カテゴリ:

今までいろいろ試してみた水彩境界っぽくなる加工のまとめです。

hikaku

A 輪郭検出を使う方法

a2

以前の記事に載せた方法。→ SAIの水彩境界みたいになるエフェクト使って加工

やりかた

オリジナルのレイヤーを2つコピーして、真ん中のレイヤーにフィルター>表現手法>輪郭検出をして、レイヤーの描画モード「ソフトライト」、不透明度50〜80%くらいにする。一番上のレイヤーは描画モード「乗算」、不透明度50%くらいにする。最後に全部統合してスマートシャープかけて絵をはっきりさせる。

a1

B エッジの光彩を使う方法

b1

こちらも以前載せた方法。→ SAIの水彩境界みたいな加工2

この加工はテクスチャを上に重ねるといい感じになると思う。

下絵は紙のテクスチャを焼き込みカラーで重ねてみたもの。

b2

C ぼかしを使って境界線を作る方法

c1
  1. オリジナルを複製する。
  2. 複製したレイヤーをグレースケールにする。
  3. (やり方はいろいろあるけど、ここではレイヤー>新規調整レイヤー>白黒で作成したレイヤーと複製レイヤーを選択して結合させる)

    c10
    c9
  4. 白黒のレイヤーを複製する。複製したレイヤーを階調反転する(⌘+I)。
  5. 描画モードを「覆い焼きカラー」にする。画像はほぼ真っ白になる。

    c8
    c7
  6. 階調反転したレイヤーに「ぼかし(ガウス)」をかける。
  7. c6
  8. ⌘+option+shift+Eで表示中の画像をコピペしたレイヤーを作成する。
  9. 描画モードは「乗算」にする。

    c5

    これをやると線が濃くなる。

    c4
  10. 今見えている黒い部分の線画を作る。
  11. ⌘+option+2で表示されてる画像の白部分を選択する。

    ⌘+shift+Iで選択範囲を反転させる。

    新規レイヤーを一番上に作成して好きな色で塗りつぶし(option+delete)。

    オリジナルとこのレイヤー以外は非表示にする。
    描画モードを「乗算」や「焼き込みカラー」にして不透明度を下げる。

    c3

    c2
  12. 透明ピクセルをロックして、水彩境界の線の色をブラシで所々変える。
  13. このままだと少し絵がぼやっとしているのでスマートシャープをかける。

    (量100%、半径0.4~1.0くらい)

    c1

D 明るさの最小値を使って境界線を作る方法。

d5 Cの行程と③まで同じです。
  1. オリジナルを複製する。
  2. 複製したレイヤーをグレースケールにする。
  3. (やり方はいろいろあるけど、ここではレイヤー>新規調整レイヤー>白黒で作成したレイヤーと複製レイヤーを選択して結合させる)

  4. 白黒のレイヤーを複製する。複製したレイヤーを階調反転する(⌘+I)。
  5. 描画モードを「覆い焼きカラー」にする。

    画像はほぼ真っ白になる。

  6. 階調反転したレイヤーにフィルター>その他>明るさの最小値をする。半径は1pixel。
  7. d7
    d1
  8. レイヤー>新規調整レイヤー>レベル補正で調整レイヤーを作成して描画モードを「乗算」にする。
  9. これをやると線が濃くなる。

    d6 d2
  10. 今見えている黒い部分の線画を作る。
  11. ⌘+option+2で表示されてる画像の白部分を選択する。

    ⌘+shift+Iで選択範囲を反転させる。

    新規レイヤーを一番上に作成して好きな色で塗りつぶし(option+delete)。

    d3
  12. オリジナルとこのレイヤー以外は非表示にする。
  13. 描画モードを「乗算」や「焼き込みカラー」にして不透明度を下げる。

    c3

    d4

  14. 境界線の色を少し変えて、全部統合してからスマートシャープをかける。
  15. d5