うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

January 2011

Let's make the decoration cake!

次の作曲は、コレ。

第一楽章:Strawberry
第二楽章:Sponge cake
第三楽章:Sweet cream
第四楽章:Let's make the decoration cake!

でもね、よくよく考えると、この曲名って食べる順番なのよね。
ケーキを食べるときって上から食べるでしょ?
今日、paminaさんからご指摘頂いて気付きました。
デコレーションケーキを作るときって、
スポンジケーキを作って、クリームぬって、いちご乗せるもんね。
一楽章〜三楽章の順番が逆なのよね。

うーん…でもスポンジケーキから始まってしまったら、
ちょっと楽章名も曲自体もインパクトが弱いな…。

タイトルも考え中。どうしようかな。
ピンクハウスに住む主人に弾いて頂く、ピンクのピアノ曲です


ところで宮本武蔵って、そのスジのひとが見れば「催眠術師」に見えるんだって?
歴史的な剣豪と呼ばれたひとや、大政治家などの、
大勢の人心を掌握して権力をふるったひとには、催眠術などの妖術を使う才能があったのだ。
…などというアヤシゲな本を読んでおります。
ってことは、「だれかにきいてもらう曲」を書くには妖術を身につければいいのね笑。

なーんてコビを売る気なんかまっっっっっったく無いけどさくすくすくす。
自分がきもちいい曲を書きたいの。それだけ。

母と子の会話。

7a0d0bcd.jpg夕方になりました。
たっぷりと積もった雪に、暮れかかった空の色が映ってとてもきれいです。
娘がとても小さいころ、こんな時刻を「みずいろよる」と呼んでいたっけ…。

そんな娘との、今朝のとってもどうでもいい会話。
娘「つめ切ったよー」
母「今日は髪も切りに行かなきゃね」
娘「いろいろ切る日なんだね(笑)」
母「しっぽはどうする?」
娘「しっぽは切らないよ」
母「伸ばしとくの?」
娘「うん、カギしっぽにするの」

相変わらずぶっ飛んでるヒトだこと。
なんとなく、娘のおしりのあたりに「ぴょいっ」としっぽが顔を覗かせているの図を想像して、
くすくす笑ってしまうのでした。

そうだ、ツノは切らないのか、ヒヅメはどうするのか聞いてみればよかった。
チャンスがあったら聞いてみよう。

がんばれ

今日の午前中は山形市児童劇団の練習へ。
歌のイントロを変更したものが出来上がったので、会館事務室で編集して頂きました。
自宅のパソコンでやろうと思ったんだけどCD-Rを切らしてしまって。
仕事場でやろうと思ったけど時間が足りないし、
気温が低すぎでパソコンが正常に動くかどうか、かなり怖い。
んで、会館のMくんに電話したら「またソコなの?!」とあきれられつつ
とにかく編集して頂いて、CDを作ってもらいました。
ごめんねMくん、確かにあきれられても仕方ない“前科持ち”なんだけど、
毎度ピンチを救ってくれてどうもありがとう〜〜〜!!

久しぶりに子どもたちの演技の練習を見せて頂きました。
言葉ひとつひとつの意味、その背景、それを言うときの気持ち、
その言葉を聞いたときの他のひとたちの気持ち、そのあとの気持ちの流れ、
それぞれの役のキャラクターによっても反応は違います。
究極の「こくごのべんきょう」です。
声の大きさやテンション、発音の練習も大事ですが、

「どうしてそう言うのか」

が、とっても大事なんですね。
想像力を駆使して、身体全体を使って、思い切りお芝居して欲しいものです。

笑って。怒って。泣いて。
がんばれ!こどもたち。
あと1ヶ月で本公演です。




午後は、昨夜に引き続き、やっぱりとろとろ眠くて眠くてお昼寝しました…
目覚めたらあたりはもう暗くなりかけていてびっくり。
ものすごくたっぷり寝ました。
とっても身体もアタマも(アタマの中身も?)が軽くなりましたよ♪

どれ、晩ご飯のことが終わったら本を読もう。






とろり

とろ〜り とろとろ 

とろ〜り とろとろ

めを とじれば


ゆら〜り ゆるゆる 

ゆら〜り ゆるゆる

ゆめのくにへ


おだやかな よるには

やさしい うたを

あたたかな てを


おやすみ

おやすみ

また あした



という歌が、耳のなかを流れていきます…
どうやら曲が出来てるらしい…

女声三部合唱またはMezzo soprano solo、
それと弦楽合奏または弦楽四重奏。
Andante、D dur、4分の4拍子。



ようするに、今、猛烈に眠いのでした。笑。
みなさまおやすみなさい。

ふぶきっ

さて今日は、今年度最後の授業=後期試験のため、仙台往復しました。
朝の山形側は路肩に雪はありましたし、道路も凍っているところはありましたけど、
日が当たっているところはすでに溶け始めていて、割と快適な運転でした。

仙台も気温は低いけど曇っているだけなので、何の苦もなく往復できたはずなんですが。
夕方の山形自動車道・古関PAは写真のような感じで雪が降り始め、視界が白くなりつつありました。
cf7b2074.jpg
このあと笹谷トンネルを抜けて山形側に行ったら、
視界が一面まっしろ〜〜〜〜〜〜
ホワイトアウトするかと思ったんですが、幸い雪が降り始めだったらしくて
道路がまだ凍っていませんでしたから、視界が悪いだけで運転はラクでした。
でも真っ白の風景の中から、突然山やトンネルが現れると、
おなじみの風景で、前もって分かっていることなのに驚いてしまいます。

3年ほど前にものすごく怖い思いをしてから、冬のたびにびくびくです。
今年はシニそうな思いをしなくて済みました、ラッキー♪
高速道路は消雪剤が撒かれますから、高速道路が閉鎖にさえならなければ
私のような運転(笑)でもなんとかなりますし。

後期試験のほうは滞りなく終了です。
学生のみなさんお疲れさまでした。
一生懸命なアレンジと演奏、私も楽しかったですよ。
どうか元気に、希望を持って、社会に羽ばたいていって下さいね。

ベルのみなさん、どうもありがとう。
練習がんばって!


ぴあのぴあのぴあの

午後は合わせでした。
伴奏でしたが、ずっとずっとピアノを弾いていました。
こういうの、久しぶりだなーー

さて、メドレーも出来上がりましたから、楽譜書きは一段落です。
短大も明日の試験で授業は終わりですね。
めちゃくちゃ忙しかった今年度も、オケの仕事を若干残すだけとなりました。

あ、でもこれからピアノを弾く本番が2つと、
音響さんの試験に(ピアノで)お付き合いするのが2つ、
レコーディング編集と、
劇団の練習に顔を出すのと、
Funny Companyの本番までのことと、
東京・杉並の本番があります…なんだ、本番ばっかいっぱいあるじゃん。


作曲の構想に取りかかりましょうか。
本番があっても、たくさん曲を弾いていても、
身体が忙しいのと目の前の事柄にアタマが忙しいだけなので、
心の奥底で“音楽”をあたためて膨らませるにはこの季節は最適です。
書かなきゃ。書きたいよ。


さて、どうする。


ぼぉーーっと考え事をすることが多くなりますが、心がここにないだけです。
寝ぼけてたりクスリをやったり(笑)してませんので、
後ろから襲ってびっくりさせるとか、警察に通報するとかしないでくださいね



かた・こり!

かた、かた、かた、かたこりこり こりこり〜〜

かた、かた、かた、かたこりこり こりっこり〜〜

こりこり こりこり こり こり こり こり こり

か・た〜 こーりこり〜〜

か・た〜 こーりこり〜〜

こーりこーりこーりこーり

かた・こり!


一曲できた
たまには肩こりも良いもんだ(←うそつけ)

いやーん

昨日の午後のこと。
メドレーの楽譜を書かなくちゃね♪と、るんるんと4曲分の原譜を揃え、パソコンの設定をして、
いざ!…と思ったら、手帳の小さなメモ書きが目に入りました。

「○○○○(←別な曲のタイトルです)in E に移調」

ん?もう一曲あるってこと?
あっ!このアレンジ、もう1パート足して書かなくちゃならなかったんだっけ!!!!!!
え?え?え?
ってことは明日の午前中(つまり今日の午前中=今現在です)までしか時間がないってこと?
ナニソレなんでそんな大事なこと忘れてるのよ自分

ということで、昨日の午後はもーれつなスピードで1パート足し+移調というのを1曲やり、
メドレーを2曲目までピアノ伴奏付きで仕上げ、
夜中は4曲目まで歌の部分を書き、ピアノ伴奏のアウトラインを書きました。
「か〜さんは よなべ〜をして」がくふ書いたんだよ涙

で、今朝。
あたふたと家事を終え、仕事場に行く準備を。
寒さでプリンタのインクが固まってしまうらしくて、その対処法をいろいろ調べたりして
自宅のプリンタでするか、仕事場のレーザーをなんとかコキ使うかなどいろいろ検討したりして、
今日の午前中の来客をキャンセルしようかどうしようか、ぐるぐると考えつつ、
今日の午前中の支払いのためにキャッシュコーナーに行ったりなんだりバタバタと。

…と、このキャッシュコーナーで気付きました。




今日は火曜日だ。
来客があるのも、メドレーの楽譜が必要なのも水曜日だ。


もう1日時間があるじゃんか!!!



…あああ…フヌケ…
ものすごくがんばって今日に間に合うように用意したのに、…あれは何だったの???


でも逆じゃなくてよかった…仕事に穴開けるなんて考えただけで悪寒がする…ぶるぶるぶる




ということで、今日はゆっくり楽譜を書きます。
ああ、時間があるってうれしいな。
あせって楽譜書くと、良いものなんて絶対に書けないもん。





ということで、
今年は作曲の予定がいくつかあるので、アレンジの仕事を少し絞りたいと思います。
わがまま言いますけど、必要なことだとここ数年で痛感しています。
あちこちに良い顔をしたり、あちこちご機嫌を伺ったり、サービス業をしていては
絶対に自分だけの世界など描き切れません。
気難しくなってしまうのは、モノ書きには必然的なことなのだと思います…。




山形交響楽団 第210回定期演奏会!

山形交響楽団 第210回定期演奏会『魚座の音楽家たち』

2011年1月22日(土)午後7時開演/1月23日(日)午後4時開演
山形テルサ

ショパン:「レ・シルフィード」(グラズノフ編)
吉松 隆:マリンバ協奏曲 “バード・リズミクス” 作品109
リムスキー=コルサコフ:交響曲 第2番 作品9 「アンタール」

==============================================

三月生まれ=魚座の作曲家の作品を集めたのが今回のプログラムです。
作曲家の出身国は様々なので、様々な響きとスタイルがあり、カラフルな音楽を楽しめました。

吉松さんの曲を聴きたかったのと、
グラズノフせんせいとリムスキー=コルサコフせんせいに管弦楽法の実地をご教授願いたかったので、
リハーサル×2、コンサート×2ずつテルサに通いました。



続きを読む

やっちまった2

気をつけていたのに…。

午前中、劇団の打ち合わせがあり、外出しました。
あたたかい飲み物が欲しくなったので、コンビニに行きましたところ…。
店内に入ったとたんに注目を浴びました。
目をそらすかたまで。


はぁ?あたしなんかしたっけ?


…うぅサングラスをしたままでした



パソコンの画面を見る時間が長いためか、目の光を絞る調節がうまくできないみたいで
特に雪が積もってて晴れた日は、まぶしくてまぶしくて頭痛がしてくるんですよ。
それで色の濃いサングラスをして運転するのです。
ただ、ひどく人相が悪いので(もともとはほにゃららした顔なのに)、
外に出るようなときはサングラスを外すよう気をつけていたんですが〜〜〜〜〜


劇団の打ち合わせは、BG、SEの聴き合わせと確認でした。
1曲、イントロを付け足すことにしました。
カラフルな舞台になりそうです、照明さんに期待しましょう

改訂に改訂を重ねた台本を、初版から読み直してみました。
スタッフの先生方の、ものすごい努力のあとが伺えます。
それに、ほぼボランティアでありながら、贅沢な装置や音響や照明の入った舞台です。
それもこれも、子どもたちや保護者にはあまり見えない部分なんですよね…。
毎回、結構な手間ひまが掛かるこの舞台の制作に関わりながら、
なんでこんなことしてるんだろ、って思わなくもないんですが、
子どもたちのはじける元気と笑顔に会うために、
演劇、踊り、舞台など各分野の専門家とかかわり合う楽しさを味わうために、
せっせと曲作りに励んでしまうんですよねぇ…。



Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ