うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

March 2012

掃除&掃除&掃除

…朝だけでしたけど。

昨日に引き続き、右手が利かない母の代わりに
掃除機を掛けたり、ガラスを磨いたり。
まぁ、平屋ですが広い家なので、一日やそこら働いたくらいで
どうにかなるもんでもないんですが、とにかく手当たり次第に
ホコリを取ったり洗ったり拭いたり磨いたり。

最後は休憩にコーヒーを飲みながら、TVのリモコンを磨きました。
掃除って、やり始めると止まらなくなりませんか?

夕方に娘の用事があるので、午後には山形に帰ってきました。

両親も年老いてきましたね…時々様子を見に行かないと。
約一名…別名「弾丸じじい」は相変わらずで、
声がでかくて元気でスキーに行くことしか考えていませんが
とにかく80歳近いんですからね。
(今、年齢を書き出してみて改めて酷くびっくりした娘&私)
本人に言うと「うるさいっ」と怒り出しますから言いませんが。



追記:
昨日の掛け軸について、母にひとつ教えてもらいました。
掛け軸の下側、左右両方に付ける石とふさのことを
「風鎮」と言うんだそうです。
お習字のときに半紙を押さえるのが「文鎮」。
掛け軸が風に揺れたりしないよう押さえるのが「風鎮」。
日本語ってなんて素敵なんでしょう…。

今夜は相馬に泊まります

0b176bcf.jpgダンナの実家に寄ったあと、相馬に来ました。

母が右手をケガしたため、
水仕事も掃除も出来ないようなので
普段何も出来ない分、
少しでも働こうと思います。

写真は母の書を軸装したもの。

「日々是好日」

まさに。

は〜〜ぷ

今日はあったかかったですね〜♪
春ですよ〜らんららんらら〜ん♪

と、言いつつ今日も仕事場にこもりました。
規模の大きい曲に、ハープを付け足す作業です。

ハープ、ハープ…ええと、この楽器特有の事情が面白いんですよ。
ここでハープのしくみや独特の演奏方法について説明するのが
「あるべきサッキョクカのスガタ」なんだろうなと思うには思うんですが
激しく面倒になったので、本格派に写真付きでご説明頂きましょう。
↓中村愛さんのブログ、かなり好きで時々読んでます♪

ハープの弦は47本です:グランドハープとは?
(スイマセン突然リンク貼らせて頂いて汗)


楽譜にこう指示を書くとこの四分休符ででペダルを踏み替られるな。
この臨時記号の音はいくらなんでもテンポが速すぎて鳴らせないな。
これを抜いて別な音を鳴らしてもらおう。
ナチュラルを書きたいけどmaestroのフォントのどこにあったっけ?
連桁を上下に書くと、ピアノと同じように
右手で鳴らす部分と左手で鳴らす部分を指定できるんだっけな。
連桁の始末とスラーをきれいにかけるのが面倒だけど、
きちんと整えて書けば演奏しやすいよね。

なんてぇことを考えながら、4時間ほどで
パート譜作成&印刷まで漕ぎ着けました…ふう。
普段は書く機会の少ない楽器でも、こうして時々丁寧に扱っておくと
いざ大きな編成になったときにかなり役立ちますから、
チャンスがやってきたら、きっちり譜面書きのトレーニングです。


さて、明日はちょっと実家に顔を出してきます。
孫その1は原付で勝手に行くようになったから、
孫その2の顔を見せに行かないとね。

0から1を

今日で、一連の事務仕事に一区切りがつきました。
これで次の作曲に取りかかれる!万歳!!!!

…と思ったけど、あと二つアレンジ仕事があるのに気付きました。

あぁ、良かった。
「あっちの世界」に逝ってしまう前に思い出すことが出来て。

来週中になんとかケリを付けて、
ずっと中断しているあの曲…trioに行きたいのよさどさん。
他の仕事がいっぱいありすぎてとても集中できず、放置2年。
いくらなんでも長過ぎね。いい加減に書きたいよ。

確かに、今の私の仕事として、
既にある音楽を膨らませるという編曲仕事が多いです。
つまり仕事としては、1のことを2や3や4にすることが多いです。
しかし私は0から1を生み出すことが出来るんです。
それをやりたいんです。
本当はそれをたくさんやりたいんです。
この日本では作曲を仕事にするのは不可能なんでしょうか?


ぐだぐだ文句言ってないで認められるまで書けってハナシですね。

一番好きなことを仕事にするのは一番大変で一番幸せなこと。
がんばりますよーーーーーー!!!



ところで、娘のブログでは、京都・奈良の旅行記をお送りしています。
今回の旅行の写真は、全て娘が撮っていますので、
鹿騒動も「奈良編」の写真でご覧頂けます、笑。
よろしかったら一日目からどうぞ〜→かずなの:旅行レポ〜嵐山 前編〜

編曲の仕事=楽譜書き+事務所への電話、なのです。

合唱曲へアレンジ2曲目を完了すること。
それと、アレンジ中の楽曲の編曲許諾を頂くこと。
これが今日中にケリをつけなくてはならない重要事項。

某有名アーティストの曲を編曲しますので、
某有名アーティストの所属事務所に連絡しなくてはなりません。

通常なら、少し調べれば連絡先がいくつか出てくるのですが、
今回の某有名アーティストの事務所は個人で持っている会社なので、
ちょこっと調べたくらいじゃ出てきません。
ファンクラブとかファンレターの宛先ならいっぱい出て来ますけど。
一週間ほど前は、あぁ〜〜〜〜困った困った!と思っていました。

しかーし。iPadで調べると出て来なかったんですが、
ちゃんとパソコンで調べると出てくるじゃないですか、約一ヵ所。
勉強になりました、なるほど。

そちらに電話をすると「著作権管理はこちらです」と、
某有名アーティストのお名前そのものの
株式会社の電話番号を教えて下さいました。
かっ…株式かいな……いや、いちゃもん付ける気はありませんけど…

ええと、編曲してコンサートするだけなら
この電話一本で許諾を頂けることが多いです。
編曲したものを楽譜として売り出すことにすると、
いろいろ書類を揃えたりやりとりしなくてはなりませんが、
たいがいはこの所属事務所への電話一本と、
演奏後の著作権使用料を支払えば済みます。

ということで、事務所からカンタンにOK頂きましたので、
編曲を完了し、印刷してお手紙を付けて、
合唱団への発送準備が整いました。

著作権のことってすごく面倒なような感じですが、
実はあっけないことが多いです。
使用料金もそんなに高くありませんし。
(歌1曲演奏でコーヒー一杯にもなりません、涙)

それぞれの作品とは
自分の中身を絞り出して創ったものだと思うから、
他のかたの作品を使わせて頂くときは
「著作権を守る」という最大の敬意と注意を払いたいと思います。
私の作品を使うときもそうして頂きたいのが希望です。

書類!

書類書類書類の山、山、山…

著作権類の手続きもそうなんですが、
娘の高校入学のための書類を書かなくてはなりませんよ。
何がどれで、どこに何を書いて、どこに何ヵ所印鑑を押して
いつどこでだれに提出するのか、なんだかめまいがしてくるようです。
今日の高校説明会で会った友人も(正確に言うと娘の友達のお母さん)、
プリントの重要部分に蛍光ペンでラインを引いているのを目撃して
ちょっとホッとしました。
忙しいのはみんな同じですもんね、
何とか抜けないよう工夫して乗り切らないと。

説明会は保護者は午前中で終わり。
その後は仕事場に籠って合唱曲アレンジを1つ仕上げました。
ぐったり疲れたけど、
学校説明会が午後まで掛かった娘のほうがずっと疲れた模様。
友達も先生も教室も部活も勉強も、少しずつ慣れようね〜〜〜

それでも勝手にすくすくと伸びるんだね

今日は洗濯を何回かしたり片付けをしたり掃除したり、
新聞を読んだり本を読んだりインターネットしたり、
買い物をしたり、明日の書類やお弁当の用意をしたりして、

…あれ?
「今日はのんびり過ごしました」って書きたかったのに
こうやって書き出してみるとそうでもないことに気付きました。

でも、息子と数日間掛けてこれからのことをいろいろと話し合ったり、
娘の友達とその親御さん何人かと会って楽しい時を過ごしたり、
気持ちとしては、とてもゆったりしました。

休みって良いもんですね。

P3220332こういうゆったりとした気持ちのひとが
家族のなかに一人くらいはいた方が
子どもは安心して伸びて行く、
ということは重々分かってるんですが。
普段はなかなかゆっくり出来ない…
…というか私が「ゆっくりしない」ので
良くないなぁと反省するけど、
それでも子どもは勝手に大きくなってる、
というのが最近の実感です。


北野天満宮にて

475b4336.jpg午前中は、
梅の名所・北野天満宮にお参りしました。

写真は本殿裏側の紅梅。
どの木もどの枝も本当に見事です。

二年前にもお参りして、
子どもたちの合格をお願いしたので、
今回は合格の報告と御礼、
更なる目標達成への願掛けです。

お祭りは明日からなんですねぇ残念。

吉田兼好の徒然草に出て来る仁和寺、
石庭はもちろん、佗助椿の美しかった龍安寺。
賑やかな四条河原町から祇園、産寧坂、清水の風情のある道。

季節外れではありましたが、人混みもなくバスも電車も空いていて、
ほとんど座れたので、たくさん歩いてもしっかり休めてとても楽な旅でした。

仙台空港まで1時間、そこからクルマで1時間、先程無事に山形に着きました。
雪が懐かしかったです、笑。

今日は奈良方面へ

cfff81c7.jpg今日は東大寺や興福寺など、奈良方面へ。

朝からの雨も小止みになって、
奈良公園まで良い散歩になりました。
鹿を足かじられたの かなり痛い

巨大な盧舎那仏…。
こんな大きな仏様を創ろうとするなんて。
これほどまでに仏様にすがろうとした
聖武天皇の御代の奈良時代とは、
生きるのがどんなに大変だったんでしょうか。


東大寺・南大門・金剛力士像、まず筋肉の流れに惚れてしまいます。
大きさと表情、全体から受ける迫力にしばらく動けませんでした…。
以前ここに来た時もそうだったっけ。

ほかにも何箇所か巡りましたが、
仏教の教えのおおーーきさと、ふかーーさに圧倒されますね。


しかしですね。
せっかくの名所を前にして「2000円で買ったぱんつとハラマキの話」で
盛り上がる関西弁のおばちゃん方に、

「ほら〜良いどこだべず〜(ほら、良い所じゃないの)
ほだなごどしゃべてねで〜(そんなことしゃべって無いで)
よっくど見でみらっしゃいっす〜(良く見てご覧なさいよ)」

と、山形弁で言ってみたかったのに、
仲間に入れられたらどうしようなどと思って言えなかった私は、
ちょー小心者です。笑。

京都にて

665a83f0.jpg伊丹空港から
阪急、モノレールなどを乗り継ぎ、
嵐山にたどり着きました。

天龍寺や野宮神社などを
巡りました。
京都は桜の前。
梅、沈丁花、馬酔木が満開です。

写真は野宮神社近くの竹林の路。
声が響いて不思議な感じ…。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ