聴いてる何枚か。

MC5 / High Time (CD)

MC5 High Time





















Kick Out The Jamsライブ盤の印象が強烈なバンドですが、このアルバムの方が曲は好きですね~。
フラワームーブメント的な感覚を引きずった爆音ロック。いいです。

Tribulation / The Formulas of Death (CD)

Tribulation-The-Formulas-of-Death-cover





















元Enforcerメンバーなどからなるスウェーデンのデスメタル。けっこう話題になってますね。スウェデス+Morbid Angelな感覚。曲もよく聴き易いのでメロデス上がりのデスメタルに興味があるかな、くらいの人にもおすすめできますし、アンダーグラウンドの汚いデスメタルに慣れている方も納得の、ある意味卑怯な一枚と言えるかもしれません。僕はマニアじゃないのでこの辺の音で大満足ですw

Saigon / One Must Die (LP)Saigon - One Must Die [Front] (1)






















ジャケットからして完璧なスウェーデンのへヴィメタルバンド。1985年の唯一作。
ミドルテンポ主体のやや様式がかった重厚なサウンド。おそらくロニー期サバスが好きなのでしょう。
メタルといって美メロや極端な重さ、スピード等を求める人には「駄盤」と一蹴されてしまいそうな、そんなところが捻くれ者の私のツボを突きまくる極上の中期80年代ヘヴィメタル。

Beowulf / Slice of Life (LP)
Frontal




















Suicidal Tendenciesファミリーではない方のUSヘヴィメタルバンド、1980年の唯一作。
USメタルというと、パワーメタル、スラッシュメタル、LAメタルのイメージが強いですが、1980年にちゃんとNWOBHMスタイルに正直なGreatなヘヴィメタルバンドがいたとは驚きです。(僕が無知なだけ)
内容はNWOBHMの中でもBlack Roseあたりに近い尖ったサウンドのヘヴィメタルロックンロールスタイル。もちろん泣き泣きだよ!
我が家にまたお宝が一枚増えましたね、フフフ。

MC5はRock Stakk Recordsさん、TribulationはRecord Boyさん、Saigonは渋谷Punk/Heavy Metal館、BeowulfはドイツはケーニッヒスホーフェンKEEP IT TRUE会場で購入。メタルは足使って探してナンボですぜ。

KEEP IT TRUE XVI 本当に行ってきました

約1年ぶりの更新でどうもすいません笑
本日12時前にドイツから帰還いたしました。

来年以降行かれる方のために一応こんな流れで行きました、と。

Step 1

何はなくともチケットを買わないと始まりません。 
とにかく二日通し券は売り切れるのが早い。前年の6月頃には残少となります。
Nuclear Blastあたりのpaypal対応の大手サイトで買えますので、中学生レベルの英語が出来れば余裕です。

Step 2

あとは海外旅行に行く要領で、パスポート、航空券、宿泊先を手配するのみ。

(1)パスポート
私の場合は初の海外旅行でもあったので、パスポートの準備から。
パスポートは本籍地からの戸籍写本の取り寄せやら何やら必要ですし、申請自体も平日しか出来なかったりするので、余裕を持って出発2ヶ月前には準備を始めたいところです。(会社員はなかなか平日休めませんし)

(2)航空チケット
会場のあるラウダ・ケーニッヒスホーフェンはドイツの片田舎。
ドイツのハブ空港フランクフルト国際空港が最寄となります。フライトは12時間ほど。
(会場までは空港駅から2~3回の乗り換えで2.5時間程度)
関空、中部国際空港、成田、羽田からの直行便があることは確認済み。
海外旅行に詳しい方は安く行く方法を色々とご存知なのではないでしょうか。
僕は初心者でよくわからなかったので、近所の旅行代理店で手配をお願いしました。
時期にもよるでしょうが、航空券自体は5~8万円くらい。そこに燃油サーチャージが乗ってきます。 
私は保険やら空港利用料やら含め総額13万円程度の支払いでした。

(3)宿泊先
会場近くは田舎でホテル等が少ないうえ、バンド関係やオーガナイザー、毎年の常連客で埋まっているそうで、抑えるのは余程のコネでもないとまず無理だと思われます。 
(現に来年4/25,26は既に予約でいっぱいだそうです。)

他の方法としてはパーキングエリアにキャンプという手がありますが、もちろんシャワー設備や電源、炊事場等はありません。
ドイツ語に堪能なアウトドア派の日本人メタルヘッドでもない限り現実的ではありません。
時期的に朝、夜はかなり冷え込みますし。

というわけで、ラウダ・ケーニッヒスホーフェンから約5キロ南に位置する地方都市バート・メルゲントハイムを拠点にするのが一般的なようです。
実際、街中も長髪パッチGのメタルヘッドで溢れかえっておりました。
HISやJTB、kntなどの大手ならホテル予約までしてくれるのかもしれませんが、今は日本語でホテル検索・予約の出来るbooking.comというサイトがありますので、私はそちらで予約しました。
宿泊したところは1泊60Euro朝食バイキングつき。
アメニティもだいたい揃ってましたが、歯ブラシと髭剃りはありません。
バスタブは無く冷蔵庫はアリでしたが、大先輩の部屋はバスタブ有りの冷蔵庫つきだったとか笑

Step 3

フランクフルト空港からの移動
ラウダ・ケーニッヒスホーフェン及びバート・メルゲントハイムまでは電車で移動するしかありません。(レンタカーを借りる手もあるんでしょうが、ドイツでの免許手続きとかどうしたらいいんだろう?電車が無難だと思います。)
DBことDeutsche Bahn (German Railways)で、出発地から目的地まで検索しましょう。
チケットのネット予約も出来るようですが、私はよくわからなかったので(バカw)、現地で買おうと思ったのですが、券売機意味わからなくて挫折(バカバカw)。
乗る予定の電車を決めてプリントアウトしたものを持ってきていたので、駅の窓口で「これに乗りたい!チケットくれ!」とカタコトの英語で言ったらなんとか通じ、往復分のチケットgetしました笑

ドイツの電車は遅れることも結構あるようですので(今回は幸い時刻表通りでしたが、それでも発着ホームの変更はありました)、ケータイは海外パケットし放題などにしておき、いつでもDBのサイトを見られるようにしておいた方がいいかもしれません。
駅員さんに英語やドイツ語で問題なくコミュニケーション取れる方はそれでいいと思いますが笑

Step 4

バート・メルゲントハイム~ラウダ・ケーニッヒスホーフェン
基本タクシー移動です。片道だいたい15Euroくらい。歩けない距離ではないですが、ライブ後はしんどい。
ホテルを通してタクシーを呼んでもらった方が色々とイイみたいです。信頼関係などもあるでしょうし。
特に夜は終電もありませんからタクシーに頼るしかありません。
往復でタクシーをお願いしてしまいましょう。ライブはそこまで押さないので、終演時間+20~30分後くらいで良いのでは。

Step 5

会場はとにかく楽しいです。
物販が楽しい、ビールが楽しい、ライブが楽しい、客が楽しい。 
レア盤買えば割引され、ビール飲んでれば外国人が乾杯しに絡んで来、ライブは666% pure fxxkin metalで、モッシュパートは安全でかつ凄まじく(激しいけど、救助は迅速)、曲によっては会場全体でオールパートシンガロング!
フロアに疲れたら2Fでビールでも飲みながら座ってじっくりライブを楽しみましょう。

昼から晩までHeavy Metaaaaaaaaaaaaal!!

Step 6

深夜のバート・メルゲントハイム、お店だいたい閉まってます。
帰りしなにどこかでファストフードを買い込むか、会場でしこたま食べておくか、 ライブ前に食料買い込むか、ホテル朝食まで我慢するか笑
明日に疲れを残さないようにしましょう。

あとは翌日のライブを同じように楽しんで(顔見知りが増えているから楽しさ倍増です)、名残惜しいですが行きと逆のルートを辿って日本へ帰るだけです。

※参考

(1)僕の旅程
18日日本時間8:00~中部国際空港着→発券手続き
   日本時間9:00~外貨両替等
   日本時間9:30~出国手続き→飛行機乗り込み出発
18日ドイツ時間15:40~フランクフルト空港着→入国審査→荷物受け取り
   ドイツ時間16:20~徒歩にてフランクフルト空港駅着→チケット購入→ヴュルツブルグ行き
   ドイツ時間17:30~ヴュルツブルグにて大先輩達に偶然合流→ラウダ→バート・メルゲントハイムへ 
   ドイツ時間18:30~ホテルチェックイン~ささやかながら前夜祭
19日ドイツ時間9:30~スーパーでお土産や水・食料などを購入しホテルに備蓄
   ドイツ時間11:00~会場へ
   ドイツ時間12:00~ライブ!
   ドイツ時間0:00~ライブ終了→ホテルへ 
20日ドイツ時間11:00~会場へ
   ドイツ時間12:00~ライブ!
   ドイツ時間0:00~ライブ終了→ホテルへ  
21日ドイツ時間8:20~帰路へ
   ドイツ時間12:00~フランクフルト空港着
   ドイツ時間14:00~飛行機出発
22日日本時間9:00~中部国際空港着

ライブしか見に行ってませんが、3泊5日でかなりきっつきつのスケジュールでした。
帰りはもう少し遅めの便に出来れば半日ドイツ観光できたかもしれないですね。

(2)メモ
・時差:7時間の時差があるけれど、僕は時差ぼけを感じませんでした。特に行きは問題なさそう。帰りは?
・チップ:ライブ会場では完全に不要。ホテルでチェックアウト時にお釣り渡すくらいでいいかな?気持ちですし。
・トイレ:HerrenとDamenを間違えないように。Hなのが男です笑 場所によっては20~50centかかる。
・パスポート:提示を求められる機会は無かった。ホテルに置きっぱなしでいいと思います。紛失が一番怖いし。
・犯罪:危険を感じることは無かった。特に田舎はのんびりしている印象で深夜でも問題なし。
・言語:外国人には英語で話しかける模様。ドイツ語で話しかけられることはない。ただし挨拶などはドイツ語。
・ビール:ピンキリ。好みのビールを探しましょう。電車内で飲んでる外国人も多い。水より安いのはホント。
・明るい:外が。19時過ぎても全然明るい。時間の感覚がわからなくなる笑
・大麻:4/20が旅程に入っていたので420的な意味で。会場で吸ってる人がいたのか(?)衣服に匂いが移っていたらしく、警察犬につきまとわれ、税関で荷物を全部広げる羽目になりました。 持って帰らなきゃ大丈夫です。
・ロッカー:会場にはロッカーやクロークが無いんです。音源やマーチャン買っても置き場所がないんだな。さてどうしましょう?
・日本人:我々は日本人です。日本の(ヘヴィメタルの)ことを色々きかれます笑 よくLoudnessの話になると聞きますが、大人気だったのはSabbat、Metalucifer、Coffins、Anatomia、Magnesium、Barbatos、Abigailなど。Ritual Carnageの話なども出ました。Church of Misery、Terror Squad、Fastkill、Genocide、Eternal Elysium、Sabbrabells、X (Japan)など今一度日本のバンドを聴き直してから行くのも良いと思います。
・バンドと言えば、外国人との話になったとき、どのバンドの名前を出すかが非常に重要です。特に私のようにパッチGを着ていない人間にとっては笑 フィンランド→Sarcofagusみたいな感じで話すと盛り上がること請け合い。Children of Bodomなんて言うとボコられかねない雰囲気が漂っています笑 だからこそ居心地がいいのですが。

KEEP IT TRUE XVI

世界最強のへヴィメタルフェスティバル、KEEP IT TRUE(http://www.keep-it-true.de/

小童の私が参加までの道程を記録していきます。

2013年4月19日、憧れの地で拳を振り上げヘッドバンギングできるのか?

KIT_16_Poster_A1_webPreview2

@2012/06/01
・某ギタリスト(某バンドではベース)からチケット売り切れ寸前との一報を受ける。 
・KEEP IT TRUE公式サイトへ→「 We already sold 75% of the tickets at KIT 14 so do not wait too long for your order. 」
・慌ててNuclearblastオフィシャルshopでチケット購入(カート制&paypal可で楽々購入)
Last.fm weekly top 10
最新コメント