うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

December 2011

相馬にて。

b109fed1.jpg実家に来ました。

相馬神社には、避難して来た馬たちが十頭ほど。
大人しい子が多いです。
馬場で遊んでいる子たちもいました。

顔を撫でたらにおいを嗅がれました。
…に、におう?

優しい目をしている馬たち、
何を見て来たんでしょうね…。


年越しは嫁しますよー。

ふりかえる

今年はどんな年だったかしら。
と、ゆっくり思い返すのが年賀状を書く時間。


というか、今日しか時間が取れないんですよ、年賀状を書く時間が。


ま、とにかく今年一年お付き合いのあった方々に賀状を書きました。
あんなことこんなこと、大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
…のようなことを思いながら、一文字一文字書きます。
こんな風に振り返る時間など、年に一度しか無いですね。


今は今で出来ていると思うから、過ぎた時間はあまり振り返らない主義。
でも、「生きている」と思う前に「生かされている」としみじみ思うのも
この一年を振り返るこの時間でもあります。


自分の足でしっかり立ち、しっかり歩いて行こうと思っていますが、
やっぱり、たったひとりで生きているわけではありません。
たくさんのかたとのやり取りがあり、
見守って下さるかたもあれば、手を差し伸べて下さるかたも。
わくわくする瞬間やしんみりする瞬間や涙こぼれる瞬間も。
このブログをお読み下さるかたにも随分励まされて来ました。


しみじみ有り難いです。

ありがとうございます。

これからもよろしくお付き合い下さいませ。





あのですね、ちらっと見かけましたが
レコード大賞の編曲賞の字幕が「Compose」になってて
作曲賞の字幕が「Arrange」になってましたけど。
手ェ抜かないでよね。

ふぅ

さて、昨夜は温泉を楽しみ、飲み、食べ、話し、盛り上がりました。
かなりのリフレッシュです
とても楽しかったです、みなさんどうもありがとうございました。
Sさんおめでとうございます!
山形にいらしたときには、またお会いできるとうれしいです。

お昼前には帰宅したので、そのままの勢いで仕事場の大掃除へ。
掃除だけでなく、思い切って模様替えをしました。
今まではパソコンを部屋の中程の壁際に置いて仕事をしていたのですが、
これだと窓から遠くて充分な明るさが得られず、暗いのです。
そこで、パソコンを明るい窓際へ移動することにしました。
窓際は冬は寒いし夏は暑いし、コンセントの位置が面倒なんですが、
それでも暗くて気持ちが沈むのは、特に作曲のときに嫌なのですよ。
ただでさえも悶々と延々とひ〜ひ〜言いながら自分と闘いますからね。
暗いと余計に鬱々するから、せめて明るいところで悩みたいのです。

これでも気に入らなかったら引越そうかなぁ、と贅沢なことを言ってみる。
明るくて眺めがよくて風が入るところ。…ってどこ?山の中?
「仕事場」でなくて「アトリエ」と呼べるくらい明るい所が良いんだけど。
贅沢だな〜

旅。

98e8e512.jpg最上川舟下りをしましたよ。

雪の最上川、
白色と黒色の強烈な印象です。
舟の中には豆炭こたつ。
藤原師匠&研究室の先輩がたと
昼間からお酒を

今夜は温泉旅館に泊り、
とことん語らいます。

まぁた雪が積もりました。

bc5bf284.jpg今朝の雪はこんな感じ。
昨日出かけるため、
クルマの雪は全部どけたはずなのに。
なんか昨日の写真と変わりませんねぇ。

昨日はお昼が天童で打ち合わせ、
夜は山形市七日町で企画会議&忘年会。
宿題がいっぱい出た感じ

初めてチャレンジする金管バンドのほうでは、
最初に校長先生のほうから丁寧なお電話を頂き、
とてもうれしかったですよ。
間を取り持ってくれたかたの密な連絡もあり、
スムーズなお付き合いを始めることができ、ストレスや不安は全くありません。
いろいろ勉強しようっと。

企画会議のほうは、3人とも言いたいことをそれぞれ言い合って
それぞれ考え、また今度合うときまで練りましょう、ということに。
ってことは企画会議&新年会もやるのね???
何かを創る、ということは手間も時間も掛かります。
舞台が出来上がるまで、私達は何本のワインやビールを飲み、
何枚のピザを食べることになるんでしょうか、笑。


ところで余談。
昨日だかツィッターで見かけたこと。

「ふふふふふふふ」←ペンギンの群れに見える

「&&&&&&&」←体育座りに見える

なるほどぉ〜♪



雪が積もりました。

ccb0ede6.jpg今朝の自宅前はこれくらいの雪。
12月にしては多いでしょうか。
私は朝5時半に起きて朝食のしたく。
ダンナは6時半に出かけました。
娘は今日は模擬テストのため
6時起床、ひとしきり勉強して7時半に出かけました。
みなさんごくろーさんです〜〜〜

私はダンナが出かけた後と
娘が出かけた後と2回、雪かきを。
今はまだ除雪車が来ないので、
午前中の用事はラクに済ませられそうです。

そうなんです、「除雪車が来ない」というのがミソよねかじともちゃん。
除雪車が来てしまうと、道路の両側に雪が山盛りになります。
雪の量が多いときには玄関から出るのでさえ難儀することも。
午後、気温が高くなってからの時間に除雪車が来ると、
大きな氷の塊を道ばた(=家の出入り口)に置いて行かれたりしますから
こうなると絶対に駐車場からはクルマを出せません。
大変な思いをして、気温が低くなる前に氷を砕かなくてはなりません。

除雪してもらう身で誠に勝手な事を言って申し訳ないんですけれども、
これもまた雪が降った後の現実なんでございますよ。

こんな雪の日にクルマに乗るな、とかいうメールを頂いたことがありますが。
バスは1時間に1〜2本しか通ってないし、
運賃がとっても高くて午後8時半で終わっちゃう、
こんな雪の日は遅れたり遅れなかったりするんですよ。
(1時間に1〜2本、というのはかなり良い環境ですこれでも)
バス会社には申し訳ないけれども、これがなんとかならない限り
バスを使う気にはなれないんですがーーー
JRの駅は遠いし〜ますます本数少ないし〜〜

そういうわけで、ホンモノの田舎では
自家用車は贅沢品ではないんですよ師匠〜!

ラクだけどヤバいよねそれ

午前中、ひどくだるくてインターネットばかりしていました。
ニュースにしろブログにしろ、記事が短いので読むのがラクです。

考えてみれば、本には(モノにもよるけど)書いてある文の量が多いから、
その中から内容を自分なりに把握するために、
かなり「考える」ということをしているように思います。
いやいや、読書の感想などというその前の段階のハナシですよ。

例えば小説だったら、登場人物についてのことや話の展開などを読むには
時間も掛かるし、良く考えないと自分の中に入って来ないことも。
例えば歴史についての考察や科学雑誌や社会問題についての本になると
調べながら読まないと理解出来ないものもありますから
何度も何度も読んでじっくり考えたりしますよね。

ってことはですよ、
インターネットばかりやってると、本を読む生活よりも
あんまりアタマ使わないってことになんない?

ネット依存症、などと言う言葉もありますけど、
それ以前の問題として、まさにここがヤバいんではないかと
ちょっと思ったわけです、今日。


なんてね。
偉そうにね。
言うけどね。

でもね、ぐったりとインターネットしていたら
くすくす笑っちゃうような画像を眺めたり
他のブログの楽しいお話を読ませて頂いてだんだん元気になってきました。

楽しいけど、ほどほどにしなきゃ、と自戒。
それにね、楽しいからあっという間に時間が過ぎちゃうんだもん。

本番でぇす

アンサンブルコンテスト地区大会でした。
ほんの数日間でしたが、かかわった中学生たちの晴れのステージです。
がちがちに緊張しつつも、精一杯がんばりました。
無事に本番が終わって本当によかった…関係者の皆様、お疲れさまでした。
人前で演奏することをたっっっっぷり味わえた貴重な機会となりましたね。
まずは、こういう経験をたくさんたくさん重ねて行って下さいね。
音楽は聴いてもらって初めて「音楽」だと思いますから…。

アレンジものでなく、「その編成用」に書かれたオリジナル曲が
やっぱり印象が強いですね〜アタリマエと言えばアタリマエですけど。
私自身が書いたアレンジとしては、
Saxophone×3+Trumpet×2の編成の響きが
新しい経験だったので楽しかったです。
Alto SaxophoneでなくSoprano Saxophoneを使うことにより、
格段に響きが明るくなりました。
Es管はBaritone Sax.だけ、あとは全部B♭管、馴染みが良いです。
Trumpet×2をSaxophone族で挟み込んでブレンドさせました。
そのパートを演奏するのが1年生なのか2年生なのか配慮したり、
中学生にムリのない音域、音形、いろいろ知恵を絞ったのです。
全く表に出ないことなので笑、自分でブログに書いちゃおうっと笑。


幾つかの用事をこなしつつホールを出たり入ったりして聴いていたためか、
非常に疲れました〜〜眠くて眠くて今ここで寝たくて仕方ありません。

ダンナは中国出張帰りの疲れがなかなか取れず、
娘も腹痛のため夕方の用事をキャンセル、私も少しおなか痛いな。
風邪をもらっちゃったかしら???

今日はこれにて失礼致します。
みなさまおやすみなさい…。

幸せのために

今朝は、起きたらすぐパソコンを立ち上げ、
今日事務局にお渡しする予定の弦楽四重奏の譜面の最終チェック。

この弦楽四重奏の話が来たのは今週火曜日。
コンサートもありましたし、仙台での授業もありましたし、
中学生の面倒も見なくてはなりませんでしたから、
譜面を書けたのは水曜日だけ。
決死の覚悟で(←大げさ笑)楽譜書きをしましたが、割とあっけなく完了。

しかし割とあっけなく、と思うときこそ落とし穴はあるわけで。
少し時間を置いて、熱が冷めたころ=今日の朝に最終チェックをしてから
全体のサンプル音源を作ったのでした。

ここまで細心の注意を払って楽譜書きをしようと思うのは
(ここまでしてもなおミスはありますけど……汗)
それが誰かのために、少しでもお役に立てれば幸せだと思うからです。

作曲は自分のために書きます。
編曲は誰かの“幸せ”のために書くのです。

2011-12-23
今日午後は、山形市民会館にて
山形交響楽団ファンタジックコンサート。
指揮は工藤俊幸さん、
ゲストは杉田あきひろさん。
(NHK『おかあさんといっしょ』
第9代 歌のお兄さんです)

このコンサートで、数年前にアレンジした
「ジングルベル」「きよしこの夜」など
5曲を演奏して頂きました。

私がお昼の全く別な場所での全く別な仕事を済ませ、
コンサート中の市民会館の舞台袖に到着したのは、もう終演も間近のころ。
事務局Oさんに譜面を渡した後、杉田あきひろさんにご挨拶させて頂きました。
アレンジをとても喜んで下さって、握手までして下さいました。

うれしかったですねぇ。
編曲は、決して表に出ない地味〜〜〜な仕事ですけれど、
アレンジのやり方によっては演奏者の“幸せ”に繋がるんですよね。
丁寧にアレンジの仕事をすることによって、
人とのお付き合いもだいぶ広がって来たように思います。
それと…私にとっては「表に出ない」「地味」というのがツボなんです。
ヘソ曲がりなので。

これからも自分のために「作曲」を仕事とすることを軸に考えていきますが、
「編曲」も大事にしたいなと思います。
他の誰かに喜んで頂けるのをとてもうれしく思うのも「自分」ですから。



あ。作曲はね、委嘱作品だと少し意味が違いますね。
自分のためだけには書いてません。

へんなの…

今日見かけた記事↓
クラシック:この1年 精神が深く問われた表現者 大震災で不条理と孤独に対し

なんかね、言葉がまとまらないんですけど。

こじつけてない?
「大震災と津波は、不条理と孤独をたたきつけた。」って誰に?

立派なホールで立派な楽器で、演奏したりまたはそれを聴いたりできる、
衣食住が満たされた環境にいるひとたちに
家も仕事も…家族さえもなくしたひとたちの何が分かるって言うのさ。
わかったふりしないでよ。

私の実家は被災地ド真ん中ですが、それでも
私自身はほぼ無傷の山形にいましたので
「大変でしたね」なんて口がさけても言えません。
今現在でもめちゃくちゃ大変なはずなんですから。
いろんな気持ちをないまぜにしつつ淡々と日々を送る両親を見ると、
私は何にもできない、ただただ無力を感じるだけです。

今年の漢字一文字は「絆」。
またそれなの??などと言うひとがちらほらいますが
今の被災地の現実を見なさいよって言いたくなります。

このブログには春以降ほとんど震災のことを書かずに来ましたが
いつもいつも、いつまでも心のそこに青黒く横たわる予感がします。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ