カテゴリ:
14

画面の周囲やピンボケした部分だけに色収差(色のズレ)している加工です。

アニメ「響け!ユーフォニアム」1話の屋外のシーンの加工を再現してみました。扱いづらいと思っていた色収差もこんな風に使えばいいんだなあと思いました。

  1. オリジナル画像は1つに結合しておく。オリジナルのレイヤーをコピーする。
  2. コピーしたレイヤーに「ぼかし(ガウス)」をかける。数値は好みで。
  3. 01
  4. ぼかしたい部分のマスキングを作る。
  5. まず、レイヤー→新規塗りつぶしレイヤー→グラデーションをクリックする。

    下図のように設定する。

    01

    同じダイアログ内のグラデーション部分をクリックする。(上図赤文字の「ココをクリック」のところ)

    出てきた新しいダイアログを下図のように設定する。

    02

    「OK」をクリックする。黒い部分がぼかしたい部分。

    04

    今回はキャンバスが正方形なのでこのまま使うが、縦長・横長の場合自由変形させて好みのぼかしたい部分を作る。

    レイヤー→ラスタライズ→塗りつぶし内容(レイヤーでもOK)をクリック。

    03

    グラデーションレイヤーのサムネイルを⌘+クリックする。黒いグラデーション部分が選択範囲になる。

    ②で作成したぼかしレイヤーを選択して、レイヤーマスクを作成する。(レイヤーウィンドウの下部にあるアイコンクリック)

    05

    これで周りだけぼやけた効果が出来上がる。

    06
  6. ぼかしレイヤーを選択した状態で、チャンネルを開く。
  7. レッドチャンネルを選択する。

    07

    ⌘+Aをクリックして画面全体を選択範囲にする。

    ⌘+Tして少し斜めに移動させ、拡大させる。

    チャンネルをRGBに戻せば完成。

    今回はこれだけだとなんだか物足りなかったのでグロー効果もプラスしてあります。

    14












ちょっと面倒臭い方法も一応残しておきます。
結果は同じなのでお勧めしません。

① オリジナル画像は1つに結合しておく。オリジナルのレイヤーをコピーする。
②コピーしたレイヤーに「ぼかし(ガウス)」をかける。数値は好みで。01
③ぼかしたレイヤーにレイヤーマスクを作成して、ぼかしたくない部分をぼやけたブラシなどでマスクする。02
 ④⌘+option+shift+E で画像全体をコピペしたレイヤーを2つ作成する。
 グループを作成してこの2つのレイヤーを入れる。グループ名はここでは「色収差」とする。
⑤ 「色収差」グループ内の下のレイヤーを選択する。
 レベル補正(⌘+L)で下図のように設定する。(レッドチャンネルの出力レベルを0にする)
03
このレイヤーだけ表示するとこんな風に見える。
03a
⑥「色収差」グループ内の上のレイヤーを選択する。
 レベル補正(⌘+L)で下図のように設定する。(グリーンとブルーのチャンネルの出力レベルを0にする)
04
05
このレイヤーだけ表示するとこんな風に見える。
05a
⑦このレイヤーのモードを「差の絶対値」にする。
 少し移動させる。(ここでは左に3px、上に1px)自由変形(⌘+T)で拡大させてレイヤーを画面いっぱいにする。 
⑧「色収差」グループ全体にマスクをかける。
 ぼかしレイヤーのマスクのサムネイルを⌘+クリックして選択範囲をコピー。「色収差」グループを選択してからレイヤーウィンドウの下部にある「レイヤーマスクを追加」のアイコンをクリック。
⑨このままだとなんか味気なかったのでグロー効果を追加して完成。
 レイヤーの数はこんな感じ。
06