IMG_1537




皆さん今日は。久しぶりのオフ。朝寝、朝酒、朝湯するつもりでしたが、ブログアップします。

テーマは「曲げるが一番難しい」。

ungulationのレッスンに参加されたスキーヤーは、レッスン中に私が「足首の曲げ方違うよ!」とか「とりあえず脚の曲げ伸ばし使え!」とアドバイスしていることが多いことに気がついていると思います。

脚の曲げ伸ばし運動(スキー三関節の屈曲、伸展)は滑走中のメイン運動ではありません。補助運動ですが、この補助運動なしではメインの加重・角付け・回旋を上手く行うことはできません。

補助運動の一つの役目は、前後バランスの保持。二つめは角付け、回旋の運動補助です。

脚に曲げ方は三通りあります。
●体重と重力を利用して曲げる。
●低速では自分の筋力で曲げる。
●高速では外力を利用して曲げる。
実際のターンでは三つの方法がミックスされますが、多くのスキーヤーは筋力&外力を利用して曲げる方法が出来ていません。又、理解していません。

スキーヤーが初歩の段階で覚える曲げ方は「筋力で曲げる」方法です。

筋力で曲げる方法を言語で説明すると難しく、難解になります。又、言語理解しても実際の滑走ではできません。
専用動画サイトに筋力で曲げる方法を簡単ですがアップしました。参考にしてください。
この辺りをマスターすると、どんな斜面でも簡単に私のように滑れます。

冒頭の写真は低速で滑っているので筋力を使って曲げてます。
次の写真は先日のシュンキ。シュンキも筋力使って曲げてます。
IMAG1961_BURST006





筋力使って曲げると、腰は落ちません。
この運動を感覚的表現すると先回のレッスンでイッキが言ったようになります。
「ためて、ためて、ためて、蹴る」
ためて、ためて、ためてが「曲げる」、蹴るが「伸ばす」です。

練習は名人を作り出す。そして夢を叶える。シーハイル!山藤

●蛇足 動画サイトに簡単ではなく、詳しくアップしたいのですが、無料で詳しく教えると女房に怒られます。
しかし、女房の言う通りです。私はティーチングプロです。技術を売って生きてます。又、このような運動をマスターするために、レッスン料を払っているオンラインレッスン受講の生徒さん達に失礼になります。
詳しく知りたい方やマスターしたい方はレッスンに入って、レッスン料お支払いください。
ただで上手くなろうという甘い考え禁物、そして、自力でマスターしようとしても無理。世の中、甘くはないのです。
私は以前、スノーボード自力でマスターしてそこそこ滑れるようになりましたが、自己流の為、その後の伸びしろゼロです。お金払って、正しく習えば良かったと後悔してます。