カテゴリ:

この方法はドット柄やボーダー柄など規則的な柄のパターンを作りたい時に最適。

好みの規則的な柄を作成してからパターンの最小領域を作成する。
規則的な柄は「カラーハーフトーン」などで作れる。
  1. 柄のレイヤーを用意する
    黒白の場合、赤や青なた色をつける。(最後にパターン定義する前に黒白に戻す)
    また、カラーでもコントラストの低い場合、レイヤーを複製→レベル補正(コントラストを上げる)→パターン定義する前に複製レイヤーを削除しておく。
  2. 矩形選択ツールで、画面上の方を小さめの選択範囲を作成する
    この時ピクセルのすぐ上か、重なるように囲む。
  3. 定規を表示して、ガイドを選択範囲の上端に接するように置く
  4. 「レイヤー」→「新規」→「コピーしたレイヤー」(⌘+J)
    このレイヤーの「描画モード」を「差の絶対値」にする
  5. 移動ツールに変更、カーソルキー(↓)で下にずらす
    再び黒になるまでずらす
  6. ガイドをもう1つ出して、黒色の上端に置く
  7. コピーしたレイヤーを削除
  8. 縦長の選択範囲を作成する
    この時もピクセルのすぐ横か、重なるように囲む。左端に接するようにガイドを引く
  9. 選択範囲の左端に接するようにガイドを引く
  10. 「レイヤー」→「新規」→「コピーしたレイヤー」(⌘+J)
    このレイヤーのモードを「差の絶対値」にする
  11. 移動ツールにしてカーソルキー(→)で横にずらす
    再び黒になるまでずらす
  12. ガイドをもう1つ出して、黒色の左端に置く
  13. コピーしたレイヤーを削除
  14. パターンの最小領域が完成
    ガイド内を選択範囲で囲んで、「編集」→「パターンを定義」する