うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

February 2008

電車にて。

ちょいと用事があったので、電車で仙台往復して参りました。

昨日からの妄想大会に耳が疲れてきて、
全く正反対の音楽を耳に入れたくなってきたので
べーとーべんさまのSymphony No.4と
三善晃せんせいの交響三章をiPodに入れて連れて行きました。

べーとーべんさまのはスコアも持って。
書き込まれたメモと分析したものを思い出しつつ、
厳格に構築された楽譜を辿って行くと…。
うーん、シンプル。改めて思いました。
言いたいことが実にシンプル。雑なことが無い。
ものすごーく遠い調に転調するような、
当時としては斬新なことはしてるけれども
骨太の、確実に言いたいことが伝わる、余計な飾りのない音楽です。

三善晃せんせいのは、…なんていうんでしょうね、空気のような。
この美しさ、まさに言葉にならない「なにか」を書いていて、
とても奥行き深い音がします…。
三善せんせの音楽に浸ると、いつも、
調性のある曲を書くのがアホらしくなって来てしまいます。

とは言っても今の曲を投げ出すわけにはいかず(笑)

クルマを運転して行くのは、時間を節約できて良いんですが、
時間の余裕があるときには、こうやって考え事をしながら(時々眠りながら)
電車でゆっくり行くのが好きです。
県境の山々は、まだまだ雪深い冬の真っ最中でしたが、
青い空と、まぶしい光が満ちていました。

明日から3月、春間近なんですね−…。

変奏曲とは(大真面目)

いかに妄想を繰り広げられるか、ということではないかしら笑。

Variation 1=妄想パターン1

Variation 2=妄想パターン2

Variation 3=妄想パターン3

Intermezzo=我にかえる汗汗汗

Variation 4=妄想パターン4

Variation 5=妄想パターン5

Coda=自己完結及び自己満足


んなことを書くと
ぶらはむす氏やべとべん様は激怒するに違いないげらげら
もっと真面目にやれぃ!!と叱られそううふふふふふ
もつぁるとくんならわかってくれるとおもう



鬱々とした気分から

逃げたくて、バイオリンのふたをあけました…

今までは、やらなきゃ、と義務感ばかりだったバイオリン、
初めて弾きたいと思って弾いてる…

楽器に、耳に、身体に響く音に慰められて…ちょっとうれしいな。
やっとともだちになれた感じ、、、かな。
練習しよ♪


言葉と音と。

ライオンキングが耳のなかでぐるぐるしています。

3年ほど前、子供達を連れて四季劇場で観たのが最初でした。
その場でCDを買い、くり返しくり返し聴き、
その珠玉の名作の数々をほとんど覚えました。

シンバ+ナラの「はやく王様になりたい」、ザズとの掛け合いが絶妙ですね。
大きな声で歌える明るいうた、
やっぱりミュージカルにはこういうのが無くちゃ。

父ムファサ王が息子シンバに「おまえこそが王となるのだ」と教えるうた
「おまえの中に生きている」はF♯minorなんですよ。
あまり聴かない調性ですが(だと思うけど)、
ムファサの王様らしい気品と威厳と野性味がよく出ていて、
何度聴いてもじーんとしちゃいます。

ムファサを殺し、王座を奪ったスカーの
「なぜ好かれぬのだ」から始まるうたは
ハイエナたちの愚痴、スカーの苦悩、ナラの訴え、
いろんな要素をすべてひとつのメロディにまとめて聴かせます。
すごいなぁ。これが一番すごいと思う。
悩み、迷い、苛立ち、怒り、欲望、スカーの気持ちの移り変わりを1曲で。すごすぎ。

ハイエナたちのダンス「チャウダウン」、
これ1曲だけに、ギンギンに音を歪ませたDistortion Guitarが入っています。
力いっぱい歌って踊るE minorのパワフルさったら!
(↑その間に“エサ”に逃げられるわけですが笑)






オペレッタを書きたいなとずっと思っています。
それでいろんな作品を聴き溜めています(っていう言い方はあるのか?)が、
ここまでインパクトの強い音楽はあまりないですね。
さすが劇団四季だけで上演回数5000回以上を誇るミュージカルですよ。

言葉を歌にのせたい。
気持ちをのせたい。

連日の劇団の夜間練習を観ながら、
言葉と音楽についてずっと考え続けています。





ってことは、いま、ぼーっとしてて役立たずだってことです。
ぼーっとしてるか寝てるかなので、
メールの返信があちこちですみませ〜ん。

夜間練習No.2

今日の練習は「流星群の流れた日」(4〜6年生B班)。

音楽全曲担当です。

こどもたちの言葉を潰さないよう、邪魔しないよう、殺さないよう、
無意識的な部分や、気持ちの流れを音楽で表現できないかと
試行錯誤した作品です。(えらそうだ笑)
去年の作品のひとつがフルオーケストラDTM(一部吹奏楽風)だったから、
今年はごくごく控えめなピアノコンチェルト風に。

まったりした曲ばかりになったかと反省しましたが
芝居のバックになると…そうでもないか…
まぁ、美意識の問題です。
演出の先生のやりたいことがハッキリ見えたので、
今回の音楽はつくりやすかったです。

流星が落ちたらしい山へこどもたちが出かけて行くと
冥王星人に出会い、そこでのやりとり…受け取ったメッセージとは…
という大体のあらすじ(ネタバレになるのでこれ以上だめ〜)です。

冥王星人役6人のなかに、娘が選ばれまして。
ここ数週間は母親として、衣装作りも平行してやってました。
(そうなんですわたしははおやなんですよびっくり)
衣装の先生にご指導頂いて、
バレエの先生にレオタードもお借りして
劇団で今まで使用したものも使って
きらきらのふわふわの、
「水と氷の青い星」からやってきたひとの衣装を作りました。
他の演目の練習や、こちらのお芝居の音楽の仕事もあったので
他の冥王星人役の子のおかあさんたちに、
たくさん助けて頂きました&助けて頂いています。
なんてありがたいこと。




この児童劇団で、
背景も大道具も小道具も作ってもらって
音楽も照明も作ってもらって&やってもらって
衣装もメイクもしてもらってお弁当まで出て、
だいたいにして台本から作ってもらって指導してもらって、
「お芝居っていいなぁ〜〜!」といい気分になり、
卒団したあとまたお芝居をしようとすると、
今度は
全部ぜんぶずぇーんぶ自分たちで作らなくちゃならなくなり、
愕然とするんだそうです。

そりゃそうだ。
でもそっちがふつーだよね。


本番が近いよ

ホームページのコンサートの欄にもありますが、
改めてお知らせです♪

山形市児童劇団第33回公演==================================

2008年2月24日(日曜日)
午前10時/午後1時30分:2回公演
会場
山形市民会館大ホール
演目
:「ねずみのチュー太」山賀太一 作 加藤芳男 演出
 「流星群の流れた日」佐藤満徳 作・演出
 「だるまさんがネころんだ」須藤正博 構成・演出

========================================================


昨日から始まっていますが、今週4日間は、この公演の夜間練習です。
学校が終わった4:30〜7:30、市民会館での練習になります。
今日は「ねずみのチュー太」(4〜6年生A班)と
「だるまさんがネころんだ」(3年生)の練習でした。


3年生は一年間の練習の成果を発表する、初めての舞台なんです。
一人で朗読、二人で朗読+お芝居、
大声で悪口を言い合ったり、笑ったり怒ったり泣いたり。
こどもたち、がんばってます。

「ねずみのチュー太」は、
劇団のもうお一方の音楽:Tsukasa氏の担当です。
歌と踊り、ホントに楽しそうなのが伝わって来ますよ
絵本がそのまま舞台になった感じですねー。
以前にも同じ台本でやりましたが、
これがあの台本かと思うくらいリニューアルしましたよ。
カラス役のお父さんお母さんたち、かっこいいです♪♪

私の担当は「だるまさん〜」の方の一部音楽担当。
「ソナチネ・新聞紙と段ボール」もやります。
出囃子、場面転換は花道に隠れて生楽器で演奏します。
(ドラ、トライアングル、ビブラスラップ、ウッドブロック、木魚などなどなど)
2年ぶりに生演奏です。

この夜間練習から舞台背景が入り、大道具が入り、
照明と音響効果が全て入り、衣装をつけて通し稽古になるので
ここでスイッチが入る子が多いです。
だんだん「その気」になってきます。


「その気」が大事なんです。




さて、今日の夜間練習は「流星群の流れた日」(4〜6年生B班)。
こちらは全曲音楽担当しました。
楽しみだなー。

コンタクトレンズ

パソコン仕事はほとんどメガネでやってますが、
運転するとなると、コンタクトレンズのほうがラクです。
バイオリンもコンタクトレンズのほうがラクです。
(メガネだと、ふちがジャマで左手を見るのがつらいので。)
ピアノもコンタクトレンズのほうがラクです。
(鍵盤のはじからはじまで視界に入るので。)

ところが。

最近のコンタクトは薄いですよね。
ぺらぺらして入れにくいです。
(私だけだと思うけど。目が細いんだからしかたないじゃない、ふん)

入れるのが大分上達してきたので、右目はほぼ一発で入ります。
問題なのが左目、なかなか入りません。
利き手の右手で入れるから、左目が入れづらいんだろか。
最近ますます入りづらくなってきました。なぜだ。

5分ほど格闘しても入らなかったことがあって
ついにあきらめてメガネで運転したことも。
コンタクトレンズが入らないので
外出も家事もおっくうになってしまうことも(←いいわけ笑)。

あまりに入らないので
十数年ぶりに鏡を見ながらコンタクトをいれてみました。




左目、手が覚えている感覚よりも上のほうにありました…



レンズが目のふちに当たって入りにくかったのでした…




自分の身体なのによくわかってないことが
まだあったことにしきりに感動する今日この頃ですー。





復活

昨日の夜、友人にぐちぐちとメールをし、
珍しくうだうだとリビングでTVを見て、
たっぷり眠って、今朝はなんとなく心が軽くなってました。
単純だ…


昨日の日記に書いた、

3.こども「で」遊ぶ
5.何かをつくる

をしたかったので、午前中にお菓子の材料を買ってきて
こどもたちと台所に立ちました。
4時過ぎにはクッキーが出来上がります。
(できあがるはず




うふふ、お菓子つくるのってしあわせ



と、幸せな気分に浸っていたら、
仕事のあおりが2件、続けてやってきました。

今日の締切りは無事クリアできたから、仕切り直しです。
がんばります!!

不機嫌

どかーんとキレるようなことでなく、
むかむかと腹の立つことが3つほど。
後味悪いのが1つ。
現在進行形が1つ。
私が気にしなければ良いのが1つ。




数えても始まらん。うん。





不機嫌なときはどうやると治るかな。

1.誰かにあたる

2.モノにあたる

3.こども「で」遊ぶ

4.からだを動かす

5.何かつくる

6.酒びたり

7.ヤクびたり




世界平和のために1.はよそう。
2.もあんまりしたくない。
(しかしこうやってブログに書くあたりが
 そもそも「あたる」ことのようにも思うわけだけど)
明日締切りだから、4.をやる時間が取れない。
酒もヤクも趣味じゃないので(笑)6.も7.も却下。

つーことは3.か5.だなー。

さて、なにして遊ぼう。るん。




あ。寝るという手もあるね♪

妄想大会

めんたまを取り出して、冷たい水で洗ったら
どんなに気持ち良いだろう〜〜♪
ぱんぱんに張った肩を切り出して煮込んだら
美味しいスープができるかな〜〜♪

雪が積もりました。
学校から帰ってきたこどもたちが片付けてくれました。
受験生をコキ使っていいのか、自分。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ