皆さん今晩は。本日も沢山滑りました。

本日の生徒さんは頭脳明晰Tさん。
頭脳明晰Tのスキーの欠点は頭脳明晰過ぎることです。具体的にはスキー技術を言語で考えて滑ろうとする事です。
アルペンスキー(スポーツ)は言語(理論)で滑るのではなく、感(フィーリング)で滑るのです。

今日は不整地でのパラレルターンをメインに練習しました。
滑りのイメージは「パン〜!と切り換えてギュ~~~ンと脚を捻ってエッジング。」
その為には基本姿勢(中間姿勢)の理解が必要です。

全てのターンの運動要領は、フォールライン(谷側)に向かって直滑降しがら、脚を左右に捻りながら押し出しすのです。
ポイントは直滑降が上手にできるかどうか。

今日のレッスンは原点に戻り直滑降を見直しました。直滑降は縦方向のアルペン滑走姿勢です。

本日の練習成果。滑走姿勢が良くなりました。
ターン切り換え期の中立ポジション。
IMAG1876_BURST007




プルークスタンスでの脚の捻り押し出し。
IMAG1875_BURST016




Tさんは今日が今シーズンの千秋楽。今日の練習成果を言語ではなく、フィーリングで右脳に記憶させてください。
練習は名人を作り出す。そして夢を叶える。シーハイル!山藤