カテゴリ

カテゴリ:Photoshop基本

集中線の作り方

カテゴリ:
  1. グレースケールのドキュメントを新規作成
  2. 「グラデーションツール」で「黒〜白」のグラデーションを作る
  3. 「フィルタ」→「変形」→「波形」
  4. 種類を「矩形波」にする

  5. 「フィルタ」→「シャープ」→「スマートシャープ」で線をはっきりさせる
※「フィルタ」→「変形」→「極座標」
「直交座標を極座標にする」にチェックするとこうなる。

カテゴリ:
  1. 1辺4〜5㎝の新規ドキュメントを作成する
  2. ガイドを引いて1辺2〜3㎝の正方形の枠を作る
  3. 枠からはみ出さないように柄を描く
  4. 右端だけ枠からはみ出るように柄を描く
  5. 「表示」→「スナップ」をチェック
    スナップ先のガイドにチェックを入れる。
    キャンバス右端から右端のガイドまでを選択範囲で囲む
    はみ出している柄を左のガイドまで水平移動させる
    (はみ出している柄が枠の内側に来る)
  6. 上端も同様にする
    上端の枠から柄をはみ出るように描く
    ⑤のように上のガイドまでの選択範囲を作成し、柄を下のガイドまで垂直移動させる
  7. 枠を選択範囲で囲んで、「編集」→「パターンを定義」する
※柄を描く時、はみ出し部分から先に描いてもよい。 その後、はみ出し部分を移動させ、枠内の空いた空間に柄を埋める。 どういう柄にするかきっちり決まってない時やエレメントが全部同じ時は、<こちらの方法の方がはみ出し部分の柄が先に描いた柄と重ならないのでよいかも。

カテゴリ:
  1. 柄に入れたい素材を作っておく。
  2. 適当なサイズのドキュメントを新規作成する。
  3. 新規レイヤーを作成し、素材を適当に配置して柄を作る。
  4. 柄を描いたレイヤーを複製する。このレイヤーは一旦非表示にする。
  5. 「フィルタ」→「その他」→「スクロール」
  6. 「ラップアラウンド」をチェックする。
    水平、垂直にスクロールさせて真ん中のスペースが空くようにする。
    この時、上下、または左右が見切れている状態になる。
  7. ④で複製したレイヤーを表示して、中央のスペースを埋める。
  8. 重なっている部分を消したり移動させたりする。

    ※柄を中心に持っていきたい時、「新規ガイド」で中心にガイドを引くようにする。

  9. 選択範囲を囲んで、「編集」→「パターンを定義」する。

このページのトップヘ

見出し画像
×